2017年04月24日

二泊三日の湯布院〜佐伯はオーディオ交流兼プチ旅行

二泊三日なんて何年振りでしょうか....

店を始めてそろそろ10年、なかなか連泊出来る余裕はないのですが、10年を機にこれからはそんな機会を増やそうと思っています。
資金に余裕があればですが....(汗)

今回はオーディオ仲間宅への訪問を兼ねてのプチ小旅行というか、いつもの様に温泉目当てというのが本音!!

初日は湯布院の山奥で仙人生活している(笑)、何でも自作マニアのM氏邸。
こちらの目的はONKYOのメインアンプのメカ品持参で工作機を借用しての修理。

翌日は佐伯でイタリアンの名店「SAVOI」のT氏宅。
近々店舗の建替えを機にオーディオシステムをマルチ化したいと相談を受けているので初のシステムヒアリング。

という表の理由と、楽しく「飲ミニケーション」が最大の目的か....(笑)

折角の機会なので、T氏も湯布院にお誘い....

さて太宰府から高速で一路一時間、湯布院での昼食は蕎麦です。

日曜日のお昼、中心街は観光客で溢れているのに、この店では私を含めて二組....
なぜかな....

20170416_湯布院_01

20170416_湯布院_02

20170416_湯布院_03


空腹を満たした後は、対向車も来ない山道を一路30分、M氏邸に到着。
相変わらずオーディオルームは自作のアンプやリペア中・完了したアンプなどがゴロゴロ....
二度目の訪問ですが、内部の風景が微妙に変化しています。

タンノイ"アーデン" も増えてました (^_^)v

M氏は以前、博多で天麩羅屋「八起」をやっていてその時から真空管アンプの自作を沢山やっていました、サラリーマン時代の私は当時の常連客....

20170416_宮松邸_01

20170416_宮松邸_02

20170416_宮松邸_03


T氏の到着まで、ONKYOメインアンプの工作をお手伝いというより、殆どM氏にやって頂き完了。
 (写真ありません)
感謝感謝です!!

夕方から自宅温泉を堪能し、外でバーベキュー大会からオーディオルームでの男飲み会は楽しいオーディオ談義で延々とAM3時まで、いや〜、良く飲みました....(^_^)v

翌日は、お世話になったM氏邸を離れ、一路臼杵に向かいます。
35年位前に仕事の途中に立寄って殆ど記憶から蒸発している、臼杵の石仏に立寄ります。

昔は全て見ていなかった様な記憶がよみがえってきました....

月曜日なので観光客もまばら....

20170417_臼杵の石仏_01

20170417_臼杵の石仏_02

20170417_臼杵の石仏_03

20170417_臼杵の石仏_04

20170417_臼杵の石仏_05

20170417_臼杵の石仏_06

20170417_臼杵の石仏_07

20170417_臼杵の石仏_08

石仏以外もいい雰囲気です。
残念ながら桜は終わった直後でしたが、紅葉はベストマッチの様です。

20170417_臼杵の石仏_11

20170417_臼杵の石仏_12

20170417_臼杵の石仏_13

20170417_臼杵の石仏_14

20170417_臼杵の石仏_15

さて佐伯に到着し、ホテルチェックイン後に、T氏が迎えに来られ、足早に市内観光。
武家の町、佐伯、またゆっくり撮影も兼ねて歩きたいですね。

夜は本命「SAVOY」。
システムはJBL 4530バックロード&ホーン、3Wayシステム。
マッキントッシュMC-275は入院中だったのがちょっと残念。

レストランではあるけれど雰囲気は50-60年代のソウルバー的雰囲気、中身が真っ黒で濃いソウル・R&B・JazzなどのLPレコードが山盛り。

久しぶりにオーティス・レディングをリクエストし JBL 3Way システムのエネルギッシュで分厚い音を堪能しました。

20170417_SAVOY_01

20170417_SAVOY_02

20170417_SAVOY_03

20170417_SAVOY_04

20170417_SAVOY_05

20170417_SAVOY_06

沢山の料理、ワインなどご馳走になりました、美味しさに堪能です。
前菜、はまぐりのパスタ、サフランリゾット、イタリアから取り寄せたピザ釜で焼いたピザ、手作りのモッツァレラチーズやリコッタチーズ、濃い音楽と共に酔いしれた一夜です!!

20170417_SAVOY_11

20170417_SAVOY_12

最終秘密兵器はこれ!!(笑)。

ワインメーカーのモンデ酒造が1983年に蒸留、20年熟成したしたアルコール度64%のシングルモルト「笛吹郷」。おそらく最初で最後に作ったものと推定....
香りも強力でピートの香りもたっぷりあり個性的な味。
勿論ストレートで頂きましたが、恐らくこれから死ぬまで巡り合う事は無いと思います。

Tさん、次回まで取っといて〜

20170417_SAVOY_13

いや〜、佐伯の夜も中身が濃く堪能でした。

帰路は温泉です。
温泉といえば別府。
別府といえば好きな明礬温泉とワンパターン。
明礬では立寄り湯だったので初の「湯の里温泉」。
ちょっと観光化している温泉ですが、湯はさすがの明礬、マリンブルーの硫黄泉が肌にまとわりつきます。

20170418_別府湯の里温泉_01


【温泉写真はホームページより借用しています】
20170418_別府湯の里温泉_08

20170418_別府湯の里温泉_09

湯上りは温泉卵が最高です!!

20170418_別府湯の里温泉_07

湯の花小屋は中国観光客で一杯でした!!

20170418_別府湯の里温泉_02

20170418_別府湯の里温泉_03

20170418_別府湯の里温泉_04

20170418_別府湯の里温泉_05

20170418_別府湯の里温泉_06


二泊三日の旅は充実の内容でした。
また、お邪魔します〜〜



miles1950 at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オーディオ訪問 | 観光

2017年04月20日

内田浩誠 & 中西久美 / Classic de Jazz は今年初!!

2017/4/15

年に数回、恒例となっている、ピアニスト内田浩誠とフルーティストで美魔女、中西久美のコラボレーションは、Jazz工房Nishimura、今年初のライブと思いきや、二人も今年初とはなんと驚き。

当日はリハ〜ライブ途中まで、中西久美が出演予定のCM撮りのカメラも三台はいって、撮影も兼ねてのライブとなりました。

さて、放映は五月からだそうですが、Jazz工房Nishimuraのシーンは放映されるでしょうか??
スポンサーは「やずや」さんです。

20170415_内田浩誠・中西久美_00

20170415_内田浩誠・中西久美_01

ライブはいつもの様に、クラシックやジャズの名曲をファンキー、そしてノリノリのスイング。
オーディエンス、ファンと一体になった楽しい会話、ライブとなりました。

20170415_内田浩誠・中西久美_03

20170415_内田浩誠・中西久美_04

20170415_内田浩誠・中西久美_05

20170415_内田浩誠・中西久美_11

20170415_内田浩誠・中西久美_12

20170415_内田浩誠・中西久美_13

20170415_内田浩誠・中西久美_14

20170415_内田浩誠・中西久美_15

20170415_内田浩誠・中西久美_16



次回のライブは5/12です!!
皆様のお越しをお待ちしております〜 ♬♬

20170512_内田浩誠・中西久美_480680


miles1950 at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジャズライブ 

2017年04月11日

アットホームでリラックスのMAYUMI & 内田浩誠ライブ

2017/03/18

博多では名コンビの内田浩誠とMAYUMIのコンビネーション。
今回はベーシスト小車洋行が加わる。

スタンダードを中心としたMAYUMIのボーカルはジャジーでリラックス感もありゆったりと時間が過ぎていく。

20170318_内田浩誠・MAYUMI_01

20170318_内田浩誠・MAYUMI_02

20170318_内田浩誠・MAYUMI_03

20170318_内田浩誠・MAYUMI_04

20170318_内田浩誠・MAYUMI_05

20170318_内田浩誠・MAYUMI_06

20170318_内田浩誠・MAYUMI_07

20170318_内田浩誠・MAYUMI_18

20170318_内田浩誠・MAYUMI_19


miles1950 at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジャズライブ 

2017年04月10日

プロフェッショナルなAcoustic Weather Report ライフ!!

2017/03/10

1970年代フュージョンの最高峰「ウェザー・リポート」の音楽を、あえて生楽器、それもピアノ・トリオでリアレンジすることにより、元祖「ウェザー・リポート」の魅力を再発見しようというプロジェクト「アコースティック・ウェザー・リポート」。

 クリヤ・マコト(P)
 納浩一(B)
 則竹裕之(Ds)

高度なテクニックに裏打ちされたジャズはもの凄い迫力とダイナミックレンジで迫ってきました。
満員のオーディエンスも満足だったと思います。

20170310_Acoustic Weather Report_01

20170310_Acoustic Weather Report_02

20170310_Acoustic Weather Report_03

20170310_Acoustic Weather Report_04

20170310_Acoustic Weather Report_05

20170310_Acoustic Weather Report_06

20170310_Acoustic Weather Report_07

そして楽しい打上タイム。
納さん以外は初めてのNishimuraでしたが、皆さん気さくで話しに花が咲きました。

20170310_Acoustic Weather Report_11

20170310_Acoustic Weather Report_12



miles1950 at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジャズライブ 

2017年02月23日

3/10[金] ACOUSTIC WHEATHER REPORT / アコースティック・ウェザー・リポート リリース記念ツアーのご案内

1970年代フュージョンの最高峰「ウェザー・リポート」の音楽を、あえて生楽器、それもピアノ・トリオでリアレンジすることにより、元祖「ウェザー・リポート」の魅力を再発見しようというプロジェクト「アコースティック・ウェザー・リポート」。
電気楽器によるサイケデリックな表現を大胆に削ぎ落とし、最小限の編成で楽曲のエッセンスだけを抽出、濃縮したら見事な楽曲の真髄が浮かび上がるんじゃないか?そんな好奇心からスタートした。
単なるコピーバンドではないオリジナルな解釈が評判を呼び、遂にソニーレコーズインターナショナルより、ジャズでは初の試みとなる全曲無編集DSD2chダイレクトレコーディングによるハイブリッドディスクをリリース!

リーダーのクリヤ・マコトは米国で多くの巨匠たちと共演し、かのハービー・ハンコックをして「日本で一番好きなピアニスト」と言わしめた。帰国後もヨーロッパ、オーストラリア、モロッコ、エジプト、ブラジルなど、世界中でライブ活動を行い高い評価を受けている。
また、平井堅や八代亜紀、TVテーマ曲などを手がける作曲家であり、BS 12で放送中の異色音楽番組「歌謡ナイト jazzyなライブショー」では編曲とバンドマスターを担当。
本ユニットは、その番組ホストである「歌謡ナイト・バンド」のメンバーでもある。

伝記映画が公開されたばかりのジャコ・パストリアスに触発されてベースを始め、バークリー音楽院時代にエディ・ゴメス賞を受賞した納浩一は、まさにエレベのようにアップライト・ベースを操る驚異的なプレイヤー。
ドラムの則竹裕之はデビュー以来、日本の最高峰フュージョン・バンド、T-SQUAREで長年活躍し、フィリップ・セスをして日本トップのドラマーと言わしめた名手。
ウェザー・ファンの方も、そうでない方も、ビックリ天晴れ興奮すること間違いナシの超絶ライブをお見逃し無く!!!

20170223_Acoustic Weather Report_01

◆ クリヤ・マコト(P) 納浩一(B) 則竹裕之(Ds)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 4,500 当日 5.000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

20170310_Acoustic Weather Report_480680


miles1950 at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ情報 

2017年02月22日

ゴージャスな山口葵バースディライブでした。

2017/02/18

昨年のバースディライブは2/19。
今年は2/18、ひとつ若返ったボーカリスト山口葵のバースディ!!
バースディライブにJazz工房Nishimuraが定着した様で嬉しい!!

メンバーは

 山口葵(Vo)
 塚本美樹(Pf)
 丹羽肇(B)
 伊藤公了(Ds)

このメンバーは昨年の山口葵、音楽生活25周年記念ライブをサポートしたメンバー。

葵ワールドは、ゴージャスなオーラが満載です。
いつにも増して、アコースティックなJazz工房Nishimuraの空間に響き渡る、ジャジーな山口葵の歌声は、とても素敵です....

日本の唄も散りばめながら数数のスタンダードソングス....

各地からお祝いで駆けつけて頂いた満席のファンの方々も大変に満足の一夜だったと思います。

【1st】
  This Could Be The Start Of Something Big
  Route 66
  Cheek To Cheek
  Stolen Moments
  Everything Must Change
  Lover Come Back To Me

【2nd】
  早春賦メドレー
  Fever
  Since I Fell For You
  別れの詩
  Evergreen
  Two For The Road

  アンコール....

20170218_山口葵_01

20170218_山口葵_02

20170218_山口葵_03

20170218_山口葵_04

20170218_山口葵_05

20170218_山口葵_06

20170218_山口葵_07

20170218_山口葵_08

20170218_山口葵_09

20170218_山口葵_10

20170218_山口葵_11

20170218_山口葵_12

20170218_山口葵_14

20170218_山口葵_15

プロフェッショナルなサポートメンバー....

20170218_山口葵_21

20170218_山口葵_32

20170218_山口葵_33

20170218_山口葵_34


また、来年のバースディライブをお楽しみに....



miles1950 at 19:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ジャズライブ 

2017年02月09日

豊島ひろ子 +カルテット、パワー全開弾け盛上り!!

2017/02/04

豊島ひろ子、昨年10月依頼、今年初のライブ、近年の彼女のJazz工房Nishimuraライブはサックスを入れたカルテット編成は昨年の構成と同じメンバー。
他店のライブではなかなか聴かれない構成である。

既に相互の信頼も厚く、お互いのペースも判っているけれど、毎回アレンジにも力を入れ、リハーサルも入念に二時間かける。

 豊島ひろ子(Vo)
 緒方公冶(P)
 近藤壮起(Ts/Ss)
 赤松貴文(B)
 武本強志(Ds)

満員のファンはいつもの顔も多いけれど、初参加の方々もチラホラ見える。
彼女のボーカルは共演ミュージシャンをグイグイ引っ張っていきながら、乗せに乗せ、そして弾け飛び、特にサックスとのアドリブ合戦は、パンチもあり、埋め尽くしたファンもノリノリで、Nishimuraの空間を熱気につ包み込む.....

パワー全開のダイナミックさ、そして美しいバラード、どれをとっても豊島ワールド全開のライブでした!!

20170204_豊島ひろ子_01

20170204_豊島ひろ子_02

20170204_豊島ひろ子_03

20170204_豊島ひろ子_03a

20170204_豊島ひろ子_05

20170204_豊島ひろ子_06

20170204_豊島ひろ子_17

20170204_豊島ひろ子_18

着物倶楽部の美女連も沢山かけつけて!!

20170204_豊島ひろ子_09


さて次回も決まりました!!

豊島ひろ子+佐藤允彦トリオ
    6/2(金)

豊島ひろ子+緒方公治カルテット バースディライブ!!
    8/11(金)


miles1950 at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジャズライブ 

2017年01月17日

杉本篤彦、ストレイトアヘッドソロライブ

2017/01/11

One and Only Finger Pickin'
Funky & Mellow Guitar Sounds

初出演、杉本篤彦が奏でるスタンダードを中心とするストレイトアヘッドジャズ!!
厳選のファンの方々とのアットホームなライブも楽しい世界でした。

20170111_杉本篤彦_600850


20170111_杉本篤彦_02

20170111_杉本篤彦_01

20170111_杉本篤彦_03

20170111_杉本篤彦_04

20170111_杉本篤彦_06

ファンの方々。
元タカラジェンヌの五代眞弓さんも年末に引き続き、津軽三味線の久間さん、圭ちゃんなど、有り難う御座いました。

20170111_杉本篤彦_11

20170111_杉本篤彦_12

20170111_杉本篤彦_13

20170111_杉本篤彦_14

20170111_杉本篤彦_15

20170111_杉本篤彦_21

Jazz工房Nishimuraのファンになって頂きました。
杉本篤彦とのコラボレーションも期待しています!!

20170111_杉本篤彦_23

20170111_杉本篤彦_24


【杉本篤彦 プロフィール】
現在まで24枚のリーダーアルバムをリリース。ジャズ,ソウルミュージック、R&Bをベースとし、自身が生み出したオリジナル指奏法「ツーフィンガー・ストローク」による重量感のあるクリーンな音色でフレーズを歌い上げるグルーヴ感溢れるギタリスト。オリジナルサウンドは生まれ育った東京の都会的で洗練された感性と現在住んでいる湘南、横須賀近辺の海の爽やかさがミックスされた独特の世界観を創り出している。高校、大学、実業団とアメリカンフットボールの選手として活動した後、1990年渡米しニューヨークでセッションを重ねる。帰国後の1995年にデビューアルバム「Crab-Apple」をリリース。現在、東京を中心に全国各地へのツアーなどライブ・コンサート活動中。

【代表アルバム】
「Tomrrow Land」(2016年)、「Solo Infinty」(2012年)、「Cheer!」(2007年)

【代表作品】
「Black&Blue」テレビ東京・美の巨人たちエンディングテーマ(サザンオールスターズの野沢"毛ガニ"秀行が参加)
「西海岸通り」TVCMソング(建築房アンサー)
「What's Going On」FM横浜「JACK STYLE」オープニングテーマ
「JR夢空間」横浜博覧会

【TVCMソング】
「アイリスオーヤマ」「東レ・アイリーブ」「オートバックス」他

【出演テレビ番組】
TBSドラマ「愛なんていらねえよ、夏(渡部篤郎、広末涼子主演)
NHK「首都圏いきいきワイド」
TV東京「出没!アド街ック天国」
フジTV「クイズ年の差なんて」
MBC南日本放送「かごしま4」 他

【出演映画】
「かあちゃんに贈る歌」

【出演ラジオ】
FM横浜、TOKYO FM、名古屋CBC、西日本放送、長崎放送、西宮さくらFM、宝塚FM、姫路FM、広島FMちゅーぴー、旭川FMりべーる、那覇タイフーンFM、他

【レギュラー番組】
「杉本篤彦のBlack & Blue」湘南ビーチFM(メインパーソナリティー、2002年〜2009年)
「杉本篤彦のフリーダムジャズ」鎌倉FM(メインパーソナリティー、1998年〜2000年)

【著書】

「厳選 決まるジャズギター定番名曲」ヤマハミュージックメディア

【受賞】
ADLIB誌国内ニュースター賞(2008年)「Black&Blue」R134 日本コロムビア

【主な共演者】

野沢"毛ガニ"秀行(サザンオールスターズ)、 和佐田達彦(爆風スランプ)、そうる透、川井郁子、キマグレン、前田憲男、猪俣猛、エディ藩(ゴールデンカップス)、かまやつひろし、岩沢二弓(ブレッド&バター)、モーリス・プレジャー(E.W & F)、フランク・カニーノ(コーネル・デュプリー・バンド)、ファンキー末吉(爆風スランプ)、高橋教之(レベッカ)、松本英子、秋吉久美子、あいはら友子、西方凌、中井喜一、渡部篤郎、広末涼子、あんべ光俊、高橋ゲタ夫、納浩一、石井彰、小山太郎、琢磨仁(桑田バンド他)、宮手健雄、おっくん、チャンカワイ、大神いずみ、王様、VOICE、他



miles1950 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジャズライブ 

2017年01月03日

新年明けましておめでとう御座います

新年、明けましておめでとう御座います。
今年も、Jazz工房Nishimura、精進致しますのでご愛顧の程宜しくお願い致します。

2017_nishimura_01

五歳になった孫も、年末から帰省していますが、超元気です。

20161231_明香里_02

20161231_明香里_03

20170103__明香里_02



miles1950 at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)店舗情報 

2016年12月31日

年内最後のライブは立花洋一ピアノソロ & セッション!!

2016年もあと僅かになりました。
今年最後のライブはピアニスト立花洋一ソロピアノの世界とジャムセッション!!
佐賀からサックスのAzもライブに加わり、息のあったインプロビゼーションと駄洒落の世界が広がる (^_^)v

そしてセカンドステージが終了すると立花洋一にゆかりのあるミュージシャンが次から次へとセッションに参加。

実に楽しいセッションになりました。

20161227_立花洋一_01

20161227_立花洋一_02

20161227_立花洋一_03

20161227_立花洋一_05

まずは、女性ボーカル & 圭ちゃんのボーカル!!、ドラマーも参加。

20161227_立花洋一_35

20161227_立花洋一_36

20161227_立花洋一_32

20161227_立花洋一_33

20161227_立花洋一_31

20161227_立花洋一_34

そして、テナーサックス復活のデクスター・エグチ、ソニー・ロリンズを彷彿する豪放テナー、かっこいい〜♫♫

20161227_立花洋一_21a

20161227_立花洋一_22

20161227_立花洋一_23

20161227_立花洋一_24

20161227_立花洋一_26

そしてこれで終了と思いきや、なんとなんと、とりは、宝塚出身の五代眞弓さん、素敵なボーカル、最高でした!!

20161227_立花洋一_41

20161227_立花洋一_42

20161227_立花洋一_43

20161227_立花洋一_44

いや〜、最後を飾る、実に楽しいライブ&セッションでした。


miles1950 at 15:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ジャズライブ