ねっとりとその耳を舐めあげる。
元来痴女であるから、私にとっては大したことのない時間をかけたのだけれども、彼は耳だけでイッてしまった。

こういう子は、どういうわけか乳首も敏感と決まっているのだ。
だから乳首も弄りましょうね。
たっぷり弄って、彼は、やっぱり「女王様気持ちいいです」を繰り返すのだ。

耳を弄られて脳でイッてしまったのだから、乳首でもイッてもらいましょう。
乳首でイクまでいじるのをやめない、と宣言したからには、私はとことんやるつもりだ。

指で弄って、舌で舐めて、彼の乳首は刺激され続ける。
女王様、と、私は呼ばれ続けて、でもそれは彼の独り言に過ぎない。
そして気持ちいい、イキそう、と呟くのだ。

だから、イッてもらいましょう。
身体を仰け反らせて、イク、と叫んで、彼は乳首だけでイッてしまった。
でも、まだまだ。






続く