2012年02月

フォード マツダ車専用診断機 IDS VCMと日産専用診断機コンサルト3のお話。

まずはこっち。適当に診断ソフトウェアをインストールしたら実行できないプログラムがあったフォード マツダ専用テスターIDS VCM。
P1050178


困った時は診断機のプロM氏に泣きつくってのが僕の方程式。
なんと無料にて再セットアップ等やって頂けました。。。。M氏の方角に足向けて寝れませんわ(笑)
P1050176


フォード マツダ診断トップ画面
P1050177



ジャガー ランドローバートップ画面。海外より個人輸入する際の質問時はフォードマツダの診断ソフトは日本語、ジャガーとランドローバーは英語と聞いていたのですが全て日本語でした。ラッキー。

これにてフォード マツダ専用診断機IDS VCMを仕事でバンバン活用できます。
P1050179





実はこちらの日産専用診断機コンサルト3もちょっとしたトラブルがありました。
コイツには相当悩まされましたよ。。。
P1040743P1040756



診断ソフトウェアのインストール等は特に問題なくOKでして動作確認を行おうと思い仮想環境化でチェックしてみることにしました。写真のように実際車両には接続していないですが診断機本体に電源供給をしてやり仮想的に車両接続されているような環境を作って動作チェック。ブルートゥースの無線診断機能がありますのでパソコンとコンサルト3本体をUSBケーブル等で接続する必要はないです。と思っていたら・・・・
P1050184


下記写真通り何回やってもコンサルト3本体の電波をサーチしない(泣)
USBドングルがダメかな?とも考えましたが写真のように室内の電話マークの他ブルートゥース電波は拾えてるのでドングルの可能性は考えずらい。
P1050126


試しにコンサルト3診断ソフトを起動させるがもちろんブルートゥース電波拾わないのでVI(診断機本体)の認識をしない。
一応無線診断機能はこの際無視してコンサルト3本体とパソコンをUSBケーブルにて有線で接続するとちゃんとVI認識して診断できるようになりましたがやはり無線機能があるのに有線接続にて使用ってのは負に落ちません。
P1050127




ブルートゥースのセットアップ作業がおかしかったかな??と思いブルートゥースアクセレータープログラムを写真のように何度も実行し直すがFALSEが出て赤丸通りVI検出できない状態に。。。
コンサルト3本体の故障でブルートゥースの電波出していない可能性もあるので調べてみました。

調べ方は簡単です、携帯にブルートゥース機能があるので携帯でブルートゥース電波をサーチするだけです。
サーチすると携帯では拾ってる・・・ドングルも他電波拾ってるのにコンサルト3は拾えてない。ますます泥沼に陥りました。。。。
P1050129


色々な方にアドバイス頂いたりいろんな対策パッチも頂いたりして試すもダメ。ブルートゥース電波は相変わらずで室内の他ブルートゥース電波は拾うのにコンサルト3の電波は拾わない・・・

半分諦めモードで最後にダメ元でひとつ試して見ました。

USBドングルがダメな可能性は上記理由通りであまり考えられないのですが付属されているドングルは150円程の安い物でドライバーインストールも無くて使用できると言う物でした。

ちょっと勝負に出てUSBドングルの中では高価格帯(大体5百円前後ですがなんと2千円しました)のドングルに試してダメなら返品交換のクレーム申請しようと思いました。この日産専用診断機コンサルト3は海外より個人輸入した物なので返品交換は時間がかなり掛かるうえ、送料はクレーム対象外で数千円掛かるのであまりしたくはない最後の手段です。


これが購入したUSBドングルです。ドライバーも付属している物です。大手電化製品店で購入。
願うような気持ちで試して見ます。
P1050185



結果は・・・・写真のように無事VI検出認識してくれました。泣きそうなりましたよ(笑) 数日間悩まされてましたから。。。

しかしなぜ不良のドングルは1つの電波は拾うのにコンサルト3の電波は拾わないかな謎のままです。その謎のせいでかなりの大回りをさせられるハメに・・・勉強なりましたね、まあやれやれです。
P1050183



これで日産専用診断機 コンサルト3をブルートゥースの無線機能使用でワイヤレスにて便利に車両診断ができます。






トヨタ アベンシス 車検入庫。 FCAR F3-Wの使用レポートもついでにっと

車検入庫でお預かりのH17年式 トヨタ アベンシス。

P1050143


ファンベルト交換。
P1050144


エンジンオイル、ブレーキオイル、ATF等交換。
P1050171


アルミ四本ピカピカに洗う。
P1050159


最後にFCAR F3-Wにてテスター診断。
P1050160


接続。すぐに車両情報を読み取ってくれます。2003年ってのは販売開始年の表示??かと思います。
P1050161

年式選択してっと。
P1050162

エンジン。
P1050163


エンジンの故障メモリの確認。
P1050164


エンジンライブデーター確認。
P1050165

多数のアクティブテスト項目。
P1050166


ABSアクセス、選択項目。故障コードありませんでした。
P1050168


ABSにアクセス中はメーター内ABS、VSC警告灯点灯。
P1050167


ABSライブデーター。
P1050169


あとはイモビ関係にアクセスするとイモビキー関係の設定も可能なようです。できる車種できない車種は繋いで見ないとわからないのですが・・・これは使えるな。
P1050170


軽めのF3-Wの使用レポートでした。

ミラー本体の根元折れたとの200系ハイエース

ミラーぶつかって根元からおれたとのハイエース。
P1050112

根元のステが折れてます・・・

運転席側なら窓開けて右折や斜線変更等気を付ければなんとかなりますが助手席側は左折時や左に斜線変更時非常に危ないですね。
P1050113


P1050114

どうなったらこんな折れ方するのか不思議です。そしてボディーに一切キズないと言うのもこれまた不思議。
見事な折れ方。
P1050115

新品ASSYと付け替えして完了。
P1050116



こっちは12ヶ月点検依頼のホンダストリーム。各部下回り点検、オイル交換、バッテリーチェック、タイヤローテーションして空気圧チェック、テスター診断等で終了。
P1050117



人人人人。人だらけ・・・

今日は休日だったんでブラッっと大阪梅田の阪神百貨店の質流れバザーに行ってきました。

P1050083
P1050080

P1050081

とにかく人が凄すぎです。
P1050079


やはりブランド物がみなさん好きなようですね(笑)

僕は何も買いませんでした。

これ良いな~とか欲しいな~って思っても僕の頭の中ですぐに・・・



「〇〇万円かー、欲しいあの診断機買えてしまうな~」ってな具合でブランド品<<<<診断機です(笑)

世界最高の汎用診断機オートロジック(200万)ぐらいの価格帯のブランド品はいくらでもありました、ビックリですね、誰があんな高いブランド品買うのか不思議でした。

オートロジック欲しいな~

ベンツ W210 E430オイル交換+三菱パジェロミニ ナビ取り付け 

W210 E430 先週停車中に自転車の高校生がぶつかってきたとの事で入庫。
P1040901


キズとバンパー割れありって事で相手高校生の親引っ張り出して来て保険修理にてバンパー交換。
P1040902


新品バンパーは未塗装品でしたので塗装とバンパー取替え作業は板金塗装屋さんにて作業して頂き今日完了。
P1050048

それとオイル交換。
P1050049

エンジンオイル抜いてエレメント交換。
P1050062

結構汚れていますね。まー汚れて当然ですね、エンジンオイル汚れてないとオイルの役目果たしてないことになりますからね。
P1050063


最後にベンツ専用テスター DAS XENTRYにてメンテナンスリセットにて終了。
P1050068

あとはお決まり通りImpliziteコーディングチェック。どの車も入庫したら覗いてしまいます。ここにしか興味がないんです(笑) やはりデータ読み出し不可です。

ココのコーディング変更には基本的に拡張機能付きが必要ですね!!
P1050069




ナビ取り付けのパジェロミニ。
P1050065


配線ごにょごにょして・・・
P1050064P1050066

P1050072

取り付け完了。ナビ取り付けめんどくさいから嫌い(笑)
P1050073


車関係業者さまご存知のASNET・・・これはダメだな

業者さまご存知のASNET

各全国カーオークション会場の出品車輌の検索や代行で入札してくれたり下見してくれたり落札相場調べたりで便利なツールで無料。使い勝手は非常に良いと思います。P1050037



当社の使用方法は100%出品車輌の検索と落札相場調べぐらいここで注文車車輌が出品されているのがわかれば直接オークション会場に行って現車確認下見して落札ってな感じで使わせて頂いています。

あまりこのツールを使って入札や代行ポス押しの必要性はないでしょう、業者さまなら直接各オークション会場と契約されているからです。

当社は中古車販売専門業ではありませんので毎日誰かがオークション会場に行っている等はもちろんなく注文車が出品されればオークション会場に行くと言うスタンスです。

潰れかけのチンケな当社のような車屋でさえ10社前後ぐらいの各オークション会場と契約しているので普通の車屋さんはもっといろんな会場と契約されていると思います。
P1050039



ってなるとASNETをかいして代行入札や代行落札を依頼するケースはほぼ皆無。ASNETに手数料取られるので勿体ない。

しかし今回はどうしても現場に行けない遠方の会場でお目当ての車輌があったのでASNETの担当者と念入りにいくらまで値段さしてくれと打ち合わせ。

イザ、出品スタートでその車輌のセリ終了。落札価格見ると当方が伝えていた上限より10万ぐらい安く落札されていたので思っているより安く買えたな~とウキウキでASNETの担当者に電話すると・・・・

「300万円オーバーの高額セリなので今までに何回かASNETと取引してる実績がないと入札代行ができない。事前に伝えとくべきでした。申し訳ありません」との事・・・・最初から300万超えることは確実の車輌ですよ??

上記理由通り無駄な手数料がかかるので当社はASNETに対して実績はないです。

それはいいんです・・・・まさかセリ終了後に言われるとは(泣)

前持って300万オーバーはダメと伝えてくれてればいくらでも方法はあったのに・・・・・・

やはりASNETは出品車輌の検索と落札相場のチェック専門にしておいた方が無難だった・・・



トヨタ ハリアー車検整備とおもちゃのスマートをゴソゴソと

車検整備でお預かりのトヨタ ハリアー。

特に悪いところは無さそうなので定期交換部品や消耗品だけでOKか??
P1050030

と思いきやウォーターポンプ水漏れと・・・
P1050031


エンジンオイルパンからのオイル漏れありです。
P1050032


こっちは当社の会長様のオモチャ、スマートフォーツー
P1050029

何やらゴソゴソしています。イスが外れてる・・・
P1050027


おおっ結構ゴチャゴチャやん。何をしているのか良く分かりませんが(笑)
P1050028


それと買取依頼にて買い取ったホンダ トゥデイ。4サイクルエンジンの原付です。結構人気あるらしい??
P1050034

FCAR F3-W ダイハツ対応になったと言う事で・・・

FCAR F3-W診断機がダイハツ対応になったと言う事で正規販売店さんより接続チェックして欲しいとの事で接続チェックしてみました。

チェック車輌はH15年 ムーブカスタム EFエンジン NA。当方の仕事用の車です。
P1050014


車輌とOBDケーブルにて接続します。
P1050015

ダイハツあります。まだ英語バージョンです。
P1050016

選択項目。
P1050017

エンジンアクセス。
P1050018

ライブデーター。エンジン項目は特に問題なくアクティブテスト等も行えました。
P1050019


がしかし・・・・他ユニット(AT、ABS、エアバック)へはアクセス不可でした。これではダメです。ダイハツ対応とは言えないでしょう。

すぐに正規販売店さんへ修正要望を出させて頂きました。

最近の車種が接続できるかも含めてまた試して見たいと思います。

汎用診断機 FCAR F3-Wをバージョンアップしました。

当方の会社で活躍しているFCAR F3-W診断機。今回のアップデートで10メーカー以上がOS,診断ソフト共に日本語対応になったと言う事でアップデートしました。

日本語対応しだしてから急に問い合わせが増えて売れ出しているとの事。

正規代理店さんもビックリしているようです。これだけ日本語対応ってのが重要だったとはわからなかったそうです。ただ日本語翻訳人員増員によるコストが・・・・と嘆いていました。

まあそんな事は私含めF3-Wを使用しているユーザーは知ったことありません(笑)

ってか最近の当方ブログにアクセスされている方の半数ぐらい(1日大体300から400くらいの中で150アクセスくらい)はF3-Wで当ブログに辿り着いている方々みたいでビックリしました。

P1050004


PDFで代理店さまから送られてくるアップデート方法を読むと少々ややこしそうですがやってみると簡単。

取り合えずメーカーホームページより英語バージョンと日本語バージョンの2つをデスクトップにダウンロード。数分掛かります。
P1040984


ダウンロードが完了するとこのように英語バージョンと日本語バージョンのそれぞれのプログラムがデスクトップにできます。
P1040985


現在使用しているSDカードをPCに接続。右クリックでフォーマット実施。
P1050002


先ほどデスクトップにダウンロードした最新バージョンの英語プログラムアイコンをダブルクリックしてSDカードのあるFドライブへ書き込み。英語プログラムの書き込みが終わったら次は日本語プログラムアイコンも同じようにダブルクリックしてFドライブへ書き込み。
P1050003


これで完了。相当簡単ですがPDFの日本語アップデート方法の説明書見るとややこしそうに思ってしまいますね(汗)
日本車の日本語対応メーカー。
来週中に取り合えず英語バージョンですがダイハツも加わるとの事。
P1050005

韓国の日本語対応メーカー。まあ診断することはほぼ皆無でしょうか(笑)
P1050006


なぜか欧州メーカーで最初に日本語対応したのは不思議とポルシェ(笑)
P1050007

トヨタ トヨエース クラッチ滑りとタチの悪いイタズラ被害にあったベンツW203 Cクラス。

クラッチが滑ったとご連絡のトヨエース。ミッション降ろしか~めんどくせっ(笑)
P1040986


ミッション脱着します。バッテリー外してセルモーター外してプロペラシャフト外して・・・
P1040987

あとはミッション外すのみ。
P1040988

ミッションが降りました。
P1040989

P1040990


中も綺麗に洗浄します。

P1040991


ズルズルに滑ってるクラッチディスク。
P1040994

クラッチディスク、カバー等々装着してミッション載せて完了です。
P1040993



タチ悪いイタズラ・・・ベンツ W203 Cクラス。遠めでもわかります・・・・
P1040963


こんな意味ないイタズラはやめてもらいたいものです。
P1040964
livedoor プロフィール
記事検索
タグクラウド
  • ライブドアブログ