May 29, 2011

結婚したい☆結婚したい☆結婚したい☆

お疲れ様です。
お久しぶりです。だんだんと更新が遅くなっていってます。何かの数列みたい!

更新しようと思ったきっかけ
1.ブログ更新しろよとのご指摘
2.あんたのブログどうなってんの?との質問
3.昨日の結婚式がすんばらしくて感動したことを書きたくなった


昨日、5月28日は大学時代の友達、ひらやまよしおくんとまきちゃんの結婚式でした☆

会場は広島☆谷尻誠氏設計の結婚式場でした。

おしゃれリーダーひらやまの結婚式だけあって、マジでおしゃれ☆☆☆

とにかく見てくださいよ!(ブレでますが)

the-south-habor-resort09the-south-habor-resort07DSC07787


式場(教会)が本当に良かった!
人前式っていうのも関係しているとは思うけど、ここまで宗教的要素を取り除くと、これまで抱いていた結婚式場のチャペルに対しての違和感みたいなものがなくなって、
式の厚みが増した気がした!

そして、何より、式自体にものすごく感動した!!
入場するときのまきちゃんの表情が忘れられません☆
いやー、良い結婚式だった☆☆

これまで、結婚式は別にしなくてもいいやくらいの姿勢でしたが、
終わった瞬間、結婚式したい!!と隣のくっすんに言ってました!
(できるならな!との返答でしたが。。)

私を変えてくれた結婚式でした。
なーんて大げさだけど。。
そして少なからずそこには空間としての建築が関わっていて、その力を再認識しました。

あーー結婚式したい!(←こんなこと言い出すなんでありえないことです 笑)

ひらやま作のムービーもステキだったし(まきちゃんの影がスキップしてるのがサイコーにおしゃれだった!)、まきちゃんの手作りの品がいたるところに出てきたのもステキだった!

あーーー結婚式したい!!!(しつこい)

DSC07821
アロハ~

DSC07906
二次会!かわいい☆

DSC07866
(手持ちの集合写真が今これしかないのでとりあえず)






mikitahiki at 22:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

November 22, 2010

疋田みかんとか?

季節がかわりそうなので更新することにします☆

読書の秋ってことで、

最近(っていうわけでもないけど)読んだ小説を書き留めることにします。

そして、大変恐縮ですが★でグッとくる度を評価♪



・私という運命について(白石一文)★★★★★

 20代後半の私にはグッとくる言葉がたくさん。。一つ一つの選択が運命ならば、正直いろんな選択がこわくなってしまった。いろんな女性の考えや生き方を描いている点も、一人の女性が10年間で変化していく姿をみれるのも興味深かった。小説好きのみわにすすめられて読んだ本。同世代の女友達にお勧めしたい!


・四畳半神話大系(森見登美彦)★★★★☆

 ニヤニヤしながら、時には大爆笑しながら読んだ本。いやーおもしろかった。どんな選択をしても結局は同じなんだっていう話。いやーおもしろかった。大学時代京都で過ごしたかったなとか思った。


・さよならをするために(唯川恵)★★☆☆☆

 詳しくは忘れたけど、失恋をして人が強くなっていく姿を描いている話が多かった気がする。


・永すぎた春(三島由紀夫)★★★☆☆

 ものすごくさらっとしていた。でも人と人の間に生じる感情の表ではない部分や隙間のようなところをさらっと描いているところがさすがだと思った!そして何より、題名の「永すぎた春」は素晴らしいと思った。


・砂漠(伊坂幸太郎)★★★★★★★・・・

 これは何度読んでもよい!!!おとついも読んでがんばろー!と思った。
男女5人の大学生をめぐる青春小説と言ってしまえばそうなのだけど、いろんな事件が5人の絆を強めていって、大学生特有の堕落した自由な生活と、それゆえにキラキラした日常と・・・あーーもう私は大学生ではないのかと思った。もう戻ることのできない4年間の日々が四季の移り変わりとともに描かれていて、本当に素晴らしい小説だった。ドキドキしながら読み進めた!
何が良いって、主演(ではない?!)の西嶋くんがステキすぎるのですよ。クラス会で「俺たちがその気になれば、砂漠に雪を降らすことだって、余裕でできるんですよ」なんて言っちゃうんですよ。とにかく目の前のことに一生懸命な西嶋君をみると今がすべてだと思えます。明日もがんばろー!


・パークライフ(吉田修一)★☆☆☆☆

 何が言いたいのかよくわからなかった。言いたいことなどなくて良いのです、たぶん。


・20代にしておきたい17のこと(本田健)★★☆☆☆

 まだまだこれから!と思った。


・バイバイ、ブラックバード(伊坂幸太郎)★★★★☆

 あのバスで連れて行かれる前に5人の恋人にお別れをするという話。その後は決して明るい生活ではなくて、全体的に暗い話なはずなのに、爽快!ラストがとてもいい!!


・ひつじが丘(三浦綾子)★★★☆☆

 テーマが重すぎて、一度断念。。再び読み始めて、そうか。と妙に納得した自分がいた。


・阪急電車(有川浩)★★★★☆

 ほんわかしてて心温まる小説。何かよかった。


・まぼろしハワイ(よしもとばなな)★★★★★

 父親を亡くした娘が父親の再婚相手とハワイに行くお話。大切な人を亡くした喪失感をハワイの空気とか人がつつみこんで元気をとりもどしていく。ハワイって本当に素晴らしいところなんだろなーと単純に思った。
昔ハワイに来た時の父親を思い返して、「そんな場面をあとの私にうらやましく思われることをその頃の私は知らないのだ」と。なんとオシャレ。
 よしもとばななにはまる。


・ハネムーン(吉本ばなな)★★★★★

 日常の中でふと何かを感じることのできる瞬間があることって素晴らしいと改めて感じた本。子供のころはいつも感覚が研ぎ澄まされているんだと思う。そしていつまでもその感覚を忘れずに、どんな些細なことも大事に大事にしたいと思った。よしもとばななの描く世界って本当に美しい。


・うたかた/サンクチュアリ(吉本ばなな)★★★★★

人を好きになることは本当に悲しい。と言い切るところがすごい。よしもとばななの小説には、悲しいとかせつない気持ちがそのまま表現されているところが多くて、それが逆に効果的だと思う。必ず人が死んで常に悲しくてせつないけど、美しい!


・アムリタ(吉本ばなな)★★★★★

 とにかくいい場面がいっぱいあるんです。よしもとばななにはまってから、グッときた場面で本の端を折るようになりました(笑)
 よしもとばななサイコー!!!また読もー


・勝間和代の本★☆☆☆☆

 香山リカとの対談だったのだけど、話す内容が食い違いすぎて、言ってることが普通すぎた。


・藤堂志津子の本★★☆☆☆




こうして振り返るとそんなに読んでないんだね。。

こんなに書くつもりなかったのに書き出すと書くもんだね。

勝手な私の感想なので悪しからず。

おススメの本あったらこっそり教えてください♪


近況というほどでもないけど、10月から福岡で働きはじめましたー。めでたしめでたし。

昨日浪人時代の友達ゲンの結婚式でした。ゲンらしくて、ゆかりちゃんちょーーーーきれいだし、素晴らしい式だった!!!おめでとーーーー☆☆☆

警固公園にいったら、クリスマス一色でした☆☆はやいねー

季節はめぐりますねー。

それではよいお年をー☆



 



mikitahiki at 00:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

September 21, 2010

☆秋の女子会☆

すっかり秋のにおいがする今日この頃です。

このブログは季節ごとに更新するのでしょうか。。



先日、アメリカ在住のアガサが帰国したので

福岡在住の河合ファミリーで女子だけの寄合(女子会)@黒崎がありました♪

アガサ(実名だしてソーリー)は2人目を妊娠中なのに体型ぜんっぜん変わらなくて、ビックリ!!!


みんな何も変わらないように思ってたけど、この10年間にいろいろあったんだなーと実感。

大人になったんだねー。

と子供の意見ですいません;



その時、ブログの話になって、みきさんほんとブログ更新せんよねーと言われて

はっ!!!としたんです。


私がこのブログを始めたきっかけは、

遠くに住むあなたに☆

つながっているためだったのに、

実際に遠くにいるアガサにそういわれて、ありゃーーって思いますた!

あの時、距離的に遠くに住む友達や、

近くにいるけどあまり会う機会のない友達なんかを思いながら

ブログを始めようとしたけど、

もう少しで自然消滅するところでした(笑)

あぶない。

よかったよかった。



そして、何もバージョンアップしないブログをみて、

うむ、私らしくていいじゃないかと思ってしまう始末。

まあいいじゃないか。



そして、先週の土曜日は、大学時代の友達4人(建築ギャルズ)で女子会@小倉♪

いくつになっても話題はつきない。



建築学科の女の子は、見た目からは想像できない程ある意味男前で、

大好きだ。

ほんと、建築学科なんか行かなければよかったときっぱり言ってしまうところが清々しい。



私は。。といえば、

建築ギョーカイ厳しいなと思いながら、

もう設計事務所なんて嫌だと言いながら、

結局他のところに行く勇気もなく

設計事務所やら工務店やらなんかを受けてしまっている。

まあよい◎



そして、お決まりの恋愛話では、


もうこの歳になると誰に対してもときめかない、と。

電車の中とか駅で二人だけの世界に浸っているカップルとか

何であんな風になれるのかわかんないよねーとか話してました。

でもきっと彼らにとって、

それが全てでそれ以上に大切なことなどないんです!


ピロ彦さんに至っては、

ほんと手のかからない彼氏がほしい

っとか言い出すし。

そうかと思えば、

初めてのデートで温泉に行きたいとか

大胆なこと言い出すしで、

あーーーおもしろかった(笑)

ほんと女子ってよくしゃべる☆

明日も女子会(ランチ)です♪あー楽しみ♪


夏休みのこととかはまたいつか。

今日は更新できてよかったよかった。



mikitahiki at 22:58|PermalinkComments(6)TrackBack(0)