いずみちゃんの徒然草

******音楽やサッカー、そして登山のお話など、徒然なるままに******

【VOCALOID Mew/Ken】 《ポジティブ》5

you_acid【《ポジティブ》 歌:Mew ラップ:Ken 作詞・作曲:Izumi-chan】

 かなり久し振りにACIDというループシーケンサーを何となくいじってみたら、ちょっといい感じのバックトラックがさっとできてしまったので、それにボーカロイド陣を乗っけて、さくっとボカロ曲を作ってみました(HALion 5はごくわずかしか使っていません)。

 後半のダンスフロアっぽい盛り上がりが気持ちいい♪ って感じで、そこが一番の聴きどころ、いや、踊りどころ(?)かな!

 さらに、最初と途中でボーカロイドのKenにラップっぽいこともさせてみました。しかし、これが全然ダメ!? 殊に途中のラップはラップじゃない! 最初のは、歌詞の暗さが合っているといえばそうか、ですがね。あっ、曲名は《ポジティブ》だけど、ラップもどきはずっと暗めです。しかし、ボーカロイドでラップってどうやるの?

 でも、Mewは全体を通して気持ち良さそうに歌っていますので、悪しからず。

 なお、今回もSoundCloudにアップしています。ストリーミング用だけど、ぜひ聴いてください♪



 追記ですが、映像版もアップしました。いつものごとく、PhotoCinema+にお任せして作成したものですけど。



【メモ】

 歌手:Mew
 ラップ(?):Ken
 バックコーラス:Fukase
 伴奏:ACID Pro 8.0、HALion 5
 DAW:Cubase Pro 9.5
 テンポ:120 BPM
 ジャンル:J-POP、Dancehall
 映像:PhotoCinema+

ranking
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ

昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 【道中編その2】5

_DSC8832_00001【2018.11.14 ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 於:奈良県】

 【撮影編】や【道中編その1】でも触れていますが、ぴあMOOK中部『東海から行く紅葉絶景』の表紙で見た奈良県吉野郡上北山村のナメゴ谷の昇竜のような紅葉を見たくて遠征しました。とりあえず、そのナメゴ谷までのことは綴りましたが、今回はその後立ち寄った不動窟鍾乳洞のことから始めましょうか。さあ、500円払って喫茶 ホラ!あな(ホラ!!あな)経由で早速向かいます。

_DSC8922_00001


 不動坂を滑らないように下り、天井の低い所は屈んで進みます。うん、アドベンチャー感があり、何かわくわくしてきますよ。

_DSC8915_00001


_DSC8914_00001


 すると、何か轟音とともに不動尊がいらっしゃる広い空間に出ました。ここが第三窟ですが、何と滝状の急流──不動の滝が流れていたのです。不動尊に向かって左側を豪放なサウンドを響かせて勢いよく流れるその様は、不動尊がロックミュージシャンに思えるほど♪ 凄いよ、ここ!

_DSC8912_00001


_DSC8901_00001


 さらに進みます。再び天井が低くなり、川(三途の川)を渡り、狭い通路(胎内潜り)を潜ると、その先にはまた広い空間が。ここが第四窟──奥の院広場です。お〜、竜ヶ岩洞(ここなど参照)とはまた違った色合いの緑がかったところもある岩肌も印象的。

_DSC8875_00001


_DSC8884_00001


 んっ!? ここにも昇竜がいた! 上り竜と書かれていましたが、ナメゴ谷だけではなく、ここでも昇竜との出会いが! なお、下り竜もいましたよ。

_DSC8877_00001


 狭い所にはアドベンチャー感があり、広い所には見所満載と、このアクセント──思っていた以上に満喫してしまった不動窟鍾乳洞を後にしました。途中、村一番の紅葉おすすめスポット! と川上村ガイドブックに書かれていた井戸橋辺りのそれを。さらに、ここから西方面を望むと、またそこにも昇竜が! 昇竜尽くしですね♪

_DSC8931_00001


_DSC8956_00001


 次は、少し戻って吉野川を渡り、氷瀑になることもある御船の滝を見にいくことに。でも、その前に、途中に出現する岩戸の滝を。周りの自然の中によく映えるちょっぴり神秘的で雅な滝ですね。

_DSC9020_00001


_DSC9019_00001


 そして、御船の滝に。林道から130m歩いて到着。ほ〜、水の流れは枝分かれして裾野が広がるかの如く優麗で、その優しげな滝音の響きには癒されますね♪ また、約50mと意外とスケールもあり、立派な氷瀑になる可能性を十分に感じさせるのでした。なお、滝見台からは全体がきれいに見渡せます。

_DSC8971_00001


_DSC8987_00001


 さあ、後はゆっくりと帰宅の途に就きましょうか。気になるスポットがあったらふらっと立ち寄りながらね。その中の一つが、通ってしまった県道28号沿いで見かけた、落ち葉で一面真っ黄色に埋め尽くされた、この何気ない空間。

_DSC9050_00001


_DSC9054_00001


 さらに、国道370号を北上していたら、右手側にカーナビで十三重塔の文字と史跡・名勝・天然記念物の地図記号が。ここにも思わず立ち寄ってしまいましたよ。宇陀市大宇陀牧にある覚恩寺・十三重石塔ですが、ぽつんとただそこに立っているっていう感じでもあるけど、一方歴史の重みもここには。

_DSC9076_00001


 こうなったら、ということで、片岡家住宅にも。宇陀市大宇陀田原にある地主農家だったそうですが、本日は都合により見学をお断り申し上げておりますということで、残念……

_DSC9082_00001


 そういえば、この日(2018年11月14日)、まだ暗かった早朝に、昨夜(2018年11月13日)伊賀SAで買ったもちもち草もち3本しか食べていない! 道の駅 宇陀路大宇陀に立ち寄ることに。れすとらん甘羅は閉まっていましたが、喫茶軽食はやっていました。早速こういったところでは高めの750円の宇陀牛肉うどんを注文してみましたが、これが結構美味しかった♪ 脂身の多いバラ肉(牛肉質等級4以上)を使用していて極上肉と謳っていますが、伊達じゃなかったね。一口食べてみて違いがすぐにわかるって感じでした。私はグルメ舌を持ってはいませんが。

_DSC5642_s


 その後、車で大宇陀の重伝建地区をゆっくりと走りました。風情はあるよね。なお、これはドライブレコーダーで撮った動画から切り出した画像ですが、時間は20分ほど進んでいます。

20181114_01


 うん、何かナメゴ谷以降は(いや、ナメゴ谷も含めてかな)メジャーというよりはその地元の名所を訪ねたという感じでしたが、結構バラエティーに富んでいて色々と満喫してしまいました。やっぱりどこかに遠征するのって楽しいですね♪ また様々なスポットにドライブしたいです!

昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 書庫
・【撮影編
・【道中編その1
・【道中編その2

ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 【道中編その1】5

_DSC8797_00001【2018.11.14 ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 於:奈良県】

 【撮影編】でも触れていますが、ぴあMOOK中部『東海から行く紅葉絶景』の表紙で見た奈良県吉野郡上北山村のナメゴ谷の尾根上に出現する昇竜のような紅葉を見たくて遠征しました。

 実は、以前(2018年9月17日)大台ヶ原を訪ねたことがありましたが、その時本当は八経ヶ岳(大峰山)に登ろうと予定していました。しかし、国道169号を南下し、そこから弥山登山口のある国道309号に舵を切ったら通行止めということでそれは断念したんだよね(ここなど参照)。今回駆けつけたかったナメゴ谷へは同じ道を通ります。でも、今は時間通行止めになってはいるものの、昇竜の如き絶景を拝むためには良いと言われる斜光が射す朝方9時までは通れることを事前に確認しています。まあ、心配なのは天気、及びピークは過ぎているかもしれない紅葉そのものですが……

_DSC5631_s


 ところで、出掛けたのは前日(2018年11月13日)でした。思わぬ連休がとれたからね。もっとも、着いたのは夜で、もちろん観光もできず、これだったら得意の(?)未明からの深夜ドライブで駆けつけても同じだったかも。現地付近で思うように仮眠できなかったし。その仮眠ですが、夜、視察を兼ねて国道309号を国道169号から10km以上先の弥山登山口のある行者還トンネル先まで走っています。その途中、国道169号との分岐から6.4kmと6.5kmの間にナメゴ谷の眺望スポットがあり(ポストがあり、64番と65番との間)、その近辺で仮眠を! とも思ったのですが、スペースがあまりないし、真っ暗な夜は鹿などにも実際に結構遭遇して何か怖いし、結局国道169号沿いのとある駐車場のあるところ(上北山村立総合案内センター)まで下ってちょっぴり仮眠しました。なお、下の写真はドライブレコーダーで記録した動画から切りとった行者還トンネルですが、時間は多分20分ほど進んでいます。

20181113_01


 翌朝(2018年11月14日)、まだ暗いうちからナメゴ谷に向かいました。混むかもしれないと思ったので。しかし、特に待機している方もおらず、私は意味もなく、いや、とりあえずどこに駐車するかを考えながら、このナメゴ谷の眺望スポットの辺りを結構往復してしまっています。なお、おそらく、最初のカメラマンの小父さんは午前5時を過ぎたあたりに来ていた感じでした。まだ辺りは真っ暗でしたが、結局混むことはなかったけど。なお、最終的に私は61番ポスト先の駐車はできるスペースのある所に車を止めました。下に載せた1枚は、しばらくして明るくなってから、その駐車したほんの少し先で撮った風景です。う〜ん、やっぱり例の昇竜が如きの尾根上の紅葉はピークは過ぎた感じか……

_DSC8679_00001


 斜光が射し始めそうな頃、例のナメゴ谷の眺望スポットに向かいました。そして、ここが6.4km地点。そこからの展望ですが、光芒が美しいです♪

_DSC5637_s


_DSC8708_00001


 さらに、ヘアピンカーブを曲がり切ったその先がナメゴ谷の眺望スポットになります。そのからの眺めとともに。右に見える尾根上の筋がよく写真で見かけるものかな? また、中央の尾根上の筋も興味深いのですが、左の尾根上の筋はより昇竜っぽくて良い感じ♪ 上手く撮れないけど……

_DSC5639_s


_DSC5640_s


 さあ、それでもめげずに撮りましょうか。しかし、曇りがちでなかなか日が射さずに、しまいには小雨もごくわずかにカメラを濡らす程度にはぱらついたりで。でも、面白い風景なので、意外と見飽きないし、結構長い時間満喫してしまっています。

_DSC8725_00001


_DSC8767_00001


_DSC8796_00001


 まあ、本当は紅葉のピークの時だったらもっと良かったし(実際に、山奥なのに観光バスが出るなど、少し前はもっと賑わっていたとのこと)、気付いたら午前9時も近付いてきているし、そろそろここを発ちましょうか。さて、どこに行こうかな?

 とりあえず、国道169号に戻り北上してみました。下りてくると木々の色付きは少し鮮やかになっているなあ、やっぱりナメゴ谷にはもう少し早い時期に訪ねたかったなあ、と思いながら。そして、川上村に入り屏風岩が見えていると、その対岸に不動窟の看板が。鍾乳洞か。せっかくなので立ち寄ってみますか。それほど期待はしていないけどね。でもね、ここ、結構楽しめたんですよ!

_DSC8824_00001


_DSC8829_00001


 しかし、そのことは【道中編その2】で。あしからず。

昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 書庫
・【撮影編
・【道中編その1
・【道中編その2

ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
訪問数(05.11.19〜)
Recent Entries
ギャラリー
  • 【VOCALOID Mew/Ken】 《ポジティブ》
  • 【VOCALOID Mew/Ken】 《ポジティブ》
  • 昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 【道中編その2】
  • 昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 【道中編その2】
  • 昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 【道中編その2】
  • 昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 【道中編その2】
  • 昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 【道中編その2】
  • 昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 【道中編その2】
  • 昇竜、紅葉、そして滝に会いにいく──ナメゴ谷・不動窟・御船の滝 他 【道中編その2】
Archives
Categories
Recent Comments
記事検索
Profile

いずみちゃん

おきてがみ
Twitter プロフィール
アンケート
興味をお持ちのものを教えて下さい。

音楽制作関係の記事
音楽鑑賞関係の記事
マイルス・デイビスの記事
フルトヴェングラーの記事
その他音楽関係の記事
ジュビロ磐田の記事
モンテディオ山形の記事
サッカー日本代表の記事
その他サッカー関係の記事
音楽、サッカー以外の記事


-Mini Vote-
静岡県 今日の天気
Jリーグ
堀川ひとみLive情報
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ