第18回印旛郡市中学校美術部展(郡展)
2014郡展ポスター

  本格的な夏を迎えています。さて、今年で第16回目を迎えた印旛郡市中学校美術部展(郡展)が7月19日(土)~25日(金)まで佐倉市立美術館3Fで開催されました。もとは「文化系の部にも運動部と同じような目標となる大会があってほしい」という部員の願いから開催されました。郡展期間中、お忙しい中、来ていただいた保護者の皆様、有難うございました。心より感謝申し上げます。
 郡展の開催目的は、普段の活動の成果を競う場所であり、作品を通じて部員たちが頑張っているんだということをアピールすることを目指しています.
   今年度は出品校35校、450点でした。2・3年生については昨年の11月から、1年生は4月の仮入部のときからこつこつ取り組んでいたことが、直前になって力を発揮するもととなりました。
 「直前の力の発揮の仕方=本気で描くパワー」は活動を通じて得られた成果です。作品を仕上げる過程の中で、やり遂げた充実感は、確実に自分の力となりましたね。次はACGPに向け、さらなる質の向上を目指していって欲しいと思っています。


会場の様子です。
14郡展の様子

滝野中の展示の様子です。
14滝野中ブース

滝野中ではこちらの作品が見事、優秀賞を受賞しました!!

3年「俺の獲物はここだ!!」F30 油彩
14郡展優秀賞3年宮野くん「俺の獲物はここだ!!」

<コメント>  3年間の部活の集大成ともいえる作品になりましたね!!3年間のどんなことがあってもこつこつと頑張り続けたことがこの作品から伝わります。餌を探して一点を見つめる恐竜に力強さを感じます。   
 

<部員達の感想(一部抜粋)>

○みんな絵のクオリティが高くてすごかった。特に「原爆ドーム」(四街道西中)の絵がすごく描き込まれていて圧巻だった。賞に入ることができて本当にうれしい。
○すごくレベルの高い作品ばかりですごいと感じました。年々レベルが上がっていると思いま した。
○レベルの高い作品が多かったと思います。とても勉強になりました。
○立体感もあり、そして、自分の作品が下手だとわかり、少し悔しいと思いました。
○自分の作品が展示されて良かった。1人で来た時とは違った感じがあった。他の人の作品から見て学ぶことができた。
○切り絵とか複雑で、難しいと思いましたが、作っている人が多くいてすごいと思いました。 立体的な作品もあり、すごいと思いました。
○やっぱりこういうところに出ている作品は皆、すごいと思いました。シャープペン、ボールペンだけで描いた作品やシャープペンで△だけを描いていていろんなものを表現している作品はとてもきれいで細かくてすごかったです。展示されている作品と私の作品を比べると、私はまだまだと感じました。