2017年08月17日

豊島ひろ子バースディライブはパワフル&エネルギッシュで弾け飛びました!!

2017/08/11

豊島ひろ子バースディライブ。
前回に引き続き、心知ったる九州で活躍する若手を中心としたメンバー....

  豊島ひろ子(Vo)
  緒方公治(P)
  赤松貴文(B)
  武本強志(Ds)
  近藤壮起(Ts)

彼女のファン満員のJazz工房Nishimuraは熱気ムンムン!!
今回は、彼女が敬愛するディーディー・ブリッジウォーターの楽曲や、シリアスに編曲した炭坑節などの新曲も披露。
テナーとのバトルも凄いの一言!!
アンコールはいつもの様にエネルギッシュな"スペイン"に加え追加アンコールまで出てファンへのサービス精神旺盛。

バースディですが年々パワフルになり若くなっています!!

ファンも大満足のバースディライブでした。

20170811_豊島ひろ子_01

20170811_豊島ひろ子_02

20170811_豊島ひろ子_03

20170811_豊島ひろ子_04

20170811_豊島ひろ子_05

20170811_豊島ひろ子_16

20170811_豊島ひろ子_17

20170811_豊島ひろ子_18

20170811_豊島ひろ子_19




miles1950 at 12:25|PermalinkComments(0)ジャズライブ 

2017年08月13日

Hycladライブはダブルヘッダー、ダイナミクス&エネルギッシュ

2017/08/10

昨年秋以降のライブでした。
プロフェッショナルなミュージシャン..
 バイオリニストYui
 ギタリスト伊藤芳輝
 ゲストでパーカッショニスト、しかも太宰府出身の服部恵

お昼のライブは、デイケアららら
夜はJazz工房Nishimura

らららのオーナーには昨年のHycladのライブを聴いて頂き、今回のライブを一緒に企画する事になりました。
らららは丁度5周年という事で、それにふさわしいライブになったと思います。

セッティングも皆様のアイデアと自分たちで作り上げた舞台が、一流の舞台と思わんばかりに素晴らしいバックボーンとなりました。

沢山の利用者の皆様、一般の観客、そして仕事に従事する方々は今回のライブには驚きと感動の声がおおく上がり、喜んで頂けました、企画した我々、そしてミュージシャンも大変に嬉しい次第です。

そして夜のJazz工房Nishimura....
こちらも満員のオーディエンスを迎え、彼らの演奏に酔いしれました。

クラシックやタンゴ、フラメンコ、各地の民族音楽が彼らの手にかかるといとも簡単にハイレベルでダイナミックな音楽に変身してしまいます。
ジャズのスイング同様、体が自然に反応。

【ららら五周年記念コンサート】

20170805_Hyclad_ららら_02

20170805_Hyclad_ららら_03

20170805_Hyclad_ららら_04

20170805_Hyclad_ららら_05

20170805_Hyclad_ららら_06

20170805_Hyclad_ららら_07

20170805_Hyclad_ららら_08

20170805_Hyclad_ららら_09

20170805_Hyclad_ららら_10

20170805_Hyclad_ららら_11

20170805_Hyclad_ららら_12

20170805_Hyclad_ららら_13

20170805_Hyclad_ららら_14

20170805_Hyclad_ららら_15

20170805_Hyclad_ららら_16

20170805_Hyclad_ららら_17

20170805_Hyclad_ららら_18

20170805_Hyclad_ららら_19

【Jazz工房Nishimuraライブ】

20170805_Hyclad_01

20170805_Hyclad_02

20170805_Hyclad_03

20170805_Hyclad_04

20170805_Hyclad_05

20170805_Hyclad_06

20170805_Hyclad_07

20170805_Hyclad_08

20170805_Hyclad_09

20170805_Hyclad_10

20170805_Hyclad_11

20170805_Hyclad_12

20170805_Hyclad_13

20170805_Hyclad_14

20170805_Hyclad_15

20170805_Hyclad_16




miles1950 at 12:50|PermalinkComments(0)ジャズライブ 

2017年08月03日

ビートルズナイト、THE TRIBUTES & Robin's は盛上がりました!!

博多を中心に活躍するビートルズバンド、THE TRIBUTES。
カーペンターズなどのポップスを中心に活躍するRobin'sをカップリングしてお贈りした、ビートルズ&POPSナイトは超満員のお客様を向かえ、懐かしいサウンドに酔い、盛上がりました。

初のTHE TRIBUTES、なんと初下ろしのかっこいいユニフォームで登場。
ビートルズのエレキサウンドにヒットメドレー。

ビートルズ世代の私は、鳥肌と涙が出そうなくらい、楽しいライブでした!!

まずはRobin's、ミュージシャンも実に楽しそうに演奏しています!!

20170729_ROBINS_01

20170729_ROBINS_02

20170729_ROBINS_03

20170729_ROBINS_04

20170729_ROBINS_05

20170729_ROBINS_06

20170729_ROBINS_07

20170729_ROBINS_08

20170729_ROBINS_09

20170729_ROBINS_10

そしてビートルズバンド、THE TRIBUTES

20170729_TRIBUTES_01

20170729_TRIBUTES_02

20170729_TRIBUTES_03

20170729_TRIBUTES_04

20170729_TRIBUTES_05

20170729_TRIBUTES_06

20170729_TRIBUTES_07

20170729_TRIBUTES_08

20170729_TRIBUTES_09

20170729_TRIBUTES_10

これこれ、このギター....

20170729_TRIBUTES_21

20170729_TRIBUTES_22




miles1950 at 15:20|PermalinkComments(0)ジャズライブ 

2017年07月26日

今津雅仁カルテットツアー最終日は阿蘇アートチで噴火しました!!

ビッグボステナー、今津雅仁九州ツアーを企画して今年は三箇所+一箇所。

スタートは7/29、博多Bush
  今津雅仁(Ts)
  松竹由美子(P)
  小車洋行(B)
  武本強志(Ds)
そして今回のレギュラーメンバー、東京に住を移し成長著しく、今津が最も信頼しているピアニスト北島佳乃子を引きつれたカルテット!!
  今津雅仁(Ts)
  北島佳乃子(P)
  田中誠(B)
  武本強志(Ds)

二日目のJazz工房Nishimuraを皮切りに熊本TwoFive、そして最終日7/22、は阿蘇ジャズクラブが主催して頂き、アートチを会場とした。

私は、現地阿蘇で合流する為、一路太宰府から内牧温泉に向かう。

昼食抜きの到着は午後四時。
温泉街の中にあるカレー専門店「Bath」の雰囲気に誘われ自然にはいる、
シンプルなカレーが好きなので、メニューからカシミールカレーを注文する。
ちょっとスープカレーと普通のカレーの中間的な濃さと硬めのライスがバランスがいい!!
そして香菜に似た香りがなんとも食欲をそそる....
ビールは止めて水で我慢。

マスターとも会話がはずみ、楽しい昼食タイムでした。

20170722_Bath_カシミールカレー_01

20170722_Bath_カシミールカレー_02

そして会場のアートチまで徒歩30秒....
外は曇り、時々僅かな小雨....
なんとフライヤーが堂々と演歌歌手の横に二枚居座っている(笑)

20170722_今津雅仁_11

20170722_今津雅仁_12

会場にはいると、セッティングが進んでいる....
熱いライブを予感させる....

20170722_今津雅仁_13

そしてお客様も徐々に集まり、いよいよスタート。

今津のテナーはブローしビッグボステナーにふさわしい熱い演奏!!
やはり最終日はメンバーの息もぴったりと合っている。
お客様の乗りも良い!!

今日の今津はアメリカンマフィアと思わんばかりのスタイル。
Nishimuraでは白尽くめのイタリアンマフィアだった!!(笑)

20170722_今津雅仁_14

20170722_今津雅仁_15

20170722_今津雅仁_16

20170722_今津雅仁_17

20170722_今津雅仁_18

20170722_今津雅仁_19

20170722_今津雅仁_20

20170722_今津雅仁_21

セカンドでお客様が、I Remember Cliffordをリクエスト。
これは泣ける演奏で兎に角凄かった!!

お客様も喜んで頂き、ファンも多く確保出来た。
そして、ここまでの道のりにご協力頂いた「阿蘇ジャズクラブ」の皆様も感動し喜んで頂けた事が何よりです。

ミュージシャンは博多まで帰らなければ行けなかったのですが、日付変更線まで、皆さんと楽しく語り合いました。

阿蘇ジャズクラブの皆様、大変に有難う御座いました!!!!
ご縁を大切にし長いお付き合いと、来年も宜しくお願い致します。

20170722_今津雅仁_31

20170722_今津雅仁_32




miles1950 at 22:10|PermalinkComments(0)ジャズライブ 

2017年07月21日

ビッグボステナー今津雅仁カルテット九州ツアースタート!!

ファンキーテナーの雄、今津雅仁の一昨年前に続き第六回九州ツアーがいよいよスタートしました。
今津雅仁は東京に活躍の場を移し活躍中のピアニスト北島佳乃子を引きつれ九州へ乗り込み、ヤングライオンズ、ベーシスト田中誠、ドラマー武本強志とカップリング。
九州各地でのツアーを敢行!!

7/20、スタートは勿論、Jazz工房Nishimura
  今津雅仁(Ts)
  北島佳乃子(P)
  田中誠(B)
  武本強志(Ds)

ビッグボステナーと言うべき今津雅仁のテナーが豪快に吼え、泣き、燃え上がり、夏の不快指数の高さを吹き飛ばすライブになりました!!!!

ブルースハープ奏者の岩石功も飛び入りで二曲に参加、一味加えスリリングなジャズを展開しました。

20170720_今津雅仁_21

20170720_今津雅仁_22

20170720_今津雅仁_23

20170720_今津雅仁_24

20170720_今津雅仁_25

20170720_今津雅仁_26

20170720_今津雅仁_28

そしてサポートメンバー....
彼らも乗りに乗ってファンキーなジャズを展開しました!!

20170720_今津雅仁_29

20170720_今津雅仁_30

20170720_今津雅仁_31

20170720_今津雅仁_32

20170720_今津雅仁_33

20170720_今津雅仁_34

20170720_今津雅仁_35

20170720_今津雅仁_36

miles1950 at 21:37|PermalinkComments(0)ジャズライブ 

2017年04月24日

二泊三日の湯布院〜佐伯はオーディオ交流兼プチ旅行

二泊三日なんて何年振りでしょうか....

店を始めてそろそろ10年、なかなか連泊出来る余裕はないのですが、10年を機にこれからはそんな機会を増やそうと思っています。
資金に余裕があればですが....(汗)

今回はオーディオ仲間宅への訪問を兼ねてのプチ小旅行というか、いつもの様に温泉目当てというのが本音!!

初日は湯布院の山奥で仙人生活している(笑)、何でも自作マニアのM氏邸。
こちらの目的はONKYOのメインアンプのメカ品持参で工作機を借用しての修理。

翌日は佐伯でイタリアンの名店「SAVOI」のT氏宅。
近々店舗の建替えを機にオーディオシステムをマルチ化したいと相談を受けているので初のシステムヒアリング。

という表の理由と、楽しく「飲ミニケーション」が最大の目的か....(笑)

折角の機会なので、T氏も湯布院にお誘い....

さて太宰府から高速で一路一時間、湯布院での昼食は蕎麦です。

日曜日のお昼、中心街は観光客で溢れているのに、この店では私を含めて二組....
なぜかな....

20170416_湯布院_01

20170416_湯布院_02

20170416_湯布院_03


空腹を満たした後は、対向車も来ない山道を一路30分、M氏邸に到着。
相変わらずオーディオルームは自作のアンプやリペア中・完了したアンプなどがゴロゴロ....
二度目の訪問ですが、内部の風景が微妙に変化しています。

タンノイ"アーデン" も増えてました (^_^)v

M氏は以前、博多で天麩羅屋「八起」をやっていてその時から真空管アンプの自作を沢山やっていました、サラリーマン時代の私は当時の常連客....

20170416_宮松邸_01

20170416_宮松邸_02

20170416_宮松邸_03


T氏の到着まで、ONKYOメインアンプの工作をお手伝いというより、殆どM氏にやって頂き完了。
 (写真ありません)
感謝感謝です!!

夕方から自宅温泉を堪能し、外でバーベキュー大会からオーディオルームでの男飲み会は楽しいオーディオ談義で延々とAM3時まで、いや〜、良く飲みました....(^_^)v

翌日は、お世話になったM氏邸を離れ、一路臼杵に向かいます。
35年位前に仕事の途中に立寄って殆ど記憶から蒸発している、臼杵の石仏に立寄ります。

昔は全て見ていなかった様な記憶がよみがえってきました....

月曜日なので観光客もまばら....

20170417_臼杵の石仏_01

20170417_臼杵の石仏_02

20170417_臼杵の石仏_03

20170417_臼杵の石仏_04

20170417_臼杵の石仏_05

20170417_臼杵の石仏_06

20170417_臼杵の石仏_07

20170417_臼杵の石仏_08

石仏以外もいい雰囲気です。
残念ながら桜は終わった直後でしたが、紅葉はベストマッチの様です。

20170417_臼杵の石仏_11

20170417_臼杵の石仏_12

20170417_臼杵の石仏_13

20170417_臼杵の石仏_14

20170417_臼杵の石仏_15

さて佐伯に到着し、ホテルチェックイン後に、T氏が迎えに来られ、足早に市内観光。
武家の町、佐伯、またゆっくり撮影も兼ねて歩きたいですね。

夜は本命「SAVOY」。
システムはJBL 4530バックロード&ホーン、3Wayシステム。
マッキントッシュMC-275は入院中だったのがちょっと残念。

レストランではあるけれど雰囲気は50-60年代のソウルバー的雰囲気、中身が真っ黒で濃いソウル・R&B・JazzなどのLPレコードが山盛り。

久しぶりにオーティス・レディングをリクエストし JBL 3Way システムのエネルギッシュで分厚い音を堪能しました。

20170417_SAVOY_01

20170417_SAVOY_02

20170417_SAVOY_03

20170417_SAVOY_04

20170417_SAVOY_05

20170417_SAVOY_06

沢山の料理、ワインなどご馳走になりました、美味しさに堪能です。
前菜、はまぐりのパスタ、サフランリゾット、イタリアから取り寄せたピザ釜で焼いたピザ、手作りのモッツァレラチーズやリコッタチーズ、濃い音楽と共に酔いしれた一夜です!!

20170417_SAVOY_11

20170417_SAVOY_12

最終秘密兵器はこれ!!(笑)。

ワインメーカーのモンデ酒造が1983年に蒸留、20年熟成したしたアルコール度64%のシングルモルト「笛吹郷」。おそらく最初で最後に作ったものと推定....
香りも強力でピートの香りもたっぷりあり個性的な味。
勿論ストレートで頂きましたが、恐らくこれから死ぬまで巡り合う事は無いと思います。

Tさん、次回まで取っといて〜

20170417_SAVOY_13

いや〜、佐伯の夜も中身が濃く堪能でした。

帰路は温泉です。
温泉といえば別府。
別府といえば好きな明礬温泉とワンパターン。
明礬では立寄り湯だったので初の「湯の里温泉」。
ちょっと観光化している温泉ですが、湯はさすがの明礬、マリンブルーの硫黄泉が肌にまとわりつきます。

20170418_別府湯の里温泉_01


【温泉写真はホームページより借用しています】
20170418_別府湯の里温泉_08

20170418_別府湯の里温泉_09

湯上りは温泉卵が最高です!!

20170418_別府湯の里温泉_07

湯の花小屋は中国観光客で一杯でした!!

20170418_別府湯の里温泉_02

20170418_別府湯の里温泉_03

20170418_別府湯の里温泉_04

20170418_別府湯の里温泉_05

20170418_別府湯の里温泉_06


二泊三日の旅は充実の内容でした。
また、お邪魔します〜〜



miles1950 at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オーディオ訪問 | 観光

2017年04月20日

内田浩誠 & 中西久美 / Classic de Jazz は今年初!!

2017/4/15

年に数回、恒例となっている、ピアニスト内田浩誠とフルーティストで美魔女、中西久美のコラボレーションは、Jazz工房Nishimura、今年初のライブと思いきや、二人も今年初とはなんと驚き。

当日はリハ〜ライブ途中まで、中西久美が出演予定のCM撮りのカメラも三台はいって、撮影も兼ねてのライブとなりました。

さて、放映は五月からだそうですが、Jazz工房Nishimuraのシーンは放映されるでしょうか??
スポンサーは「やずや」さんです。

20170415_内田浩誠・中西久美_00

20170415_内田浩誠・中西久美_01

ライブはいつもの様に、クラシックやジャズの名曲をファンキー、そしてノリノリのスイング。
オーディエンス、ファンと一体になった楽しい会話、ライブとなりました。

20170415_内田浩誠・中西久美_03

20170415_内田浩誠・中西久美_04

20170415_内田浩誠・中西久美_05

20170415_内田浩誠・中西久美_11

20170415_内田浩誠・中西久美_12

20170415_内田浩誠・中西久美_13

20170415_内田浩誠・中西久美_14

20170415_内田浩誠・中西久美_15

20170415_内田浩誠・中西久美_16



次回のライブは5/12です!!
皆様のお越しをお待ちしております〜 ♬♬

20170512_内田浩誠・中西久美_480680


miles1950 at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジャズライブ 

2017年04月11日

アットホームでリラックスのMAYUMI & 内田浩誠ライブ

2017/03/18

博多では名コンビの内田浩誠とMAYUMIのコンビネーション。
今回はベーシスト小車洋行が加わる。

スタンダードを中心としたMAYUMIのボーカルはジャジーでリラックス感もありゆったりと時間が過ぎていく。

20170318_内田浩誠・MAYUMI_01

20170318_内田浩誠・MAYUMI_02

20170318_内田浩誠・MAYUMI_03

20170318_内田浩誠・MAYUMI_04

20170318_内田浩誠・MAYUMI_05

20170318_内田浩誠・MAYUMI_06

20170318_内田浩誠・MAYUMI_07

20170318_内田浩誠・MAYUMI_18

20170318_内田浩誠・MAYUMI_19


miles1950 at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジャズライブ 

2017年04月10日

プロフェッショナルなAcoustic Weather Report ライフ!!

2017/03/10

1970年代フュージョンの最高峰「ウェザー・リポート」の音楽を、あえて生楽器、それもピアノ・トリオでリアレンジすることにより、元祖「ウェザー・リポート」の魅力を再発見しようというプロジェクト「アコースティック・ウェザー・リポート」。

 クリヤ・マコト(P)
 納浩一(B)
 則竹裕之(Ds)

高度なテクニックに裏打ちされたジャズはもの凄い迫力とダイナミックレンジで迫ってきました。
満員のオーディエンスも満足だったと思います。

20170310_Acoustic Weather Report_01

20170310_Acoustic Weather Report_02

20170310_Acoustic Weather Report_03

20170310_Acoustic Weather Report_04

20170310_Acoustic Weather Report_05

20170310_Acoustic Weather Report_06

20170310_Acoustic Weather Report_07

そして楽しい打上タイム。
納さん以外は初めてのNishimuraでしたが、皆さん気さくで話しに花が咲きました。

20170310_Acoustic Weather Report_11

20170310_Acoustic Weather Report_12



miles1950 at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジャズライブ 

2017年02月23日

3/10[金] ACOUSTIC WHEATHER REPORT / アコースティック・ウェザー・リポート リリース記念ツアーのご案内

1970年代フュージョンの最高峰「ウェザー・リポート」の音楽を、あえて生楽器、それもピアノ・トリオでリアレンジすることにより、元祖「ウェザー・リポート」の魅力を再発見しようというプロジェクト「アコースティック・ウェザー・リポート」。
電気楽器によるサイケデリックな表現を大胆に削ぎ落とし、最小限の編成で楽曲のエッセンスだけを抽出、濃縮したら見事な楽曲の真髄が浮かび上がるんじゃないか?そんな好奇心からスタートした。
単なるコピーバンドではないオリジナルな解釈が評判を呼び、遂にソニーレコーズインターナショナルより、ジャズでは初の試みとなる全曲無編集DSD2chダイレクトレコーディングによるハイブリッドディスクをリリース!

リーダーのクリヤ・マコトは米国で多くの巨匠たちと共演し、かのハービー・ハンコックをして「日本で一番好きなピアニスト」と言わしめた。帰国後もヨーロッパ、オーストラリア、モロッコ、エジプト、ブラジルなど、世界中でライブ活動を行い高い評価を受けている。
また、平井堅や八代亜紀、TVテーマ曲などを手がける作曲家であり、BS 12で放送中の異色音楽番組「歌謡ナイト jazzyなライブショー」では編曲とバンドマスターを担当。
本ユニットは、その番組ホストである「歌謡ナイト・バンド」のメンバーでもある。

伝記映画が公開されたばかりのジャコ・パストリアスに触発されてベースを始め、バークリー音楽院時代にエディ・ゴメス賞を受賞した納浩一は、まさにエレベのようにアップライト・ベースを操る驚異的なプレイヤー。
ドラムの則竹裕之はデビュー以来、日本の最高峰フュージョン・バンド、T-SQUAREで長年活躍し、フィリップ・セスをして日本トップのドラマーと言わしめた名手。
ウェザー・ファンの方も、そうでない方も、ビックリ天晴れ興奮すること間違いナシの超絶ライブをお見逃し無く!!!

20170223_Acoustic Weather Report_01

◆ クリヤ・マコト(P) 納浩一(B) 則竹裕之(Ds)
◆ 開場 18:00 開演 19:30
◆ チケット 前売 4,500 当日 5.000
◆ 場所 Jazz工房Nishimura
◆ TEL 092-406-0923

20170310_Acoustic Weather Report_480680


miles1950 at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライブ情報