いずみちゃんの徒然草

******音楽のお話やサッカーのお話など、徒然なるままに******

ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【後編】5

_DSC1070_aa 田原市博物館で開催されていた「ポール・デルヴォー版画展」。実は一昨日(22日)はこの最終日だったので、鑑賞するために愛知県田原市まで駆けつけました。そのあたりのことは【前編】で報告していますので、今回は続きを【後編】として。

 田原市博物館では渡辺崋山ゆかりのものも展示されてしましたが、街中にもそういったスポットが点在しているらしい。それらを訪ねて、ちょっと散策してみますか。

 しかし、まずは田原市博物館もある田原城跡の桜門前に建つ田原市民俗資料館から。

4495f65e


 ここは、この地域の江戸時代以降の生活がわかる展示がされています。ここで行われていた農業・漁業・工業・商業、そして日常生活がうかがい知れる身近感すらある展示物はなかなか面白い♪ 無料なのも嬉しいです。もっとも、館内撮影は許可がどうこうということらしいので、写真は撮っていません。

 ところで、この田原市民俗資料館もそうですが、藩校成章館跡に建つ隣接する田原市立田原中部小学校など、ちょっとレトロでモダンな雰囲気がいいね!

_DSC1166_aa


 ちょっと汐川で水鳥を眺め、まったりと。渡辺崋山らはこんな様子を眺めていたのでしょうか?

_DSC1068_aa


 さて、城宝寺に行ってみましょうか。ここは渡辺崋山の墓所がありますね。

_DSC1130_aa


 霊牌堂の天井画は鮮やかです。

_DSC1119_aa


_DSC1205_aa


 また、境内には城宝寺古墳もあります。柵があり石室内には入れませんが、柵越しに覗くことはできます。うん、城宝寺って、一粒でいろんな味が味わえるスポットでした。

_DSC1131_aa


_DSC1139_aa


 なお、このあたりは城宝寺も含め4つの寺院が並んでいますが、慶雲寺はソテツが、龍門寺はマツ(双龍の松)が印象的でしたね。

_DSC1151_aa


_DSC1157_aa


 話は飛びますが、マツといったら田原城跡のクロマツもいい味わいでした。

_DSC1165_aa


 話を戻して、さらにぶらぶら歩いていると、田原城惣門跡に。すぐ隣に現代版報民倉である田原市報民倉もあり、大手公園として整備されています。なお、報民倉とは食料備蓄庫のことで、こうした備えをさせた渡辺崋山の指導により天保の大飢饉では餓死者を出さなかったとのこと。

_DSC1161_aa


 最後は、田原市立田原福祉専門学校の洒落た校舎を横目に、その向かいにある池ノ原公園を目指します。

_DSC1177_aa


 ここ池ノ原公園には渡辺崋山の幽居跡や銅像などがあり、彼の生涯を解説した石碑とともに渡辺崋山を知ることのできる公園として整備されていましたね。うん、渡辺崋山終焉のこの地で今回の散策を終えることとなりました。

_DSC1185_aa


_DSC1181_aa


 そうですね、この田原市を散策してみて、渡辺崋山らはこの地域の方々から愛され、そんな彼らを田原市民は大切にしている様子がひしひしと伝わってきました(渡辺崋山がらみでの田原市のアピールも含めてね。)。また、景観的にも古きを大事にしながらも新しさも取り入れ、町全体を活性化していこうという雰囲気も感じられました。そんな町、田原市──何か歩いていて気持ちの良い町でした。

ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ

ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【前編】5

_DSC1203_aa【1/22 冬の企画展「姫路市立美術館所蔵 ポール・デルヴォー版画展〜幻想のヴィーナスたち〜」 於:田原市博物館】

 いきなり余談からですが、昨日(22日)、自宅近くの宿蘆寺の前を通ったら、山門方面をカメラで撮っている方々が。宿蘆寺を撮影している人、実は初めて見ました。これもNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の影響でしょうか。そう、第1回でとわが龍潭寺に見立てたこの石段を駆け上がっているシーンが放送されましたから。

 それはともかく、この日(22日)は、まず田原市博物館で行われている「ポール・デルヴォー版画展」に駆けつけた後、名古屋市に向かい、愛知県美術館で行われている「ゴッホとゴーギャン展」を鑑賞しようかな、と当初は思っていました。しかし、「ポール・デルヴォー版画展」も含め、意外と田原市市街地をじっくりと味わってしまったので、結局名古屋に行く時間はなくなってしまいました。でも、それはそれで満足感は高かったですよ。何か田原市って自分たちの町の歴史・文化を大切にしている感じが伝わってくるのがいいんです。田原市って(今回は立ち寄ってないけど)蔵王山展望台だけではなかったのですね(まあ、田原市全体としては他にも渥美半島先端の伊良湖岬なども含まれるのですが。)。

_DSC1209_aa


 さて、田原市博物館に着きましたが、石垣や空堀などが印象的な田原城跡にあり、何か雰囲気があります。

_DSC1006_aa


 しかし、その前に二ノ丸櫓/文化財収蔵庫に。無料だしね。

_DSC1007_aa


 でも、結構楽しめました。縄文、弥生時代から昭和時代にかけてのこの地域の歴史がコンパクトに理解できるのがいい!

_DSC1042_aa


_DSC1037_aa


 さあ、田原市博物館に入りましょうか。「ポール・デルヴォー版画展」、わくわくしてきましたよ。

_DSC1011_aa


 で、館内は撮影できませんので、画像などで報告することはできないのですが、やっぱりデルヴォー、良いわ♪ 彼の作品には他の展覧会(ここなど参照)などでも接したことがありますが、古代ローマ風でもある聖なる詩情に今回も魅せられました。ただ、版画なので線そのもので表現している度合いが高く、その分表現主義的要素が濃くなっている感があるのは、図録に書かれていた解説通りだと思いましたが。

 もっとも、一番良かった作品は、版画ではなく、特別出品されていた愛知県美術館所蔵《こだま(あるいは「街路の神秘」)》の油彩画。これ、愛知県美術館でも見たことありますが(ここ参照)、月明かりの静謐さが作品に深みを増しています。

_DSC1202_aa


 さらに、館内では、常設展示室で渡辺崋山の生涯が紹介され、特別展示室で「生誕190年 野口幽谷」も開催されていました。これらも見応えがあり、「ポール・デルヴォー版画展」も含め、じっくりゆっくりと鑑賞してしまいましたよ。

_DSC1204_aa


 そう、《鷹見泉石像》(国宝)なども有名な渡辺崋山ですが、田原藩家老でしたね。ですから、田原市は渡辺崋山をちょっと前面に出してアピールしています。では、そんな渡辺崋山を訪ねて、田原市散策してみましょうか。渡辺崋山を祭神とする崋山神社から蔵王山展望台を眺めながら、さあ、スタートです。続きは【後編】で後日。

_DSC1054_aa


ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ

柴咲コウ演じる井伊直虎が高原で馬に乗っているシーンって阿原山高原で撮ったもの?5

_DSC2211_01 2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回で映し出された静岡県浜松市のロケ地について、天白磐座遺跡(渭伊神社境内遺跡)立須宿蘆寺高根城、あと予告ではありましたが久留女木の棚田ここで(なお、とわが飛び込んだ滝である岐阜県中津川市の付知峡にある高樽の滝と、第2回でも登場した岩手県一関市にある小黒滝もついでに。)、青谷鍾乳洞(小堀谷鍾乳洞)ここで、そして高根神社ここで記事にしています。

 また、さらに今後、大本山 方広寺ここなど参照)や岩根の滝ここ参照)、そして中田島砂丘ここなど参照)も登場する予定で、これらについてもこのブログで紹介しています。

 しかし、第1回を見たとき、気になっていた場面がありました。それは、オープニングテーマが流れる直前、高原で馬に乗った柴咲コウ演じる井伊直虎が「いざ!」と叫んでいるシーンですが、これ、ロケ地はどこだろう? と。静岡県浜松市でないことはたしかです。それでは?

_DSC2217_01


_DSC2218_01


 この『おんな城主 直虎』、岩手県一関市や奥州市でロケが行われていたことはわかっています。先ほど挙げた小黒滝もそうですが、大河ドラマのロケ地としてよく使われるえさし藤原の郷もそうです(そもそも、このドラマに登場する井伊谷のオープンセットはここ岩手県に造られたもの。)。

 ということは、あの井伊直虎が高原で馬に乗っているシーンはこのエリアではないか? そこで浮上してきたのが奥州市に広がる阿原山高原。ネット上にいくつか載っている写真はTV映像のイメージに近いものでしたが、どうでしょう?

 さらに、『広報いちのせき I-Style』2016年10月15日号がネットにアップされていて、そのなかの記事に、

> 2017年1月8日から放送予定のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の収録が(2016年)9月22日、興田地区の小黒滝で行われました。(中略)主な舞台は静岡県浜松市ですが、えさし藤原の郷阿原山などでも撮影が行われる予定。 と。

_DSC2212_01


 うん、これをもってあの井伊直虎が高原で馬に乗っているシーンは阿原山高原と断定するのは危険かもしれませんが、可能性は高まった感が。改めて、どうでしょう?

 ともかく、今晩(1月22日)、第3回の放送です。今から楽しみです。

大河ドラマ『おんな城主 直虎』関係 書庫
・【NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回を見て
・【大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回で映った浜松ロケ地などを訪ねて【前編】
・【大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回で映った浜松ロケ地などを訪ねて【後編】
・【岩根の滝──大河ドラマ『おんな城主 直虎』の浜松ロケ地を訪ねて
・【直虎が高原で馬に乗っているシーンって阿原山高原で撮ったもの?

ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ

岩根の滝──大河ドラマ『おんな城主 直虎』の浜松ロケ地を訪ねて5

_DSC2191_01【1/17 岩根の滝 於:静岡県浜松市北区細江町気賀】

 2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回で映し出された静岡県浜松市のロケ地について、天白磐座遺跡(渭伊神社境内遺跡)立須宿蘆寺高根城、あと予告ではありましたが久留女木の棚田ここで(なお、とわが飛び込んだ滝である岐阜県中津川市の付知峡にある高樽の滝と、第2回でも登場した岩手県一関市にある小黒滝もついでに。)、青谷鍾乳洞(小堀谷鍾乳洞)ここで、そして高根神社ここで記事にしています。

 また、さらに今後、大本山 方広寺ここなど参照)や中田島砂丘ここなど参照)、そして岩根の滝も登場します。楽しみですね。

 しかし、この浜松市で行われたロケ地のなかで、岩根の滝だけはまだ行ったことがありません。この滝、まだ本編では登場していませんが、次郎法師(井伊直虎)役の柴咲コウがやみつきになるかもと語った滝行が行われたところです。そこで、昨日(1月17日)は仕事でしたが午後からだったので、コンデジをポケットに入れ、午前中ちょっとふらっと駆けつけてみることにしました。

_DSC2210


 天竜浜名湖鉄道(天浜線)の西気賀駅から国道362号に沿ってすぐ西にある信号機を右に曲がり、線路を渡ります。さらに、行き止まりと指導標があって戸惑いますが、そちらに進んでいきます(オレンジロードや姫街道方面ではありません。)。やがて、舗装路が途切れますが、その正面に阿弥陀如来座像(細江町指定文化財)のある自在寺阿弥陀堂があります(たしかに行き止まりだ!)。しかし、そこに向かう石段を上らず、右手にのびる道を進んでいきます。

_DSC2205_01


_DSC2204_01


_DSC2203_01


_DSC2201_01


 右側に下ります。

_DSC2199_01


 おっ、見えてきましたよ。

_DSC2198_01


 はい、ここが岩根の滝です。

_DSC2197_01


_DSC2195_01


 うん、無名といってよい小さな滝ですが、何か厳かな趣があっていいね! 滝行に相応しい神聖な雰囲気です。

_DSC2193_01


_DSC2194_01


 この岩根の滝、大河ドラマ『おんな城主 直虎』のロケがなければ訪れることはたぶんなかったと思います。というか、この滝の存在を知ることすらなかったでしょう。でも、大河ドラマで興味を持ち、その結果今まで知らずにいたちょっと素敵なスポットを発見できました。こういうのが増えていくのって、何か嬉しいし、楽しい♪

大河ドラマ『おんな城主 直虎』関係 書庫
・【NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回を見て
・【大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回で映った浜松ロケ地などを訪ねて【前編】
・【大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回で映った浜松ロケ地などを訪ねて【後編】
・【岩根の滝──大河ドラマ『おんな城主 直虎』の浜松ロケ地を訪ねて
・【直虎が高原で馬に乗っているシーンって阿原山高原で撮ったもの?

ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ

大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回で映った浜松ロケ地などを訪ねて【後編】5

_DSC0931_01【1/15 高根神社など 於:静岡県浜松市】

 2017年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』は、今のところ私の期待を裏切らない出来で、嬉しいです。その第1回で映し出された静岡県浜松市のロケ地についてここで記事にした天白磐座遺跡(渭伊神社境内遺跡)立須宿蘆寺高根城、あと予告ではありましたが久留女木の棚田をはじめ(ちなみに、とわが飛び込んだ滝である岐阜県中津川市の付知峡にある高樽の滝と、第2回でも登場した岩手県一関市にある小黒滝も。)、【前編】でも青谷鍾乳洞(小堀谷鍾乳洞)を紹介しています。それでは、【後編】では高根神社を挙げましょうか。

 しかし、初めから高根神社に行こうと思っていたわけではありませんでした。そもそも、私はここでロケが行われていたことを知らなかったのです(まあ、高根神社自体知りませんでしたし。)。では、なぜ? それは、滝沢鍾乳洞に立ち寄った後、この日(1月15日)からオープンした大河ドラマ館に駆けつけたのですが、そこである情報を仕入れたからです。

_DSC0927_01


 浜松市みをつくし文化センターホールに出現したおんな城主 直虎 大河ドラマ館(600円也)。写真はほんの一部のエリアでしか撮れないので画像で詳細はお伝えできませんが(それも、載せた写真はピントが合っていなくて……。)、たとえば浜松で行われたロケ地などが紹介されていました。

_DSC0926_01


 私はここで、青谷鍾乳洞(小堀谷鍾乳洞)をはじめ、私がこのブログで挙げていた浜松で行われたロケ地候補が正しかったことを確認できました。また、地元中の地元にある宿蘆寺は以降も登場しそうということを知り、さらに、今後、大本山 方広寺ここなど参照)や岩根の滝ここ参照)、そして中田島砂丘ここなど参照)も映し出されるということも。

 しかし、それらだけでなく、実は第1回で放映された竜宮小僧を探すシーンなどで高根神社がロケで使われていたことも知りました(参考までに、井伊直満の北条に宛てた密書を預かった山伏がやられたシーンも、ここの高根山十八曲がりで撮影されていたらしいです。)。高根神社? 行ったことないけど、ちょっと駆けつけてみますか! ということで。

 で、早速ですが、高根神社って、静岡県立森林公園(ここなど参照)あたりに向かう際、いつも気になっていた山の中腹に見られる拝殿がそうじゃん。

 その拝殿がこれ。ここからの見晴らしはなかなか爽快で、格天井図も色褪せて摩訶耶寺(ここなど参照)にあるもののきらびやかさには劣りますが良いです。

_DSC0937_01


_DSC0944_01


 さて、その向かって右側からちょっとした岩場を登り、本殿を経由し、山頂にたどりつくとそこには高根山古墳という円墳がありました。おっ、これは!?

 まず、洞窟に入っていくTV映像を撮ったものを。

_DSC2183_01


 そして、これが現地で私がその日(1月15日)撮影したもの。

_DSC0949_01


_DSC0952_01


 うん、たしかにここです。実は私、このシーンが放映されたとき、これ、セットと思っていたのですね。ですから気にも留めていなかったのですが、失礼いたしました。

 ところで、ロケ地めぐりって意外と楽しいですね。今度はどこに行ってみましょうか♪

大河ドラマ『おんな城主 直虎』関係 書庫
・【NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回を見て
・【大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回で映った浜松ロケ地などを訪ねて【前編】
・【大河ドラマ『おんな城主 直虎』第1回で映った浜松ロケ地などを訪ねて【後編】
・【岩根の滝──大河ドラマ『おんな城主 直虎』の浜松ロケ地を訪ねて
・【直虎が高原で馬に乗っているシーンって阿原山高原で撮ったもの?

ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
訪問数(05.11.19〜)
Recent Entries
ギャラリー
  • ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【後編】
  • ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【後編】
  • ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【後編】
  • ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【後編】
  • ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【後編】
  • ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【後編】
  • ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【後編】
  • ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【後編】
  • ポール・デルヴォー版画展含め意外と満喫してしまった田原市巡り【後編】
Archives
Categories
Recent Comments
記事検索
Profile
おきてがみ
Twitter プロフィール
国盗りカウンター
アンケート
興味をお持ちのものを教えて下さい。

音楽制作関係の記事
音楽鑑賞関係の記事
マイルス・デイビスの記事
フルトヴェングラーの記事
その他音楽関係の記事
ジュビロ磐田の記事
モンテディオ山形の記事
サッカー日本代表の記事
その他サッカー関係の記事
音楽、サッカー以外の記事


-Mini Vote-
静岡県 今日の天気
Jリーグ
堀川ひとみLive情報
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ