今日から仕事ですね。休みボケがまだ続いているぺんぺんです。みなさん!気合一発!頑張りましょう。

さて、今日はマイレージの特典航空券を利用する際に必要になる、燃油サーチャージについて考えます。みなさん、やり方によっては、この「燃油サーチャージ」、半額以下にできるって知ってました?
管理人もつい最近までしらなかったのですが、実はこんな方法があるんです。焦りペンギン



気になるその方法とは・・・

その前に、こちらのrankingと、こちらのFC2ランキング応援ポチ、よろしくお願いします。

●シミ・シワをつくり、あなたの美白を奪うのは乾燥だった!化粧品業者が本音を語る!!




■ANAJCBワイドゴールドカード、15,750円全額キャッシュバックキャンペーン■期間限定■11月30日まで 全額キャッシュバック■
■損してませんか?楽天スーパーポイント+キャッシュバック+現金抽選のススメ■
■タダで16,000円分の商品と630マイルをゲットする方法■
マイル獲得情報をrankingで
特典航空券の海外発の旅程を組むのです。

例えば・・・JALの燃油サーチャージが掲載されているホームページには
このようにかかれています。

日本⇔台湾の場合

【日本発の旅程の場合】  
燃油サーチャージ 片道6000円(往復12000円)

【台湾発の旅程の場合】
燃油サーチャージ 片道17.5ドル(=2,000円)、(往復4000円)


どうでしょう。同じ日本と台湾の往復なのに、出発地が違うだけでサーチャージが3倍も違う・・・。

もちろんすべての海外の都市で、このように日本発と海外発とで、サーチャージの差があるわけではないのですが、

JALの場合ですと、台湾、韓国、香港、サンパウロ(ブラジル)などでこうした、「差」が生じているみたいです。

では、具体的にマイレージで旅行する時、サーチャージをおさえるために、具体例を見ていきましょう。

例えば、年間2回台湾に旅行する人の場合は

【1】日本−台湾−日本(サーチャージ12000円)
【2】日本−台湾−日本(サーチャージ12000円)

と買うよりは

【3】日本−台湾−日本(サーチャージ12000円)
【4】台湾−日本−台湾(サーチャージ4000円)

と買い、【3】の往路と【4】の往路、【4】の復路と、【3】の復路という組み合わせで使ったほうが、サーチャージの合計額が8,000円も安くなることが分かります。

国際線の特典航空券は、ルートと区間数さえ同じであれば、無料で日付や便の変更ができますので、こういう利用方法を活用して、サーチャージを安くおさえたいですね。

(基本的には、陸マイラーにとってサーチャージは最大の敵だと思っています。ノースウエストやユナイテッド航空が特典航空券利用者に、サーチャージを課さないのに対して、日系航空会社、ANAやJALは特典航空券利用者からも、一律徴収です。その上、度重なる値上げ・・・。本来なら、航空券の価格に上乗せするべきです。しかし、現実にはまだそうなっていない。ならば、できる限り、安く行く策を考えたいところですね。)

みなさんも、お得な利用方法がありましたら、是非教えてください^-^

●誰でも簡単にできる乾燥肌改善法

マイル獲得情報をrankingで。他のマイル情報がたくさん載っています。
こちらのランキングもよろしくお願い致します。こちらも、多くのマイレージ獲得情報がのっています。

にほんブログ村 旅行ブログへ旅行関係のブログがたくさん。応援よろしくお願いします。

994503d6.gif←いつもありがとうございます。クリックよろしくお願い致します。

■ANAJCBワイドゴールドカードキャンペーン詳細と申し込みはこちら
年会費15,750円完全キャッシュバック■入会ボーナス2000マイル

■↑期間限定〜2006年11月30日まで■
 カテゴリ
 タグ