2005年05月19日

オペレッタ狸御殿−楽しかった−

狸御殿愛読している粉川哲夫氏の『シネマノート』で,「高齢の『巨匠』のぜいたくな遊びにつきあわされた」という酷評を読んでいた。巨匠に「」をつけているところも含むところがある。
だから,期待しないで『オペレッタ狸御殿』を観にいった。ところが,案に相違して楽しかった。割と好きなんです,こういうの。

最初は,チャン・ツィイーは,カツラが似合わないし,オダギリジョーは,デクノボウ(木偶の坊)みたいだし…。「ぜいたくな遊び」という言葉も頭をぐるぐると…。大丈夫か?

ところが,♪ソーダ水の雨が上がって〜 で,スイッチがオンになってしまいました。心地よいのです。それからは,チープで,キッチェな感じも,おもちゃ箱をひっくり返したみたいなわけのわからなさも,心地よく思えるのです。

あー,そうだ。僕は,こういう音楽世界が好きなのです。敬愛するあがた森魚さんの世界と共通する世界です。『乙女の儚夢』『噫無情(レ・ミゼラブル)』『日本少年』などの初期の作品群,そして,大好きな『永遠の遠国』ってわけです。とにかく,『オペレッタ狸御殿』の楽曲は,不思議な懐かしさを感じるのです。CDを買ってしまうかもしれない。

鈴木清順監督って,やっぱりすごいと思いました。おかっぱの子どもの不思議なしぐさから始まって,登場する人や物のすべてが,とても奇妙で,安土・桃山時代のテイストではあるけれど,とうてい凡人には思いつかない。鈴木監督のおもちゃ箱のおもしろさ。もしかすれば,欧米人が感じるニッポンのコラージュになっているのかもしれません。その意味では,日本よりも(奇妙さが際立ってしまい,むしろ,入り込めない人のほうが多いかも),欧米で受けそうな予感がします。

カンヌ映画祭では,スタンディング・オペレーションなんてことになっているのでは…。こういう映画も良いなぁ。 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mikio1978/22495656
この記事へのトラックバック
鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」観ました。 すごく楽しい気持ちで劇場を出ることが出来ました。 監督に感謝。   清順監督の作品は、小難しくて、敷居が高い気がしていたが、 それは間違いで、私の食わず嫌いでした。 早急に過去の作品を観ます。   “狸と人は
「オペレッタ狸御殿」私的に楽しむ【わたしの見た(モノ)】at 2005年05月30日 16:19
狸は人に恋してはなりませぬ。 ましてや人が狸を恋うるなぞ、もっての他の皮算用。 なれど、今宵は十三夜・・・ 難しい理屈一切ナシ!の娯楽映画。 きらびやかな幻想。美しく凛としたお姫様とすずやかで優しい王子様の悲劇的な恋。 でもこの話における登場人物には
オペレッタ狸御殿【Dalmatian Dot-matrix printer】at 2005年05月30日 23:34
オペレッタ狸御殿. 老いが進めば病が悪化するというのはよくあるパターンらしい。 いま日経新聞で毎日老醜を晒している作家がいる。あれも歳のせいだろう。 鈴木清順という人は、独自の美意識によるスタイリッシ
オペレッタ狸御殿【日常/非日常Blog】at 2005年05月31日 01:47
5月28日(土)TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて 最初に断っておくが、私はオダギリジョーのファンである。 いつから好きかと言われると2001年10月からで、どれくらいのファンかというと以前にも書いたので、今回は割愛することにする。 私がファンになった頃にはバラエ
豪華なキャストの学芸会◆『オペレッタ狸御殿』【日々の記録と、コラムみたいなもの】at 2005年05月31日 04:57
鈴木清順監督作品に免疫が無いと、ちょっとオススメしにくい映画 かもしれません。鑑賞中はそれこそ狐につままれますが(笑) やっぱり印象に残るから不思議なんですよねー。 なので「いつもの清順作品!です!」って感想でオワリです。。。ごめん! 以下、映画の...
オペレッタ狸御殿【It's a Wonderful Life】at 2005年05月31日 20:03
勤務先が千葉市なんですけど、自宅が素晴らしく遠くて、終電だと22時半(早)で帰宅は24時前後になるんですね。 でもまぁどうしても観たくなっちゃって、仕事終わってから海浜幕張まで行ってオペレッタ狸御殿鑑賞してきました。観客は5人でした。 監督、この人アホだろ
オペレッタ狸御殿【New world】at 2005年06月01日 14:57
この映画は、はっきし言ってチャン・ツィイー目当てです。 ストーリーよりキャストより鈴木清順監督が話題になってるけど。 カンヌ映画祭でも特別招待作品として上映されたみたい。 2004年製作のミュージカル・ラブ・コメディ、111分もの。 あらすじ 美も名声も一番
★「オペレッタ狸御殿」【ひらりん的映画ブログ】at 2005年06月02日 23:06
 「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」の巨匠鈴木清順監督の4年ぶりとなる新作。 はじめてみた鈴木清順の映画。予告を観て、あとタイトルのオペレッタから察して、単純明快な娯楽映画ではあろうと思っていたが、まったくその通りだった。観たあと頭であれこれ思索すること
オペレッタ狸御殿【逃源郷】at 2005年06月10日 02:02
                 新宿ピカデリーで「オペレッタ狸御殿」を見てきました、Mと一緒に。 連休前から休みなしで、一段落したのが日曜夕方。 公式HPを見て、水曜のレディスデーまで待てなくなった。     オペレッタ狸御殿公式HP  http:/
「オペレッタ狸御殿」(2005)【◆Ahaha堂本舗◆】at 2005年06月14日 23:54
2004年 日本 111分 監督 鈴木清順 脚本 浦沢義雄 音楽 大島ミチル 、白井良明 出演 チャン・ツィイー 、オダギリジョー 、薬師丸ひろ子 、由紀さおり 、山本太郎 「オペレッタ狸御殿」公式サイト→ココ ストーリー(チラシより) ...
『オペレッタ狸御殿』【ぺぺのつぶやき】at 2005年06月15日 12:41
International Title:Princess Raccoon 『狸と人は恋に落ちてはならないといわれている中、唐の国から狸御殿に招かれた狸姫とがらさ城城主の世継ぎ・雨千代はひと目で恋に落ちてしまう。 』 director ...鈴木清順(殺しの烙印) 狸姫 ...Zhang Ziyi(2046) 雨千代 .....
オペレッタ狸御殿★★★★☆【なおのオススメ文芸。】at 2005年06月18日 00:41
この映画を見た夜に、「衣裳」についても書いていました。(全体の感想はココ ) 書き終えたとき、倉橋由美子さんの訃報を読んで、テキストファイルを保存せずに×してしまったようです。それで、もう一度、トライしました(涙) そうすると、どんどん長くなりました(--;
「オペレッタ狸御殿」の衣裳【◆Ahaha堂本舗◆】at 2005年06月19日 14:41
『オペレッタ狸御殿』公式サイト 監督:鈴木清順 脚本:浦沢義雄 プロダクションデザイナー:木村威夫 出演:チャン・ツィイー 、オダギリジョー 、薬師丸ひろ子 、    由紀さおり 、山本太郎 2004年/日本/111分 鈴木清順監督、『ピストルオペラ』以来
『オペレッタ狸御殿』【Rabiovsky計画】at 2005年06月21日 22:13
由紀さおりの最新情報をチェック!ad2(); 由紀さおり ニュース 満載: ...
由紀さおり【エンタメVIEW】at 2005年07月18日 10:01
オペレッタ狸御殿  2005/日本  ★★★★ 監督 鈴木清順 出演 チャン・ツィイー / オダギリジョー / 薬師丸ひろ子 / 由紀さおり / 平幹二朗 ■あらすじ■  がらさ城の主である父・安土桃山にその美しさを妬まれた雨千代は、魔境かえらず山に連れて行か
オペレッタ狸御殿【Cinema-Absolutism】at 2005年07月26日 00:52
山本太郎の最新情報をチェック!ad5();         山本太郎...
山本太郎【[TW] HOTWORDS】at 2005年07月26日 05:26
この記事へのコメント
はじめまして。BESTブログランキングと申します
BESTブログランキングはアダルト専門のブログランキングサイトです。
誠に勝手ながら貴ブログ様を弊社サイトにリンクさせていただきました。
御確認ください。

貴ブログ様が弊社ランキングに参加される場合は下記URLにアクセスしていただき、
ランキング参加をしていただけましたら幸いです。

http://bestblogrank.zmapple.com/

尚、ランキングに参加されますと、更新通知をping送信することで最新記事の日時とタイトルがランキングに表示されます。
また検索機能もついてますので、お探しのブログが一発検索できます。
Posted by BESTブログランキング at 2005年05月20日 01:56
はじめまして!
やっぱりあがたさん感じますよね!別の方の作品なんですけど、「ソーダ水の恋」なんて歌詞の世界もすごくあがたさんチックだと思います。サントラ買う気全然なかったんですが(・・・)見終わった後はやっぱり買ってしまいました。
ラストの「終」の後は、おとぎばなしの見事な閉めっぷりに毎度拍手したくてしょうがなくなります(3回見ました・・・)。スタンディング・オベイションしたかった・・・
Posted by etica at 2005年05月30日 23:33
eticaさんへ
コメントとTBをありがとうございました。
いろいろなブログを見ると,全然受け付けない方もいるようで,ちょっと自分の感覚が異常なのかしらん,と思っていました。
ですから,なおのこと,eticaさんのコメントとブログはうれしかったです。たぶん,あがたさんも,大島ミチルさんも,「狸御殿」が盛んにつくられた戦前の音楽とイメージを大事にしているんだと思います。
あぁ,また,観たくなってしまった。
Posted by mikio at 2005年05月31日 21:27