H24二科千葉支部展 (ジュニアの部)
~千葉県立美術館

  
深緑がすがすがしい季節となりました。
さて、5月22日(火)~27日(日)まで二科千葉支部展が千葉県立美術館で行われており、見学を兼ねて、結果を見に行ってきました。27日(日)最終日に行きました。当日は晴天で、やや蒸し暑く、美術館内は入賞者等(ジュニア・高校生・一般・同人・二科の会員・会友・関係者等)の見学で賑わっていました。様々な作品から刺激を受けることができ、今後の励みとなりました。このような機会を与えていただき、二科千葉支部事務局・関係者の皆様に感謝申し上げます。

<会場の外>
県立美術館が近づいてきました。

12県美3

12県美2
正面入口です。
12県美1

12二科千葉二科支部看板

<会場の中>
12会場の様子


さて、「二科展」はどのような趣旨のもと行われているかは以下に紹介します。

◆二科会主旨◆(二科会HPより引用)
 「二十世紀の初頭から常に時代の最前線を歩いてきた二科会は発足以来、永い歴史が語るように一貫した伝統精神で現代を認識する徹底性に於て一流一派式に会の方向を限定する態度を採らない。このことは、新しい価値の創造に向かって不断の発展を期する本会必然の信条であると共に、全会員に対する制作上の自由をあくまで擁護するゆえんである。流派の如何を問わず、新しい価値の創造者は抜擢され待遇されるであろう。かくて本会を新しい美の温床たらしめようとする努力は我々の不変の鉄則である。我々は常に世界的視野に於ける新しい価値の創造者として、清新溌溂たる歩みを続けるであろう。」・・・本格的な美術の会です。


<ジュニアの部>
結果は以下の通りです。おめでとうございます!!会場では絵画教室で専門的に指導されている先生よりコメントをいただいたので紹介します。


銀賞受賞作品(2年 B4アクリル・切り絵)
 12小根澤くん・銀賞

「絵画教室の先生より・・・面白い手法で描いています。絵に動きがあります。色のつけ方がきれいであり、センスが感じられる。輪郭線や背景の影の部分を黒にしたのもよいです。台紙のスペースがあるので大きくてよいです。これからも今回の出品をきっかけにこのような展覧会にどんどん出品して発表していってほしい。」とのことでした。

<作者のコメント>・・・銀賞に入賞してとてもうれしかった!!自信がついた。次の郡展もがんばりたい。


この作品を出品する前に基礎デッサンに触れたのが効果的でした。一部ですが紹介します。

このようなバッチも記念品としてもらうことができました!!
12銀賞バッチ

  

<高校の部>
 高校の部では郡展やアートクラブグランプリのOBの作品を観ることができたり、高校の美術部の先生と情報交換をする貴重な機会に恵まれました。
11四街道高・長谷尾さん2年賞候補入選

 この作品を描いた生徒は、四街道高校美術部3年です。郡展では、
第13回郡展最優秀賞http://www16.ocn.ne.jp/~buten/img168/h21sakuhin-yachimata.JPGを取りました。作品は昨年度、「学展」で賞候補入選をとったものですが、昨年度、千葉県高等学校総合文化祭千葉県代表に選ばれ、今年度、富山県の全国大会に出場するとのことです。


また、こちらの作品は、現在、千葉黎明高校美術部2年(第4回アートクラブグランプリin SAKAI審査員特別賞(鍵谷節子賞)を受賞)の生徒が昨年度、制作したものです。黎明高美術部に入部して
熱心に活動に取り組む姿が作品から伺えます。

12黎明高年・村井さん

11AGP審査員特別賞鍵谷節子賞四北3年村井さん「自分」

(第4回アートクラブグランプリin SAKAI審査員特別賞(鍵谷節子賞)受賞作品)


<一般の部>:ちなみに私も一般部で同人推挙になったのでお知らせします。
「Lucky Color」(F50 アクリル)
12千葉二科支部展・同人推挙[Lucky Color]2