いずみちゃんの徒然草

******音楽のお話やサッカーのお話など、徒然なるままに******

尉ヶ峰ハイキングと嵩山蛇穴探検5

DSC_5093【3/22 尉ヶ峰(じょうがみね) 於:静岡県浜松市北区】

 この日(22日)は、第87回選抜高等学校野球大会1回戦で静岡が3回表4点を奪って立命館宇治を逆転したところまでTV観戦してから自宅を出ています。なので、遠くまで行けないなぁ〜。じゃあ、縄文時代の洞窟遺跡として国の史跡に指定されている嵩山蛇穴に行ってみようか。ということでね。

 でも、途中、浜名湖方面の眺望が良いらしい尉ヶ峰に登ってみたくなり、引佐峠からなら60分もかからず山頂にたどりつけるだろうと、そちら方面に舵を切ることに。

 奥浜名オレンジロード沿いに車3台ほど止められるスペースがあり、ここから出発です。

DSC_5049


 ほんの少し車道を進んだところに尉ヶ峰に向かう奥浜名自然歩道の佐久米コースがのびています。

DSC_5053


 このコース、アップダウンはありますが、とても歩きやすく快適な山歩きを堪能できました。春の麗らかさが心地好くってね。林道歩きもないので、先週の竜ヶ石山散歩よりもよっぽどハイキングっぽい。

DSC_5064


 引佐峠よりもより駐車スペースのあるところに出ました。この後、ちょっと楽しみにしていた獅子落しを登ります。

DSC_5066


 で、ここがそうですが、まあ、ロープがあるとはいえ、全くいりませんね。手すら使う必要なしですから。でも、こうした岩場でも登るのは楽しいし、ちょっと登山っぽくなってきましたよ。

DSC_5076


 ここを抜け、しばらくすると尉ヶ峰山頂です。イノシシたちが出迎えてくれますが、眺望はさほどでもないので、先に進みます。パラグライダー離陸所からの眺めが素晴らしいとのことらしいので。

DSC_5119


 ただ、ここから思ったより距離があったね。指導標によると0.7kmらしいのですが、違うんじゃないかな? って感じでした。だって、私の記憶に間違いがなければ、尉ヶ峰山頂とパラグライダー離陸所とを結ぶ道の途中で再び尉ヶ峰まで0.7kmとの指導標があったような気がしたし。どういうことでしょう? まあ、でも、本当に0.7kmくらいかも? っていう気も。

 それはともかく、結局尉ヶ峰山頂ではなくパラグライダー離陸所まで60分もかからずにって感じでやってきましたが、ここパラグライダー離陸所からの見晴らしは想像以上にスケールが大きく、ほんと素晴らしかったです。霞気味ですが、来てよかった! この眺望、竜ヶ石山以上です。

DSC_5104


 パノラマでも撮ってみましたが、それでもこのスケール感を伝えきれない!

_DSC0849


 それにしても、パラグライダー、気持ちよさそうだなぁ〜。

DSC_5108


 ところで、ここから実家方面も望めます。私の出身中学校なども見えますね。

DSC_5089


 再び引佐峠に戻ってきましたが、ちょっと車道脇の姫街道を歩いてみました。何か歴史を感じながら歩くのっていいね。

DSC_5143



DSC_5161【3/22 嵩山蛇穴(すせのじゃあな) 於:愛知県豊橋市】

 尉ヶ峰ハイキングだけでも結構満足してしまいましたが、でもやっぱり嵩山蛇穴にも行きたい! ということで、国道362号で愛知県方面に車を走らせます。

 本坂トンネルを抜け、すぐその右側にあるスペースに車を止めます。

DSC_5149


 ここから歩いていきますが、嵩山蛇穴により近いこの追間ヶ池手前に車が1、2台置けるかな? っていうスペースがないわけでもないけど、大した距離でもないし、いいでしょう。

DSC_5156


 ここを少し登ったところに嵩山蛇穴はあります。

DSC_5158


 いかにも石灰岩地形って感じのところですが、ここがその嵩山蛇穴です。

DSC_5165


 これ、鍾乳洞を利用して営まれた岩蔭住居遺跡ですが、内部は真っ暗ですから、ペンライトを携えて入ってみましょうか。

DSC_5167


 入口こそちょっとしゃがまないといけない感じでしたが、中は結構広く、思ったより奥まで続いていました。さすが奥行きが70mほどあるってところでしょうか。

DSC_5188


DSC_5191


 うん、探検って感じのスリルと、縄文人が暮らしていたという歴史のロマンが相俟って、とても興味深く、すごく堪能しちゃいましたよ。

 最後は、国道362号脇にあった橘逸勢神社の逸勢桜がきれいだったので、思わずそれをカメラに収めてしまいました。春麗かな陽気に誘われたハイキング、そして探検に相応しい締め括りかな。

DSC_5218


ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ

《「むじんくん」の主題によるコラージュ風パラフレーズ》をSOUND Canvas for iOSで鳴らしたものをオーディオ化してみた。5

IMG_0005_【《「むじんくん」の主題によるコラージュ風パラフレーズ》 制作:Izumi-chan】

 あの「SOUND Canvas」シリーズの音をiPhone/iPad用音源として復活させたSOUND Canvas for iOS。それがInter-App Audio(IAA)やAudiobusに対応することに。

 これ、どういうことかというと、これらと組み合わせることでSOUND Canvas for iOSで鳴らした音をオーディオデータ化できることになったということです。

 まずやってみましょうか。今回はAudiobusを使い、Cubasisでとり込んでみました。

 おっ、できた、できた。ちゃんと録れていますね。これでSOUND Canvas for iOSで鳴らしたデータの共有は容易になりました。

 なお、オーディオデータ化したのは、私がDTMを始めてその初期に作った《「むじんくん」の主題によるコラージュ風パラフレーズ》。懐かしの「ラララむじんくん、ラララむじんくん、ララララ」っぽいフレーズなどがパロディーっぽく変容していく、仰々しい曲名の割にはお気軽な楽曲ですが、これ、「SOUND Canvas」シリーズのSC-88対応用として作ったものでした。

 SoundCloudにアップしてみました。あの懐かしの「SOUND Canvas」シリーズの音ってどんなものだったのか(いや、多少ブラッシュアップしているかも。)? それを実感していただければと思います。



ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

『月刊MdN』での乃木坂46特集5

_DSC0665【『月刊MdN』2015年4月号 Vol.252】

 少し前の話ですが、『月刊MdN』というデザインとグラフィックの総合情報誌を購入しました。

 何故って、アイドルグループ乃木坂46の68ページにわたる特集を行っていたからです。

 私は基本的に芸能界とかアイドルとかにはそれほど興味がないのですが、乃木坂46だけには関心があることをこのブログでも少しだけですが触れています(ここなど参照)。そのアイドルを、このアイドルとは少し毛色が違うかもしれない雑誌が採り上げているのが新鮮でね。それも大々的にですから。

 内容ですが、CDジャケットの意図と案出しスケッチ、デザインラフ、そして別案とアザーカットなどは大変興味深かったです。だって、どう練り、どう作り上げていったかとか、何が採用され、何が不採用だったかって、とても勉強になりますしね。

 そういえば、乃木坂46の冠番組である『乃木坂って、どこ?』のたまたま見る機会のあった「なんであれはカットになったのか!?」という回で、カットされた映像を流し、その理由を担当ディレクターが語る、っていうのがありました。これも(こちらはバラエティー寄りですが)同様の面白さがありましたね。

ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ

竜ヶ石山散歩5

_DSC0694【3/15 竜ヶ石山ハイキング 於:静岡県浜松市北区引佐町】

 この日(15日)の午後、京都で行われる明治安田生命J2リーグ第2節のジュビロ磐田の試合(vs.京都サンガF.C.)を気にしながら、竜ヶ石山に行ってみることに。最近山登りしていないし、そのリハビリの意味も含めてね。気軽に登れそうだからね。

 竜ヶ岩洞の駐車場に車を止め、その竜ヶ岩洞ではなく、向かって右手側にのびる道を歩いていきます。

 しばらくすると、車でも何とか登っていける舗装された道が一瞬未舗装になるところがあり、そこに桜が。これ、竜ヶ石山で最も美しい桜ですと書かれていた貞雄桜ですが、もちろんまだ開花してはいません。満開のころ、どんな姿で魅せているのでしょうか。

_DSC0724


 再び舗装が切れたところに登山口はありました。

_DSC0676


 すぐに分岐が。カルスト地形はぜひ見たかったものではありますが、これは後回しにして、左手に折れ、まず山頂を目指すことに。

_DSC0677


 途中バイオトイレの脇にワゴン車が止まっていて、ここまで車で来ることができるんだ、って思いながら登っていきましたが、もう山頂はすぐです。

 で、到着。おっ、気持ちの良い眺望ですね。展望台からパラグライダーをのんびり見学させていただきました。

_DSC0696


 なお、以前登った三岳山方面も望めました。そう、この三岳山もお気軽登山でしたが、今回の竜ヶ石山は急な坂は皆無で、ほんと、それ以上にハイキングというよりは散歩といった風情。歩いた距離は竜ヶ石山散歩のほうが長かったかもしれませんが。

_DSC0687


 でも、下山時に立ち寄ったカルスト地形(カレンフェルト)も含め、パラグライダー込みの気持ちのよい見晴らしとともに見どころもあり、結構この散歩、堪能しちゃいましたよ。

_DSC0712


 登山口に戻り、少し先にある、思ったより大きかった夫婦岩まで足を延ばしました。すぐ近くまで登っていけ、間近で見た岩抱桜と行者穴は興味深かったね。

_DSC0715


 ところで、竜ヶ岩洞まで戻ってきましたが、どうせなら、ということで、竜ヶ岩洞にも入ってみることに。2度目ですがね。先月(2月)立ち寄った鷲沢風穴と比べ、やっぱりスケールの大きさを改めて実感しましたよ。東海随一とも言われているのは伊達ではありません。

_DSC0767


_DSC0775


 さらに、龍潭寺にも。ここにいたっては3度目ですがね。今回は例の庭園の説明をしっかりと聞きました。池の型が心字池となっているなど、初めて知ったことも。まあ、遠景・近景の件は知っていて、だからこそ、向かって右手側から横に眺める景観が素敵ってことは改めて感じましたが。

_DSC0811


_DSC0817


_DSC0839


 うん、最後は結局ジュビロ磐田がこの日勝利し、まだ第2節ながらJ2首位に立った事実をネットで知り、さらに気分よく帰路につくことができましたよ。

ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブルーレイディスクレコーダー購入5

_DSC0667【ブルーレイディスクレコーダー 『DMR-BRW500』】

 相変わらずブログ更新はもちろん、ネットサーフィンも……、って感じです。ただ、そのなかで、先日ブルーレイディスクレコーダーを購入しています。

 以前、I-O DATAの『GV-MVP/XZ3』を買ったことは報告しています。そのとき、いろいろと問題点を挙げていますが、やはりいちいちチェックを外し再起動したり、また戻し再び再起動したりすることは面倒でした。だからね。

 また、実家に戻り、余ったTVを利用していましたが、これ、チューナーの問題か、一部の局がうまく映らなかったのです。それもあってね。

 で、使用感ですが、やっぱりレコーダー単体って使いやすいなぁ〜、って。すぐに立ち上げることができ、操作も容易。このパッパと使えるスピード感、お気軽感がいいね。さすが、それ用にできているだけあります。また、映像もきれいになったような気がするのですが、これは気のせい?

ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
訪問数(05.11.19〜)
Recent Entries
ギャラリー
  • 尉ヶ峰ハイキングと嵩山蛇穴探検
  • 尉ヶ峰ハイキングと嵩山蛇穴探検
  • 尉ヶ峰ハイキングと嵩山蛇穴探検
  • 尉ヶ峰ハイキングと嵩山蛇穴探検
  • 尉ヶ峰ハイキングと嵩山蛇穴探検
  • 尉ヶ峰ハイキングと嵩山蛇穴探検
  • 尉ヶ峰ハイキングと嵩山蛇穴探検
  • 尉ヶ峰ハイキングと嵩山蛇穴探検
  • 尉ヶ峰ハイキングと嵩山蛇穴探検
Archives
Categories
Recent Comments
記事検索
Profile
おきてがみ
Twitter プロフィール
国盗りカウンター
アンケート
興味をお持ちのものを教えて下さい。

音楽制作関係の記事
音楽鑑賞関係の記事
マイルス・デイビスの記事
フルトヴェングラーの記事
その他音楽関係の記事
ジュビロ磐田の記事
モンテディオ山形の記事
サッカー日本代表の記事
その他サッカー関係の記事
音楽、サッカー以外の記事


-Mini Vote-
静岡県 今日の天気
Jリーグ
堀川ひとみLive情報
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ