2013年04月23日

なぜ、定温低湿倉庫なのか?

当店の珈琲生豆は、夏の高温よる劣化、梅雨の湿気によるカビ発生、冬の乾燥による味抜けを避けるために

定温定湿倉庫にて

気温14~16℃・湿度50~60%の環境で保管されております

定温定湿倉庫4定温定湿倉庫3定温低湿倉庫2


 
なぜ定温定湿倉庫に入れるのか



これは2ヶ月前に購入した琥珀緋
倉庫豆


こちらも2ヶ月前に購入した琥珀緋
放置豆


比べてみると一目瞭然、左が入荷後倉庫にすぐ入れたもの、右が店内に置いていたもの

比べ豆
この右のように豆が乾燥してしまうと、味も香りも特徴もかなり抜けてしまいます

豆本来の個性などほとんど感じられません

特に梅雨時期など湿気でカビが生じます

そうなると全く使いものにならず、せっかくの美味しい豆も廃棄しなくてはなりません

だから当店ではそうならないためにも、定温定湿倉庫に保存し

焙煎する分だけ倉庫から取り出します

面倒くさいことですが、いつも新鮮に個性のある味を維持するにはどうしても必要

な作業です



mikoya134 at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月04日

ブログの続きは・・・・・・

ブログの続きはFC2

mikoya134 at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月17日

アリスの愛

今日は雨が続き、ぱったりと客足が途絶えたmikoyaに
フランスからのアーティストを目指す留学生アリスが
アリス
mikoyaのためにテルテル坊主を作ってきてくれました

テルテル坊主
なんとも可愛らしい、それでいて辻村ジュサブローを彷彿させるような
精巧な出来栄え、


アリスありがとー!!
きっと明日から晴れるよぉ~










さて天気図でも見てみるか
台風情報

あさって超大型台風来るやないか~い
髭男爵











mikoya134 at 19:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)