米長邦雄の家
まじめな私より

1.文化庁の件
全て鵜川善郷相談役の虚偽であることはお分かりですね。
2.マグロの件
これも当事者の湯川博士氏及び大井利夫氏からの正式な苦情、訴えならばともかく、貴協会の相談役の虚言に過ぎません。
 以上2点は、中井広恵代表理事から鵜川氏へ厳しく注意する由承っております。然るにまだ治っていない様子です。貴協会が全く無関係ではいられないであろうとは思います。

上記はLPSAの日本将棋連盟の『公開質問状』に対して米長邦雄氏が、氏のホームぺージ「米長邦雄の家」の「まじめな私」に書かれたことです。

本日、元日本将棋連盟三浦支部の大井利夫氏と連絡を取り合い、本件に対し次のように大井利夫氏より頼まれたので掲載を致します。

1. 大井氏はネットに書く経験が無いため、私(鵜川善郷)のブログより、至急、大井氏 の代弁として以下のように書いてほしい。
2. 日本将棋連盟に対しては、後日内容証明にて正式に抗議し、謝罪を求める。その  際にもネット上にてその内容を発表をして欲しい。

大井氏の言葉

米長邦雄氏の「まじめな私」におけるマグロ大会の件は、じつにけしからんものであり、実際に将棋連盟が三浦支部を恫喝し、解散にまで追い込んだ事は事実であり、許すことの出来ない出来事である。その件につき、鵜川氏が、氏のブログに書かれていることは真実である。

また、私は日本将棋連盟の将棋普及指導員であったが、今年度の更新はなされず、指導員の権利を剥奪されている。この文章が、真実であることの証として、私しか知らないはずである旧指導員の番号を記載する。

  公認
  将棋普及指導員
  指導員番号 97−207
  氏名 大井利夫