NINJA TOOLS

2017年05月21日


筋なんたら病の薬を、4錠から3錠に減らしたら、
翌日から、ウソの様にウツが軽くなって、動ける様になった。

だから、薬によるウツだって、言ってたじゃないか!!

そううつ病歴史17年。超超超ウルトララビッドサイクラーの三毛は、その間に150回はウツを経験してる。
そううつ病からのウツじゃない位、分かるよw

えっ?、薬を勝手に減らして、筋なんたら病が悪くなったら、どうするのかって?

減らしたことを黙っているまでサ。

内科学で最初に習う事「患者はウソをつくモノである」

17年間、精神科に通い続けて、何回、ウソをついたかなぁ

リーマスを飲み続けているフリをして、見事に血液検査まで、いい値に出るように工夫して、1年以上経ってから、主治医に告白した。
主治医は唖然としていたが、だまされるアンタが悪いんだよ

そううつ病患者をナメては、いけニャイのだ、(=^・・^=)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
(*бOб)ノ よろしくおねがいします!

mikenoko at 00:49コメント(1)トラックバック(0) 

2017年05月19日

肩が凝り過ぎたので、短い後ろ肢でヨロヨロと、接骨院へ行く。

三毛は肩が凝ると、めまいを起こすのである。
ただでさえ後ろ肢の力が入らないのに、めまいまで加わったんじゃ、どうしようもない。

接骨院は混んでいたのに、何故か院長先生が大きな声で、
「三毛野さん、ようこそいらっしゃいました ('◇')ゞ」
いや、そんな上客じゃないよ、三毛は。

「こっちへどうぞ」
えっ、今日は院長先生なの?
もう一人の先生の方が、もむのが上手いんだけど・・

「実は10日くらい前、うちの家の物置で、野良猫が仔猫を2匹産みましてね、目は開いてるんだけど、まだ見えてないみたいで、
今なら簡単に捕まえられるんですよね」

「このまま置いておくと、野良猫に育ってしまう」
「今からミルクで育てたら、家猫になるんですよね?」
「三毛野さんちにどうかなって、思って」

あぁ、茶トラとキジと楽しく暮らしていた頃を思い出してしまうじゃないか。

98428b24.jpg

三毛が”猫抜き生活”で、どれほど淋しい思いをしているか、小型犬さえ怖いという院長先生には、分からないんだろうなぁ。

又、猫と一緒に暮らしたい。

 病気の馬鹿メ!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
(*бOб)ノ よろしくおねがいします!

mikenoko at 00:01コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月15日

Dr.No2の診察の後、筋なんたら病の医療費助成の診断書を頼んだ。

そううつ病の自立支援と違うところは、外来でも、入院でも、普通の収入なら1万円だけ、負担すればいい、ということだ。

まぁ「人数の少ない難病にだけ、補助をする」という決まりになっているので、国としては、それほど大きな負担ではないのだろう。

診断書を書き終えてDr.No2、
「三毛野さん、ここへ一行、”そううつ病のため、気分が安定せず云々”とかけば、貴女の申請は落ちるんですよ」

そういうのを、パワハラって言うんだよ!!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
(*бOб)ノ よろしくおねがいします!

mikenoko at 21:59コメント(1)トラックバック(0) 

2017年05月12日

昨日は、Dr.No.2の診察の日だった。

「三毛野さんの血液検査の結果は、特に問題ありません」
「電気~筋電図の機械は、筋なんたら病の状態に対して、鋭敏に反応するんですが、波形に問題はありません」

うん、ここまでは、大いに納得。
Dr.発達障害とは全く違う。
Dr.発達障害は、問診もなし、血液検査もせずに、「精神病」と診断。
お前は”神さま”か!!

「今の三毛野さんがしんどいのは、筋なんたら病から来ているのではなく、精神科の領域だと思います」
「精神科と筋なんたら病、両方を診れる先生を探して・・・」 

おいおい、そんな先生がいるなら、そっちから紹介してクレ~

あのぅ、先生さま。三毛をこの病院から追い出したいご事情 は、重々承知しておりますが、お願げぇでございますだ。
ここへ、置いてくだせぇまし。

それと、今の三毛のうつ状態ってのは、筋なんたら病に使っているプレドニンという薬から来ていると、精神科の主治医も、
三毛も考えているワケで・・
&、苦しくなく、生活に支障なく暮らしているので放置しとるワケです。

厚生労働省HP ←そううつ病の皆さまには、関係ないので、読まれなくてもいいですよ。長~いです。

「プレドニンは今のまま、4錠にしときますか?、3錠に減らしますか?」

とりあえず4錠もらっておいて、少しづつ減量する方法について、先日のM氏に相談してみようっと
(ウッフッフ、明日は土曜日だから、M氏はヒマかな?) 



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
(*бOб)ノ よろしくおねがいします!

mikenoko at 12:31コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月10日

kyupin先生が以前書いておられたのだが、転院してきた患者の薬の種類を減らすのには、とても気を使うとのこと。

どうってことのない薬が、意外な意味を持っていたりするのだそうだ。

三毛は今のクリニックに、数年前に転院した。
処方は前の主治医の時から、基本的に変ってない。

そう状態の時に辛らつな言葉を吐くのは、デパケンで収まっている。
オバハンなので、高コレステロール血症の薬。
甲状腺機能低下はチラージンSで、いい具合になっている等、この辺りはいい。

今の主治医が気に喰わないのは、パーキンソン病用のアキネトン。
何故入っているのかが分からない。
しかし、認知障害(つまりボケる)を起こすので、抜きたい。
それは前から言っていた。

三毛には7年以上前から、アカシジアの様な足がムズムズする症状があった。
レグナイトという無難な薬が発売されて、生活には支障なくなったのだが、
最近、それとは違った感じの、足の軽いムズムズが始まった。

薬に詳しいM氏から電話があったので、ついでに聞く。
「ベンゾ系の薬を2種類飲んでないか?」・・うん、飲んでいる。
「僕もそうなったことがあるのだが、こういうメカニズムで離脱症状がマチマチな時間に起こると考えている」

「三毛は毎日、グースカピースカ眠ってばかりいるんだから、一晩くらい眠らなくてもどうってことはない。いっぺん、二つとも抜いてみろ」

で、睡眠薬と安定剤、それと面倒なので、おなじ袋に入っている”問題のアキネトン”も抜いた。
フム、M氏の言うとおり、足のムズムズはこない。

”アキネトン”は、前の主治医が、本物の急性アカシジアに処方してから、ずっと続いている。
今はもう急性のアカシジアではないから、関係ない? 

ベンゾ系を抜いたり飲んだりしてみたが、抜くと全く眠れないので、ベンゾ系は再開した。
アキネトンは抜いてもどうってことないので、抜いた。

で、診察の時、「これこれで、アキネトンを抜いたのですが、調子よくいってます」と、報告。

主治医「あの薬は近年、認知障害を起こすので、処方しない方向に来ているんですよ云々」
と、まるで、自分が減薬に成功したかの様に、得意気に話す。

いやいや、減薬に成功させてくれたのは、M氏なんですけどw 



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
(*бOб)ノ よろしくおねがいします!

mikenoko at 08:37コメント(0)トラックバック(0) 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
※三毛からお願い
このブログ内における文章の著作権は、管理人「三毛」に属しております。

当ブログ(三毛の日記)内に掲載している文章を、無断に転載されるのはどうぞおやめ下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

ランキングに登録しています。

「このブログ面白い!」 と思って下さった方は、ぜひぜひバナーをクリックしてニャ♪

RSS1.0
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ