緩和ルーム  サロン ラ・セレニテ

 このブログでは、衣・食・住について統合的な健康へのアドバイスや楽しい様子を皆様にお知らせします。

ブログ引っ越しです。

引越ししましたm(__)m

暑さ対策しましょう!

6月になりました。梅雨入りした地方もありこれから夏本番ですね

東日本大震災を契機として、全国的に節電の機運が高まっています。

今年の夏は、省エネの工夫を取り入れて楽しみながら暑さとお付き合いしなくては・・・

例えば・・・
トイレの便座!
冷た過ぎて保温機能使用されている方は、取り外し簡単なマットがあります。
硬い便座に乗せるだけで、皮膚感触も柔らかくなり気持ちいいです。

直射日光が当たる窓には、よしずやすだれ。

花や実のなるつるの植物にて、緑のカーテンを造るのも素敵です。

我が家は2年前、気温上昇した際、西にあるガラスにファイルを貼りました。

随分違いますよ。

毎年、プランターに夏の花を植え込むのですが、昨年熱にて全滅

今年は取りやめました。

部屋の中での涼しげなグッズで楽しんで行きます。

水不足にもなりそうです。

一石二鳥かなぁ

皆様も楽しみながら工夫して、この夏のライフスタイルを変えてみませんか?

想う心

P1000258

麦の穂で作成したリースです。

毎年飛んで来てたツバメさんが今年は来ません。(ーー;)

そう言えば・・・見かけない

変わりにではないのですが、小鳥の親子さんを乗せました

麦の作られる工程ご存知ですか?

秋の霜が降る頃に種蒔きだったと思います。

そして冷たい土の上を踏んで居られたお百姓さんの

光景が目に浮かびます。

「麦は強いのだよ!踏まれ踏まれて強くなるのだ。」

そうなんだ・・・・。

人と同じですよね。

何もない平凡は日々が理想かもしれないが、

逆境は偉大な恩師とも言われていますが

まさにそうですね!

人生の中で生きて行く為の教え

また、苦ととるか喜びととるかは個人の想い。

私達のは自由意思を持ち備えているからですね。

人は沢山の苦も経験しなければ、成長はしない。

その苦に対して一番大切な想いは「感謝」することだと思います。

何もしなくては何も生まれて来ない。

いつまでも怒り、羨み、妬み・・・・・

こんな気持ちを持っていると、自分の身体は不調音出しますよね。

きれいな心・・・ここがけなくては


この麦が作られている土地はご先祖様からの田です。

農作業だけで生活している家庭も年々減っています。

この麦を少しばかり分けて頂いた時に

少しでも皆様に喜んで頂くことが出来たらいいなぁ

そしたらこんなリースが出来上がりました。

クリニックの入り口に飾っています。

「わぁー!!」と楽しくなる想いを心に与えて下さい。

そして、自分のエゴは捨てましょう。

今日があるのも一人で生きて来たのではないのです。

どこかで誰かに「愛」を頂いたのです。

そんな想いを胸に刻みながら

今日も元気に過ごしましょう




五月となりました

2011042911420000

五月になりました。

ところどころには、屋根より高く大きな鯉のぼりが泳いでいます。

男の子、これからの時代を元気に過ごして行って欲しいです。

写真は珍しい色の藤棚です。

公園の一角に咲いていましたが、甘〜い匂いが漂っていました。

公園には家族連れが多く見られました。

はしゃぐ子供。シートの上にタオルをかぶって寝ているお父さん・・・笑

何とも言えない平和な光景です。

2011042911460001

鮮やかな色のツツジです。

例年より開花が遅れているようです。

しかし、この数日気温が上がってきていますから、

皆様を待ち構えているかのように、大きなつぼみは

この連休、訪れた人々の心を癒してくれるのでしょう

高速道路も今月で1,000円料金が終わるとのことで

各地渋滞が予想されます。

お出かけの際は気をつけられて下さい。


ゆっくりお休みくださいね!




善意の輪

救援物資

東日本大震災への方々へ救援物資を募っています。

各市町村の福祉課にて集められた物資には、品物限定がありました。

阪神の震災時の教訓からだと聞いていますが、

「服を贈りたい」「食器が沢山ある」・・・・

このような日用品を義援できないだろうか?

数か所の物資受付を調べましたが、既に終了している所もありました。

被災地に集められた物資が皆様へ一部のみしか届いていないようです。

今回の東北では津波が発生してますから、服一枚も持たない方々が多いとも聞いています。

安易な考えで物資を募っても無駄になるだけですので

直接、被災地近くにお住まいの知り合いに連絡が取れ相談しました。

「仮設住宅も一部です。はし一本・皿一枚お持ち無い方ばかりです。」

状況把握した後、物資の希望を聞いています。

また、運送にも国の救援物資が優先されており

現状では宅配営業所に山積み状態であることも聞きました。

何とか直接届く方法はないものか・・・?

不可能を可能にすることは、必ずあるはずだ!

また、数が多くなると金銭的な負担も大きい。

この二つを可能にすること・・・

そんな都合のいいことはないだろうなぁ

某宅急便会社に尋ねてみました。

あっさり断れました。

ここで引き下がる私ではない。

三件目に尋ねたS宅急便営業所が「皆様の善意を無駄にしては

いけない」と協力して頂けることを約束してくれました。

送り先の被災地の搬送状況、受け取りの方の確認、調べてくれました。

「大丈夫ですよ!一週間程かかるけれど送れます。」との返事。

待合室に準備した箱。

この物資は氷山の一角に過ぎないかも知れない。

しかし、少しづつ少しづつ・・・長〜く長〜く続けて行きたいと思います。

中には宅急便料金まで受け持って頂き、直接送って頂ける方も出ています。

ありがたいことです。

もし、私も・・・と思われる方が居られるならば

送り先と送り方法をお教えいたしますので、クリニック窓口まで連絡下さい。

受け取りの方にも負担がかからないように配慮したいと思います。

ご理解とご協力お願いします。m(__)m

皆様の善意の輪に感謝いたします。

ホームページ
記事検索
楽天市場
livedoor プロフィール

KEIKO

Categories
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
support
  • ライブドアブログ