マイレージ・陸マイラーの人気ブログが結集!今日のランキングは?


JALマイラー、ノースウエストマイラー(NWマイラー)が
お金を使わず無料でマイルをゲットする方法

今なら条件クリアでもれなく3,000円ももらえる

〜11月30日まで

年間5000マイル以上可能の陸マイラー技とは?→答えはココ

最大100円=5.6マイル超+最大45%引き。もれなく2500マイル。最大5万マイルが当たるなどなど。

OMCjiyu!da!カード冬のマイル爆発系キャンペーン始まる。→JALマイル倍増の裏技!




陸マイラーのみなさん


今日は最近高騰が続いている「燃油サーチャージ」についてです。
最近の原油価格の高騰から、旅行の際に航空券とは「別に」必要になる燃油サーチャージも値上がりの一途を辿っています。

この燃油サーチャージですが、ツアーの旅行者はもちろんのこと、陸マイラーにも大変不評です。

航空券とは別に徴収されるため、マイルをつかった特典旅行の場合でも、燃油サーチャージだけは支払わなくてはなりません(日系航空会社の場合)。

夫婦2人でヨーロッパまでの特典旅行の場合、燃油サーチャージだけで2人合計7万円近くになります。
これでは、せっかくの特典航空券の意味がなくなってしまいます。

ノースウエスト航空やユナイテッド航空といったアメリカ系航空会社の場合、
特典航空券の旅行者からは、燃油サーチャージを徴収しないことになっていますので、非常に有りがたいですが(ある意味、当然?)
日系航空会社、JALや、ANAは特典旅行者からも、当然のように燃油サーチャージを徴収しています。

さて、前置きが長くなりましたが、そんな不満が続出している「燃油サーチャージ」に新たな動きがありそうです。







気になるその内容とは・・・












nextChecking to the blogranking













■1年ちょっとで、無料でマイルを貯めて海外に行く方法■


■タダで16,000円分の商品と630マイルをゲットする方法■


楽天の買い物でマイルとキャッシュバックのお得3重取りをする技とは・・・?


もれなく11,800マイルがもらえる
ノースウエスト冬のキャンペーン攻略→マイル大量獲得法とは?




ANAカードの3倍以上マイルが貯まる方法を徹底比較!
ANA陸マイラー向け→マイル大量獲得法とは?




JALカードの7倍以上マイルが貯まる方法を徹底比較!
JAL陸マイラー向け→マイル大量獲得法とは?






トラベルビジョンのニュースによりますと・・・


JATA、サーチャージ高騰の対応を早急に検討−≪オピニオン≫消費者目線を大前提に議論を

 日本旅行業協会(JATA)事務局長の奥山隆哉氏は、燃油価格高騰による燃油サーチャージ額の上昇に対して、「JATAとしてできることを早急に検討する」とし、早期に有識者や海外旅行委員会のメンバー数名と意見を集約、対応策を決める。具体的なことは未定だが、要望書は過去にも提出しているため、「単に要望書を出せばいいという話ではない」とあらゆる方法を検討する。特に「消費者の代理として納得できるかどうか」という観点から、運賃への一本化やサーチャージ額の見直し期間の変更などを模索する。

 議論では運賃への一本化が課題となる。現在、燃油サーチャージの徴収方法が消費者には分かりにくく、苦情を直に受ける旅行会社では「現場のスタッフが『詐欺師』呼ばわりされ、辞めてしまうケースもあると聞いている」(奥山氏)といった不満を訴える考え。このところの海外旅行の低迷にも触れながら、奥山氏は「若年層の海外旅行離れとも言われるが、マーケティング会社などによると、最も有力な仮説はサーチャージが一番の原因」とも紹介している。なお、次回のJATA海外旅行委員会が12月5日に予定されており、その前後で話し合いをする。


▽オピニオン 「海外旅行をする消費者の利便を大前提に議論を」

 燃油サーチャージ額の現在の水準は正直、消費者感覚とはかけ離れている。 これは店頭の・・・続きはトラベルビジョンHPにて
(出典:http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=32743)



とのことのようです。

大いに早急に議論して、運賃への一本化など検討してもらいたいと思います。
運賃への一本化になれば、従来と同じように、マイルを使った特典旅行者は、空港諸税などの諸経費以外は、
一切かからずに、特典旅行ができるようになります。今後の動きを注視したいところです。^-^




陸マイラー・マイレージの情報が満載!
今日は何位?
enter

人気ブログランキング



 カテゴリ
 タグ