2005年05月29日

甘い人生 2回目見てきました!


甘い人生

甘い人生2回目見てきました。
結構、細かいところは初見で見逃していたようで、新たな発見もあり、あともやもやしていたところが少しは、消化?昇華?したような気もします。

初見のレビューはこちらから。
1回目の時、とにかくどうしても理解できなかったのが、社長がなぜあそこまでソヌをいためつけるのかということ。ひょっとしたら、ソヌを試すために、わざとヒスを監視させたのかなあなんて、うがった見方をしていましたけど、今日見て理解したのは、社長はソヌのこともやっぱり愛していた(別の意味だけど)んだろうなと。だから、ヒスとソヌ、愛している二人同時に裏切られた屈辱が、あそこまでのいたぶりに繋がったのかと。ソヌとの電話を切った後、すごく苦悩に満ちた顔を、社長がしていたんですよねえ。

社長は、「たった一回の過ちが、命取りになることもある」とか、「人を愛したことがないお前だから、監視の仕事をさせる」など、はからずもちょっと釘をさすというか、念押しをしていたわけだけど、社長にとってもソヌにとっても想定外の展開よねえ。

あと、ヒスの代わりとなる女なんかまた巡りあえるだろうけど、ソヌの代わりは絶対現れないはず。だからこそ、社長はソヌにチャンスを与えたけれど、ソヌはそのチャンスを活かさなかった。というか、完全主義で生きてきた人間にとって、命乞いをするって事は、ハンパな人間がすることだったんでしょう。社長は、ソヌが土下座して命乞いをしたら、ひょっとしたら許したかも・・・でも、それじゃ、ソヌじゃないよね。

完璧見逃してたこと。ヒスがチェロを弾く姿をソヌが見つめている場面で、一瞬、木々が揺れている映像が挿入されてたんですよね。そうか、やっぱりここで心が揺れたのか!と、納得。そして、最期ヒスのことを思い出したときも、やはり木々が揺れる映像がカットイン。うわー、緻密な映像作りに、つくづく感動してしまいましたです。

そして社長との最後の対決の時、社長がソヌに、「どうして、心が揺れたんだ?あの女のせいか?」と尋ねてるんですよね。ソヌはそれに答えず、発砲してしまいますが、あの禅問答が、各場面で重要な役割を果たしていて、これは二度見たからこそ気づけた、大事な発見でもありました。

禅問答といえば、二回目の禅問答の中には、「甘すぎる夢」というフレーズが出てきてましたけど、シャドーボクシングの場面は、甘すぎる夢は同時にかなわぬ夢で、でも、そのかなわぬ夢のために、必死にあがいている姿というふうにも、受け取れました。一度目の時は、ナルシスト入って悦に入った姿が滑稽にすら見えたんですけど、見るたびに印象が変わるってなんだかすごいです。

あと、一度目の時は、バイオレンスシーンでちょっとへとへとになってしまったせいか(普段、アクションモノ、バイオレンスモノみないせいもあり)、涙は不思議と出てこなかったんですけれど、今日は、ソヌの最期の回想シーンで、ヒスに向けてソヌが満面の笑みを浮かべているシーンで、涙が止まりませんでした。ロマンスの主旋律が、バイオリンからチェロに変わるところで、より心の奥にぐっと来てしまい、余計に。そしてその後の映像ではソヌも泣いている・・・ソヌと一緒に泣いてしまったと、一人悦に入ってしまいました。(あほやねえ・・・爆)

私にとっては、とっても収穫の大きい2回目鑑賞でした。もう1回見たくなっちゃったなあ・・・いつまでやってるんだろうか。今日見た渋谷の映画館は3日で終わりみたい。

<追記>
そういえば、一昨日のチョナンカンで、剛くんが、最近ビョンホンssiに会ったって言ってたなあ。すごくかっこよかったって言ってたけど、いつ会ったんだろう。
芸能人であることだけでも、ビョン兄に会える可能性は極めて高いけど、剛君はさらに有利だよなあ・・・うらやまぴー♪
miki_jennie at 20:44│Comments(6)TrackBack(8)甘い人生 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ついに・・・『甘い人生』  [ うつくしきdrop@log ]   2005年05月29日 22:46
やっと、やっと・・・見て参りました。 キム・ソヌ。 めちゃくちゃ素敵でした。今まで見たビョンホンの中で最高かもしれないっ。 冒頭のチョコ(ザッハトルテ?)をパクリってするシーンと、回し蹴りでもうノックアウトだった。 あじょっし〜って呼ばれてても、素敵。
2. 「甘い人生」アンコール  [ Casa de lapiz:鉛筆庵 ]   2005年06月04日 21:34
今日は仕事の一日だった。で、夜になって、かねてよりのお約束で「甘い人生」(私にとっては、アンコール!)見に行ってきた。 一つ前の回は結構、お客多かったが、私が入った回は夜ということであろうか、またまたゆったり・・・!カップルで、という組み合わせが目立った。
3. 映画『甘い人生』  [ EVERSMILE(エバースマイル) ]   2005年06月05日 21:30
『甘い人生』公式サイト『甘い人生』を上映している映画館は?『甘い人生』イ・ビョンホン独占インタビュー - FLiXムービーサイト『甘い人生』はフィルム・ノワール的要素に満ちた作品で、イ・ビョンホン主演の本格的アクション映画。イ・ビョンホンの壮絶な生き様がこの作品
4. 甘い人生  [ 気まぐれdejico ]   2005年11月06日 12:21
甘い人生 特別日本版ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見るやっとビョンホンの「甘い人生」を観ました。 久々のビョンホンは、やっぱりオーラが出てますっ☆ うーん、何ヶ月ぶりかなぁ。 オールインは7月ぐらいに友達から録画を借りて一気見しちゃったから、かれこれ3ヶ...
5. イ・ビョンホン 『甘い人生 / A Bittersweet Life』  [ honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 ]   2005年11月19日 18:02
4 『甘い人生』公式サイト:http://www.amaijinsei.com/公式サイト(韓国):http://www.bitter-sweet.co.kr/ 原題:a Bittersweet Life製作:2005年韓国監督・脚本:キム・ジウン出演:イ・ビョンホン/キム・ヨンチョル/シン・ミナ/キム・レハ/ファン・ジョンミンソウ....
6. [映画]甘い人生 【ネタばれ】  [ Four Seasons ]   2005年12月11日 16:29
甘い人生 通常版 出演:イ・ビョンホン、シン・ミナ、キム・ヨンチョル 他 監督:キム・ジウン (2005年 韓国)---Story--- 裏社会に絶大な権力を持つカン社長(キム・ヨンチョル)のもとで ナンバー2として働く冷徹で完璧な男・ソヌ(イ・ビョンホン)。 彼はある...
7. 甘い人生を見ました  [ diary(徒然なるままに) ]   2006年03月12日 18:20
イ・ビョンホンssiの「甘い人生」を見ました。この映画、男性向けの映画かもしれないな。けど黒服で決めているビョンホンssi、白シャツのビョホンssiなど超クールで格好いいシーンがあり、夜景と車を運転するビョンホンssiがこれまためちゃくちゃ素敵なんだけど、映画全体が....
8. 甘い人生  [ SSKS* ]   2006年03月21日 11:32
甘い人生 2005年 韓国 監督:キム・ジウン 脚本:キム・ジウン 出演者:イ・ビョンホン 、キム・ヨンチョル 、シン・ミナ 、エリック ストーリー:大都会ソウルを一望するホテルの総マネージャー、ソヌ(イ・ビョンホン)。彼はホテルの社長でもあり、裏世界を牛...

この記事へのコメント

1. Posted by peko   2005年05月29日 22:23
こんばんは。
>ヒスがチェロを弾く姿をソヌが見つめている場面で、一瞬、木々が揺れている映像が挿入されてたんですよね。そうか、やっぱりここで心が揺れたのか!と、納得。そして、最期ヒスのことを思い出したときも、やはり木々が揺れる映像がカットイン。うわー、緻密な映像作りに、つくづく感動してしまいましたです。

そうなんですね。
私、2回目でも気づきませんでした。
3回目、早く行きたいなあと思ってるのですが、最近、インウとジョンドゥに浮気してたので、未だ行けてません。
何せ、バンジーと誰俺は、日にちが限られてますから。
でも、甘い人生も、もうあまり長くはなさそうですね。早く行かなくちゃ。

それから、ジホにも早くあいたいです。
福岡で観られるのはいつなんだろう。
jennieさんがうらやましいです。
2. Posted by drop   2005年05月29日 23:01
こんばんは。
やっと見て参りました。
うーん、難しくてよくわからなかった。
やっぱり一回じゃだめなのね。皆さん何回も見られているようで尊敬。
初見のレビューと合わせて読ませて頂きました。
頭の中、少し整理できました。
柳のシーン、確かに入っていました。
そうか、あれはソヌの心の揺れだったのですね。

”なすび”はかわいそうだったよね。(笑)
あの人、どこかで見たことあるような・・・。
オールインに出てきたヤクザの親玉(日本人)?ちがうかなあ。


3. Posted by Jennie   2005年05月30日 23:57
★pekoさん、こんばんわ。
そうなんですよ、あの柳が揺れる映像が一瞬うつるんです。
あと、最期にヒスを思い出すときは、柳でなく、違う木々が揺れる映像でした。
その使い分けの意味までは、ちょっと考察できませんでしたが、
非情に、芸が細かいです。
3回目行けるといいですね。
私は、2回目までは、かなり腰が重たかったんですけど、
3回目は、すぐにでもみたい気分です。

★dropさん、こんばんわ。
私も、1回目ではなんか消化しきれないというか、圧倒されちゃって、
レビューもすぐに書けないほどでした。
心の揺れというのは、今回の大切なキーワードだったと思います。
各所に、いろんな投げかけがあり、1回ではそれが理解できなかったり、
繋がらなかったりするので、かなり消化不良起こすのかもしれないです。

なすび、オールインにも出てきたのですか?
注目してみなきゃ。(爆)
4. Posted by rubicone   2005年06月04日 21:47
TBありがとうございました。
2回目を見てから大分日にちが経ってしまっているのですが、誰かに聞きたいと思っていたことがあります。
それは、(一回目の時には気付かなかったのですが)最後の銃撃戦の場面に迷彩服(だったと思う)で登場した人物についてです。もしや、ちらっとしか写らなかったけど、彼は「オールイン」でテスを演じている方ではないでしょうか?見間違いかなあ?
5. Posted by Jennie   2005年06月05日 21:46
rubiconeさん、こんばんわ。
ご来訪ありがとうございます。

うーん、迷彩服の男、顔の記憶がないです・・・
3回目見れたら、チェックしたいですが。
いろいろ俳優さんを覚えていくと、あ、この人、前に見た!っていうのが増えて、
楽しいですよね。

また、お立ち寄りください。
6. Posted by so-so♪。   2006年03月12日 18:23
jennieさん、アンニョン♪
そうだったんだぁ、ヒスのあのチェロをひくシーンで木が揺れていたのですね。
まさにあの師弟問答が組み込まれていたのかぁ。気づかなかったぁ。。。
私のあのヒスを見るあの泣き笑いのような姿はとっても印象的でした。後最後のシャドーボクシング、そうかぁ、あがいているかぁ。ふむふむ。私も彼のこれまでの人生だと思ったのです。あのボスをすぐに撃てなかったのは、これまで彼がどんな思いでここまできたかという表れのような気もするので、それと結びついているのかもしれませんね!!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Jennie
ビョンホンssi(特にミンチョル)にメロメロです。TB・コメントは大歓迎ですが、ブログの内容にそぐわないものなどについては、管理人の判断で削除いたします。
Archives
Ju Jihun's DVD
Lee Byung-hun's BOOK