スポーツカーの楽しみ!

ポルシェ911の992後期型が発表された。

俺は992前期のTの注文を入れているがどうなるのだろう。

素のカレラは前期型とあまり変わらず10馬力アップの395馬力。
馬力の問題ではないのだろうが、気持ち良く400馬力出してくれよと思った。

GTSはマイルドハイブリットで541馬力で0-100km/h 3秒という猛烈な速さを誇るマッキナになった。
ただ高すぎて話にならない。MTの設定も無かった。

後で出てくるカレラSのエンジンはどんなエンジンなのだろう。ガソリン車で480馬力位なのか?
まぁでもSもきっと高すぎて無理だろう。

とりあえず担当者に電話した。
アテにはならないが聞いた話を書くと「Tは年内にアナウンスされます。Mikiさんは早くにご注文いただいているのでそんなに納車は遅くならないと思います」とのことだった。

カラーの候補は992前期のGT3ツーリングの時から変わっていない。
1・発色の良いゲンチアンブルー
2・ホワイトに赤いステッカー(ただし前期のTでは赤いサイドステッカーは無かった)
3・アイスグレーメタリックに黒サイドステッカー。(サテンブラック色のホイールと相性抜群!)


「また青かよ」と自分に対して思うがこのブルーは綺麗。単純に色が最高。
やはりゲンチアンブルーか。

まぁ発表はまだ先であろうがカレラT気長に待つとしよう。




1年前は自分のバイク群の中で1番評価が低かったSRV250ではあったが、今では1番好きかも知れないというまでになった。
やはり1番古いバイク(91年製)なので故障が多く手がかかるし燃費も1番悪い26〜7L/km。
でも何が良いのかもよく分からないが好きなのだ。
IMG_9984

ルックスはGB250クラブマンも最高なのだが、乗り味が自分に合わない気がする。
ハンドルが若干低いというのもあるが、それよりも気になるのはアクセルを戻した時のエンブレが効きすぎて落ち着きがない、戻した時の振動が大きい。ということが最近わかってきた。
IMG_9986 
SRV250の乗り味が別段良いわけでもないし、SR400の方が比べ物にならない程良い。おまけにSRは燃費も抜群に良いし。
でもよく分からないのが嗜好品。どこをとっても良いのはSRなのだが、好きなのはSRV250なのだ。

今、無性にロングツーリングに行きたい気分。
北海道に行きたい。でも仕事やら何やらでとても一週間も休めない。なので東北に行きたいと考えている。福島〜山形〜秋田辺りを走りたい。今年絶対に行こうと思っている。

そう考えた時、1番手の候補はW175なのだが、不動状態で自分ではどうにもならん。
次の候補はエストレヤRS。1番不安のないバイク。エンジンの感触も好きだしレトロシートもグッドなのだが、本音を言えば1番ボロく燃費も悪いSRVで行きたい。
IMG_9982
何がそういう気にさせるのか分からないがそうなのだ。
ただ現実問題そんなロングは難しいだろう。GWに白馬に日帰りツーリングに出かけた。全下道520km走行したのだが、治したはずのフロントフォークからオイルが滲んできていた。なので2000km以上なんて長丁場は難しいかなと思う。

自分は大型の免許を持っていない。
でも気になる大型バイクはある。
トライアンフのスピードツイン900とカワサキZ650RSの2台。
Z650は先週カワサキPLAZAに跨りに行った。
きっと乗れば最高なのだろう、間違いなく。
ただルックスやグリーンの色目は絶対に俺のボロいSRV250の方が良いと思った。
薄々は分かっていたがやはりそうだった。
IMG_9983
しかしこのSRV250というバイクはルックスが良い。なんてカッコいいんだと思う。


「故障が多い奴だけど実に良いんだよ」と思う。

いよいよ陽気も良くなってきた。
ロングツーリング気分が高まる。

現在のバイク事情は

.皀鵐−125
街乗りの友。どこに行っても愛される。いろんな人に話しかけられる。この前などは893の事務所の前で「これモンキーですか?カッコイイですね」と話しかけられた。それも2人に。

W175SE
ロングツーリングのエースなのだが、エンジンが掛からない状態が続いて参っている。

GB250クラブマン
佇まいが最高。調子も良いのだがロングには向いていないと思う。

ぅ┘好肇譽
1番平和なバイク。乗り心地が良く、取り回しもしやすい。オイルとフィルターを交換して準備万端。
ただし一つ難点が。地味な色を選択してしまっただからかイマイチ写真映えがしない。

SRV250
トラブル続きで嫌気がさしそうにもなったが、イグニッションコイルを交換し今度こそ完調か?
明らかに以前よりもパワフル。
オイルとフィルターを交換したら目眩がする程真っ黒だった。ゴメン。
完調であれば燃費も伸びるはず。
ミラーを純正タイプに交換して再出発したい。良い色だしルックスはSR400よりも好き。
 
SR400ファイナルエディッション 
乗り味が素晴らしい!どの250よりも良い。
加えて燃費が安定して良い35km/l以上。
キック始動にもすっかり慣れた。
ETCが使えないという問題点もデイトナのシガソケットをイグニッション連動で装着したので解決済み。
IMG_9677
難点ではないが、綺麗すぎて遠乗りが心配。


さぁ今年最初のロングはどれで行こうか。

 最近Youtubeで599XXのサーキット走行動画をよく見る。
嬉しいのは自分の599GTOが酷似しているということ。
イメージ 2

それもそのはず599フィオラのを純レーシングカーに仕立てたのが599XX。
その599XXの公道仕様にしたのが599GTO。

だから599GTOは599フィオラのよりも遙かにXXに似ているのだ。嬉しい。

599フィオラノ 620馬力 1580kg
599XX     700馬力  1345kg
599GTO    670馬力    1495kg

車重はともかくエンジンパワーはそんなに変わらない。
その後出た599XX Evoは750馬力だが、自分が憧れているのはデカい羽の付いたEvoではなくあくまでも599XX。

はやくライト交換して、純正タイヤを履かせ路上に戻りたい。
そして元になった599XXのことを思いながら激走したい。

 今日の朝430スクーデリアで散歩に出かけた。

IMG_9649

599GTOが長期不在が確定してしまった。
430スクーデリアに掛かる期待は大きい。

車検通してから何回か乗っているが実に良い!

A110のようにしなやかではないし、手の内にある感じでもないが、狼感が凄くアジリティも感じ実に俊敏。


「これはこれで良いね👍」と今朝も走らせながら唸らせてもらった。

そんな時である。。。

これから先がクライマックス区間の手前交差点で何と白いポルシェ・718ケイマンが入り込んできたのだ。

「えぇ〜嘘、俺の前に入っちゃうの!?スクーデリアも舐められたもんだね」と思った。

猛然と加速する718ケイマン。「でもねぇ〜今日の俺は乗れてるのよ」
グワッと加速してストレートでもコーナーでもベタベタに張り付いて走ることもできたが、
「それをやったら煽り運転になるのか?」と思い少し距離を置くことにした。

残念ではあったが狼のようなスクーデリアが頼もしく感じられ嬉しかった。



 自分のフェラーリは2台とも並行輸入車なので、左側通行用のヘッドライトに交換することにした。
430スクーデリアのカーボンヘッドライトは即納だったので、すぐに装着し車検も無事通せた。

599GTOは2月に注文して2ヶ月が過ぎた。
いつ入荷するという連絡は無かったが、「そろそろだろう」と思い純正タイヤを注文した。

タイヤを注文する前にライトの納期を確認するべきだった。

「2ヶ月以上経ちますがそろそろですかね?」とLineを入れると驚きの返信が来た。

「片方は入荷していますが、もう片方は欠品していて本国を9月に発送です」

これには流石に頭に来た。

注文時の話じゃ「本国に在庫が2セットあります」という話だった。意味がわからん。
半年も先。わかっていたならタイヤもバッテリーも注文しない。わかった時点で連絡くれ。
「まったく車屋さんは。。。」とまた思った。

最近驚くほど高騰してしまった599GTO。
怖くて路上に出れないという金額になってしまったのでちょうど良いかもしれないが・・・

替わりと言っては何だがギブリGTの車検をと考え始めている。
ただ今エンジンが掛からないので整備工場への持ち込みが難しい。
ガッカリな出来事がきっかけで復活できたら嬉しい。

今年に入ってからほとんどバイクに乗っていない。
正月休みにほんの少しSR、エストレヤに乗ったくらい。

SRV250とW175SEはエンジンが掛からなくなってしまっていた・・・


しかし、SRV250に関してはバイク弄り等が好きな知り合いが俺の留守に整備してくれて無事走れるようになった。ありがとう菊さん!

このところすっかりバイクはご無沙汰だが(まぁクルマも自転車もご無沙汰だが)暖かくなったらまた走り出したいとは考えている。


6月までに行きたい候補地も書き出せば

1. 佐渡島一周ライド
2012年頃に自転車の大会で一周している思い出の地。やはり海が好きらしい。日本海の朝日、夕陽を堪能したい。

2.雨飾山登山を絡めたツーリング。温泉に泊まって雨飾山に登りパノラマの絶景を堪能したい。

3.北信五岳登山を絡めたツーリング。何があっても北信五岳の一座は登頂したい。

4.沼津アルプス縦走。これは日帰りで計画していてできれば3月中に行きたい。

5.会津磐梯山へツーリング。猪苗代湖から磐梯山ゴールドラインなどを走りたい。


少し時間が経って分かってきたのだが俺はどうもSRV250のことが好きらしい。
IMG_9159
色が良いのかなんなのか分からないがとにかく好きなのだ。
ただ1番燃費が悪い。27km/L。完調になれば30km/Lを超えるかもしれない。
信頼性を考えると遠出は・・・だが出来れば良い状態にしてSRV250でも行きたい。

気絶したくなるほどの金額の左側通行用ヘッドライトを装着して430スクーデリアが帰ってきた。
車検は問題なく通った。

引き取りに行くと整備ファクトリーの中で我がスクーデリアは驚くほど輝いていた。

「エッ!?凄く綺麗なんだけど」と何度も見てしまった。

思い返してみると、印象が良くない時はボデーカラーの空色が薄く感じ、良い時は濃く感じる気がしていた気がする。

この日は驚くほど濃く感じた。

今更だが、「ヤベーッ!超カッコいい、最高の色じゃねーか!!」と興奮してしまった。
IMG_9169
今にも雨が降ってきそうな空の下、Avio Metのスクーデリアを自宅までドライブ。

乗り心地は相変わらず硬くカタカタしていたが、それが逆にアジリティを感じさせた。

話は逸れるが今回車検をお願いしたモトーレ佐野さんに聞いた話。
「お客さんがF355のミラーをぶつけちゃって、ミラーを探したら生産中止で60万円もしました!」

それを聞いた俺は「それじゃぁまだ俺のヘッドライトの方が納得できますね」
「そうそう自分もそう思いました」と佐野さんも言った。

ヤバイね旧車の部品。新車でもヤバイのだろうが。


週末にはフェラーリの友達が泊まりで遊びに来る。
ピカピカのスクーデリアを久しぶりに見てもらおう。
IMG_9168
負け惜しみでオプションのカーボン地のライトの自慢でもしようか😆

 篠井山の山頂付近に差し掛かったところ、電波が悪い中ラインが来た。妻からだった。

「ヘッドライト来たよ」という内容だった。

家に帰ると玄関にデカい箱が2つ鎮座していた。

「うわ、デカい箱!!」と驚いてしまった。
IMG_9003

IMG_9007

フェラーリ純正のテープが貼られていた。

夜、開封した。
IMG_9004

IMG_9006

確かにカーボンだった。ただしケース自体は樹脂。

このオプションのカーボンの表地のライトが欲しかったわけではない。もちろん。

しかし世界中で左側通行用のヘッドライトがスクーデリアはオプションのカーボン地が1セット、599GTOは2セットしか在庫がないのだそうだ。

IMG_9009

これは現在装着されているシルヴァー塗装がされているライト。
全然こだわりはないのでこれでも構わんのだが、先のたった1個しか残っていないライトを買わざるえないのでそうした。

2台分で幾らしたとか書きたくもないが、トヨタ86のエントリーモデル位した。
まぁでも色々言っても仕方がない、とにかくライト交換して気持ちよく再出発しよう。
430スクーデリアの場合折角交換するのならカーボン地の方が変化があって良いという強がりも言える。
月末には車検を通して気持ちよく走りたい。





 昨日は休日。予定は何もない。

「メガソーラー通りにでも散歩に行くか」と考えた。

「でもなぁ天気最高だし、ただ歩くのも何だしどこかの山にでも行くか」と考えた。

『山梨県の山』を見てまだ登っていない高すぎない山を探した。

すると静岡県近くにある山が目に留まった。

篠井山 1394.4m。

ザックも持たずに7時45分に出発!

中部横断道の無料区間を走り、登山口に到着したのは9時15分。

登り初めて思ったのは、この篠井山は愛されているということ。
登山道はとても綺麗に整備されていて『篠井山を守る会』の人々によって設置された距離計が100m毎に立っていた。

他にも定期的に熊よけの叩く棒が吊るしてあり、思わず微笑んでしまった。

前半は渓谷を伝って歩くのだが、この渓谷が良い。苔が綺麗そして岩を伝わる水の流れが綺麗。

ザックを背負わない身軽な登山ということもあって1時間半も掛からず山頂付近にやってきた。

山頂に着く前「ところで富士山はどっちなんだ?」と思いながら左を向いた木々の間から見えたその光景は凄かった。

「!!!!!!!!!!」「やばッ!!!」と思いながら山頂へ急ぐ。

そして山頂からの景色が更に凄かった!!
IMG_8987

「これは👍」「アッ!!右側には駿河湾も見えるじゃないか!!」

IMG_8986

「なんて素晴らしい日に来たんだ!!感動!!!」

IMG_8991

IMG_8982

山頂近くの神社。お金を持ってなくて賽銭できずすいません。。。

IMG_8993
我が心の北岳の勇姿も見える。

素晴らしい景色を堪能し、心と写真に焼き付けて下山した。

下山中、6組程の人とすれ違った。
多分気分が良くて自然と笑顔だったからであろう。会話を楽しんだ。

最初は小さなワンちゃんと歩いてきた方。
「良いですね〜ワンちゃんと登山。今朝家族と話していたんですよ、一緒に行動してくれる🐕がいると良いのにねと」
「ミニチュアダックスです、脚が短いんで進みが悪いんです😃」「景色はどうでしたか?」

「ヤバイですよ、素晴らしい!!ワンちゃんと楽しんできてください、お気をつけて」


次は二十歳前位の2人の若者。
道を譲ってくれたので「すいません、ありがとうございます」と言うと
「あと、(山頂までは)どのくらいですか?」
「今、真ん中くらいだね」

「景色はどうですか」
「ヤバイよ〜」

「どちらから来られたんですか?」
「甲斐市です、どちらからですか?」
「僕等地元なんですけど登ったことがないんです」

「ここまでの渓谷の景色だけでも綺麗だねなんて言ってたんですよ」

「あ〜そう、ね〜この山は素晴らしいですよ、山頂の景色に驚かせられるよ〜安全に楽しんでください」と言った。

礼儀正しい好青年達は「またどこかでお会いしましょう!!」と言ってくれた。

その後も2組の若いご夫婦と話をした。気分が良い◎

帰り道の渓谷
IMG_9001






12時頃には駐車場に戻ることができた。

そして少し下ったところにある温泉に浸かることにした。

「せっかくここまできたんだから素通りで帰ってはだめ、地元にお金を落としていかなきゃいかん」と思った。

立ち寄ったのは日帰りの湯『奥山温泉』
IMG_8998
こ綺麗で行き届いた施設だった。

節分の日だったので豆とかわいい鬼をくれた。
IMG_9008


綺麗な大広間でノンアルビールを飲みながら節分豆を食べた。大量に汗をかいていたこともあってノンアルが超美味かった。
その後温かいかき揚げ蕎麦を食べた。これも美味かった。

その後、お風呂に入った。
内風呂は綺麗で大きく、サウナもあった。そして大きな露天風呂もあった。

ぬるめの湯だったので1時間位浸かった。

露天風呂に入り空を見上げながら「面白いよな、今朝起きた時点じゃ何の予定もなかったのに」
「篠井山に登って、知らなかった山奥のこの風呂に浸かっている。やっぱり健康な体と行動力が大切だ」としみじみ思った。

風呂を出た後行きながら目をつけていた併用住宅の地元の果物屋さんに立ち寄った。
静岡産ポンカンを買った。29個も入っていて600円!
それと🍓が好きな次男に2パック買った。1パック500円!だった。どちらも安い!
クルマの中でポンカンを食べたら美味しくて5個も食べてしまった。


IMG_8985

それにしても良い日だった。天気も良かったし、素晴らしすぎの篠井山、温泉も果物も良かった。
次はどこへ行こうか!

早朝に川沿いを散歩していたら、素晴らしい風景に出会った。
あまりの綺麗さに足を止め写真を撮りたくなったIMG_8817


IMG_8770
これは家を出た時にみた朝焼け。

IMG_8853
八幡公園にて。

IMG_8852
国道20号竜王歩道橋からの南アルプス。

IMG_8854

散歩はイイね、実に新鮮。
気がつくと10km位歩いちゃう😆

体調が良いといろんな事がしたくなってくる。何でも出来る気がしてくる。
良いことだ。

何年か振りに山の本を購入した。
IMG_8921
新潟県の山。
山梨県、長野県に続く3冊目。

そんなに登山がしたい訳でもないが、本を見て『思いを馳せる』のは楽しい。

以前にも書いたが北信五岳の妙高か黒姫山に加え『新潟県の山』に載っていた雨飾山か火打山に登りたい。温泉宿に前泊して朝早くから登れたらと考えている。
ただ、どの山も豪雪地帯にあるので、早くて5月下旬くらいか。

599GTO、430スクーデリアの左側通行用のライトの話がまとまった。

確かに値上げはしたのだろうが、もうそんな事は言ってられない。
この2台はMiki家の家宝なのだから踏み切るしかない。

輸入商と電話で話をした。

「430スクーデリアは純正オプションのカーボンケースで即納できます」
「599GTOはもともとカーボン製の専用品です。納期は1ヶ月ほどです」という事だった。

スクーデリアに関してはカーボン製になるので楽しみもある。

価格はやはりどういう訳かスクーデリアの方が高かった。

スクーデリア、GTOの順番で交換し、すんなりと車検を通して出直したい。

再出発だ!


このページのトップヘ