マイレージ・陸マイラーの人気ブログが結集!今日のランキングは?


マイル系お得情報や、マイル獲得最新情報
マイルの学校最新情報→
一覧(見出し)はコチラ


陸マイラーの皆さん

陸マイラーにとっての4大マイレージのひとつ、ユナイテッド航空(UA)のマイレージプログラム、
マイレージプラスですが、ここに来て、俄然陸マイラーの注目を集めています

もともと、日本の陸マイラーにとって、ANA,JAL,ノースウエストと並んで人気のあるマイレージプログラムでしたが、
特典航空券の燃油サーチャージが無料!であるということや、あまり知られていないお得技で、
ANAマイルの半分のマイルで日本国内を往復できちゃう場合があり
、 陸マイラーの人気を呼んでいます。

そこで、今日はユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」について
陸マイラーにとってどうなの?使いやすいの?どういう部分が良いの?


という気になる点を、管理人の視点からまとめてみたいと思います。









気になるその内容とは・・・












nextChecking to the blogranking













■1年ちょっとで、無料でマイルを貯めて海外に行けた方法■


楽天の買い物でマイルとキャッシュバックのお得3重取りをする技とは・・・?

JALマイラー、ノースウエストマイラー(NWマイラー)が、無料でマイルをゲットする方法

ANAマイルを貯める最強系カード組合せの秘密とは?→詳細コチラ

JALマイルを貯める最強系カード組合せの秘密とは?→詳細コチラ


JAL系爆発カードキャンペーン!
●100円=7.5マイル+α、150名にハワイ旅行、国内旅行が
当たる→キャンペーン詳細はコチラ
●一撃7000マイル分獲得キャンペーンとは?→詳細コチラ
年会費無料、組合せで最大55%還元技とは?→詳細こちら

ANA系爆発カードキャンペーン!
●年会費永年無料。ANA1,000マイルか楽天2000円分使えるポイントがもらえるキャンペーン→詳細コチラ
●ANAダイナース初年度年会費無料。条件クリアで
 6,500マイルもらえるキャンペーン→詳細こちら



まず、ユナイテッド航空のマイレージプログラム
「マイレージプラス」の特徴を見て行きたいと思います。

マイル有効期限 18ヶ月
18ヶ月の間に一度でも増減があれば、
更にそこから、18ヶ月なので

実質、無期限にする事が可能

まず有効期限ですが、マイル最終加算日より18ヶ月間となっています。
一見、JALやANAの3年間という期間より少ないようですが、18ヶ月以内にマイルの増減があれば
増減があった日より、更に18ヵ月後まで、すべてのマイルの有効期限が延びます。

この増減ですが、ユナイテッドの飛行機に乗って貯める以外に、
陸マイラーのみなさんは、もうお分かりだと思いますが、
クレジットカード経由で貯めることができます。
つまり、クレジットの支払いがあれば、そのマイルが加算された月から、また18ヶ月後に
すべてのマイルの有効期限が延長されるのです!!


つまり。。。。実質、無期限にする事ができるということです。
マイレージをじっくり貯めたい方には、ぴったりですよね。


さて、次に気になるユナイテッドのマイレージを使う際のメリットは・・・・

メリット 直行便がない日本国内線区間に有利
直行便がない区間は、最短距離であれば
何区間乗っても、15000マイルでOK

これは、非常に大きなメリットです。
他の3大マイレージ(ANA,JAL,NW)の日本国内線
特典航空券のどれもが、11000〜20000マイルで2区間のみと限定
されているのに対し、UAのマイレージプラスでは、
直行便がない区間では、最短距離であれば何区間乗っても
15000マイルでOK
なのです。

たとえば、熊本から札幌に行きたい場合

他のマイレージ(JAL、ANA、NWなど)では、

熊本→伊丹→札幌 もしくは 熊本→羽田→札幌

などのルートを取ることになり、往復4区間なので30000マイルほど
必要になりますが、

UAのマイレージプラスでANAを利用した特典航空券に交換した場合
同じルートを通っても

往復4区間、15000マイルでOKなのです。

これは、地方在住の方にとっても、非常に大きなメリットだと
言えます。


この制度はあまり知られていませんが…
どの航空会社でマイルを貯めるのかを考える際には
非常に重要になってくると思います。


次に・・・ユナイテッド航空のマイルを、ユナイテッド航空自社便で使う場合
を見ていきます。

メリット ユナイテッド航空(UA)自社便であれば、
東南アジアに安いマイルで行くことができる


また、UA自社便であれば、東南アジアに安いマイルで行くことができます。

たとえば、タイの首都バンコクなどには、

エコノミー 20000マイル
ビジネス  30000マイル
ファースト 40000マイル

で行くことができるのです。

同様の区間、JALだと
エコノミー 35000マイル
ビジネス 60000マイル
ファースト 80000マイル

なので、その差は歴然です。


このように、利用方法によっては非常にお得になるユナイテッド航空のマイレージプラス。
有効期限も、マイル増減があった日から18ヶ月と、実質無期限にする事が可能になります。
ご自身の利用法と合えば、最強のマイレージプログラムのひとつとなるでしょう。


もちろん、この有効期限を延長させることができる、マイレージの増減には
クレジットカードからのマイル加算も含まれます。
たとえば、クレジットカードで1000円を利用して、2ヵ月後に10マイル加算されただけでも、
すべてのマイルの有効期限が、18ヶ月延長されますよ。


また、最近特に大きいのが、燃油サーチャージです。
JALやANAなどでは、マイルを使った特典航空券からも、
通常お金を払って搭乗する人と、「同額」の燃油サーチャージがかかります。
ユナイテッド航空は、2008年7月現在、マイルを使った特典旅行者から
燃油サーチャージを徴収していません。



例えば、先ほど例に挙げた日本ーバンコクの往復であれば、
マイル数だけでなく、燃油サーチャージの面からも、差がかなり出てきますよ。


たとえば、タイの首都バンコクなどには、

ユナイテッド航空
エコノミー 20000マイル 燃油サーチャージ0円
ビジネス  30000マイル 燃油サーチャージ0円
ファースト 40000マイル 燃油サーチャージ0円




同様の区間、

JAL(日本航空)
エコノミー 35000マイル 燃油サーチャージ40,000円
ビジネス 60000マイル 燃油サーチャージ40,000円
ファースト 80000マイル 燃油サーチャージ40,000円



みなさんも、様々なコストも勘案して、お得にマイルを貯めてくださいね^^


ユナイテッドのマイルを陸で貯めることができる、
クレジットカードには以下のようなものがあります。


マイレージ・プラスJCBゴールドカード


特徴 マイル移行手数料 無料!
年会費 初年度割引で年会費10500円
2年目以降 18900円
紛失・盗難保証 無料
ポイント制度 1000円=10マイル(100円=1マイル)
入会キャンペーン 最大5000マイルプレゼント


ユナイテッド航空マイレージ・プラスJCBゴールドカードの詳細は→こちら


残り26日を切りました。期間限定キャンペーン
〜2008年9月1日まで

ダイナースカード


特徴 マイル移行年会費 4,200円
ユナイテッド航空以外にも、
ANAやノースウエスト航空など
6社の航空会社のマイルに
好きなだけポイントを振り分け可能。
年会費 初年度条件クリアで無料!!
2年目以降 15750円
紛失・盗難保証 無料
ポイント制度 10000円=100マイル(100円=1マイル)
入会キャンペーン 最大5500マイル+1,000円プレゼント


ダイナースカード期間限定キャンペーンの詳細は→こちら

ダイナース上記キャンペーンの、お得攻略法
今なら、さらに+1,000円分のギフトカードがもれなくもらえ、
かつ3,000名に10,000マイルが当たる大量当選にエントリーする方法や、
さらに+500マイルがもらえるキャンペーンなどの詳細は→コチラ


陸マイラー・マイレージの情報が満載!
今日は何位?
enter

人気ブログランキング