2017年02月21日

意識の下の献立・・

意志が弱いかネコ親爺:決めた献立がコロっとチェンジ・・
Pork Chop
人心;社会情勢;そして自然界 - 心配事が多いですネ、
今・改めて大宇宙レベルの調和と安寧を祈るものです。

ソレがネぇ;御来訪の皆様はどうでしょう? 晩御飯の献立
とか何であれ、”ワシは今回はコレするゾ!”云うて心に
決めて出掛けたのに、気が付いたら丸で別な方向に走って
しまい、”何で途中で’路線変更’したんダロ?”と訳を
いろいろ考えてみたら”ア”~、あんなのに無意識に
’刷り込まれてたんだぁ”って気が付く事ありません?
ややフィラー記事的なダボラばなし、宜しかったらお付き合いを^^

昔、TVの「刑事コロンボ」のエピソードに「意識の下の映像」って
いう話が合って、犯人役はロバート・カルプさん - パトリック・
マッグーハンさんに次いで犯人役出演多かったのではないでしょうか?
教養高く、紳士で知能犯;だけど短気でキレ易い面も持ち合わす・・
そんなキャラクターでよく出てきたように思い出すんですワ。
件のエピソードでは「心理学者&意識研究所所長」という設定で、
映像に’さりげない’細工をして相手に観せ、反応や行動を操り
犯行に及ぶンだけど、コロンボ刑事が同じ手口で捕まえちゃう・・

アッチ(としか云いませんが・・)の方はほぼ’成仏’してる
このネコ親爺:「食べる」くらいが愉しみ・・
夕方になってPC上していた書き物を一端保存して閉じ、
Youtubeとかで稲川淳二先生の怖い話とか流しそれを背中で
聴きながら”おぉっ・・こりゃ怖いワ・・”なんて思いながら
御飯支度する - これじゃ「ラジオ生活」ですよネ^^

割に前もって「今度の献立」って’決めつけて’しまうタチ
なんですワ:ミケって。 それが変テコなもので
「ナポリタンのチーズ焼き」 - 凄い手抜きモノで、
ナポリタンのチーズ焼き
熱したオリーヴ・オイルにみじん切りしたニンニク;それから
茸類とピーマン;それに短冊に切ったベーコン入れて炒め
出来合いのナポリタン・ソースと赤ワイン;それにオレガノ
加えてソースをでかし、茹でたスパゲティにからめて
皿に’敷いて’ソーセージやら茹で卵を乗せ;クッキング・
チーズで’蓋して’しまい、オーヴンで焼く・・
ピッツァとスパゲティの俄かハイブリッドみたいな何とも品の無い
一品でして、御来訪の皆様は試されない方が宜しいです。

確かにそうココロに決めてスーパーマーケットに出掛けていったのに;
精肉売り場のトコで割かし厚みのある豚ロース・ブロック肉の’模様’
が気に入ってしまった - 譬えて云うなら「目玉模様」いう感じ。
”豚さん、また今度ナ”、と云おうとするんだけど・・、出来ない。
結局、豚さんと;割に評判良い総菜屋さんのポテト・サラダと;
全く予定していなかった白ワイン買って帰って来た。
このネコ親爺には「お使い」はさせられませんワ、ハハハ^^
筋切りしてクローヴとブラック・ペパー刷り込んで置いてた
豚さんをサラダ・オイルとバターを厚くしたフライパンで焼き、
ケチャップ;ウスター・ソース;粒マスタード;白ワインとか
混ぜたソースを熱して(タマにコレ:暴発して手を火傷する)
かける。 付け合わせにポテト・サラダとザワー・クラウト
Pork Chop
盛って少しホースラディッシュ・ソースかける・・
いやはや;コレもまた品の無い一品ですワ。

さっき書いた「調理中に背中で聴く怖い話」:
それスる前、数日程も前にやはりYoutube上で
― その時は’背中で聴く’では無しに画面見て
『視聴』してよその国の調理法とか探して
いたのですワ:白身魚やチキンやポークの・・
その一環で、’ついで的に’「Pork Chop」いうのも
チラ観して、”おぉっ!野趣に富んだ調理法だワ”
思ったものがあるにはありました。
インターネットのブラウザーで「閲覧履歴」を
消す機能ってありますが;ヒトの(ネコ親爺か)
意識の方は憶えてないつもりでも、
シッカリ刷り込まれたりしてるモンですワワワ・・

御試聴:コンナのどうでしょ?
You Made Me Love You:Judy Garland
本日も当ブログにお越し下さりありがとうございます!

にほんブログ村にスイング/ビッグ・バンド部門が新登場^^
クリックでの御協力、宜しくお願い申し上げます・・
にほんブログ村 音楽ブログ スイング・ジャズ/ビッグ・バンドへ
にほんブログ村


mikekaba at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 単なるダボラ、です・ 

2017年02月16日

バイ・バイ・ブルーバード??

バイ・バイ・「ブラックバード」じゃナしに「ブルー」??
Collage Feb 18 2017
自然災害が苛烈さを増し続けており、、
人間社会もオゾマシイ蛮行や惨況が増え、
自然も人心も明らかに荒んで来ております、
ナンカ・・、ね、暖かい:二桁くらいの気温になってます・・
もっともこういふ時って、後が怖い - 冬将軍・最後の逆襲
なんていうのがアリそうで・・ ま・コレが春軌道・前進の
プロセスでやすから^^  ’またしても’な
「カレンダー絡み」もの、宜しかったらお付き合いを^^

それがネぇ;”何かナいべかナぁ・・”なんて思い巡らしていたら
「2月18日」いう日付でグレン・ミラー絡みに主だった出来事が
重なっていた事がありました - 1942年のこと:
RS Feb 18 1942
’38年の9月27日に初ステュディオ・レコーディングして以来の
付き合いだったRCAビクターの姉妹盤でヤング向け廉価レーベルの
「ブルーバード」向けの最後のステュディオ・レコーディングが
ありました。

これ以降のステュディオ・レコーディングはビクター・レーベルでの
リリースになったのですワ。 "Chattanooga Choo Choo"の実売
120万枚突破で記念のゴールドディスクがグレンに贈られたのが
Douglas Early GLENN Feb 10 1942 smallen
2月10日の事でしたが;それヨカ前から決まっていた訳ですネ。
グレン自身は’不承不承’だったとも謂われてる - レーベルの
プレステージよりヤング層に多く売れて欲しかったミタイで・・
同じくブルーバード・レーベルだったダイナ・ショアさんなども
ほぼ同時期のレーベル異動/昇進だった模様です。

この日、午前10:00から午後4:00までにNYビクター・
ステュディオで5曲/6テークの収録だった模様で、"She'll
Always Remember"だけ2テーク録っていましたワ。 この日の
Don't Sit Under the Apple Tree sheet music
セレクションの中では"Don't Sit Under The Apple Tree (With
Anyone Else But Me)"はこの収録から5ヶ月程後に2週ヒット
チャートの首位を占めただけあって、後年の復刻/再販回数も
飛び抜けて多いですワ。 あと、"Lamplighter's Serenade"と
"When Johnny Comes Marching Home"も後々随分と復刻されて
いる様ですネぇ・・

同日の夜、チェスターフィールド・ショウの放送上、ダウンビート誌
からデイヴ・デクスターJr.がトロフィーを二つ携え訪れています:
GLENN Dave & Tex with DB Plaques Feb 18 1942
一つ目:グレンには1941年度 「ベスト・スィート・バンド」
二つ目:テックス・ベネキーに「オール・アメリカン・バンド選出」
”CBSはこのトロフィー授与の様子を100局を越える
放送網を通じてNYからハワイまで聴取者に伝えた”、と
当時の音楽誌が報じていましたワ。
それから一週間ちょっとでグレンとバンドは西向きツアーを開始、
3月17日にハリウッドに着いて「チェスターフィールド・
ショウ」や20世紀FOXの"Orchestra Wives"などに
取り掛かる事になり、NYCに帰ったのは記録上
8月10日だった模様です。

御試聴:コンナのどうでしょ?
Don't Sit Under the Apple Tree:GLENN MILLER
When Johnny Comes Marching Home:GLENN MILLER

本日も当ブログにお越し下さりありがとうございます!

にほんブログ村にスイング/ビッグ・バンド部門が新登場^^
クリックでの御協力、宜しくお願い申し上げます・・
にほんブログ村 音楽ブログ スイング・ジャズ/ビッグ・バンドへ
にほんブログ村


mikekaba at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マイ・ミラー・マニア 

2017年02月12日

クーティの協奏曲聴くまでジっとしてよう^^

クーティは「協奏曲」;ウディとスタンは御唄でチャートに・・
collage Feb 12 2017
自然災害が苛烈さを増し続けており、、
人間社会もオゾマシイ蛮行や惨況が増え、
自然も人心も明らかに荒んで来ております、
ミケカバとしては「研究発表」的なものを打っていくのが『本道』な
ワケですが;”ここでもう一本だけ「カレンダー絡み」を・・”なんて
思ってて’ミケも歩けば的に’ - 見つけましたワ:
1944年の季節柄としては丁度・今頃にデューク・エリントンさんが
お創りになった代表曲が、当然のこと御本人のレコードを含めての
Do Nothin chart
競作揃いでヒットチャートを賑わせていましたワ!!
宜しかったらお付き合いを^^

今回のお題に上がったデューク・エリントンさん作曲;ボブ・ラッセルさん
作詞の"Do Nothin' Til You Hear From Me" 、歌詞ッコをどうぞです^^

Music by Duke Ellington / Lyrics by Bob Russell
c Peermusic Publishing, Sony/ATV Music Publishing LLC

Do nothin' till you hear from me
Pay no attention to what's said
Why people tear the seam of anyone's dream
Is over my head
Do nothin' till you hear from me
At least consider our romance
If you should take the word of others you've heard
I haven't a chance
True, I've been seen with someone new
But does that mean that I'm untrue?
When we're apart, the words in my heart
Reveal how I feel about you
Some kiss may cloud my memory
And other arms may hold a thrill
But, please, do nothin' till you hear it from me
And you never will
Do nothin' till you hear from me

Some kiss may cloud my memory
And other arms may hold a thrill
But, please, do nothin' till you hear it from me
And you never will

エリントンさん、1940年にクーティ・ウィリアムスさんをフィーチュア
した協奏曲:"Concerto for Cootie"としてお創りになられ、3月15日に
ステュディオ・レコーディングし「ビクター盤 #26598」として
一度リリースされていましたワ。
これにボブ・ラッセルさんの詞が後から加えられて唄物になったのですネ・・
前掲の画像:’44年ポップチャートではエリントンさんのディスクは10位
(1月22日から在チャート6週)がピーク・ポジションでしたが同じ年の
R&Bチャートでは8週連続の首位を記録していた模様です。

Do Nothin  Charting
ウディ・ハーマンさんは唄物版として1943年11月8日にステュディオ・
レコーディング、「デッカ盤 #18578」でリリースされ、1944年
2月19日からチャートに11週;ピークは7位まで漕ぎつけていましたワ。

そうそう;ミュージシャン・ユニオンによるレコーディング・ストライキに
関してデッカはビクターやコロンビアより早く、1943年の9月には妥結
していましたワ - 成る程ですネぇ・・

デッカに次いで当時新進のキャピトルが同じく’43年の10月11日
に妥結:スタン・ケントンさんのステュディオ・レコーディングは
「キャピトル盤 #145」でリリースされ’44年2月26日から8週;
ピークは10位でした。

”コッチから報せがあるまでジっとしてておくれヨ”
みたいな題名・・  それならクーティからの報せ
(協奏曲)をジっと待ってみるベカ^^

御試聴:コンナのどうでしょ?
Do Nothin' Till You Hear From Me:Duke Ellington
Do Nothin' Till You Hear From Me:Woody Herman
Do Nothin' Till You Hear From Me:Stan Kenton

本日も当ブログにお越し下さりありがとうございます!

にほんブログ村にスイング/ビッグ・バンド部門が新登場^^
クリックでの御協力、宜しくお願い申し上げます・・
にほんブログ村 音楽ブログ スイング・ジャズ/ビッグ・バンドへ
にほんブログ村


mikekaba at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スィング・バンド鹿馬