2017年04月25日

恋はタバコのやうなもの・・

待てよ;「電子タバコ時代の恋」は、どんなだべか??
Collage Apr 25 2017
人心;社会情勢;そして自然界 - 心配事が多いですネ、
今・改めて大宇宙レベルの調和と安寧を祈るものです。

ミケ棲息地:青森市 - 桜シーズンには’確かに’なってんですが;
日中・上がると20度の傍近所までいくものの最低気温は一桁とかで
”ナ~~んか、身体にはヨクない感じ・・”いう調子です・・
4月も終盤でございますが;「今月絡み」でネタ探ししてて、
”ホホぅ・・”いうのが - 宜しかったらお付き合いを^^

1936年の時季としては今月辺り、デューク・エリントン先生が
アイヴィー・アンダーソンさんの唄をフィーチュアしたレコードが
トップ10・ヒットを記録していましたワ

DUKE Love Is Like A Cigarette
1936年4月4日からチャートに10週;ピーク・ポジションが
8位ですからかなりのヒット盤と謂えるでしょう。

Jerome Jerome; Richard Byron; Walter Kentの御三方共作の
"Love Is Like a Cigarette"、歌詞っこをどうぞです^^

Written by Jerome Jerome; Richard Byron; Walter Kent
© WALTER KENT MUSIC COMPANY

What is love
You called it heaven above
Star that shine in the night
A bird that sings in its flight
A flower that blooms in the spring
There's no such thing
Love's like a cigarette
You know you had my heart aglow
Between your fingertips
And just like a cigarette
I never knew the thrill of life
Until you touched my lips
Then just like a cigarette
Love seem to fade away
and leave behind ashes of regret
And with a flick of your fingertips
It was easy for you to forget
'Coz love is like a cigarette
Then just like a cigarette
Love seem to fade away
and leave behind ashes of regret
And with a flick of your fingertips
It was easy for you to forget
'Coz love is like a cigarette

アイヴィー・アンダーソンさんをフィーチュアのエリントンさんの
ステュディオ・レコーディングは1936年2月27日の事で、
「ブランズウィック盤 #7627」でリリースされ、先述の
通り4月に入ってヒットを記録しています - ピーク順位に
達したのは丁度・今頃かも知れませんネ^^

タバコの一服みたいなもの;後は灰、ミタイなもん・・
いやぁ、切ないですワワン・・ それじゃ当節:
「電子タバコ」時代の恋愛って・・、
どんななんでしょう^^

御試聴:コンナのどうでしょ?
Love Is Like A Cigarette: Duke Ellington /w Ivie Anderson
本日も当ブログにお越し下さりありがとうございます!

にほんブログ村にスイング/ビッグ・バンド部門が新登場^^
クリックでの御協力、宜しくお願い申し上げます・・
にほんブログ村 音楽ブログ スイング・ジャズ/ビッグ・バンドへ
にほんブログ村


mikekaba at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スィング・バンド鹿馬 

2017年04月22日

アメリカの異人種カップル統計

500万異人種カップルは全米夫婦の9・5%・・
Collage Apr 23 2017
人心;社会情勢;そして自然界 - 心配事が多いですネ、
今・改めて大宇宙レベルの調和と安寧を祈るものです。

ミケ棲息地:青森市、ひょっとすると『平年作』よか
早く桜が咲いてる様な感じなんですが;うすら寒かったり・・
カミさんと死別して今年で10年、「孤独耐性」
強い方かナ?、と思う時あれば、又、無性に
”世界でこのネコ親爺:異性運マイナス100%だぁっ!”
などと悶え苦しむ時もアったり・・
ちょっと’だけ’気になり英文サイトを廻って
見付けたトピック、宜しかったらお付き合いを^^

YAHOO!有料占いの他、アメリカのAstrology.comで、タマ~に
”ワシってホントのトコ、どんなナノ??”云うの診てもらう
事があったりなんですワ。 それがネぇ;御来訪の皆様だったら
”まさかぁ、絶対アリエヘン!”って謂われる筈ですが、
「1)貴方は歳を取らないヒト 2)色気のブガブガ漂う変な
ヒト:異性は恥ずかしがって近寄らないし;同性は焼餅を焼く」
なんて「診立て」が出て来る:毎度 - 気色悪いヨ、ホント・・

そこでネコ親爺:変なコト考えたアルヨ - ”アメリカの横文字
サイトからも同じ事を書かれるなら、’イッソ’海外進出、伴侶を
求めたらどうだべぇ:インターレイシャル・カップリング”
そんなんで、「下調べ」した次第ですワ^^

嘗てはかの国で隠喩的な言い回しで「ピアノの黒鍵と白鍵が
一緒に暮らしハーモニーを奏でられるものじゃない」ミタイな
事が謂われていたそうですワ - で、しょうねぇ・・

それが、ごく最近のギャラップ調査で白人/黒人の婚姻を支持/
容認するという回答が過去最高の87%になったそうです。
「この問い」への「この回答」のパーセンテージ推移は:
1959年:4%;1971年:29%;1982年:43%;
1995年:48%;2008年:77%;2013年:87%
となっている模様ですワ。
更に同調査で「黒人/白人の婚姻を許容する」という回答は
毎回、黒人側が白人側よりも多く:
1969年調査では黒人側56%に比して白人側17%、
1995年調査では黒人側68%に比して白人側45%
だったのが直近の調査で隔たりが過去最少に縮まって、
2013年調査では黒人側96%に比して白人側84%
となったそうです。

65歳以上で南部居住者層が最も容認度が低かったのは
予想通りであった、と伝えていました。
しかしながら、異人種婚姻カップルは500万組を超えており、
それは全米の既婚カップルの9・5%を占めるとの事ですワ。
インターレイシャル・カップルの組み合わせ比率では:
白人とヒスパニックが37%で最も多く、次いで
白人とアジア系(頑張ろう、か?ミケ君)が13・7%
白人と黒人が7・9%、との事でした。
新婚カップルの年収平均比では:
全ての組み合わせの平均値:70,952ドル
白人とアジア系のカップル:71,000ドル
アジア系とアジア系のカップル:62,000ドル
白人と白人のカップル:60,000ドル
白人とヒスパニック系のカップル:57,900ドル
白人と黒人のカップル:53,187ドル
黒人と黒人のカップル:47,700ドル
ヒスパニック系とヒスパニック系のカップル:36,000ドル となるのだそうです。

「破局の好発度」(ゴメンね変な訳で・・)に関しては、
同人種カップルの31%に比してインターレイシャル・カップルは
41%と高目で、中でも白人妻とアジア系夫のカップルが最も
壊れやすく、最も壊れにくいのが黒人妻と白人夫の組み合わせ
なのだそうですワ。(泣くなミケ君;まだシてないのに・・)
「結婚10年後の破局好発度」を白人同士のカップルよりと比べると:
白人妻とアジア系夫のカップルは59%高い。
白人妻と黒人夫のカップルは50%高い。
アジア系妻と白人夫のカップルは4%高い。
黒人妻と白人夫のカップルは44%低い(!!)

う~~ん、そうかね・・
白人の奥さんがワガママなんだべか?
それともアジア系の夫が’壊れたり’’モゲたり’
し易いんだべか?・・ それともアジア系の夫が
目移りし易いんだべか・・ 考察様々^^

本日も当ブログにお越し下さりありがとうございます!

にほんブログ村にスイング/ビッグ・バンド部門が新登場^^
クリックでの御協力、宜しくお願い申し上げます・・
にほんブログ村 音楽ブログ スイング・ジャズ/ビッグ・バンドへ
にほんブログ村


mikekaba at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 単なるダボラ、です・ 

2017年04月18日

G・ミラー「ゴールド・シングルズ」に2説

’現認’記録としては今回の説:シングル10曲
Collage Apr 18 2017
人心;社会情勢;そして自然界 - 心配事が多いですネ、
今・改めて大宇宙レベルの調和と安寧を祈るものです。

グレン・ミラーの78回転SPシングル盤のミリオン・セラー
曲目数については’少なくとも’2説あるのですワ:
宜しかったらお付き合いを^^・・

一つは、1950年代に米RCA Victorからリリースされた
"Limited Edition"LP5枚組ボックス・セットのライナー・
ノーツに記載されている当時の集計:「9曲」で、これは
1970年代にJoseph Murrels先生が編纂した大冊:
"The Book of Golden Discs"でも採り入れられていました。

もう’苔むす程の’長年の「(グレン)ミラー・マニア」
であるミケとしては、どうしてもコチラの集計記録に
愛着があるのですワ:
中学時代に手にしたLP2枚組アルバムのライナー・ノーツを
柳生すみまろ先生が御書きになられていて、その記録を引用
され、大学時代にJoseph Murrels先生のあの大冊本も購入し、
更に社会人となってからアメリカのオークション元から入手
した往年の"Limited Edition"5LPsetで『元ネタ』のライナー・
ノーツにも触れる事が出来て、一層意を強くしたからですワ。

ところが;(これはかなり以前からミケは気になっていたのですが)
Joel Whitburn先生が編纂したヒット・レコードの記録本では違う
2曲に「ミリオン・セラー」のマークが付されていたのですワ。

先述:Murrels先生も採り入れた従前の集計:「9曲」と
後年のWhitburn先生による調査を考慮して比較的最近に
なってChristopher Popa先生が掲げているリスティングでは
1曲減って、2曲増え:「10曲」なのですワ:

1)Little Brown Jug 2)Moonlight Serenade
3)In the Mood 4)Tuxedo Junction
5)Pennsylvania 6-5000 6)Chattanooga Choo Choo
7)A String of Pearls 8)Moonlight Cocktail
9)American Patrol 10)Kalamazoo

「違い」はと云うと:2)の"Moonlight Serenade":
原初リリースのブルーバード盤でカップリング
されていた"Sunrise Serenade"も「2ミリオン」を
通過した時に’一緒に’ミリオン・セラーに数えた
ものを、「ムーンライト」のみ’2ミリオンを越す’
「セラー」と改め、一方、"A String of Pearls"と
"Moonlight Cocktail"のミリオン越えを追加してました。

因みに「アルバム」の方はと云うと:
1. Glenn Miller and His Orchestra(1945)
2. Glenn Miller Plays Selections From
the Film "The Glenn Miller Story"(1953)
3. A Memorial: 1944-1969(1970)
4. Pure Gold(1975)
以上がRIAA認定の「ゴールド」になっていましたワ。

御試聴:コンナのどうでしょ?
考えてみれば;これら2曲は「入って」当然か・・
A String Of Pearls:GLENN MILLER
Moonlight Cocktail:GLENN MILLER

本日も当ブログにお越し下さりありがとうございます!

にほんブログ村にスイング/ビッグ・バンド部門が新登場^^
クリックでの御協力、宜しくお願い申し上げます・・
にほんブログ村 音楽ブログ スイング・ジャズ/ビッグ・バンドへ
にほんブログ村


mikekaba at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マイ・ミラー・マニア