いずみちゃんの徒然草

******音楽のお話やサッカーのお話など、徒然なるままに******

獅子ヶ鼻トレッキングコースを行く5

_DSC2083_【6/28 獅子ヶ鼻トレッキングコース 於:静岡県磐田市】

 この日(6月28日)はアミューズ豊田でジュビロ磐田の試合をパブリックビューイングで楽しむことを決めていました(ここ参照)。では、それまでどうしましょうか? あっ、同じ磐田市に獅子ヶ鼻トレッキングコースがある。うん、ちょっとそこで気軽に散歩でもしてきましょうか。

 獅子ヶ鼻公園上駐車場に車を止め、まず鐘掛岩方面に歩いていくことに。右手に広がる茶畑が眩しいです。あっ、エコパも望めますね。富士山は? それは残念ながら……。

_DSC2081_


 これは展望台からの眺望。浜松アクトタワーなども見えますが、この辺り、広々とした見晴らしがいいですね。

_DSC1940_


 さて、大荷場の左手に延びる浮石コースをとり、蟻の戸渡りを目指すことに。ここから登山道っぽくなっていきます。いくつかのロープ場、そして岩山通りでは鎖や梯子のあるカニのヨコバイっぽいのもあるしね。

 で、ここが蟻の戸渡り。お〜、こういうのわくわくします。

_DSC1957_


 もっとも、ここから先は立入禁止とのこと。でも、はっきり言って、先に見えるロープ場は大したことありません。足を掛ける場所もしっかりとあるしね(なお、このトレッキングコース全般を通じて、こういうのはしっかりとしていました。)。ただ、ここよりもその先の急斜面を下るようなところのほうが慎重になるかも。

 先に進みましょう。で、これが浮石。

_DSC1988_


 うん、この浮石コースやその先の岩山通りは意外とアップダウンがあり、思っていたよりは歩きがいがありました。散歩とはなめていたかな。次の写真は藤見平からの眺望ですが、山深さと山並みの広がりがいい感じです。ちょっとした里山なんだけどね。

_DSC2011_


 これ、コウモリ岩。何か、それってわかるって感じの岩でしたね。

_DSC2015_


 さあ、ついに鐘掛岩に到着。落差約133mということで、見下ろすとなかなかスリルあります。

_DSC2042_


 先っぽに立つのはもしふらっとしてしまったりしたら大変なことになりかねないので、座ってみましょうか。

_DSC2055_


 ちなみに、これは後で下から撮った写真。改めて、なかなか凄いところだったんだと。

_DSC2127_


 ここから公園上駐車場方面に戻ることにしますが、ここは八畳岩。あっ、本当に広い! また、山深く落ち着いた見晴らしもGOODです。

_DSC2076_


 さて、公園上駐車場に戻ってきましたが、せっかくなので獅子ヶ鼻にも行ってみましょうか。

 で、ここがそれが望める見晴台。穴が気になります。

_DSC2090_


 いったん公園下駐車場近くまで下ってしまって、そこからトレッキングコースで再び登っていきました。ここが獅子ヶ鼻の撮影ポイント。たしかにここからなら獅子に見えないこともない。

_DSC2098_


 で、その獅子ヶ鼻がここ。下を見下ろすと、こんな感じです。

_DSC2105_


 うん、何か思ったよりも楽しんじゃいましたよ。ロープ場とか岩場とか好きだし、眺望も想像以上に良かったし、ほんと、バラエティーに富んでいて、また、それなりに歩きがいもあり、ちょっとした里山でここまで堪能させてくれるとは! いい感じのスポットでしたよ。

ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ

【ジュビロ磐田】2015年J2第20節、PV参戦! アダイウトンの2得点で愛媛に勝利5

_DSC2133_【6/28 2015 J2 第20節 愛媛vs磐田 0-2 於:ニンスタ】

 実はこの日(28日)、磐田市の獅子ヶ鼻トレッキングコースでちょっとした山歩きを楽しみました。まあ、このことは後日報告するとして(その記事はここ)、その後同じく磐田市のアミューズ豊田を訪れたことを先に書いていきましょうか。

 なぜアミューズ豊田に行ったのかというと、ここでジュビロ磐田のアウェー戦をパブリックビューイングしてくれるからです。実家ではスカパー!、契約していませんからね。

 アミューズ豊田に立ち寄ったのは初めてで、とすると、もちろんここで行われるパブリックビューイング参戦も初体験ということです。サーラプラザ浜松でのパブリックビューイングには参戦していますが(ここ参照)、果たしてそれと比べてどうだろう? と思っていましたけど、想像以上に盛況でちょっとびっくり!

 さて、試合ですが、後半途中から2点目を決めるまでは苦しかったね。間延びした感じになり、ボールが拾えなくなってね。

 だからこそ、アダイウトンの決めた後半34分の2点目は値千金でした。それはもちろん前半28分の先制点も同様。そのアダイウトンの活躍で厳しい時間帯にしっかりとチャンスを活かして得点できたジュビロ磐田と、攻勢の時間帯に決めきれなかった愛媛FC──これが大きな差となって明暗を分けることになりました。

 それにはカミンスキーの堅守もあってこそ。その彼、相手とのコンタクトで一時×が出ましたが、結局退くことなくピッチに立つことに。これに奮い立ったのか、松浦拓弥(トップ下のプレー、良かったネ!)のミドルなど、気持ちの乗ったプレーをジュビロ磐田の選手たちは見せることに(まあ、後半の頭からそんな感じはあったのですが、さらにね。もっとも、次第に尻すぼみ気味になっていくのですが。)。

 ともかく、大宮アルディージャ、ツエーゲン金沢、ジェフユナイテッド千葉といった他の上位陣が敗れる中、ジュビロ磐田はアウェーで貴重な勝ち点3を獲得することに。仕事で駆けつけられないけど、この後はホーム2連戦。大宮アルディージャに食らいつくためにも、勝ち続けないと。

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

【なでしこジャパン】女子W杯、豪州に快勝しベスト4進出5

_DSC0940_【6/27(現地時間) FIFA女子ワールドカップ カナダ2015・準々決勝 オーストラリアvs日本 0-1 於:Commonwealth Stadium(カナダ・エドモントン)】

 決勝トーナメント1回戦のオランダ戦では、特にファースト・ディフェンスから連動した守備が光った試合に見えましたが、この試合もそれは健在。距離感がいいんですよね。

 また、この試合では攻撃陣の距離感も良くなっている印象が。そして、TV画面を見ても熱そうなピッチ上で、中3日の日本が中5日のオーストラリアを出足、運動量でも大きく勝り、点差以上の快勝劇に。

 後半42分、決勝ゴールを決めたのは途中出場の今回も最年少の岩渕真奈。ずっと前からも期待されている選手ですが、この大会、いいアクセント、いい触媒になっていて、ついに得点という結果も残しました。勝ち進む中、シンデレラガールになってほしい存在ですね。

 これでベスト4。初戦より明らかに状態が上がってきているなでしこジャパン。うん、伸び代はありました。さすが前大会の女王は伊達ではない。準決勝での相手はイングランドか? まずは決勝進出に向けて、期待は高まります。

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 サッカーブログへ

【ジュビロ磐田】2015年J2第19節、一カ月ぶりスタジアム観戦も岐阜に逆転負けで……2

_DSC1821_【6/21 2015 J2 第19節 磐田vs岐阜 2-3 於:ヤマハ】

 約一カ月ぶりのスタジアム観戦になります(ここ参照)。ただ、この日は18時開始ということもあり、それまでどうしよう? と思いましたが、仕事疲れで昼間まで寝ていたことや決して弱くはない雨が降っていたこともあり、ちょっと珍しく食関係を味わうことに。

 静岡県磐田市では結構有名らしい「炭焼きレストランさわやか」の磐田本店でげんこつハンバーグを食してきました。まあ、浜松市にも多数の店舗があるチェーン店ですが、磐田市出身の長澤まさみのサインも飾られていて、FC岐阜のサポーターも割と訪ねていたようでした。

20150621_14


 安物スマホで撮った写真で申し訳ございませんが、これ、目の前で2つにわけられるのがいいね。そして、私はデミグラスソースで頼んでしまいましたが、甘さが引き立って何と言っても肉が美味い! 待つ価値あり。アツアツのうちに召し上がれ。

 その後、ヤマハスタジアム(磐田)方面に移動。ちなみに、私は基本的にイオンタウン磐田向かいの第2駐車場に車を止めます。今回もそうしましたが、着いたときにはまだ雨が降っていました。三洋堂書店で時間をつぶし、いざスタジアムに。そのときには青空が広がっていました。いい日和になりました。

 ジュビロ広場に行ってみると、おっ、USAGIがライブをやっている。

_DSC1759_


 乃木坂46の神曲《君の名は希望》を作曲した杉山勝彦も爽やかな笑顔を振りまいていました。

_DSC1782_


 ところで、このとき、サポーターが歌うジュビロ磐田シーズンソング《君の風になって》の「Wow ♪」で歌い出されるフレーズのみをその場で録っていましたね。私も一緒に繰り返し歌いました。何かの音源になるそうですが、楽しみです。

_DSC1775_


 ちなみに、彼らはメインスタンドの私の座る斜め後ろの割と近くで試合を観戦していました(証拠写真がアップされていました。)。

 さて、その試合ですが、ここまでそれ以外のことを長々と報告してきました。だって、2点差をひっくり返されての逆転負けでしたから……。

 開始早々、おそらく30秒ほどでジュビロ磐田が先制! いきなりでしたね。

_DSC1823_


 そして、前半29分にアダイウトンの久し振りのゴール! ここまでいい感じです。

_DSC1825_


 しかし、前半のうちに1点を返したFC岐阜が勢いづくことに。そして、何とジュビロ磐田は逆転されてしまいました。こうなるとそれから攻勢をかけても厳しくなります。最終盤のジェイのこのFKは惜しかった……。

_DSC1857_


 う〜ん、さらにあった決定機を活かせず仕留め切れなかったジュビロ磐田と決定機を活かしたFC岐阜との差とも言えますが、それ以上にやっぱり失点が多いよ。19試合で失点数が21って、大宮アルディージャが9、そしてツエーゲン金沢が12という事実を見ると……。看過できません。

 これ、気持ちの問題かな? だって、上位対決では結果を出していても、そうでないときは今回のようにこうだから……。この試合でも最初は相手を翻弄していた感のあったジュビロ磐田でしたが、不用意なファウルからの失点で落ち着かないというか、名波浩監督の言葉を借りれば中途半端な感じになったし……。

 まあ、気持ちの問題だとすると、技術的・戦術的なことよりも逆に難しいところがあるのかもしれません。しかし、そこはプロなのでね。改善に期待します。だって、良いプレスができていた試合もあったわけだし、自信をもって臨んでほしいです。

 ところで、スタジアムの外で人だかりができていて、何だ? と思っていたら、山田大記が来ていたんですね。

_DSC1873_


 その彼の頭上にはきれいな三日月が木星と金星とともに。敗戦のショックを癒すために、実家近くの内山海岸でもそれらを眺め、自宅に戻りました。再びこれらの星々と同様に輝くジュビロ磐田に期待して。

_DSC1880_


ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

47都道府県で印象に残った風景・情景【6.九州・沖縄編】5

0307 私は47都道府県すべてに足を踏み入れています。まあ、鹿児島県のようにわずかに入っただけのものも含めてですが……。

 そうだ! どうせなら、各都道府県で印象に残った風景・情景などを1つずつ紹介していくことにしましょうか。地元など、長く暮らしていたところは日常化して生活臭もあり、逆に挙げ辛いかもしれませんがね。

 それでは、1.北海道・東北編2.関東編3.中部編4.近畿編5.中国・四国編に引き続き、最終回6.九州・沖縄編をお届けします。

40.福岡 「福岡ドーム」
 冒頭に載せた写真の一角でも見られるこのドーム球場のデカさにはびっくり! 実際に見た試合も球場内の雰囲気など印象的でしたが、志賀島に渡る際、博多湾上から眺めたその近未来的景観も良かったね。

41.佐賀 「吉野ヶ里遺跡」
 上記の福岡遠征とセットで訪れましたが、この丘陵地に立ってはじめて、なぜここにこのような環壕集落ができたのか、何となくわかったような気がしました。(現在は)遠くに望む有明海や周りの河川などなど、まあ、気がしただけかもしれませんが、想像力が呼び起こされ、太古のロマンに触れられるスポットでした。

42.長崎 「大浦天主堂」
 長崎県が47都道府県制覇のゴールでした。白が引き立つ大浦天主堂は美しい佇まいでしたね。また、付近の長崎港松が枝国際ターミナルのアート感ある夜景も素敵でしたよ(ここ参照)。

43.熊本 「阿蘇山」
 清々しい高原感とやはりカルデラの広大さ、そして噴煙をあげる中岳の荒々しさ! うん、見応えあります。ただ、山歩きの真似事もしていますが、どこまで登っていったのかはよく覚えていません。たぶん火口東展望所あたりまでだとは思いますが(ここ参照)。

44.大分 「ビッグアイと小室哲哉」
 大分県にはジュビロ磐田の試合を見るのをメインに駆けつけています。当時ビッグアイ、現在大分銀行ドームと呼ばれている競技場で試合は行われましたが、半地下っぽい独特な形状とともに大分トリニータスーパーバイザーだった小室哲哉が印象に残っています。試合前、前かがみの姿勢で挨拶していたんだよね。ある意味感慨深い……(ここ参照)。

45.宮崎 「シーガイア」
 日が落ちてから、大分県に向かう途中、せっかくだからと立ち寄った(ファーストフード店を除けば)唯一のところ。特に感動とかしたわけではありませんが、これがよく耳にしていたシーガイアか! と感慨深くはありました。この後の鹿児島県と同様に、もっとじっくりと観光したかった県ですね(ここ参照)。

46.鹿児島 「栗野IC付近」
 まあ、鹿児島県の大地に立った唯一の場所ですから。ほんと、鹿児島観光もしたかったのですが、単なる経由地になってしまいました。桜島など、訪ねたいところはいっぱいあったんだけど(ここ参照)。
 
47.沖縄 「残波岬」
 これ以外にも、沖縄本島北部ドライブでふらっと立ち寄ったいくつかのスポット(奥集落や慶佐次湾のヒルギ林など)や有名な沖縄美ら海水族館などなど、挙げてもいいものはあるのですが、今回はここを。初めて沖縄を訪れたときの宿泊地で、果てに来たという岬感とともに、いかにも沖縄のリゾート地という、白い砂浜とエメラルドグリーンの海、そしてゴージャスな施設がまばゆくて印象的でしたから。

 さあ、このシリーズもついに終わりました。しかし、ここに挙げたのはあくまでも私が今まで訪ねたところからピックアップしたものです。実は、まだ私の知りえない素晴らしいスポットはあるに違いありません。今後、どんどん更新できたら、と思っています。

ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
訪問数(05.11.19〜)
Recent Entries
ギャラリー
  • 獅子ヶ鼻トレッキングコースを行く
  • 獅子ヶ鼻トレッキングコースを行く
  • 獅子ヶ鼻トレッキングコースを行く
  • 獅子ヶ鼻トレッキングコースを行く
  • 獅子ヶ鼻トレッキングコースを行く
  • 獅子ヶ鼻トレッキングコースを行く
  • 獅子ヶ鼻トレッキングコースを行く
  • 獅子ヶ鼻トレッキングコースを行く
  • 獅子ヶ鼻トレッキングコースを行く
Archives
Categories
Recent Comments
記事検索
Profile
おきてがみ
Twitter プロフィール
国盗りカウンター
アンケート
興味をお持ちのものを教えて下さい。

音楽制作関係の記事
音楽鑑賞関係の記事
マイルス・デイビスの記事
フルトヴェングラーの記事
その他音楽関係の記事
ジュビロ磐田の記事
モンテディオ山形の記事
サッカー日本代表の記事
その他サッカー関係の記事
音楽、サッカー以外の記事


-Mini Vote-
静岡県 今日の天気
Jリーグ
堀川ひとみLive情報
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ