2004年10月07日

『シティ・オブ・ゴッド』の世界

シティ・オブ・ゴッド掛け値なしの傑作。偶然,旅先の映画館でみることができた。幸運。

圧倒的スピード感。一瞬も目が離せない。麻薬と暴力,犯罪の数々。

リオのスラムでおきる,殺伐とした勢力争いの物語。ここには,利権を求めて,自分の「シマ」を拡大し,敵対勢力を滅ぼそうとする強い意志と力がある。残酷な暴力を伴いながら,普通の人々を抗争に巻き込み,ある時は,秩序を破戒し,ある時は,逆に秩序をつくる。

ここで描かれた世界は,自分の生きている世界とはまったく無縁であるはず。しかし,そうは思えない。ここには,暴力や愛情,家族や友人,そして,権力の,原初的な世界が鮮やかに描かれる。

ブッシュが,利権を求めて,自分のシマを拡大しようと,イラクに向かうのと,どれほどの違いがあるのか。剥き出しの暴力か,「正義」に装われた暴力かの違いでしかない。

この映画をみて,生きているなかで,みるべき映画というのがあるのではないかという気になってきた。それほどの1本。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mikio1978/7732685
この記事へのトラックバック
シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組) 「俺は足を洗う。農場で、ハッパ吸ってロックを聞いて暮らすんだ」 全ての運命は神のみぞ知る。 「神の街」。 なんと魅力に溢れた映画なのか。 興奮しすぎて感想になるかどうかわからない.
シティ・オブ・ゴッド【日の戯れ】at 2004年10月10日 05:00
 人柱的ブログの管理人ハリネズミが命がけでオススメする「今日は命がけ」の第1回はブラジル映画「シティ・オブ・ゴッド」です。 2003年度ハリネズミ賞最優秀作品賞受賞    サンバカーニバルで有名なリオデジャネイロから少し離れた場所に「神の町(シティ・オブ・ゴ
今日は命がけ第1回 「シティ・オブ・ゴッド」 ☆☆☆☆☆【とにかく新作映画を観て紹介する人柱的ブログ】at 2004年11月26日 13:14
原題は「CIDADE DE DEUS」。ファベーラと呼ばれるブラジルの都市部に数多く存在するスラム街を舞台にした映画です。
シティ・オブ・ゴッド【かたすみの映画小屋】at 2005年02月08日 21:39
タイトル: シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組) 「シティ・オブ・ゴッド」 60年代後半〜70年代後半のブラジル・リオデジャネイロ郊外「シティ・オブ・ゴッド」。 ここの少年たちは強盗・殺し・ドラック・・・何で
ここは陽気な”神の街”【♂(僕)の映画的人生】at 2005年02月25日 11:46
1960年代の後半、ブラジル・リオデジャネイロの貧民街、「神の街(シティ・オブ・
シティ・オブ・ゴッド【prototypeシネマレビュー】at 2005年03月12日 12:36
私は見ていないのだが、2003年に日本でも公開されたブラジル映画「シティ・オブ・ゴッド」に「比肩する作品」(米紙ニューヨーク・タイムズ)とのふれこみの作品。「シティ・オブ・ゴッド」は、1960年代のブラジル・リオデジャネイロのスラム街に生きる少年たちを描
映画「バス174」(ブラジル映画)評【カフェ バグダッド Cafe Baghdad】at 2005年04月06日 18:43
City of God (2002) 某映画データベースでかなりの高ランクに位置していたので、期待モリモリで見た。幸せなことに、出来の良いガンプラばりにバッチリ期待にハマってくれた。 60年-70年代ブラジルの貧民街からギャング(と呼ぶべきかどうかもわからん)に成りあが
映画感想>シティオブゴッド City of God【メディア全般スープレックスブログ 「Cut the Kids in Half」】at 2005年04月08日 14:13
小さな子供が仲間の子をギャングに脅迫されて撃ち殺すシーンに 代表されるような、目を背けたくなるような殺しの描写も 多い作品なんですが、 この映画の魅力はそれでも「青春映画」であること。 傑作だと思います。 今更ながらこの映画、最近観直してみました...
シティ・オブ・ゴッド【It's a Wonderful Life】at 2005年06月17日 12:07
BUS174に続いて観たブラジル映画。BUS174はドキュメンタリーですが、こちらはスクリプト・演出ありです(ストーリーは実話に基づいているらしい)。舞台は70年代のブラジルスラム。ストリートギャングによる抗争の話。私はブラジルに行ったことさえなければブラジルの風景で
シティ・オブ・ゴッド【920の娘】at 2005年07月01日 01:11
フローレス しー 評価 94点 ズキューン! 脳天打ち抜かれた気分。かなりの衝撃です。 ただただ圧倒、圧倒、圧倒されっぱなし。 10歳前後の少年がコンビニ袋ぶら下げて歩くかのごとく、銃を片手にぶら下げて歩き回るブラジルのスラム街・・・シティオブゴ
シティ・オブ・ゴッド【しーの映画たわごと】at 2005年08月28日 14:52
抜け出せ!生きろ!ここは神の街 シティ・オブ・ゴッド アレッシャンドレ・ロドリゲス/フェルナンド・メイレレス アスミック  2003-12-21 by G-Tools <Impression> シティ・オブ・ゴッドの評価は観る人によってまっぷたつに分かれる。「案外好きかも...
シティ・オブ・ゴッド【俺の話を聴け〜!】at 2005年10月22日 19:49
シティ・オブ・ゴッド ちびっ子ギャングがやってくる~。 これはえげつないでぇ~。 子供が主人公の「仁義なき戦い」やで。 仁義なき戦い見たことあれへんから知らんけどな。 子供による任侠映画。 絵面はエアーガンで撃ちあいしてる近所の小学生みたいなもんやけど、 ...
シティ・オブ・ゴッド【カフェビショップ】at 2005年11月12日 23:25