2006年11月27日

ひらがなと漢字で泣く

ドッペルさんちでこんなコメントをいただきました。

『実話を書くことって、創作なんかよりもある意味難しい』

それは、昔ドッペルさんが飼っていた足の不自由なインコの記事で、安楽死を考えたけれど実行できなかった、というものでした。すごくステキなエッセーだったので、ぜひ読んでみてください。

「難しい」というのは、たぶん、技術的なことを言ってはるのではではないんだな、と勝手に想像しました。自分の嫌な部分、思い出したくない出来事まで、丸ごと掘りだして文章にするのは、精神的に苦しい、難しい、といった意味なのでしょうか。
けれど、本当の話だからこそ、苦しんで書いたからこそ、一行に迫力が出るのだと思うし、通りすがりの読者にも、行間を読み取ろうとするほどの共感がめばえるのかも、と思います。

ところで今、喪中葉書を書いています。
心の中の湖に、ゆっくりと沈みかけていた痛みが、気まぐれに撹拌されます。
でもそれは、すごく健康的な揺らぎです。
お葬式の時に、ちゃんと号泣できなかったわたしが、今、きちんと思い出せるのは、文章で泣く方法を知っていたからなのだと思います。もちろん、客観的に書けていたとは思いません。でも、小説やシナリオやエッセーを、先生や仲間やネットで批評してもらい、ブログで読んでもらい、手直ししていく作業は、どこか心のリハビリになっていたような気がします。

実話を書く。
創作を書く。
わたしにはどちらも大切な日常です。
きちんと泣けたから、今度は文章で笑いたい。怒りたい。そしてできたら、誰かをどこかで癒したい。
丸ごとの自分に、どこまでできるかなぁ★
とりあえず、この真面目くさった文体、なんとかしなくちゃ?



mikotomama at 12:11│Comments(6)TrackBack(0)エッセイ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by はる   2006年11月27日 16:31
実話を書く…
ことに自分を振り返るのは、書いてて辛くなりそうです。
他人の批判は簡単なのにねw
誰かを幸せにできたら、自分も幸せになれるのかもしれません。
カールさんの文体、自分は好きです(*^_^*)
それもまたカールさん自身ということで…★
2. Posted by jyaba   2006年11月27日 23:22
こんばんわ。

文章を書くことって、
結構「心」を使いますよね。

私もカールさんのエッセイ、好きです。
心にずっしりくるというか、
なにか考えさせられる感じがします。
3. Posted by カール   2006年11月29日 18:19
>はるくんへ♪
いつもコメント、楽しみにしてますw
本当に、文章で人様を幸せにできたり、ホロリとさせたりできたらいいな、と思います。
いろんな媒体から感動をもらいっぱなしなので、いつか自分も恩返しの一文を産み落としてみたいw
それと、愛のコクハク(笑)ありがとう!

>jyabaさんへ♪
こんばんはw
はい、心がないと文章って書けないんだなぁと、つくづく思います。
日々の出来事を、明るく軽く(時には暗く……)書くことだって、すごく大切かも。
そういう意味で、ブログっていいなと思います。
エッセイ、気に入ってくれてうれしいな♪
感度(というか感性?)のいい読み手に出会えて、わたしの文章は幸せ者ですw
4. Posted by ドッペル   2007年02月08日 23:59
こんばんは。
ご紹介いただいてありがとうございます。
ちょっとブログ更新が沈滞気味でTBをいただいていたことに気づきませんでした。申し訳ありません;;

私の記事を良い意味で解題していただきました。
実は、実話(シャレではありません…)を書くのは心情的に難しいのはもちろんですけど、技術的にも難しい…つまりとにかく難しいのです。
自分の体験だから書くのが容易じゃないかとも思いますけど、そこになにがしかの気持ちや想い込めてしまう。
そういった時に難しいと感じます。

実話ではなく創作にも、自分の経験を挿入することがあります。
そういった時は妙に気持ちが昂ぶったりしてしまいます。
お恥ずかしい話ですけど悲しい話を書くときは実際に涙が出たこともありますよ!
私は「現実を吹っ切る」ような話を書くのが目標なのですが、なかなかそれは難しいようです。
それでは、またっ!
5. Posted by ドッペル   2007年02月09日 00:00
こんばんは。
ご紹介いただいてありがとうございます。
ちょっとブログ更新が沈滞気味でTBをいただいていたことに気づきませんでした。申し訳ありません;;

私の記事を良い意味で解題していただきました。
実は、実話(シャレではありません…)を書くのは心情的に難しいのはもちろんですけど、技術的にも難しい…つまりとにかく難しいのです。
自分の体験だから書くのが容易じゃないかとも思いますけど、そこになにがしかの気持ちや想い込めてしまう。
そういった時に難しいと感じます。

実話ではなく創作にも、自分の経験を挿入することがあります。
そういった時は妙に気持ちが昂ぶったりしてしまいます。
お恥ずかしい話ですけど悲しい話を書くときは実際に涙が出たこともありますよ!
私は「現実を吹っ切る」ような話を書くのが目標なのですが、なかなかそれは難しいようです。
それでは、またっ!
6. Posted by ドッペル   2007年02月09日 00:03
うわ、だぶった!すみません;;

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
カール
てんびん座、O型のフリーライター。
取材大好き、〆切り命!?
意外に浅い経験を深めるべく、色々なことに手を出してきたけれど、これからは、仕入れた素材を使って作品化していきたい。
今年のテーマは「専門分野を作る」です。
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード