カテゴリ: 猫グッズ

病院から戻ったもなかさん、お腹が空いたようなので本日初ごはんです。

病院からもらった、消化に良いこちらをあげます。
IMG_20190421_144440

我が家はカリカリしかあげていないので、ウェットは病気をした時くらい。
なので、みこやまるにとってはたまにしか食べられないご褒美みたいな存在。

なのにもなかさん、ニオイを嗅ぐなりイヤイヤして、みこが食べていたいつものカリカリをむさぼり始め…

そしてもなかのために出したウェットはみこががつがつ完食しました(・_・;
IMG_0167

ま、、いっか( ̄▽ ̄;)

それよりも、もなかへの投薬がかなり難航。

もともと目薬も爪切りもさせてくれないもなか。
病院の先生からも、「この子への点眼を飼い主さんがするのは無理だと思います」と過去におすみつきをいただいています( ̄^ ̄)ゞ

ちなみにもなかのお薬はこの2種類。
IMG_0171

これと、

IMG_0172

これ。

大きいし、まずそう(;´д`)

とは言え私も熟練なので(苦笑)、今日のところは無理やり口を開けて放り込み喉をさすさすしてごっくん、とやりましたが、これがこれから毎食ごとに繰り返されると思うと、もなかのストレスやいかに…(;ω;)

ということで、そんな時はこれの出番です。
IMG_0169

長年ここに閉まっておいたぜ〜。
開けると…

IMG_0174

ピルカッター(下)とピルクラッシャー(上)!!

今回はもともとカットされてるので、使うのはクラッシャーだけです。

ママそれなぁに?とのしのし近づくもなかさん。

IMG_0175


夕飯時にやってみました!

缶詰が気になるムーン。
IMG_0221

ピルクラッシャーに錠剤をIN。
IMG_0224

粉砕します!
フタを左右に回すだけ。
IMG_0225

あとはウェットフードと混ぜるだけ。
IMG_0226

ですが、、なんと、、、もなか食べず( ;∀;)

もな、カリカリがいいもん!
だそうです。
(薬を混ぜる前のウェットもひと舐めしてイヤイヤされました)
IMG_0232

ということで結局もなかには、

後ろからホールドして顔をくいっと上に向け、犬歯を持って口を開けさせ錠剤を入れて喉をさすさす→ごっくん

という王道の方法で投薬しました。

となるとこの記事はもはや削除レベルですが…ま、まぁでもピルクラッシャーとかどなたかの参考になるかもだし、このまま投稿しちゃいます!

もな姉、お疲れ様〜 byムーン。
IMG_0259

もなもお返し。
IMG_0260

そしてここからの取っ組み合いとなりました(´-ω-`)

ポチっ、を頂けるとウレシイです。にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村

突然ですが、猫さんの食器洗いについて。

初めて猫と暮らし出した頃、猫の食器を毎日煮沸消毒していた私。
ワンちゃんと暮らしている友人にバカにされました(*_*)

その後私もめんどくさくなり、たまに人間の食器と一緒に洗う程度に。

しかしある時、人間の洗剤は猫さまに危険なのではと思い、それ以来専用の洗剤を使ってきました。

長年使ってきて満足しているのがこちら。
IMG_9995

世田谷にあるヴィジョンズという会社の製品です。

で、そろそろ我が家のポンプが終わりそうなのでまたこれを買おうと思った(思っている)のですが、ここに来てそもそも洗剤が不要かも?と思い始めまして…。

そこで、これを買ってみました。
IMG_9972

左の↓

右の↓
https://www.necoichi.co.jp/Products/detail/id=6849


あたしはこっち!byもなか
IMG_9968

使ってみたところ、どちらもヌメリはよく取れました。
あとはより食器に傷がつかない方が細菌が入らないかなぁ?

あ、こんなのも発見!
次回買って試してみよう。
IMG_9997

上のはこちら↓

でもこういうペット専用のじゃなくてもアクリルタワシとかでもいいとも思うので、できるだけ洗剤を使わずにヌメリを落として、たまに熱湯消毒したら十分かなぁと思う今日この頃です。

余談ながら、愛用してきた前述の猫さまの食器専用洗剤は、家人が使い方を誤らぬようネコの絵のテプラ貼ってます。笑
IMG_0001



ポチっ、を頂けるとウレシイです。にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村

マンションに暮らしていると避けられないのが、定期点検。
IMG_8760


サボると他のお宅にもご迷惑をかけることになるので、我が家は毎回きちんと在宅して対応しています。

※雑排水管清掃の様子
IMG_9075


でもこれ、猫や犬がいるとなかなか大変ですよね。

ストレスケアが第1ですが、特に猫の場合は脱走防止も完璧にしないと。

業者さんによっては複数人でいらして作業が終わった方から順に次のお宅へと勝手に玄関を開けてしまったり。
火災報知器点検の時はベランダのハシゴも点検対象なので作業の方が勝手にベランダに出ないか目を離せません。
はらはらします。

IMG_7911


さて3月に火災報知器の点検があったのですが、その際にまるがピンポンに驚いて洗濯機の下に潜ってしまいました。

ダイエット効果で、もぐれるくらいスリムになったのは良いのですが、まるは子どもの頃、雑排水管清掃の時にもびびって洗濯機の下に入ったことがあり、作業員の方に引っ張りだされたことがトラウマになっているのです。

音が鳴るという意味では火災報知器点検は怖い、
でも複数人の人がどかどか入ってくるという点では雑排水管清掃も怖い。

どちらにしても、またまるがストレスで膀胱炎を患ってはならないので、今回は念入りにストレス対策をして臨みました。

猫つながりのお友達から教えていただいたのがこのサプリ。
http://www.petience.com/corporate/PE_GABA/
IMG_8595

単体だとかみづらそうですが、無味無臭なので毎朝ごはん数粒とともにお皿に入れるか手であげると、ご飯と一緒に口にほおばりむしゃむしゃ食べてくれます。

2週間、毎日1粒をまるとムーンにあげたところ、なんとなーく、ビビリはしてもその後のシッポのふくらみや行動がおさまっているような(。・ω・。)

まぁ気のせいかもしれませんが、これを与えているし!という私の気持ちの持ち方が変わったのかもしれません。

ついでながらフェリウェイはリキッドが終わってしまったので、猫たちを隔離した寝室のカーテンやお布団にスプレーしてみました。
IMG_8598
効き目あるのかなぁ(・・?)


そして迎えた雑排水管清掃当日。

事前に、洗濯機のある脱衣所にまるが入らないようドアを閉めて待機。

ピンポン鳴る。

いつもならすぐに出るのですが、今回は「猫の準備をするので少しお待ちください」とインターホンで伝えて慌てずに全ニャンを寝室へ。

寝室に鍵をかけて、リビングへの猫ドアにもフタをして出て来られないようにしたところで作業員の方たちに入ってきてもらいました。
IMG_9074
※一年中クリスマスデコ(//∇//)

作業中はもなかが猫ドアをガタガタやっていましたが、それ以外は特に滞りなく完了。

そして作業の方たちが帰られた後も、ガクブルと布団に潜り込んだりもせず、すぐにわらわらと全ニャン出てきて、まるもごはんごはんと元気に催促。

早くそっち行きたいー! byもなか
IMG_9077

無事に乗り切れました。

3月はこれが心配でしたが無事に終わって良かった!

今日から4月。
でもまだ寒いのかまるちゃんはストーブの前。
IMG_9215

皆健康に春を迎えたいものです。



ポチっ、を頂けるとウレシイです。にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ

にほんブログ村

5年間毎日猫たちが使ってきたキャットドア。
image


我が家にはなくてはならない生活通路なのですが、ムーンちゃんの深夜早朝の大運動会時と、もなかがひたすら扉をパタパタして遊び続ける音がうるさいので改良しました。

ビフォー
image


途中
image

扉は外せない構造だったのでノコギリで切断しました。

暫定だけどアフター
image

布は使い古した無印のふきん。

開通式です。
こちらお通りくださいニャ〜。
image


なんだこれは?通れるの?
image

みこ、通過。
image


まるも通過。
image

もなかも通過。
image

ならばムーンも!
image


帰り道のムーンちゃん。
image

静か〜( *^艸^)

まるちゃん。
image

もなちゃん。
image

cats onlyなのだが…似ている。
image


全員ダッシュで通り抜けても静かです!
子猫が全力でぶら下がっても大丈夫な強度はありそうだけど、ムーンが子猫のうちは爪が引っかかると危ないかなぁ。
image

様子見て改良していきます!

読んだよ~のポチっ、を頂けるとウレシイです。 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村

子猫の本気の攻撃と、まるからのマウントでとうとうストレスで体調を崩したもなちん。。

ですが、病院に行った翌日から目に見えて元気になってきました。

病院では抗生剤の注射を打ってもらい、家では胃腸薬を飲ませていたのですが(ちゅ〜るに混ぜたら楽勝w)、体力と共に気力も回復したのか、ムーンに対してもまるに対しても嫌なものは嫌と主張するようになってきました‧˚₊*̥(∗*⁰͈꒨⁰͈)‧˚₊*̥

ムーンちゃんに教育的指導。
image


そして猫友さんと話していて、これを持っていることも思い出しました!
image

当ブログでも何度か触れたことのあるバッチフラワーレメディ。

◾️ペットのための参考情報→

◾️ペット用は砂糖とアルコール不使用のものを。
成分を見てアルコールの代わりにグリセリンが入っているものにしましょう→


ということでこの2日間ほどお水に数滴垂らしてみてます。

その結果、まるとみこは相変わらず犬猿の仲ですが、まるはもなかにマウントしようとして抵抗されるとおとなしくやめたり、ムーンも多少…多少は加減が分かってきたように見えないこともないです。

初めてムーンちゃんがもなかの毛づくろいを!
image

もなか、子育てが報われたねぇ(´•̥ω•̥`)


読んだよ~のポチっ、を頂けるとウレシイです。 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 立ち耳スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ