Xボーダー



 
 
ご覧頂きありがとうございます。


ロードバイクを始めてから知る
ロードバイクあるあるの一つではないかと思うのですが、

タイヤの方式が複数あるのを知る

と言う事。

ワタクシ、ロードバイクを始めてるまでは、自転車のタイヤは、
『タイヤがあって、中にはチューブが入っていて...』
が常識で、それしか無いと思っていました。

それを『クリンチャー』と呼ぶ事も知りませんでした。
ママチャリなど、ほとんどの自転車がこの方式だと思います。


そして他には、今ではワタクシのイチオシ、チューブレスがあります。
これは車やバイクでは常識なので、
『へぇー、自転車にもチューブレスあるんだー。』
程度の驚きしかありませんでした。

そしてもうひとつは、チューブラーという方式。
まぁ、説明するまでも無いとは思いますが、チューブはあるものの、タイヤに包み込まれて一体化していて、セメントかテープでホイールに貼り付けると言うもの。

転がり抵抗やら乗り心地やらで現在のプロのレースの世界ではチューブラーがほとんどの様ですね。
ただ、このチューブラー、タイヤ自体が高額ですし、リムに貼り付けないといけないという手間や扱いにくさ、そしてパンクしたら簡単には直せないので交換しないといけない。
プロのレースならホイールごと交換しちゃうからいいんですけどね、
一般の人なら出先でパンクしたら大変ですね。
クリンチャーならチューブだけ交換したらいいんですけど、チューブラーはタイヤごと交換しないといけません。リムから剥がしたり貼り付けたりするのも大変です。タイヤを折りたたんでサドルの下にくくりつけている図を見たことがありますが、あまりスマートではないですね。

この扱いにくさが普及率の低さだと思います。

扱いやすさのクリンチャー。

性能重視のチューブラー。

って感じでした。



...


...


でした?
過去形?


そうなんです!


先日の、新型ボーラが欲しいという記事
を書いた後も、新型ボーラの値段などの情報が欲しくていろいろネットで調べてたんですが、


なんと、新型ボーラ、

BORA 60 WTO

borawto60dark

チューブラーの設定が無い!!


なんということでしょう...。

どうやら、リムのワイド化のせいかどうか分かりませんが、研究により転がり抵抗も空気抵抗もチューブラーよりもクリンチャー・チューブレスの方が良いという結果が出たらしいです。


『扱いやすさを犠牲にしてでも性能重視のチューブラーでいくぜっ!』

ってのが覆されてしまいました。

扱いにくいくせに性能も悪い、おまけに高い。となると、もうええとこ無しですやん……。


ロードバイクのディスクブレーキ化もそうですが、ただでさえ『右にならえ』な風習のある自転車業界。
カンパニョーロがこんな事言い出したらほかのメーカーもチューブラー用作らなくなくなっちゃうよ。


果たしてチューブラーに未来はあるのか!?



 ポ チっとお願いします。
👇ぽち 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村


ロードバイクランキングへ


MTBランキングへ





Xボーダー



 
 
ご覧頂きありがとうございます。


ディレイラーハンガーを交換しました。

いゃ、別に折れたり曲がったりした訳ではありませんが。。。

以前、予備にと購入していた物がありまして、
1523885500670

右が元々着いていたハンガー。
アルミ製の表面処理なし。

左があとから予備にと購入したハンガー。黒のアルマイト加工がされています。
こちらの方が強度はあるでしょう。多分。

で、今までは予備として購入した黒のほうをツールケースに入れていたのですが、
いつ使うか分からんのに強度の強い方を予備にしとくのももったいないかと思い、強度の強い方を使って、交換したシルバーの方を予備にしといたらええやん。って訳です。

作業は簡単。取り付けの3本のボルトを外して着けるだけです。

1523885676735
いちお、緩み止めをぬります。
いいですか、緩み止めですよ!
ネジロック剤はやめといた方がいいですよ!強すぎて今度緩める時に緩まなくなるかもしれませんよ!
このように小さい6角のボルトは要注意です。なめたら終わりですよ!


で、
1523885865719
着きましたー!

念の為、どこのご家庭にもある
1523886290743

1523886625692
ディレイラーハンガー修正ツールで測定。
上下の誤差1mm
前後の誤差2mmとなかなか優秀。

ちょちょいと修正。
完璧...♪*゚

で、リアディレイラーを取り付けて……












1523886991642




いゃぁ、シャドーはかっこいいですなー。









なぜシャドー!?

のポチをお願いします。
👇ぽち 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村


ロードバイクランキングへ


MTBランキングへ





Xボーダー



 
 
ご覧頂きありがとうございます。

世間のローディーはカンパの12速化でザワついていると思いますが、ワタクシもネタに便乗します(笑)

とは言っても詳しい事は他に紹介しているサイトが沢山ありますのでそちらをご覧下さい。
丸投げ(o ̄∇ ̄o)♪


いゃぁ、とうとうロードバイクも12速の時代に突入ですよ!
MTBでは、フロント多段変速をあきらめたSRAMが一足先に12速化してますが、
ロードではカンパが一足早かったですね。
11速化した時もたしかカンパが先だったような気がしますが、今回の12速化もカンパが一番乗りですね。暗黙の了解みたいなもんがあるのでしょうか?




ところで、今回の12速化のモデルチェンジで、もちろんデザインも変更されてる訳ですが、これまた賛否両論ですね。

ワタクシとしてはナシですねー。

エルゴレバーの曲線はとても芸術的で美しいです。

でも、なんか違うんですよねー。
クラシカルなクロモリなんかにはとても似合いそうですけどね。

でもやっぱりワタクシとしてはナシですねー。



なにせ









高い!!(ノД`)

グループセットで40万超えとか無理や。


あとね、
この赤マルのレバー。
Fotor_15234187984424
新モデルでも変わりありませんね。
シマノでは下位モデルではこのタイプですけど、カンパは全モデルがこのタイプ(なはず)です。
これって、下ハン持ってる時どうやって操作すんの?

やっぱワタクシにはナシですね。


それよりも、同時に発表された

BORA 60 WTO

borawto60dark
こちらが気になりますねー。


リムハイトは文字通り60mm。

リムのブレーキゾーンにはAC3と呼ばれる加工で制動力もアップ。

そして何より

チューブレス対応!!

いやぁ、ワタクシクリンチャーを常用してますが、実はチューブレス支持者なんです。
以前、興味を持ち、チューブレスを試してみたいと、中古でチューブレスホイールを購入。
タイヤは新品。
KIMG0815
KIMG0831


これがですね、良かったんですよ!

違いの分からない男と呼ばれたこのワタクシでも分かりました。

乗り心地が凄いイイんです!!

普段通りの空気圧で走り出したのですが、
『あれ?空気入れたよなぁ?』
『もしかして、いきなりスローパンクか?』
って思うくらい地面からの突き上げが少ない。でも、実際は空気圧が低い訳でもないので転がり抵抗も悪くない。本当は転がり抵抗も少ないらしいんだけどそれは驚くほどの実感はなかったけど……。
でも、同じ転がり抵抗なら乗り心地がいいほうがいいに決まってる。


チューブレスサイコーじゃん!!
(((o(*゚▽゚*)o)))
これからはチューブレスでいくぜぃ!!



ってなったんですけど、実際は
1522486123720
バレット50しか使ってません。


なぜなら、

KIMG0833
見た目の戦闘力が激落ち君(/Д`;
ワタクシのリアクトちゃん。
これでも一応エアロロードのはしりであります。
このリムハイトは無いですわ。。。
見た目は大事です!!

で、
ディープリムのチューブレスホイールを探すも、なかなか球数も少なく、手の届く金額の物もなく、
『まーいっか』
で今もバレットを使っていますが、

やはり、この

BORA 60 WTO

borawto60dark 
めちゃほすい~( ´ A ` 。 ) 

今回の発表では価格は明らかになりませんでしたが、
まぁ、手は届かん額だろな(T ^ T)




以上、カンパのコンポはどうでもいいけどBORAめちゃほすい~( ´ A ` 。 ) 


なお話しでした。




お前にはもったいないわ!!
のポチをお願いします。
👇ぽち 
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村


ロードバイクランキングへ


MTBランキングへ

↑このページのトップヘ