昨日、ムスコくんの受検合格発表の日でした。
教頭先生からお電話ありまして。

ムスコくん!無事…
8CF964CF-0169-4A39-B492-9AC866C06D59
…こんなに緊張しない受検があって良いのだろうか(^◇^;)

ま、まあ…

おめでとう!ムスコくん!
春から高校生だね!
悩んだ末に、制服もブレザーだけ買うことにしたよ!

こんなに小さかったのになぁ…高校生か…
B582DBB2-EE12-4EC2-9681-54ABD57A232C
まだ口に入れなくて、ぶん投げもせず。トミカが大量だった頃。こだわりもあって、少しだけ発語のようなもの?も今より僅かにあった。身体的には、上手く動けなかったものの座位はしっかりした頃かな。

初めての子で誰かと比べることもせず、何か違うと思いながら、心臓病があるから全体的に遅いのだと信じようとしていたけど…この頃、今の整形の先生に出会えていたら、低緊張と側弯わかってたかな…。知的障害や自閉症の診断も受けておらず、普通に話しかけていた。最低限の知識があれば、もっとわかりやすい言葉かけ出来たろうに。心臓病フォローしか頭に無く、全く早期療育の機会をあげられなかったんだよね…。
そうしていたら、今が違ったか?はわからないけどね。ムスコくんごめんな。ってちょっと思う。

色々ありつつ、もうすぐ高校生!まで、たくさん成長しながら生きてくれた。
この先も、きっと!

ムスコくんが楽しい人生でありますように。
それがわたしにとっても喜びです。




お話変わって。…長々語るぞ(°▽°)

全然仲良くできていない、階下の住人さん。このおうちだけ、見事に除雪全くしないんだけど…
流石に車停めにくくなったのかな?昨日。
EAA73150-B7DE-4A7B-8D39-5EFC52264CD8
ヘルパーさん1時間半の間に、役場と買い物…時間がなぁ…でも一人で重い雪除けるの大変そうだ…手伝えばよかった…せめて声かければ…ってずっと悩むくらいなら、余計なお世話でもとっとと声かければ良かった。自分が嫌になる。


いつも思う。
問われているのは…
ムスコくんの場合で言えば、主に現在は主たる代弁者のわたしの言動が特に大きいのだろう。
これは何も障害児親に限らない。家族が問題を起こしたときに、周りは何をやっていたんだ!と矛先が家族や様々な関係機関に向けられる事からもわかる。

もちろん、別の人間である以上、生涯に渡って責任を一手に引き受けるべき…という事では無いけれど。
産まれた瞬間から別の人間だから知ったこっちゃねぇには、大抵ならない。
だからなおのこと、出来ることは積極的に!と思っているのに…ちょっと声かけるのも出来ない自分…あ〜あ……

でもね、昔の自分だったら、そんな事すら思いもしなかった。
自分が良ければいいんだと、悪気も何も無く思っていた。想像力の欠如。


障害や病気をもって産まれる人
後天的に障害者といわれる人になるケース
いつか通る高齢という道
誰もが通った赤ちゃんという存在

その時代その土地によって様々範囲は変わるだろうが、突き詰めれば 社会的弱者 と振り分けられる人。
それが、自分であるならば。自分の大切な人であるならば。
そう、想える心があることこそ、多様な人を内包できる社会が豊かな世の中だと信じている人が多いからこその今現在。自分が立つ世界が広がっているという事実。


全ては、きっと誰かの小さな一歩から。

まずは知ってもらう。
感謝を忘れない。
出来ることは積極的にする。

それを教えてくれたのは、ムスコくんという存在。
わたしにとって、ムスコくんが産まれてきてくれたことは、とても大きい。
できることを頑張って生きる、それを教えてくれ続けている。

一緒にいたら いい加減にしろよクソガキ!って思う日もあるけれどさーーー(^◇^;)

生きてるって面白いな。



て。何書きたいのかわからないなコレ(^◇^;)
とにかく!
ムスコくん、おめでとう!
キミがいることがわたしにとって非常にデッカいよ!
でした。





にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村