mikiおばさんno日記

書き留めておこう 小さなワクワクを

アララー 1年が過ぎてしまいました。
仕事に追われ、家族のケアに追われ(歳かしらん)
PCには向かい合っているんだけどね

自分の事は二の次の年でしたねー

で、12月 私の体が故障 肩こりが進み
手が・肩が、痛みで仕事ができない状態に

果ては、ガンかと疑うくらい 痛かったー

対処方法は
まず、お風呂で温めて、湿布を貼る・・・治らず
温泉に行って、整体マッサージ・・・・・・いまいち
リンパマッサージ・・・・・・・・・・・・・・・・・もひとつ

そしてたどり着いたのが
機械(超音波?)でセルライトを攻撃して、痩身マッサージ
痩せるための90分だけど、肩こりに効くとのことで
初めての体験・・・・結構 ゴリゴリ
・・・・・・柔らかくなって・・・・・痛みが消えました

そこかい!!!と突っ込みながらも・・・・・効いた
あと何回か行けば、もっと良くなると思うのだけど
少々、お高いのだ

それと、痛みが消えたので、おこずかいの優先順位が
1番ではなくなった・・・歯医者さんと一緒かーーー??

そんなこんなで、この1年 終わろうとしている

今年は大変な歳でした。
東日本・福島原発
どちらも、復興までには、これから長い時間がかかります。

新しい年が、一歩ずつでも前へ進む年でありましように。

祈りながら、新しい年を迎えたいと思います。

東日本の視察の事を書かなくてはと思いながら
2カ月・・・・・・・・・・・
被災地の様子は、・・・言葉もない

釜石は、建物が残っていたが、赤い旗(解体)が
いたるところに立っていた。

陸前高田は、ほとんど何もなかった。
地形の違いで、様子はまったく違っていた。

そして、痛感したことは、広い・とにかく広い
ボランティアの方々が多く入っておられるが
広すぎて、どこにおられるかわからない。
1時間、車で走っても、まだ、陸前高田なのです。
私は岩手県しか行っていないけど
1日中、車で走っても、視察できたのは数ヶ所。
これは、大変な広さだと、悲しく実感しました。

いろいろな想いは、まだ整理がつかない。

仮設住宅を訪問した。
バリアフリー等改善されていたが
プレハブ住宅の暑さ・寒さ対策は、後手にまわっている。
2年〜3年の期限付きとはいえ、とても不自由な住宅だ。
また、浄化槽が住宅の目の前にむきだしで
臭いへの配慮もない
通路に砂利をあとで敷いたため
床下に水が溜まり、ハエや蚊の発生源となっている

600万円かけるなら、仮設ではなく、永住できる建物を
と思った。
気付いた人は多く、木造やコンテナの工夫で建てている
住宅があり、雑誌などで取り上げられている。
そうだよねーと思う。数は少ないけれどね。

都市計画が今議論されているけど、
長年、徐々に形成されてきた街、人々の繋がりを
短時間で再現できるものではないだろう

いろいろな議論があるだろう
住人の立場で・そして建築に携わる人は
その人の立場で、街の将来を描いて欲しい

時間はかかるだろう・・・でもその多くの時間が
新しい街を作っていくのに、一番必要な気がする

私は、学校の授業で、現状を伝える
九州は、東日本からは距離がある
しかし、建築に携わる者として、今回の災害を
しっかり、心に刻み、伝えていこうと思う。

東日本に行くことにしました。

建築関係者として、見ておきたいと強く思ったので。
もう少し、強い{行かなければ」と思ったのです。
被災状況や、仮設住宅の様子を見てくるつもりです。
余震があったり、原発の先が見えないなか
一度は断念したのですが
7月半ばに 仲間と行くことにしました。

皆、それぞれの立場で、東日本を心に留めていると思います。

私は、家庭や仕事の都合で
7月半ばの連休に

平泉の世界遺産や 遠野のVC 沿岸地区

ごちゃごちゃですが、行く事にしました。

家の片付けを連休からずーーーーとしています。
使っていないものの 多いこと 多いこと
4年ほど前に整理したのになーーー
あるラインを超えると・・・・溜まりだす
すると みるみる部屋中倉庫になっていく

で今回 仕事すきまをねらって
捨てましたねー・・・まだあるけど

家で仕事をしているので 資料が満杯
データー化するには 力不足
紙の資料がどっさり

捨てる時の分類が結構面倒
ファイルで 金具の場合ははずして
週に2回のゴミの日には 回収時間に
表に飛び出して「これいいですか??」と聞くこと数回

金属のうち アルミ缶は 公民館で別に収集・・・お金になるからだろう
衣類は燃えるゴミでOKなので・・・出しましたねーーー
娘は2年着ない物は・・・と
そうねーと言いながら・・捨てられない
しかーーーし 好きな服が 着られない・・・太った・・・ショック
捨てました・捨てました

すると 倉庫や衣裳部屋が ひろびろ・・・アハハ
雑誌も・・・バッサリ
仕事部屋もひろびろ・・・アララー

しかし 部屋から出した物・物が ベランダに山積み・・フウー
これらの分類が・・・あーーー目をそらしたい

仕事机もうーーん 一山

実は、Windows7を買ってから 1年そのまま・・・・アーーー
XPのまんまなのです
あーーー仕事用のソフトを再インスロールして
INは3台で使えるように・・・考えただけで・・・もう少しこのまま・・・

あーだめだめ

そんな週末です

行き場の無かった支援物資にと買った
女性用下着・シャツ・トレーナー・靴下等が
友達の友達のネットワークで、届けられる事に

役に立って、本当に良かった

洋服などは、物よりお金のほうが役に立つのでは?
と思ったりしてたけど、売ってないとの事で
現場の事、本当に知らないなーと思った。

昨日、仲間と「お花見」兼打合せ

私は、3,11以降、同窓会や食事会を断っていた
でも
「西日本は、景気が良くなるように、自粛してはダメ」と

そうなんだけど、私は、もう少し時間がかかる
直接の被害は無いが、心のどこかがまだ・・・

あと1カ月したら、また違うだろう・・・時間が必要
原発も垂れ流しているし、冷えていない
まだ、避難所暮らしのかた、インフラが届いていない所

非常時が過ぎるまで、心は東北に向いている

西日本は元気に・・・正論だが・・・心はまだまだと


昨日、義捐金のとりあえずの配布概要が
オイ!オイ!
まず最初は、生きている人の支援だろう!!!
みんな、寄付する時、生きている人々の顔を
思い浮かべながら、少しでも助けになればと
少なくとも、私はそうだ
まず、今の生活に役立てて、普通に食料をと

それに、1世帯に35万???
1人の所と、8人家族と同じなのか???

亡くなった方の身元確認も済んでいないのに
亡くなった方に・・・それは、後で良いだろう
もっと落ち着いてから、2回目・3回目もあるだろうから

私は、生きている人1人に○○円だと思う
赤ちゃんは大人よりお金がかかる
お年寄りだって、成人よりかかるだろう

なんで1世帯を基準にするんだ???

まだ不明の方が、たくさんいらっしゃるのに
お金をもらう事は、死を認める事になるんだから
なぜそんなことを思いやれないのかなーーー

まずは、まずは、生きている人にだろう!!!
もう、なにを考えているんだか!!!
お金は、今は、今は、生きている人に必要なんです

義援金はまだまだ増えるだろうから
亡くなった方へは、不明者のかたが見つかってからで
良いだろう
家屋についてのお金もあと少したってからで良いだろう
それより、仮設住宅や避難所の環境整備が先だろう

今は、残った家屋を修理するのに使う方が活きるだろう
あと少し、都市計画などが決まって、住む場所が
決まって、それからだろう
名目がおかしいと思う

まずは、生活費!生活費だよ
1人にいくらだよ!!!
なにもない時に、下着1枚から揃えたら
びっくりするぐらいお金がいる
鉛筆1本・靴1足・身の回りの物を
すべて買ってごらん
100万や200万はすぐ無くなる

審査委員会よ!!!被災した人に聞いたのか???
不自由していない頭で考えるな・・・と強く思った

昨夕、サルコジ大統領と管総理
トップの指導力というか、立ち姿の違いに
あーーーと思ってしまった。

サルコジさん言い切りました
「原発は必要だ」と
「代替エネルギーはまだ追いついていない」と

原発の良し悪しは別として
国の方針を、自分の言葉で、明確に
さすが、と思って聞きました。

それに比べて、管総理の頼りないこと
ペーパーを読むのもブーーー
会談の経緯は、枝野さんに任せたら?
総理の考え、日本の進む方向を
自分の言葉で語ってほしかった

これからの原発についても
むにゃむにゃ・・・

シャンとせんかい!!!

日本の技術を信じていたけど、駄目なのか・・・
アメリカ・フランス・ドイツ・他の国の技術支援を
受けるとのこと・・・
危機管理は、なんかドロドロしていて・・・むっ
面子や駆け引き、選挙までからむと・・・・むっ

管総理、器が小さすぎる・・・頭を整理してくれ!
日本のトップはこんな人なんだ
むっーーー残念

私は原発には反対だ・・・電気依存を考え直す
こちらの論文で決めました

代替エネルギーや節電を日々の生活に取り入れよう

東北関東大震災
いろいろな言葉が飛び交っている

「がんばって 日本」・・・海外で活躍中のゴルフの女子プロ
  日本に居ないからそうなるんだね
  個人的には、頑張っている被災者の皆さんは
  もう頑張らなくて良いから・・・と思う

「がんばろう 日本」・・・私はこれかな
  現地からは遠いけど、何かしたいしねー
  被災しなかった人が頑張らなくてはと思っている

募金活動があちらこちらで盛んになってきた
  私は振込で募金したけど、前を素通り出来ないね・・・
  また少し節約して、また募金しよう

原発よ・・・早く・早く・・・冷たくなってくれ
原発よ・・・その熱を・・・春に変えてくれ

50歳以上の、これから子作りする予定の無い人は
10分ずつ、作業に行こうか・・・
若い人には、これからの日本の再建の役割と未来がある
作業は、若い人が行っちゃいけない・・・そう思う

このページのトップヘ