Welcome♪

満紀のイラストレーションファイルへようこそ!

Trip

洞窟へ行こう!〜福島県【入水鍾乳洞】〜3



【お助けグッズ】

 震えながら進むうち、あら不思議。ガイドさんの言う通り冷たさに慣れてきました。Cコースのゴールまで辿り着いたら、案内はお終い。帰りは同じ道筋を自分たちだけでゆっくり堪能。
 ガイドさんは慣れたもの。ウィンドブレーカーに短パン、素足に便所サンダル、手持ちの懐中電灯という軽装ですが、狭い場所を上ったり、四つん這いになったり、しかも足元は凍るような冷たさの水。寒さにも、アドベンチャーにも慣れていない人は、装備が大切〜!クロックスやウォーターシューズに靴下の友人は、肌が覆われてるぶん、水の冷たさも軽減されたにちがいなく、素足にビーチサンダルの私はBコースに入ってすぐに後悔。まあ慣れてしまえば大丈夫ですけどね♪

 ということで、あると便利なお助けグッズをご紹介。

お助けグッズ

 

水の冷たさに慣れて余裕も出てきたころ、四つん這いで、手がまた新たに10℃の洗礼を…軍手もかなり助かったけど、裏起毛の滑り止め付ゴム手なら最強かも!?なんてこのイラストを描いたあとで、ふと思ったのでした。

洞窟へ行こう!〜福島県【入水鍾乳洞】〜2

10℃hspace=5
【膝が抜ける】
・・・さて、いよいよBコース。
最初で最大の難関は・・・10℃の水あまりの冷たさに、膝が抜けそう。何度引き返そうと思ったことか。

洞内は15℃。吐く息も白いです。ガイドさんの「慣れれば大丈夫」の言葉を支えに、かろうじて進みます。
爽やか青年ガイドさん











学生らしき爽やかな青年ガイドさん。

洞窟へ行こう!〜福島県【入水鍾乳洞】〜1

【探検隊気分でGO】
知る人ぞ知るアドベンチャーな鍾乳洞。福島県は入水鍾乳洞へ行って来ました!

ワクワク・ドキドキ


















コースは3つ、A・B・C。

Aコースは普通の観光鍾乳洞。
Bコースからがこの鍾乳洞の本番。その名の通り、水の中を進みます。そして
Cコースからは明りも無い真っ暗闇の世界!ガイドさんに案内してもらいます。

もちろん、目指すはCコース。
濡れても良い格好に着替え、ヘッドランプをつけたなら、気分はすっかり探検隊。
「チャチャラチャ〜洞窟に入る〜パーパヤーパ♪」頭に鳴り響く冒険のテーマ。

・・・
イラスト一覧
・・・
Books
成美堂出版より
【週末男の料理術】
ちょこっと挿絵を描いてます♪
・・・
Profile
  Mail
 ・
・・・