【原文】

心なしと見ゆる者も、よき一言いふものなり。ある荒夷(あらえびす)の恐しげなるが、かたへにあひて、「御子(おこ)はおはすや」と問ひしに、「一人も持ち侍らず」と答へしかば、「さては、ものの哀(あはれ)は知り給はじ。情(なさけ)なき御心(みこころ)にぞものし給ふらんと、いと恐し。子故にこそ、万(よろず)のあはれは思ひ知らるれ」と言ひたりし、さもありぬべき事なり。恩愛の道ならでは、かかる者の心に慈悲ありなんや。孝養の心なき者も、子持ちてこそ、親の志は思ひ知るなれ。
 
 世をすてたる人の、万にするすみなるが、なべてほだし多かる人の、万にへつらひ、望(のぞみ)ふかきを見て、無下(むげ)に思ひくたすは僻事(ひがごと)なり。その人の心に成りて思へば、誠にかなしからん親のため、妻子のためには、恥をも忘れ、盗みもしつべき事なり。されば、盗人(ぬすびと)を縛(いまし)め、僻事をのみ罪(つみ)せんよりは、世の人の飢ゑず、寒からぬやうに、世をば行はまほしきなり。人、恒(つね)の産なき時は、恒の心なし。人、きはまりて盗みす。世治まらずして、凍餒(とうたい)の苦しみあらば、とがの者絶ゆべからず。人を苦しめ、法を犯さしめて、それを罪なはん事、不便(ふびん)のわざなり。
 
 さて、いかがして人を恵むべきとならば、上(かみ)の奢(おご)り費(つひや)す所をやめ、民を撫(な)で農を勧めば、下(しも)に利あらん事、疑ひあるべからず。衣食尋常(よのつね)なる上に僻事せん人をぞ、まことの盗人とはいふべき。

【現代語訳】

 情愛がないと見える者でも、よい一言は言うものだ。ある荒々しい田舎武士で恐ろしそうな者が、傍らにいる人に向かって、「お子さんはおられますか」と尋ねたところ、「一人も持っていません」と答えたので、「それでは、あなたにはものの情愛はお分かりにならないでしょう。薄情な心でおありだと思えて、とても恐ろしい。人は子どもを持ってこそ、すべての情愛が自然に分かってくるものです」と言ったのは、まさにその通りだ。妻子を思う心情なくしては、このような荒々しい者にいつくしみの心があろうはずがない。親孝行する心のない者も、子を持ってはじめて親の心が分かるものだ。
 
 俗世間を捨てて出家した人で、あらゆる点で係累もなく無一物の者が、よく係累の多い人が方々へお追従を言い、欲深いのを見て、いちがいに軽蔑するのは間違いだ。その人の心になって考えると、いとしい親のため、妻子のためならば、ほんとうに恥も忘れ、盗みもしかねないのだ。だから、盗人を捕らえ、不正ばかりを罰するよりは、世の中の人が飢えないよう、また寒さで苦しまないように、天下を治めてほしいものだ。人間は、一定の生業がなければ一定の道義心もない。人間は困りきって盗みをするのだ。世の中がよく治まらないで、こごえや飢えの苦しみがあるならば、罪を犯す者はなくならない。人民を苦しめ、法を犯させておいて、それを処罰するのは可哀想な行いだ。
 
 それではいかに人民に恵みを与えたらよいかといえば、上に立つ者が贅沢や無駄遣いをやめて、人民をかわいがって農業を奨励するならば、下々の者に利益があるのは疑いない。衣食が人並みであるのに、その上悪事をはたらく人を、ほんとうの盗人と言うべきだ。