いずみちゃんの徒然草

******音楽やサッカー、そして登山のお話など、徒然なるままに******

爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【後編】5

_DSC6679_00001【2018.9.17 大台ヶ原山登山 於:奈良県、三重県】

 先日(2018年9月17日)、大台ヶ原山を訪ねました。【前編】では大台ヶ原駐車場から日出ヶ岳を経て牛石ヶ原まで歩いてきたことを綴ってきましたが、そのコースは以下の通りです。

大台ヶ原駐車場⇒展望三叉路⇒日出ヶ岳⇒展望三叉路⇒正木峠⇒正木ヶ原⇒牛石ヶ原⇒大蛇分岐⇒大蛇槇預膽戈分岐⇒シオカラ谷⇒大台ヶ原駐車場

 ここまではのどかな景色が広がっていましたが、これから向かう大蛇堯覆世い犬磴阿蕁砲らはちょっと急峻な感じで、今までとは少し異なった姿を見せます。それをこれから【後編】として綴っていきたいと思います。

 さあ、大蛇分岐にやってきました。大蛇展望台から望む、その先の突き出た岩峰が特徴的な景色はよく写真で見かけます。さあ、この壮観な光景を拝みに行きましょう!

 でも、途中に現れた岩を見かけると、そこに登ってみたくなりました。容易に登れそうなので早速。

_DSC6592_00001


 そこからの見晴らしです。ただ、風で帽子が飛んでしまい、それが木の枝に引っかかってしまいましたよ。少し木に登って事なきを得ましたが。

_DSC6604_00001


_DSC6601_00001


 岩から下りて、不動返し尾根をさらに進みます。すると、あの景色が見えてきましたよ♪

_DSC6636_00001


 滑らないように注意しながら、もっと先に行きます。お〜、不動返し瑤箸發いΔ里な? 前方が深く切れ落ちたこの展望台の露岩の先に見える例のピークが姿を現してきましたよ。そうです、あの写真で見た絶景がここに! 写真は少し大きく載せますね。

_DSC6645_00001


 いや〜、ここ大蛇展望台からの吸い込まれるかのような眺望は、事前に写真で見ていた印象以上に壮観で素晴らしかったです。それはちょっとしたスリル感がその壮観さを増しているのでしょうか? だって、こんな斜面を下った切り立った所からの展望ですから。

_DSC6643_00001


_DSC6650_00001


 さらに、右手には西の滝や中の滝も望めます。あ〜、この柵ぎりぎりの所でずっと眺めていたい! しかし、人が多く邪魔になっては申し訳ないので、長くは留まれません。

_DSC6648_00001


 とてもとても名残惜しいのですが、戻りましょうか。途中、行きでも見たセイロ瑤妊ライミングされている方々を見学。私は岩場は好きだけど、クライミングは怖くてしないかな。

_DSC6660_00001


_DSC6657_00001


 大蛇分岐に戻ってきました。ここからはシオカラ谷経由で駐車場に戻ります。今までよりも大きく下り登る、これまでののんびりした登山道とは少し異なる感じになり、ちょっと登山しているっぽい雰囲気が。その道中、吊り橋からシオカラ谷を眺めます。

_DSC6670_00001


 さて、大台ヶ原駐車場に戻ってきました。まだお昼にもなっていません。登山っていうかハイキングは終わりましたが、何かここ大台ヶ原からは去り難く、しばらくのんびりまったりしてしましたよ。大台ヶ原ビジターセンターで今まで歩いてきた大台ヶ原の姿をじっくりと反芻し、脂の乗ったシシカバ重をゆっくり摂って、やっとここ大台ヶ原を後にしました。

_DSC6681_00001


_DSC6688_00001


爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング 書庫
・【前編
・【後編

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【前編】5

20180917【2018.9.17 大台ヶ原山登山 於:奈良県、三重県】

 大台ヶ原山登山は、たとえば奥穂高岳・ジャンダルム登山(ここなど参照)とは違います。山頂を極めた達成感はここにはありません。大台ヶ原駐車場から最高峰の日出ヶ岳へは山の散歩気分であっさりと登れますからね。でも、皮肉にも森林衰退による立ち枯れや笹原の広がりが特異で見晴らしの良い景観を生み、かえって清涼感のあるハイキングが楽しめ(良いことなのか、悪いことなのか? 考えさせられる問題です)、また、一転切り立った大蛇瑤らの眺望はちょっとしたスリル感がスパイスとなり、スケールのある爽快な景色も味わえるのが魅力か。そう、清々しい景色に接しながら、山歩きを気軽に気持ち良くできるのがいいんだよね♪

 今回はそんな大台ヶ原山を訪ねた山行を綴っていきたいと思います。とりあえず2回にわけて載せる予定で、このブログエントリーはその1回目である【前編】になります。まず、今回のコースを紹介しますが、ちなみにこれで日本百名山には30座33回登頂したことになりました。

大台ヶ原駐車場⇒展望三叉路⇒日出ヶ岳⇒展望三叉路⇒正木峠⇒正木ヶ原⇒牛石ヶ原⇒大蛇分岐⇒大蛇槇預膽戈分岐⇒シオカラ谷⇒大台ヶ原駐車場

 しかし、最初から大台ヶ原山登山をしようと考えていたわけではありませんでした。実は、八経ヶ岳(大峰山)に登ろうと当初は予定していました。でも、国道169号を南下し、そこから弥山登山口のある国道309号に舵を切ったら何と通行止め!? これは困った。う〜ん、そうだ♪ 近くに大台ヶ原山がある。そっちに切りかえよう! というわけで、大台ヶ原に急遽駆けつけることにしたのです。本当は、大台ヶ原には紅葉の時期に行こうと思っていたのですが。

 大台ヶ原駐車場を午前8時すぎにスタートしました。東大台地区を時計回りに散策していきますが、思惑通りに晴れていて、爽快な山歩きができそうです。本当はまず北・中央・南アルプス方面の山が駆けつける第一候補だったのですが、天気が今一つのようなので近畿地方の山にしたんだけど、正解だったか!?

_DSC6416_00001


 テラスのある展望三叉路を左に折れ登っていくと、日出ヶ岳はすぐです。気持ちの良い眺望が開けてきましたよ。

_DSC6445_00001


_DSC6446_00001


 早速、日出ヶ岳頂上に到着。1,695.1mのその山頂に建つ展望台から360度の見晴らしを堪能しましょう。お〜、青空の下、これから進む正木峠方面や、本当は登るはずだった大峰山方面などが大展望! これは見惚れてしまいますよ。

_DSC6451_00001


_DSC6459_00001


 っと、熊野灘も何とか望めますね。

_DSC6474_00001


_DSC6454_00001


 爽快で去り難いのですが、あの清々しそうな正木峠のほうに向かいましょうか。で、その正木峠の広大な丘陵には立ち枯れの樹木が広がっていました。爽やかにも見える風景ですが……

_DSC6503_00001


_DSC6508_00001


 でも、これ、伊勢湾台風による大量の風倒木とその搬出に端を発した笹と鹿の増加による森林衰退のあらわれでもありますから、複雑な思いです。

_DSC6507_00001


 ところで、所々秋の装いを見せ、色付いている木々も。紅葉の見頃は1ヶ月もしないうちにやってくるのか?

_DSC6527_00001


 さて、ここは正木ヶ原。

_DSC6539_00001


_DSC6542_00001


 そして、牛石ヶ原。いずれもなだらかな広がりで魅せています。

_DSC6582_00001


 さあ、この後はよく写真などで見る大蛇瑤妨かいます。これまでとは異なる急峻な雰囲気ですが、一番訪ねてみたかったスポットです。しかし、それは後日【後編】で。悪しからず。

爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング 書庫
・【前編
・【後編

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

絶景2018(追加版2)5

_DSC3515_00001 2018年に接した絶景を、まだ1年が経過したわけではないので暫定ではありますが、暫定版追加版1として紹介してきました。そう、まだ1年経っていないので暫定版だけでさらっと終わらそうとしたのですが、何か物足りず、続いて追加版1、それでもまだまだということで追加版は2まで及ぶことに。絶景ブームとかインスタ映えとかに乗ったわけではありませんが、素敵な景色は愛でたいし。

 それでは、追加版2も始めましょうか♪

逆川沿いの一面の菜の花(2018.4.1 於:静岡県)
_DSC2448_00002

 特に観光スポットでもない所にメルヘン、ポエムの世界が広がっていました。エコパでのジュビロ磐田の試合(ここ参照)に駆けつけるために立ち寄ったのですが、こういう発見っていいね!

切り立つ石鎚山(2018.5.4 於:愛媛県)
_DSC3049_00001

 ちょっと反ったように切り立った天狗岳の山容は魅力的ですね。なお、望むスポットによってはピラミダルにも見え、堂々たる姿を誇っています。

名頃のかかし(2018.5.5 於:徳島県)
_5050088

 冒頭のバナナマンの日村勇紀似のかかしなどが写っている写真も、ここ名頃で撮ったものです。ユーモラスでウイットにも富んだ光景がこの地区全体に展開しています。

夕暮れの浜名湖ベイストリート(2018.6.7 於:静岡県)
_DSC3992_00002

 地元中の地元を挙げてみました。湖と山があり、そして娯楽施設もあり、改めてですが風光明媚な所ですよ。一度訪ねてみてください♪

かんざんじ温泉灯篭流し花火大会(2018.7.22 於:静岡県)
_DSC5369_00002

 調子に乗って、また浜名湖の内浦の景色を。今度はかんざんじ温泉灯篭流し花火大会という夏ならではイベントからです。彩鮮やかな灯篭流しは風流ですね。花火大会のもつ華やかさも同居していましたが。

憲兵ジャンダルムと対峙する(2018.8.14 於:長野県・岐阜県)
_DSC6172_00002

 ジャンダルムへの登山は今年(2018年)のおそらくはメイン山行となるでしょう。いつどこで見てもジャンダルムの勇壮で堂々とした佇まいは本当に圧巻です。

ジャンダルム頂上からの爽快な眺望(2018.8.14 於:長野県・岐阜県)
_DSC6208_00001

 で、そのジャンダルム頂上からの見晴らしです。写真は西穂方面の眺望ですが、その反対側には槍ヶ岳も望め、360度の大パノラマはジャンダルムにたどり着いた達成感とともに爽快感があります。

幻想的な上高地の湿原(2018.8.14 於:長野県)
_dsc5601_as

 奥穂高岳方面から下山してきて、岳沢湿原で撮ったスナップです。この辺り、今度はもっとのんびりと散策してみたい魅力あるエリアですね。


 と、ここでいったん終了です。いったんと言うのは、まだまだこれからも素晴らしい絶景に明日にでも接したいからね。それをまた紹介できる日が楽しみです♪ それでは!

絶景2018 書庫
・【暫定版
・【追加版1
・【追加版2

ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
訪問数(05.11.19〜)
Recent Entries
ギャラリー
  • 爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【後編】
  • 爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【後編】
  • 爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【後編】
  • 爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【後編】
  • 爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【後編】
  • 爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【後編】
  • 爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【後編】
  • 爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【後編】
  • 爽やかな山の散歩 大台ヶ原ハイキング【後編】
Archives
Categories
Recent Comments
記事検索
Profile

いずみちゃん

おきてがみ
Twitter プロフィール
アンケート
興味をお持ちのものを教えて下さい。

音楽制作関係の記事
音楽鑑賞関係の記事
マイルス・デイビスの記事
フルトヴェングラーの記事
その他音楽関係の記事
ジュビロ磐田の記事
モンテディオ山形の記事
サッカー日本代表の記事
その他サッカー関係の記事
音楽、サッカー以外の記事


-Mini Vote-
静岡県 今日の天気
Jリーグ
堀川ひとみLive情報
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ