December 30, 2005

Marathon / Wildflower

marathon シアトル滞在中、一番激しい雨が降ったこの日は韓国ドラマや韓国映画を家族でゆっくり楽しんだ。その中で特に良かったのが「マラソン」という映画。「ラブストーリー」のチョ・スンウが体当たりの素晴らしい演技を披露してくれていて、見終わった後のすがすがしい感動が気持ちよかった。

 主人公ユン・チョウォン(チョ・スンウ)は自閉症を持つ20歳の男の子で、彼がフルマラソンに挑戦していく経緯を彼を応援する母(キム・ミスク)と共に追っていくという筋書き。コーチ役で出てくるイ・ギヨンもいい味出してるし、チョウォンの弟役のぺク・ソンウォンはちょい役だけどこれからが期待できそうな感じ。「泣け泣け〜」という感じでは作っていないチョン・ユンチョル監督にも拍手。しかもこの映画が実話に基づいているんだということが最後にわかったのだけど、それでまた感動が倍増。

 はっきり言ってこれ見たら「私もマラソンしようかな」な〜んて気分になっちゃいます。そして思い出すのは中学時代。うちの中学では毎年28キロほどのマラソン大会が開催された。1年の時は友達とぺちゃくちゃしゃべりながらほとんど歩いたりして怠けた私だったけど、2年の時はバスケ部仲間の数人と一緒に燃えてみよう!と気合を入れて、女子の中で10位内に入れたという青春の思い出があったのだ。(3年はまあまあがんばったけど途中で足がつったので10位ちょっと下だった。)そんなわけで、映画を観ていてたまにかつての自分の健闘シーンを思い出したりも。

 運動不足の自分に反省し、来年はジョギングでも始めるか〜?とかちょっぴり思った雨の日の感想でした。


wildflower1 ちなみに韓国ドラマでは「들꽃(「野花」)」というドラマを少し見た。日本でいう朝の連続テレビ小説のジャンルのものなので多分まだ日本のお茶の間では広まっていないだろうけど、主人公のイ・アヒョンがまあまあかわいくてちょっとおもしろかった。途中の数話を見ただけなので詳しいことはわからないけど、イ・アヒョン演じる主人公は異母兄弟数人を養って頑張って生きている、という設定の割りに肌のつやが良すぎ〜って感じなんだけど、本人いわくノーメイクで雰囲気を出しているらしい。(って、どう見てもノーメイクじゃない!眉毛だってきれいすぎ!)イ・アヒョンと良い仲になるか?という俳優が全く好みでないのが残念。もしウォンビンレベルだったら最近遠のいていた韓国もの、久しぶりに「続けてみてみてもいいな」とちょっと思ったんだけどな〜。韓国語の勉強にもなるし。でもやっぱイケメンものじゃないとね〜。ロスに帰ったら韓国語放送で何やってるかチェックしようっと。

wildflower2


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mikis1128/50312960
この記事へのコメント
「マラソン」、確かエキサイトの社長も観て絶賛していましたよ〜。面白そうですね、観てみたい!
昨日「大統領の理髪師」という韓国映画観ましたよ〜。Mikiさんはもうご覧になりました?「殺人の追憶」にソン・ガンホが今度は理髪師役で、とてもよかったです。すごくむごい、切ない話なのにそれをコミカルに描いているのですが、こういう手法は韓国映画ならではだと思いました。60年代の激動の時代を描いているので、韓国の歴史の勉強にもなってよかったです〜。
Posted by Eugeen at January 04, 2006 06:53
「大統領の理髪師」、まだ見てません。今度見てみようっと。「殺人の追憶」も見たいと思いつつまだなので、今度ビデオ屋さん行く時はチェックしていきます〜。
Posted by miki at January 05, 2006 03:12