January 17, 2006

Bye Bye Livedoor Blog!

d3761fe2.jpg

 突然ですが・・・。1年以上使ってきたこのブログサイトですが、今日を持ちましてこのサイトへの更新を終了し、新しいサイトに移行したいと思います!どうぞよろしく!

 新しいサイトへはコチラから。

  
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)1. Life

January 16, 2006

Solvang / Santa Babara

42174b89.JPG 朝はみんな9時半頃起床し、コンドーでゆっくりとブランチを楽しんだ後11時頃からソルバングの町を観光する。ソルバングはとっても小さくて2時間もいれば充分に楽しめると聞いていたけど、そのとおり、こじんまりしている。ここは昔デンマークからの移民してきた人が作った町だそうで、今は観光地としてではあるけれどCopenhagen Dr.を中心に数ブロックかわいらしいデンマーク様式のお店やホテルなどの施設が立ち並んでいる。もともと「小さい所なのであまり期待しない方が良い」と聞いていたのでその通りにしていたからか、友達と一緒にはしゃぎながらいたからか、思った以上に楽しめた。まさに高校の卒業旅行で行った長崎オランダ旅行に通じるものがある。要するに仲間達が一緒に同じ時間を過ごすということが観光地を見学するという目的より大事なのだ。 

   おみやげもの屋さんを覗いたり、写真を撮ったりしながらぷらぷら。ブランチでお腹は結構いっぱいだったのだけど、せっかくソルバングに来たのでデニッシュを食べなければ!とベーカリーでデニッシュを物色。私は外からのぱっと見で「おいしそう!」と思い込んだ店、Danish Mill Bakeryにてクリームチーズのデニッシュを食べてみた。甘さは控えめでそれなりにおいしかったけど、とびきりだ!というほどではなく、まあロスのベーカリーでもありそうな味でした(笑)もう一つ、Aebleskiver(エイブル・スキーバー)というデンマークの名物らしいおやつもみんなで分けてみる。洋風お好み焼きみたい!な外見で、要は丸めたホットケーキにラズベリーソースがかかったもの。これもなかなかいけた。20060116solvang220060116solvang3

 

 

 

 

 

 

 

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)1. Life

January 15, 2006

Surprise Birthday Party / Trip to Solvang

d8631bdb.JPG

 今週誕生日だったマーガレットとジャネットのためにSurprise Birthday Partyが開かれた。二人とも同じ年、同じ日の誕生日で今回30歳になった記念ということで、20人ほどの友達がジャネットの家に集まって祝うことになったのだけど、だんな達の意向で2人には内緒にして驚かせることに。

 計画は前もってメールでやりとりされた。まずこの日のために、最近引っ越す予定のカップルが偽メールで「日曜の午後、引越しに男手を借りたい」というメールを全員に打つ。そしていろいろなやり取りを経て、男達が引っ越し作業実はデコレーションを買い付けたりしている時間)をしているうちに女の子はお茶でもして待っていて、男達が帰ってきたらみんなでランチでも行こう、ということにしておく。

 ジャネットは生後6ヶ月の赤ちゃんエリーのお母さんなので、教会で礼拝後、いったん赤ちゃんを家で寝かせなければいけなく、女達はいったんジャネット邸へ。ただし二人をなんとか一瞬家から追い出して、その間に家に友達&ケーキなどが運ばれ、主役が帰って来た時に「Surprise!」となる、という魂胆。私とソミは2人を一時家から連れ出すという大役をまかされた。

 しかし現実はそう簡単に計画通りには進まないもの。結局エリーが全く寝てくれず、何も知らない(はずの)主役がお腹が減りすぎたと言ってピザまでオーダーしてしまったので、2時半に連れ出す計画が1時間も遅れてしまった。主役のだんな達が帰ってきてくれて、私が「朝TAをしてすごくのどが渇いていて、朝からず〜っとスムージーが欲しくてたまらないから、モールでスムージーを飲もう!!」と駄々をこね、ジャネットのだんなが「赤ちゃんは僕が見るから行っておいで」と言いくるめ、ようやく3時半に連れ出すことができた。ホント、どれだけ骨が折れたか。疲れた・・・・。

 こうして無事にサプライズ!となったんだけど、どうやら2人の主役、何かがあることは薄々気づいていたらしい。ま、でも大笑いでみんなご苦労様。この日誕生日を迎えたジョイスも含め、3人へ1つずつ大きなケーキが贈られ、軽食と共に楽しいパーティーとなった。

 

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)1. Life

January 13, 2006

Calpus Alpis

6cabffa9.jpg

 初めて嶽本野ばらの本を読んだ。タイトルは「カルプス・アルピス」という。とても短いので1日で読み終えてしまえるし、1日で読んでしまいたくなる本。

 まず初めに7枚の挿絵に目を奪われる。その絵を描いたのは田仲容子という人らしい。初めて聞く名前。素敵な絵を描くんだな、と思いつつ、本を読み出したが、読み終えてから「そうだったのか。」と彼女の霊気を感じるような、この本にとっての彼女の圧倒的な存在感に驚かされることになる。

 小説は6章+あとがきに分かれていて、それぞれのエピソードは1つずつ挿絵からインスパイアされたもの。今まで「乙女のカリスマ」とか呼ばれて有名な作家として噂だけは知っていたものの、彼がこんなに優れた想像力を持っている人だとは思っていなくてかなりびっくり。

 そして文章だってなかなか好ましい。特に

自分が選択しないで出てしまった答は、自分を傷つけるものであっても、僕はその答を前に、自分は被害者だとめそめそ泣いていればいい。でも自分が選び取ったカードが導き出した悲しい出来事は、自分がそれによって傷つこうが自分で責任を負わなければならないのです。弱りきった心に、容赦なく全ての罪の根源はお前にあると、多くの人から鞭打たれることもあるでしょう。しかしそれに歯を食い縛り、無言でひたすら耐えなければならぬのです。僕は思い荷物を背負うだけの覚悟が持てず、加害者になるよりは被害者でいたほうが楽だという処世術を拠り所にしてきた卑怯者だったのです。
 
 この文章は私が最近思っていたことをすごく上手に表現していて、心を見透かされているような気持ちになった。
  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)4. Movie/Book/Music

January 12, 2006

LOST / 24

b6865e6f.jpg

 年末年始、再放送ばかりしていたドラマもとうとう新エピソードが始まり、待ちに待った「LOST」もようやく水曜日、新エピソード“23rd Psalms”が放送された。わーい。Tivoで撮っておいて木曜日に鑑賞。「あの黒い煙は何?!」という点が気がかりだけど、後はなかなか良かった。しかしいつもはテレビに字幕が出るように設定しているのに昨日はその設定を解除していたのが残念。エピソードのタイトルである詩篇だってちゃんとわかんなかった。(チャーリーすら覚えているのに!)

 「LOST」はありえないことをありえるように描いているのが好きだけど、たまに「それは絶対おかしい」という場面があってうろたえる。エピソード2で出てきた馬はケイトの過去と結びついているのでいいとして、エピソード1で出てきた白熊は?!みたいな。(ウォルトが読んでいた漫画の出てきたっていう関係?!)その辺がぎりぎりの線でちゃちい部類に属さない状態なのでこんなに人気があるんだろうな。このぎりぎりをきちんと貫いてほしい。

 ちなみにうちのだんなが「チャーリー役Dominic Monaghanとケイト役のEvangeline Lillyは実生活で恋人同士なんだって」という爆弾発言をした。ま、マジ〜?!と思ってウェブで調べてみたけどどうもホントらしい。ただし本人のコメントは微妙だけど。かなりびっくり。意外だなあ・・・。このドラマ出演後からなのか、前からなのか・・気になる。

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)4. Movie/Book/Music

January 11, 2006

Sale at Williams Sonoma / Scrapbooking

78ef5e86.JPG

 友達マーガレットと同じ日に誕生日のジャネットの合同誕生日パーティーが日曜日に開かれることになったので、あわててもう1つ誕生日プレゼントを買いに行く。昨日のモールの中にあったWilliams Sonomaでちょびっとセール品があったのを思い出し、プレゼント&自分にも買い物をしようと思いつく。また同じモールに行くのもおもしろくないな、と思って今日はCalabasas Commonsにあるお店へ。

 そ・し・て、ゲットしちゃいました。これ、スノーマンのお皿4つセット。なんと定価40ドルくらいだったのが9ドル!さすがアフター・クリスマス。今年はもう使えないけど、来年たくさん役立ってもらおう。おそろいのマグも6つセットだったかで11ドルと超お安くなっていたけど、さすがにスノーマンスノーマンすぎてやめておく。その他もろもろ、つい手を伸ばしてしまいそうなものがいろいろありました。キッチングッズが好きな方、もし良ければ一度覗かれてはいかが?

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(1)TrackBack(0)1. Life

January 10, 2006

Teavana

55279a6e.JPG

 月曜日からちょっと風邪気味。でも外はお天気だし、友達の誕生日プレゼントも買わないといけないなあ、と思って、Sherman Oaksへ。どうせいくなら新しいところをチェックしようと、Fashion Squareという名前のモールに行ってみた。

 まあ他のモールと大差ないけど少しだけここにしかないようなお店もあったりして楽しい。ただ友達へのプレゼントにしたいものは見つからず。結局お気に入りのVentura Blvd.沿いのお店、Handmadeにも足を運びそこでプレゼントは選んだ。

 ショッピングの後はEncinoにある日本人オーナーのカフェで、友達とお茶をする。ここは宇治のお抹茶を使った抹茶ラテが飲めたりするお気に入りのお店だったんだけど、後1ヶ月ほどでお店をたたんでしまわれるので、とても残念。

 そのかわり、というのも何だけど、前述のショッピングモールにもうすぐTEAVANAというカフェが登場するらしい。それを私はとっても楽しみにしている。実はこのTEAVANAで買ったというWhite Peach Teaをこの前シアトルのだんなの友達の家に行った時にご馳走になったのだけど、このお茶のおいしいこと!おいしい、というより、その芳しい香りに参った、とい言った方が正しいかもしれない。

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)1. Life

January 08, 2006

TA / Narnia

1f968085.jpg

 今日は1月で2回目のTAで、前日の花札ナイトでかなりおねむだったけど頑張って10時に教会へ。ここ2、3年ほどこの教会はベビーブームで、当時生まれた子供達が続々と登場し、私が担当していたHoneybeesクラスも子供達が30人を超えるほど膨れ上がったので、今日から3歳児がもう1つ上のクラスに上がっていった。なのでようやく15人ほどになり、名前も覚えやすくなる。

 まだ幼い2歳児達なので、毎回私になついてくる子も違う。今日はEmilyが私から離れず、最近良い子になっていたDavidは朝から超ご機嫌斜めで、何を言ってあやしてもみんなと一緒に行動せず、一人でぐずってしまう始末。ホント、この年の子はママがいないと難しいのだ。(なのでクラスにも数人パパやママが残ってくれている)最近新入りのEvanは初めは泣きべそしていたけれど、私の人形を使ったあやしの効果があって後半はニコニコ遊んでくれたので、かなりホッとした。いや〜、毎回大変だわ、これ。でもこの時期の子供達はどんどん言葉を覚えたり、人見知りが直っていったりして、そういう成長を見られるのはとても新鮮で勉強になる。今日も楽しい2時間をありがとう。

 お昼は教会の仲良し達とみんなで韓国レストランでランチ。最近のロスはもう春の暖かさで、日中日差しが強ければ暑いくらい。なので早くも「初冷麺」を頂いてしまった。冷麺&プルコギ定食で。ここの冷麺は水冷麺がすごくおいしくて満足。

 午後は義妹夫婦と約束していた「ナルニア国物語」を見に行く。これはハリー・ポッターのように、長いつづきもの(ナルニア君物語は7部作)の児童文学があって、それを素に作った作品。ちなみに今回映画化されたものは小説では「ライオンと魔女」の章の部分。著者のC.W.ルイスは敬虔なクリスチャンで、この「ナルニア」も聖書がベースになって作られている。それだけでなく話もすごく素敵だというので、うちのだんなも周りのみんなも「ナルニア」が大好き。私は本も読んだことがないので、前もってウェブで簡単なあらすじだけを読んでから見に行くことにした。

 正直この映画は子供あるいは小説「ナルニア国物語」のファンが見たらとっても喜ぶと思うけど、小説を読んでいない私にとっては「うーん、やっぱちょっと子どもっぽいなあ。」という感じ。ファンタジーとして楽しい作りではあるけれど、ロード・オブ・ザ・リングほど凝りに凝った映像美がこちらではあまり見られなかったし、アスランの復活シーンなどもうちょっと工夫してあっと驚かせて欲しかった、というのが本音。でもうちのだんなや義妹は「小説を裏切っていない、良かった」と純粋に反応していた。う、私の感受性が乏しいのか、これは・・・?!

 映画化と同時に7部作すべてが1冊になった「The Chronicles of Narnia」を買ったので、の第2章が公開(2008年予定)されるまでに頑張って英語で読もうかなあ。そしたらまた違った感想が出てくるかも?!

  
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)4. Movie/Book/Music

January 07, 2006

Baby Shower

200601073 今日はMargaretとPhilのBaby Showerに行って来た。開かれたおうちはMargaretの旧友で、シャワーのホストの1人であるLindaのおうちなんだけど、ココ、すっごい豪邸。昔むか〜し一度ビバリーヒルズの豪邸に行ったことがあったけれど、そこに次いですごかったかも。ゲート・コミュニティーで4ガレージ、うちは広くてきれいなだけではなく、内装インテリアもかなり贅を尽くしている。それなのに彼女んち、お金持ちのおうちらしく、彼女も普段はサンフランシスコの家に住んでいるそうんで、勿体無いことに、このうち、普段はほとんど使われていないそう。ひえ〜、まじ勿体ないお化けが出るぞ〜って感じだ。

 話をBaby Showerに戻そう。シャワーのためのデコレーションも部屋中に(少し写真で見られるような)赤ちゃん用の服や小物、人形や写真なんかが飾られていてすごくキュート!しかもつられている全ての物がMargaretとPhilへプレゼントされるという粋な計らい。料理はコリアン&メキシカンな感じで半分は手作り。

200601071200601072

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(1)TrackBack(0)1. Life

January 06, 2006

Leaf Cuisine / Pride and Prejudice

6ed2f08e.JPG

 学校の先生をしていて、3月までもの長期休暇中の義妹とカマリオに引き続き、また一緒に過ごす1日。車のメンテンに1日かかるというので、朝Panorama Cityのディーラーまで迎えに行き、夜メンテが終了するまで暇つぶしに付き合ってあげることになったのだ。

 そこで一度行ってみたいと思っていたVaganのお店、Leaf Cuisineで朝食を取ることにする。Los Angeles TimesのFOODセクションで前にチェックしていたお店で、最近ヘルシー・レシピに興味ありありの私、VeganどろこかVegetarianにすらなる気はないけど週に1度2度、しかも3食の1度だけくらいならVeganなレシピで食べてもいいなあ、とか思っているので参考にしたいなと思っていたのだ。ちょうどPanorama Cityとうちの間くらいにある店なので、ディーラーで義妹をピックアップしてから直行。

20060106leafcuisine メニューの中からMediterranean Medlyのラップを頼む。ちゃんと読んでいなかったのでびっくりしたのだけど、ラップもトルティーヤじゃなくてレタスだったのね!(写真の白いのはラップが壊れないように包んだ紙)どんなものかというと、こんなもの↓

mediterranean medleysun-dried tomato & walnut croquettes* topped w/ spinach pesto sauce, mixed greens, tomatoes & sprouts) 

*croquettes: veggie/nut/seed/herb pates, round and delicately dehydrated until crispy on the outside and soft on the inside

 お味の方はといいますと、サンドライドトマトとウォールナッツの味もちゃんとしていてコロッケが意外といける。ラップはやっぱレタスよりトルティーヤの方がおいしいなあと思ったけど。(レタスが苦目のものだったこともあり)ただ一気に2つ共頂くほど「うまい!」と言って食べれるほどではなく、一つは持ち帰って夜食にしたけど。義妹はワカメラップを頼んでいて「まあまあ」と言っていた。

 確かに以前一度行ったVeganの店でもそうだったけど、期待せずに行って「おお、こういうもんなんかあ」と納得する楽しみがあるけど、期待するとおいしくない!と思うんだろうな、こういう味って(笑)

 懲りずに次はVeganの店でデザートを頼んでみたいと思っている私であった。ちなみに図書館の転送サービスで日本語のレシピも取り寄せることができることがわかったので、ヘルシー・デザートなんかのレシピの転送依頼もしているところ。届くのが楽しみ〜。

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)3. Food, Cooking

January 05, 2006

Twins in the Planetarium / Tokyo Tower

20060105futago 今日は2冊の本の読後感。まずは1ヶ月ほど前に友達がプレゼントしてくれたいしいしんじの「プラネタリウムのふたご」。これはとってもとってもとってもとっても気に入った。以前に紹介した私の「心に響いたベスト10」を更新しないといけない!と思うほど良かった。(これがベロニカ・・・の地位を奪うな。)

 クリスマス前に2/3ほど読んで、年明けに残りを読み終えた。なんだか一気に読んでしまうのが勿体無くて、読んでいる時間を大切に少しずつ少しずつ読み進めていたのだ。現代人にとって読みやすいファンタジーの世界。私の好きな要素(サーカス、ふたご、プラネタリウムはともかく、銀河、熊狩りなどの寓話、工場の雰囲気、そして登場人物全ての個性)が詰まっていて、素敵な情景が目に浮かぶ。それぞれの章につけたタイトルも絶妙、ストーリーもうまく作れていて、この1冊を読んだだけだけど、著者いしいしんじさんを、すごくすごく好きになった。

 早速彼の初作「麦ふみクーツェ」と「ぶらんこ乗り」を買ってしまった。ロスの図書館に彼のほかの本があるかチェックしたけどなかったので、ウェブで購入。母に船便での送付を頼んだ。今から待ち遠しい!ちなみにロスの図書館にこの「プラネタリウムのふたご」は置いているようだ。先月検索した時はなかったけどその後近入荷したみたいで、つい最近チェックした時に名前があった!わーい、この調子でどんどん最新の本を置いて欲しいものだ。

 そしてもう1冊は・・・

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(3)TrackBack(0)4. Movie/Book/Music

January 04, 2006

First 3 days of New Year

2d931119.JPG

 日本ではお正月休みがあって、そろそろ仕事初めでしょうが、皆様三箇日はいかがお過ごしに?

 私は1日は教会&友達の家で過ごし、2日は家でぐうたら。というのも2日は大雨だったので、テレビでローズボールパレードを見ながら掃除したりネットしたりしているうちにうちのだんなが仕事から(そう、2日からしてます)早く帰ってきたので夕方からは2人でのんびり。3日は前日とうって変わっての晴天で、義妹と一緒にCamarillo Premium Outletへ行って、アフター・クリスマスセールのショッピングを楽しんできました。あとちょっとシアトル日記も更新したのでよければ12月に遡って見てください。今日は残りの3日分を更新しておきます。

 明日からはシャキッとしよう、でも今日はもう1日だけのんびりと・・・。

  
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)1. Life

January 01, 2006

A Happy New Year 2006!

d3c9f1a9.jpg

 明けましておめでとうございます!

 クリスマスから年末までシアトルのおいしい空気を吸ってきました〜。ずっと雨で寒いかと思っていったら以外と暖かい日や雨の降らない日も多くてラッキーな滞在、ロスでも数日シアトル以上に激しい雨が降っていたらしいと聞いてますますにんまり。シアトル滞在記は追ってアップします。

 元旦はちょうど日曜日だったので教会に行って新年の挨拶。そして今月もキッズクラスのTAをまかされたので2歳児を相手に奮闘。でも何もない日だとロスの1日はあまり味わいがないから、今年は教会でにぎやかに過ごせて良かった。午後は友達と一緒にメキシカンランチをしてから最近のたまり場となっているMちゃん宅でクリスマスからのレフトオーバーのおやつをたらふく食べながらだらだらと過ごす。2週間ほどよく食べる生活だったので、もうおなかがはちきれそう・・。2日からまたヘルシーダイエット、がんばろう。

 ※写真はシアトル近辺にあるMt. Rainierを車内から撮ったもの。お正月チックな写真がこれくらいしかないもんで・・。

  
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(7)TrackBack(0)1. Life

December 31, 2005

New Year's Eve 2005

38ad8138.JPG

 今年最後の1日。そしてシアトル滞在最後の日。

 午前中はドライ・ブルーベリー入りパンケーキを食べて、洗濯&帰る準備などをして過ごす。お昼はだんなの希望で、本来元旦に食べる떡국(トックッ、韓国のお餅スープ)を作ってもらう。義母さんの料理は化学調味料を一切使わず本当にヘルシーで、しかも本格的でおいしい。これだってそのままお店で出せちゃうわ、というものでした。

 午後はお祖母ちゃんをアパートに送ってあげる。(お祖母ちゃんは普段は他の韓国人じいちゃんばあちゃんの多い老人用のアパートで1人暮らしをしている)アパートの近くには結構きれいな州立公園があり、そこで3人でお散歩。シアトルの州のニックネームはEvergreen Stateというけれど、本当にどこを見渡しても美しい木々が茂っている。公園となるとホントに緑・緑・緑!!でも飽きないんだなあ、この緑。2時間ほど散歩すれば海が見られるという素晴らしいロケーションの公園だったんだけど、今回はそこまでの時間がなくて途中でUターン。お祖母ちゃんと分れた後はおうちでご両親と極上の柿を食べながら韓国ドラマ(前日のブログで紹介した「野花」)ビを見たりして夕方まで団欒する。

200512311200512312

 

 

 

 

200512314

200512313 

 

 

 

 

 

200512315200512316

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)3. Food, Cooking

December 30, 2005

Marathon / Wildflower

marathon シアトル滞在中、一番激しい雨が降ったこの日は韓国ドラマや韓国映画を家族でゆっくり楽しんだ。その中で特に良かったのが「マラソン」という映画。「ラブストーリー」のチョ・スンウが体当たりの素晴らしい演技を披露してくれていて、見終わった後のすがすがしい感動が気持ちよかった。

 主人公ユン・チョウォン(チョ・スンウ)は自閉症を持つ20歳の男の子で、彼がフルマラソンに挑戦していく経緯を彼を応援する母(キム・ミスク)と共に追っていくという筋書き。コーチ役で出てくるイ・ギヨンもいい味出してるし、チョウォンの弟役のぺク・ソンウォンはちょい役だけどこれからが期待できそうな感じ。「泣け泣け〜」という感じでは作っていないチョン・ユンチョル監督にも拍手。しかもこの映画が実話に基づいているんだということが最後にわかったのだけど、それでまた感動が倍増。

 はっきり言ってこれ見たら「私もマラソンしようかな」な〜んて気分になっちゃいます。そして思い出すのは中学時代。うちの中学では毎年28キロほどのマラソン大会が開催された。1年の時は友達とぺちゃくちゃしゃべりながらほとんど歩いたりして怠けた私だったけど、2年の時はバスケ部仲間の数人と一緒に燃えてみよう!と気合を入れて、女子の中で10位内に入れたという青春の思い出があったのだ。(3年はまあまあがんばったけど途中で足がつったので10位ちょっと下だった。)そんなわけで、映画を観ていてたまにかつての自分の健闘シーンを思い出したりも。

 運動不足の自分に反省し、来年はジョギングでも始めるか〜?とかちょっぴり思った雨の日の感想でした。

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(2)TrackBack(0)4. Movie/Book/Music

December 29, 2005

Gig Harbor III

7ce2c385.JPG

 Gig Harborで過ごす最終日。約束どおり早起きしたのはBenと私達夫婦だけで、Maryは私以上に睡眠が必要らしくこの日はお昼まで寝ます、とのこと。結局クラビングは3人で行くことになった。

 クラビングは専用の器具の中に餌を入れてから海に落とし、15分ほどの感覚で綱を引き上げ、中に入っている蟹を取り出してはまたつける、という繰り返し。私もはじめは折りたたみ椅子に座って待っていたんだけど、初めての獲物が釣れたのを見てからは、「後は男同士でやりんしゃい」と釣り場を後にし、1人旅に出ることにした。

200512292 というのはこの日は前日と正反対の干潮で、昨日は歩けなかったようなところも見事な石の浜辺が延延と続いていたのである。座っていると寒いんだけど、歩けば結構平気で、結局1時間以上も1人でぷらぷらぷら〜と海辺でたわむれることになった。白黒の写真は散歩しながら撮ったもの。

 帰ってきた時に釣れた蟹は6匹!小さすぎて逃がしたものもあわせるともっと釣れたらしい。ご立派ご立派!蟹はカップル同士で分けあい、私達はシアトルに帰ってから家族で頂いた。まあサイズは小さいものなのでそれほどおいしくはなかったけど、自分達が釣ってきたもの、と思って食べるとおいしく感じられるもの。初めてのクラビング、なかなかおもしろい経験をさせて頂きました!次は是非サーモンをつかみたいもんだ。

 今回の滞在でBen&Maryともすっかり仲良くなり、3月の結婚式が楽しみ。3日間お世話になりました!

200512293200512294

 

 

 

 

 

 

200512295200512296

  
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)1. Life

December 28, 2005

Gig Harbor II

bfb778a4.JPG

 Gig Harbor2日目。うちのだんながこの寒い冬の真っ只中に「クラミング(貝採り)をしたい!」なんてことを言い出した。調べてみると一応季節はオープンなので、汚れてもいいようにBenの服、防寒パーカー、ズボン、ベルト、運動靴まで借りて私も全身ばっちり準備を整え、みんなでクラミングのできる浜辺へ・・・。行ったのはいいんだけど、ばりばりの満潮でとてもクラミングのできる状態ではなかった。がーん。

200512282 なので結局浜辺近くのお散歩コースをまわったり、キー半島(半島の名前)の素敵なおうち(海のまん前、とか)や海辺をドライブしたりして半日を過ごす。それでも十分楽しめるほど美しい光景。BenとMaryに「今なら安いわよ〜。貝も蟹も鮭もおいしいよ〜。」と言われてだんなも私も「いいかもね〜」なんて将来のマイホームを一瞬夢見たりする。近々COSTCOや病院もできるそうで、あと数年もすればかなり住み易くなって、地価も上がるんだろうなあ。ただしこの私にエディ・バウアー的生活ができるのか!というところが悩みの種。ロスの近郊で高くて狭い家に住むか、シアトル郊外でナイチャーラバーになるか。は〜、悩んじゃうわ、全く。やっぱ間を取ってシアトル市内がベスト?!

 夜はカルビパーティー、ゲーム、そしてまた(Mary的に言うと)「エクセサイズとしてのDDR」を楽しみ、「明日はクラビング(蟹採り、懲りない奴等・・・)に行こう!」と約束してお休みした。

200512284200512283

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)1. Life

December 27, 2005

Gig Harbor I

d33517c6.JPG

 27日のお昼から29日までだんなの友達Benと彼のフィアンセMaryの住むGig Harborに遊びに行ってきた。Seattleから高速で南に1時間ほど行くとTacomaという都市があり、Gig Harborはそこから橋を渡った半島にある。自然に囲まれていて美しい場所だ。Benは既にここに一軒家を買っていて、うちのだんなに「お前も戻ってきてここに住めよ〜」とそそのかしているところ。確かに土地やロスに比べると格段に安く、ネイチャーラバーにはかなりオススメの場所!ただそれなりに都会暮らしで育ってきた私にはかなり田舎なのよね〜。なので私は「う〜ん」と言っているんだけど、こうやって数日過ごすのはとても楽しい。だいたい空気のおいしさがロスとは違う。

200512272

 お昼はTacomaにあるメキシカンのお店で食べた後、タキシードをチェックしにMen's Warehouseへ。実はうちのだんな、3月にある彼らの結婚式のベストマンBenとは小学校から高校までずっと仲良しで、いまだにこうやって連絡を取り合っている旧友なので、今はロスにいるにも関わらず頼まれたのだ。なのでスーツなんかは二人が用意してくれることになった。私も結婚式には行くのだけど、だんながベストマンしちゃうと他に誰もしらんじゃないか〜!とちょっと寂しい予感。でもこのBenは結構男前で(ちなみに白人)彼の妹が写真で見る限りモデルのように美しいので、Maryの花嫁姿とBenの妹を拝めるのはかなり楽しみだ。

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)1. Life

December 26, 2005

Seattle Sightseeing

cd480eb0.JPG

 26日はダウンタウン周辺観光。この日も天気が良くて歩き回るには絶好の日。朝からダウンタウンをお散歩していると、そのうち義妹夫婦がお祖母ちゃんを連れてやってきたので、みんなでPike Place Marketへ。ここは1907年に魚を売る市場として誕生したという歴史あるマーケット。規模や雰囲気がなんとなく故郷の錦市場チックで、シアトルに来ると必ずここに立ち寄るほどのお気に入りの場所、かつ有名な観光名所でもある。ここでは魚は勿論のこと、果物や野菜、お肉、ジャムやハニー、ベリー、シロップ、ナッツといったオーガニック食品系から蜂蜜入りハンドソープ(以前購入して今でも使ってます♪)、観光客向けのTシャツ、アクセサリー、工芸品などいろいろなものを置いているのでいつ来ても楽しい。

20051226pike120051226pike2

 

 

 

 

20051226pike320051226pike4

 

 

 

 

20051226pike520051226pike6

 

 

 

 

  続きを読む
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)1. Life

December 25, 2005

Christmas in Seattle Downtown

20051225condo2 メリー・クリスマス!シアトルで迎えるならホワイト・クリスマスの可能性もあるかな〜なんて思っていたけれど、今年は雨も降らずたまに青空も見えるほどの気持ちの良い天気でクリスマス当日を迎えた。午前中は両親が行かれている大きな大きな教会へ。義妹夫婦も前日からシアトルに到着し、前半はだんなさんの実家に宿泊しているけどこの日は夫婦でこっちの教会へ来たので、4人でEnglish Serviceに参加する。

 その後クリスマス・ランチは義妹夫婦とみんなで両親のおうちで頂く。今年はお忙しかったようでターキーやチキンはせず、サーモンを炒めたものがメインになった。ランチの後は義妹夫婦はだんな方のおうちへ帰って行き、私達はシアトルのダウンタウンへ移動。たまには両親を家事から解放してダウンタウンでみんなでのんびりしようという計画で、ホテルに2泊する予定にしていたのだ。この日はホテルでゆっくり映画を見たりするだけで、ダウンタウンの夜景を見に行きたかった私はちょっとつまんなかったけど、まあ夜は寒いしな。明日楽しむことにしよう、と気を取り直して早めに就寝。(写真は全てホテルのロビー)

20051225condo320051225condo4

 

 

 

 20051225condo104a16515.JPG

  
Posted by mikis1128 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)1. Life