ブログネタ
懸賞 ポイント に参加中!
クレジットカードのポイントのつき方を考えるのJAL編に続いて、ANA編です。


JALカードは、カードの種類によってポイントのつき方にあまり差がないですが、ANAカードは結構差があります。

なぜならANAカードの場合、JALカードのように直接マイルに反映されるワケではなく、一旦カード会社のポイントとしてポイントが貯まり、そのポイントをANAマイルに移行させることでマイルが貯まるからです。

三井住友VISAカードとJCBカードではポイントの貯まり方が違いますので、どちらを選ぶかでポイントのつき方に大きな違いがありました。

現在はどちらのカードも、いろいろと改悪されて一昔前のようにマイルを貯めるわけにもいかず、よりマイルが貯まりにくくなってます。


JCBのポイント制度のレートも改悪になり、今後はあまりうまみがなくなるようです。

今はVISAカードのリボ払いをうまく利用することで、JCBカードの還元率よりも高い還元率1.25%を確保することが出来る裏技があるようです。

このあたりの裏技は、多サイトの先輩マイラー様たちが技を極めていますので、諸先輩たちのブログで確認してみてくださいね

役に立つ情報がたくさん、先輩マイラーさんのブログがいっぱい→「ポイント・マイル」ブログランキング参加中



ここでは、普通に使っている状態でのJALカードとANAカードを比べてみたいと思います。

JALカードとANAカードの大きな差は、還元率にあるような気がします。

JALカードは  100円=1マイル
ANAカードは 1000円=10マイル

どちらも計算上は100円=1マイルなんだけど、ANAカードの1000円=1ポイント=10マイル(もしくは5マイル)というのは、無駄な死にマイルが多くなります。

例えば請求書の金額が、9999円だったとしたら、9ポイントしか付きません。マイルに換算すると、9ポイント=90マイルです。
999円分のマイルはムダになってしまいます。。。

これが、JALカードだったら9999円の請求額=99マイルもらえることになります。ムダになる金額は99円で済みます。

個人的にはこの端数がもったいなく感じて仕方がないのです(^^;

しかもポイント移行料をケチって2年に1度ポイントを移行する場合は、ポイントを失効しないように、気にかけておかなくてはいけませんし・・・・


どうもこの「1000円=10マイル」は頂けない感じがするのです(^^;


さて最近登場したANAアメックスカードなのですが・・・
実はこのカード「100円=1ポイント=1マイル」の還元率です。

よって他のANAカードより効率的にマイルを貯めることができます。


ただ、JALカードと比べると同じ「100円=1マイル」でも若干計算方法が違います。

それは、ANAアメックスは使用した金額ごとにポイントが付くところです。

例えば、JALカードで1ヶ月に150円の買い物を2回した場合、
150円+150円=300円の請求額に対してマイルが付くので3マイルもらえます。

ANAアメックスの場合は、
150円の買い物時 1ポイント(1マイル)
150円の買い物時 1ポイント(1マイル)・・・
と、買い物の決算時にポイントが加算されるので、

1ヶ月の買い物の請求額が300円でも2ポイント=2マイルにしかなりません。

細かいですが、JALカードの方が有利にポイントが付くようです。

とはいえ、他のANAカードのように「1000円=1ポイント=10マイル」よりはムダが少ないので、ANAカードの中ではやっぱりANAアメックスがオススメだと思います。