July 25, 2008

地球と書いてホシと読む

瞳と書いてメと読む


いま欲しいムダなプチ能力ランキング-



1位
気象予報士

2位
地震の震度を言い当てる能力

3位
植物の名前を言い当てる能力

4位
ミスチル櫻井和寿ボイス

5位
B'z稲葉浩志ボイス




気象予報士は今のオレには必要ないかなって感じ


地震はね…なんか地震きて揺れてる最中に「………震度3…」とか言ったら面白そうかなぁと


植物の名前はなんとなく…笑

櫻井和寿ボイスと稲葉浩志ボイスはカラオケで使えるから。笑
なんかあの声だから許される歌い方ってあるし…笑






最後にちょっと受け売り知識



うちの親父殿は地質が専門です

まぁ地震学は微妙に専門外なんですがちゃんと勉強してるらしくいつも自分に言います



プレートテクトニクスはもう通用しない



テレビで地震の解説をすると必ずプレートテクトニクスで説明してます

東大地震研究所の人とかが


ただプレート論にはかなり矛盾点が多いらしく昔から学者の間では論争になってたみたいです

東大は熱狂的なプレート論信者で反プレート論的な意見には無理矢理でも反論してきたらしいです


ただ矛盾点はぬぐいされないらしく
親父殿が例を上げた矛盾点を聞くと確かにって思いました



地震の震源はなぜ点として出るのか

つまりプレート論的に言うと潜り困れたプレートが弾性反発説として跳ね上がるとその跳ね上がった面なり線上の地域が震源として出て点としてはでないはずだというもの


あとはまったくプレートの真上にあるはずの地域が揺れて、そのプレートの端(プレートの下に潜りこんでいくところ、歪みができてはねあがるべき場所)では揺れないこともあるとか


後は同じ一枚のプレートでも場所によって地質構造が異なること(地殻下からうまれた一枚のプレートならどこをとっても同じ地質構造のはず)

潜りこんでいくはずの地点で上昇傾向のがある(潜りこんでいくのだからプレート論がただしければ下降傾向にあるはず)


とかいろいろ

実際地震発生のメカニズムはまだ完全には解明されてなく、他にもブロックテクトニクス、地球膨張説、大洋拡大説などなどいろいろあるとか



そもそもプレートがあるかどうかすらわかっていなくて、その原点は有名な、アフリカ大陸と南アメリカ大陸がパズルのようにくっつくってたってやつ

あれもそもそもあやしいとか



まぁひとまず頑張ってください的な…笑


milanista_kazu at 06:36│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔