November 29, 2006

巣立ち。

11月20日
次男くんが就職のため
ひとり暮らしをはじめました。

去年高校2年で学校を辞めて
行っていれば高3。
次男なのでいずれは出すコ…
と ぼんやり思ってはいたけど
こんなに早く手放すことになるなんて
想定外…

まぁ
出て行くにはあるきっかけがあったものの
そもそもその意思があったし
行けない距離ではないので
涙涙で送り出した。

そんなこんなで
11月のあたしの休みは
住まい探しから部屋作りに
奔走していた1ヶ月。

職場まで歩いて行ける範囲で
部屋を探し家電一式購入し
ダイソーで6000くらいの買い物をし
必死に部屋作り。
21日の入社までに事を終えなくてはならなかったので
ちょっと大変。

19日はお休みだったので
この日に全部片付けて
置いて帰るつもりが荷物がに乗りきらず
翌日の夜まで延長。
20日は次男が兄ちゃんとを買いに行きたい
とゆーことでふたりでお買い物。
あたしは仕事だったため
夕飯を済ませてから9時くらいに
残りの荷物を積んで出発。
「とうとうこの時間がきちゃったか…
と心ん中涙。

途中食料などの買い物をしながら
買ったの話とか他愛のない会話をしながら
このときばかりは突っつきあうこともなく
到着。
荷物を運び入れ
明日から仕事なのでお風呂に行くよう促す。
あたしは寝床を作り
部屋の整理をし
食料を冷蔵庫に入れ
お風呂から上がってきた次男に
洗濯機や炊飯器などの使い方などを教え
後ろ髪引かれる思いで
部屋を出る。

に乗ったとたん
耐え切れず涙がどばどば溢れ
声を出して泣きながら運転。
カナシイとゆーより
ツライ…
に帰り殺風景な次男の部屋を見て
また涙…


泣いてばかりの弱い母親です。


みき☆ at 14:12│Comments(1)** 涙涙涙 ** 

この記事へのコメント

1. Posted by いずみ   December 10, 2006 16:46
いずれ あたしも経験することなんだろーな。
はー。
すでに ため息。
でも あのコにとっては いい展開だったと思うよ。
みきにとっても きっと
いい経験になっていくはず。
これから まだ あとふたりいるもんね。
親としての痛みは
まだまだ これからたくさんあるんだろーなー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
**こんにちは**
みきです。
たらんたらんと綴る
日々のあれこれ。

ぱぱごん
長男 20歳
次男 18歳
長女 16歳
おばあちゃん
の 6人家族。
山有り谷ありありあり。

** みんなとお話し **
** 携帯から **