松村浩之(まつむら ひろゆき)
1986年9月2日、山口県山口市生まれ

Graff Racing 公式サイト

松村浩之

フランスチーム公式サイトでの松村浩之紹介ページ↑です。同じシリーズに参加している小林可夢偉と比べるまでもなく、まったく戦歴がない。これってある意味凄い。小林はエリート街道一直線な戦歴。そして松村はネット上で唯一彼の詳しい経歴が載っているサイト記事「夢はF1、18歳の挑戦 :サンデー山口」を読むと、まるでミハエル・シューマッハのような環境。ミハエルの両親は子供のためにカートサーキットに転職して、父は管理人、母はカート場付属の食堂で働いてミハエル、ラルフを世界一速い兄弟に育てた。松村浩之はカート好きな父に勧められ始めたらしいが、本格的に走り始めたのは、近くにカート場がオープン、そこに彼の母が勤めて・・・、なんか似ている。だが大きな大会での好成績なカート戦歴はなし、原石のままだったのだろう。しかし「鈴鹿サーキットレーシングスクール」入学で原石が磨かれだし、一気に大激戦の「フォーミュラ・ルノー」参戦!かな。つまり彼の戦歴はここから始まる。これはどれだけ伸びるか楽しみだ。

この戦歴なしでの参戦はルノーのRENAULT SPORT制作サイドでも注目していたと思う。松村が活躍しだしたら、すぐに驚いた的な記事にしている。わかるよ、その気持ちは。吉本大樹(GP2)や小林可夢偉と違って、過去がないってのが逆に魅力的だ。もちろん吉本、小林も期待している。だが今一番の注目は松村浩之。楽しみです、期待したい。

日本人ドライバー松村浩之はわずか3回目のモータースポーツレースで、驚くべき3位入賞を果たした。
:RENAULT SPORT(2005-6-5)
松村浩之(Graff Racing)がタイムシートのトップからミハエル・アマミュラーを蹴落とした。
:RENAULT SPORT(2005-6-3)

<サンデー山口のリンクが切れたときは参照して下さい