"The MISCELLANY" by Izumi-chan

******音楽やサッカー、そして登山・写真のお話など、徒然なるままに******

映画『蜜蜂と遠雷』5

DSC6762_s_01【映画 『蜜蜂と遠雷』 主演:松岡茉優 監督:石川慶】

 先日、直木三十五賞や本屋大賞などを受賞した恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』を皇なつきが漫画化した『蜜蜂と遠雷』(1)をこのブログでも紹介しています(ここ参照)。結構面白かったので、映画化されたものも見にいくことに。向かったのは、サンストリート浜北内にあるTOHOシネマズ。昨日(2019年11月10日)行ってきました。

 うん、これ、クライマックスは小説には書かれていない本選での栄伝亜夜のプロコフィエフの《ピアノ協奏曲第3番》の演奏シーンですね。そう、二次予選での《春と修羅》などもそうでしたが、音楽そのものがメインともいえる映画でした。しかし、ただそれだけではなく、その音楽にストーリーが乗るというか、ストーリーと音楽が同化していて、感慨深さはより増し、その点が良かったですね。例えるなら、ソチオリンピックでの浅田真央のラフマニノフの《ピアノ協奏曲第2番》でのフリースケーティング演技か。ちなみに、小説では栄伝亜夜が本選で演奏したのは、同じプロコフィエフでも《第3番》ではなく《第2番》のほう。でも、この変更は映画としては正解だと思います。《第3番》は快活で煌めくような曲調で《第2番》よりは一般的でわかりやすいですからね。

 改めてですが、『蜜蜂と遠雷』は私の地元である静岡県浜松市で行われている浜松国際ピアノコンクールを取材し書き上げられているけど、漫画版では芳ヶ江国際ピアノコンクールの舞台として実際には浜松国際ピアノコンクールの舞台であるアクトシティ浜松がそのまま描かれています。しかし、映画版では会場は埼玉県入間市にある武蔵野音楽大学のバッハザールが使われていましたね。また、砂浜で撮影されたシーンもありましたが、浜松市の中田島砂丘などでのロケを期待していたけど、これ、千葉県南房総市で撮ったものでした。

 それはともかく、この映画楽しめたので、結局小説のほうも購入してしまいましたよ。こちらも、少しずつ読んでいきたいと思います。

DSC6764_s_01


ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

【ジュビロ磐田】2019 J1 第31節、一瞬の隙を見せてしまう悪癖からのPK弾で極めて厳しい敗戦1

j_0001【2019.11.9 2019明治安田生命J1 第31節 磐田vsFC東京 0-1 於:ヤマハ】

 首位鹿島アントラーズと勝ち点で並ぶ2位FC東京と今節(第31節)戦う最下位(18位)ジュビロ磐田。優勝を争っているチーム相手とはいえ、そんなことは関係ありません。ジュビロ磐田としては勝ち点3を奪い取るだけです。前節(第30節)の記事でも書きましたが、J1残留に望みをつなげるためにも勝ち続け、その結果他力が導いてくれると信じて。というわけで、今節(第31節)も仕事でスタジアムには駆けつけられないけど、ジュビロ磐田のネクタイを締め、陰ながら応援します。

 さて、その試合ですが、前半は優勝を争っているチームを応援しているサポーターから見ても、これ、本当に最下位のチーム? と思わせるようなサッカーを展開しているジュビロ磐田。ボールの回し方などは様になってきているし、FC東京はアウェーでの一戦でも堅い守りは光っていましたが、このFC東京相手にそれなりの決定機は作り出しているしね。もっとも、相手GKの好セーブに合って得点は奪えませんが……

 しかし、改善が見られるものの、今最下位にいるということはこれまたそれなりの理由があるわけで、そう、何か隙を見せちゃうんだよなぁ。実際に、後半序盤、そんな感じでオフサイドを取れずPK献上し先制点を許してしまうことに。で、そのまま試合終了……

 FC東京はこの勝利で首位に浮上することになりました。でも、ジュビロ磐田は、う〜ん、き、厳しい……

 これで残り3試合全勝でも勝ち点は34まで。次節(第32節)にもJ2降格が決定するかもしれない事態に。風前の灯って感じです。希望を捨ててはいませんが……

ranking
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

『蜜蜂と遠雷』(1) 恩田 陸 / 皇 なつき5

DSC9572_01【『蜜蜂と遠雷』(1) 恩田 陸 / 皇 なつき】

 『蜜蜂と遠雷』は直木三十五賞や本屋大賞などを受賞した恩田陸の小説です。私の地元である静岡県浜松市で行われている浜松国際ピアノコンクールを取材して書き上げたことはよく知られています。したがって、以前から興味があった小説でした。ただ、そんなに小説を読むことはないので、実際に本を手に取ることはありませんでした。しかし、今年(2019年)10月に映画化されるということで、書店でも映画の告知ムービーとともに単行本などが再びプッシュされていて、思わず本を少しだけですが目を通してみることに。

 うん、これ、面白い♪ でも、今は時間を取ってじっくりと読む気持ちにはなれずに。ただ、漫画化されたものもあり、これだったらさらっと読めそう。さらに、そもそも『蜜蜂と遠雷』って漫画に合っているような気もしたし。一色まことの『ピアノの森』じゃないけどね。というわけで、皇なつきでコミカライズされたこちらのほうを購入。

 いや〜、一気に読み終えてみました。もう、この続きを読みたくなってしまいましたよ。さらに、その面白さを増しているのは、芳ヶ江国際ピアノコンクールの舞台として漫画に描かれているのは実際はアクトシティ浜松という事実。アクトタワーの外観やオークラアクトシティホテル浜松のロビー、そしてホール前のサンクンプラザなどはそのまんまで、会場名は漫画にはアクアシティ芳ヶ江って描かれているしね(もっと言えば、CAWAIとか■Landとか、最後は欠けているようですが●YAWAHとか、KAWAIやRolandやYAMAHAを髣髴させるものも)。地元が描かれるって何か嬉しいからね♪

 何かこういうのを見ると、以前見た浜松国際ピアノアカデミーを思い出します。2008年3月16日、アクトシティ浜松の中ホールで行われたコンクール(本選)を聴いたのですが、私が一番良かったと思ったクレア・フアンチ(2位でしたが)は今それなりに活躍しているようだけど、実際はどんな感じなのかな?

 ところで、昨日(2019年11月6日)フジテレビで放映された『BACK TO SCHOOL!』で地元の中田島砂丘やさわやかなども映りましたが、こういうのも嬉しいね。ちなみに、桜井日奈子が(あえて伏字にしますが)静岡県S女子学園で高校バスケ青春物語を体験するっていう内容でしたが、実はその舞台となったバスケ部のキャプテンで出演していたのは私の姪でした。がっちり映っていましたね♪

 う〜ん、私のブログで楽しくないあまりに私的なことは書かないようにしていたのですが、あえて。実は先月(10月)22日、私の母が突然亡くなりました。先程、小説を今は時間を取ってじっくりと読む気持ちにはなれずと書いたのは、このことも一因かと。それはともかく、この『BACK TO SCHOOL!』の放送、生前母に見てほしかったかな、って。

ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
訪問数(05.11.19〜)
Recent Entries
ギャラリー
  • 映画『蜜蜂と遠雷』
  • 映画『蜜蜂と遠雷』
  • 【ジュビロ磐田】2019 J1 第31節、一瞬の隙を見せてしまう悪癖からのPK弾で極めて厳しい敗戦
  • 『蜜蜂と遠雷』(1) 恩田 陸 / 皇 なつき
  • 青空と色付く山並み──気持ちよく山登りできた恵那山登山【後編】
  • 青空と色付く山並み──気持ちよく山登りできた恵那山登山【後編】
  • 青空と色付く山並み──気持ちよく山登りできた恵那山登山【後編】
  • 青空と色付く山並み──気持ちよく山登りできた恵那山登山【後編】
  • 青空と色付く山並み──気持ちよく山登りできた恵那山登山【後編】
Archives
Categories
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
Profile

いずみちゃん

おきてがみ
Twitter プロフィール
アンケート
興味をお持ちのものを教えて下さい。

音楽制作関係の記事
音楽鑑賞関係の記事
マイルス・デイビスの記事
フルトヴェングラーの記事
その他音楽関係の記事
ジュビロ磐田の記事
モンテディオ山形の記事
サッカー日本代表の記事
その他サッカー関係の記事
音楽、サッカー以外の記事


-Mini Vote-
静岡県 今日の天気
Jリーグ
堀川ひとみLive情報
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ