2007年02月08日

ウホッ、いいミュージック

ae3334e8.jpg死神の精度/伊坂幸太郎

人間界でミュージックだけが好きな死神が主人公の連作短編集。
死ぬ候補の人間を一週間観察し、「可」か「見送り」の判断をするというもの。

死神が主人公ということもあって少々重いのかと思ってたんだけど、人間の常識が欠けている死神なので間抜けでコミカル、さらにさらっと読ませてくれる文章なので爽やかな印象。
でも決して死を軽んじているわけじゃないのも伝わってくる。作者のセンスには脱帽もの。
個人的に大好きな映画のひとつで死をテーマにしてる『Knockin' On Heaven's Door』とどこか通じる気がする。
小説ラストの終わり方もキレイな感じで頭のなかで勝手に、その映画と同じディランの『Knockin' On Heaven's Door』が流れてた。



やっぱり毎度のイベント告知を。

10日(土)at ORIENTAL DINING はん
「酒と音楽と人〜ヒロヤスペシャル」
22時位〜 500yen+1drink order
今月いっぱいではんを卒業するヒロヤを盛大に送りだします。
ヒロヤを知ってる人は顔見せてあげてください。
mild_slim at 15:26|この記事のURLComments(0)Book 

2007年01月17日

女の涙には大爆笑

ea4d6e54.jpgこう言ったのはもちろん自分じゃなく、そう、マキタスポーツ。

『マキタスポーツの金もうけ』マキタ学級

おもろい音楽がふと聴きたかった去年の年末頃、友人がタケシ軍団のマキタスポーツって人がCD出したという話を思い出して買ったアルバム。

買うときはポイントカードも貯まってたしで全く期待もせず、むしろ嘉門達夫ばりなのを予想してた。

が、しかしだ、聴いてびっくり!
予想に反してすばらしい出来ではないですか。
ナイスPOPでナイスROCK、更にはまっすぐなすばらしい詩。
聴いた後には芸人が出したCDということをすっかり忘れてしまった。

「甲本ヒロトはビートルズに、俺はビートたけしに初期衝動を受けた。『オレの歌』にはそういう力がある。」と浅草キッドの水道橋博士が絶賛するのもちょびっとうなずけるぐらいなのだ。

マキタスポーツがハゲ散らかした30代のおっさんじゃなく若いイケメンなら、売り方を間違えたらかなり売れるんじゃないかな。



そういえば、

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。
mild_slim at 20:02|この記事のURLComments(2)CD / Record 

2006年12月15日

33HZ / 33HZ

26b5b5d9.jpgぬるい!ぬるすぎるぞっ!!(いい意味で)

NEW YORK の4人組バンド33HZ。

80年代DISCOなサウンドで、最近でいうとシザーシスターズに近いかな。
でも、より80sで、プリンスにグイグイいってる感じ。

全体的にミディアム・テンポの曲で、おバカで甘くて切ない、でもキラキラ、そんで素敵にファンキー、さらにはナイスポップなアルバム。

いい意味でいろんな意味で腰砕けミュージック!

PVも素敵だす☆

ttp://www.youtube.com/watch?v=dl-IRZjyFVQ
mild_slim at 18:33|この記事のURLComments(0)CD / Record 

2006年12月13日

龍が如く2

c1806d73.jpgゲームに飽いた大人達に贈られたアクションゲームの第2弾。

893もののVシネをまるごとゲーム化したようなゲーム。と、ひとことで言い切れるようなゲームなんだけど、このシリーズはやはりドンバマりですな。

総制作費24億(?)かけてるだけあって、まーもちろんのことメインのストーリーはおもしろい。
ちょっとムービー多いかなとは感じたけど。

シナリオ監修で馳星周、声優陣は石原軍団をはじめ、寺島進、赤井英和、ケイ・グラント、有名AV嬢など。
しかも楽曲提供にはクレイジーケンバンドと豪華。

でもこのシリーズでやっぱりおもしろいのはサブストーリー。

『2』になり、キャバクラには同伴、アフターの要素が増えたり、経営できたり、さらにはホストになれたりと至れり尽せり、大満足。

家にPS2があって、まだ持ってないゴリゴリの男子はぜったいやるべきゲームだな。


さらには、なんと来年には映画版も公開。
さすがにそれはやりすぎだろとは思ったのだが、監督が三池崇ということで許す。いや、かなり期待。
映画館に行くまではしないと思うが…。




おまけ

今週の金曜日は、下北沢altotoでいつものDaiquiriです。
ゲームなんてやんないでぜひ下北に!

12/15 Fri 22:30 start at altoto
2,000yen 2drink
DJ: オッチー、KUBO-TANK、Sh1n、シオリ…

よろしくです。
mild_slim at 17:10|この記事のURLComments(0)Game 

2006年10月25日

Daiquiri 10/20 at altoto

Big Strides / £2.49
Little Barrie / Pin That Badge
John Mayer / Waiting On The World To Change
Speech / Poor Little Music Boy
Phoenix / Long Distance Call
Sly & The Family Stone w/WILL.I.AM / Dance To The Music
Aerosmith / Same Old Song And Dance
Primal Scream / We're Gonna Boogie
Mongoose Hell Lazers / Green Metalic
Tegwon / ???
The Pipettes / Judy

ここ数年の自分のだらしないDJに喝をいれるため、
記憶の限りうPしていきまつ。

多少の前後などあるかもだけど、
こうして見ると、相変わらずしまりが無いな…。

10月28日の土曜日は下北のオリエンタルダイニングはんにて
『酒と音楽と人』です。今回はelleこと足立嬢のバースデー。
知ってるひとも知らないひともよろしくです。

○酒と音楽と人○
2006年10月28日(土)22:00〜
下北沢 オリエンタルダイニング はん
500円 + 1 drink order
DJs : はん、松川 洋一、足立 知美、Sh1n
mild_slim at 18:13|この記事のURLComments(0)DJ Set-List 

2006年05月15日

Everything Is illuminated

09718d59.jpg「僕の大事なコレクション」という邦題がついてるけど、あえて原題をタイトルにしました。
というのもこの邦題は観る前も観た後もどうも好きになれない。観た人なら7割りくらいの人は理解してくれるはず。。。

映画はというと、非常に良い映画だ。
笑いを挟みながらも考えさせられて、なんかグッとくる作品で、ウクライナやユダヤ人の悲しい過去を見せられ気付かされる内容だった。
映像もきれいだし、BGMに使われてる音楽もばっちり。

キャスティングもまたすごいいい感じ。
主役はイライジャ・ウッドなんだけど、それよりなによりそれを取り巻く人たちがいい味だしてた。
得に通訳兼ガイドの役者ユージン・ハッツがかなりツボった。なんでもこの役の人『GOGOL BORDELLO』というジプシーパンクバンドのフロントマンの人なんだけど、全然まわりの役者に負けてなく、むしろ勝っていた位の存在感だった。ティム・ロスのようにコミカルなんだけどすごい哀愁があるみたいな。
あとはなんちゃって盲導犬のサミー・デイビスJr.Jr.もかなりの名役者。要所要所でいい味だしてました。
mild_slim at 17:53|この記事のURLComments(0)Movie 

2006年04月25日

うめ『東京トイボックス』

bb339b46.jpg自分の最近の通勤スタイルは、iPodにマンガ。
この2つはなぜか絶対にはずせない。
てなわけでこのブログにマンガも入れてみることに。

週刊モーニングで連載中の『東京トイボックス』。
モーニング自体は毎週読んでたりするわけじゃないんだけどちょくちょく読んでいて、最初はなんとなく気になってたぐらいの作品。
先月くらいに単行本化してて、なんか単行本の雰囲気に惹かれつい購入してしまったんだけど、単行本でまとめて読むとモーニングで読んでたよりもグイグイ引き込まれてしまった。

内容は言ってしまえば「働きマン」の男版みたいな感じ。ゲームの制作会社が舞台ってのもあってヲタ要素もはいってたりでおもしろい。
さらにどでかいクライアントとのやり取りとかにおいて、己の信念を曲げずに不器用ながらも戦ったりするのでちょっぴり勇気づけられたり。自分はへーへー言ってるけどorz
はい、もっと戦います。
とにかく続きが楽しみなマンガの1つです!


マンガとはちょっとずれるけど、この作者のうめって人のBlogもおもしろい。
連載の大変さとかがひしひしと伝わってきたりするので一回見る価値はあると思いまつよ。

うめホームページ
http://www.chabudai.com/
mild_slim at 18:08|この記事のURLComments(0)Comic