第15回郡展

  過ごしやすい季節となりました。さて、今年で第15回目を迎えた印旛郡市中学校美術部展(郡展)が9月19日(月)~25日(日)まで佐倉市立美術館3Fで開催されました。もとは「美術部にも運動部と同じような目標となる大会があってほしい」という美術部員の願いから開催されたものなので印旛郡市総合体育大会が行われる7月中旬から下旬にかけて日程が設定されていましたが、今年度、会場の都合により9月の開催となりました。郡展期間中、お忙しい中、来ていただいた保護者の皆様、有難うございました。心より感謝申し上げます。
 郡展の開催目的は、普段の活動の成果を競う場所であり、作品を通じて美術部が頑張っているんだということをアピールすることを目指しています。
  作品点数は37校、合わせて390点でした。今年の傾向としては、画力もあがり、大作が増え、点数が絞られてきたという作品の傾向があり、この後のアートグランプリin SAKAIを意識しているようにも感じました。

作品が完成に至るまで、このように制作をしましたので紹介します。

<2年生の作品>
1、構想を練る・・・鉛筆の線が丁寧で、好感持てますね!!
秋山くん0
2、地塗りをする
2年秋山くん
3、完成
11郡展・秋山くん

<1年生の作品>
1、構想を練る・・・はじめは通学途中の風景でした。
板橋さん0-1
2、構想を練る・・・愛着があるもの「自宅で15年飼っている猫」
板橋さん0
3、地塗りと下描きです。
1年板橋さん1
4,着彩・・・色をどんどん置いていきます。
1年板橋さん3
5、重ね塗りをすることで色に深みが出せるようになってきました。
1年板橋さん2
6、完成!!
11郡展・板橋さん

<3年生の作品>
1,構想を練る。(決定稿は下)
住吉さん0
2,地塗りより少し進んだ状態
3年住吉さん3
3,完成
11郡展・住吉さん