いずみちゃんの徒然草

******音楽やサッカー、そして登山のお話など、徒然なるままに******

ウォット、弁天島──舞阪ぶら散歩5

_5200141 貴重な休日(2018年5月20日)、もっと遠出したかったのですが、浜名湖の南に位置する舞阪町という超近場を訪ねています。中・高生の頃、あえて実質舞阪町の中心駅である弁天島駅まで自転車でやってきて、そこから東海道本線に乗って浜松駅まで行っていたり、それ以外では今もこの辺りは車で数え切れないほど素通りしていたりしています。でも、実はこの舞阪町をじっくりと訪ねたことは今の今までなかったのでは?

 というわけで、まずウォットを訪ねています。

_5200063


 ウォットって、水族館です。決して大きくはありませんがね。でも、浜名湖体験学習施設と銘打っているだけあって、魚に直接触れられたり、学校の理科室みたいな開放実験室があったり、生き物と浜名湖に触れ合えるっていう雰囲気がいいね!

_5200044


_5200043


_5200053


_5200055


_5200037


_5200029 (2)


_5200059


 また、そもそもここは水産技術研究所浜名湖分場の一部であるともいえ、研究施設そのものを垣間見られるのもいい感じ♪

_5200019


_5200023


 ところで、実は乙女園公園駐車場に車を止め、そこから歩いてきていました。ウォットのすぐ近くに1日410円の浜松市営渚園駐車場はあったんだけどね。その乙女園公園駐車場周辺も含め、舞阪・弁天島界隈には津波対策がいろいろと見られます。南にはすぐ遠州灘が、っていう場所柄ですからね。

_5200074


_5200090


_5200091


 さて、今度は弁天島の赤い大きな鳥居を眺めましょう。まあ、宗教的なものではなく、弁天島観光シンボルタワーということなのですがね。でも、南国ムードもちょっぴりある弁天島海浜公園から望む景色はいい感じ! 後方の浜名大橋も良いアクセントになっているしね。あっ、そうそう、逆に浜名大橋から望む弁天島の風景も爽快で、ここを浜松市街方面に向かって車で走っているときにはスピードを迷惑にならない範囲内で落として景色を楽しみたい♪ って(ちなみに、豊橋・名古屋方面に向かう際、遠州灘を望む風景もとても気持ち良い感じです)。

_5200133


 あと、この赤鳥居、冬場にその間に夕日が沈むことでも知られています。もちろん、今はかなり外れた所に沈みますが、それでもこの夕暮れ時の光景には癒されます。

_5200202


_5200160


_5200198


_5200207


_5200214


 なお、弁天島だけでなく、さらに足をのばした所にある舞坂宿脇本陣や舞阪灯台などにも立ち寄っています。舞坂宿脇本陣は開館時間(9:00〜16:00)を過ぎていましたけどね。でも、こう見ていくと、舞阪・弁天島界隈って、レジャーだけでなく歴史的なスポットもあり、結構バラエティーに富んだ所だったんだって実感。決して派手ではないけどね。

_5200216


_5200085


 最後は、ほんのちょっとだけウユニ塩原(塩湖)を髣髴させる、舞阪漁港の絵のような光景を眺めながら、今回のブログエントリーを終えたいと思います。

_5200224


_5200234


ranking
blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ

【ジュビロ磐田】2018 J1 第15節、得点力不足が露呈しリーグ戦連敗で中断期間へ2

20180519【2018.5.19 2018明治安田生命J1 第15節 湘南vs磐田 1-0 於:BMWス】

 この第15節は、ワールドカップの影響で公式戦15連戦を強いられた15試合目で、とりあえずこの過密日程もここで一段落。だからこそ、しっかりと勝利で区切りをつけたいところです。しかも、ジュビロ磐田は前節(第14節)、背後にポーンとボールを出され、高さのギャップをつかれたようなクロスに苦戦したという、何か嫌な敗戦をしただけにね。さらに、川又堅碁と小川航基との2トップは、まだオプションになり得ていない感じだし、Jリーグではないけどワールドカップメンバーにジュビロ磐田の選手(そして、この日19日まで練習参加の小林祐希も)が選ばれることはなさそうだし、と……

 でも、中村俊輔がベンチ入りするらしいのは朗報。スーパーサブ的な出番があるのか!?

 しかし、結論から言うと、ジュビロ磐田は敗れてしまいました。中村俊輔は途中出場しましたが、打開はできず……

 まあ、ジュビロ磐田は優勢だったことは間違いないでしょう。湘南ベルマーレにはワンチャンスを決められてしまい、ジュビロ磐田にとっては負けるべき試合ではなかったと思います。かと言って、この結果は偶然というわけでもなく、必然であったことも否定できない感じでしたが。

 その必然というのは得点力不足です。この試合(第15節)も無得点でしたが、第15節終了時点でも15得点ですから。これ、決定力の問題もありますが、やっぱり、相手の脅威だったアダイウトンの離脱、チームにフィットし始めてきていたギレルメの解雇が痛い感じ。そう、殊に左サイドの推進力に欠け、そこから良いボールもなかなか上がってきませんから。チームとしてボールを動かせるようになってきてはいるのですが……

 あと、ミスも目立った感もあったのは、連戦の疲れ故か。これも、怪我人や解雇処分が響いてきていたかな。いくらチームの総力とかいっても限度もありますから。

 でも、名波浩監督は「今日(2018年5月19日)のようなゲームを続けていければ、さらに高みに行けそうな気がする」とインタビューでおっしゃっていたようです。もちろん、それは課題を踏まえた上でのコメントだと思うのですが、中断期間でのたて直しに期待します。

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

『やまがた百名山』5

_5170123【『やまがた百名山』(みちのく書房)】

 この書籍について触れる前に、まず、昨日(2018年5月16日)行われたJリーグYBCルヴァンカップについてから。私の応援するジュビロ磐田はヴァンフォーレ甲府に何とか勝利し、Bグループ首位通過を決めました。とりあえず良かったです。試合の詳細は見ていないのでよくわかりませんがね。それはともかく、この結果、ジュビロ磐田はプレーオフステージではガンバ大阪と対戦することに。絶対に突破してほしいです!

 さて、『やまがた百名山』です。山形県環境エネルギー部みどり自然課が監修した、このいわゆるガイドブックは、何か入門書的ではあります。しかし、周辺の観光スポットなどにも触れられていますが、それも嫌みのない紹介で、山だけに限らない山形県そのもののガイドブック風要素もあり、コンパクトながらも充実した内容になっている感じです。そう、山形県の魅力を改めて掘り出してくれるようなところもあってね。それでいて、肝心な山の情報、たとえばグレーディングなどもしっかりしているし。

 これ、発行してまだ1ヶ月くらいしか経っていないようですが、静岡県静岡市のとある書店で購入しています。私は大学時代、山形県山形市内に住んでいて、懐かしく感じてしまってね。

 もっとも、懐かしいとは言っても、学生時代はもちろん社会人になってからも、山形の山々にはあまり登ったことないんだけどね。当時は登山に目覚めてはいませんでしたから。また、この書籍を見たからといって、今後なかなか登る機会にも恵まれないでしょうが。静岡県浜松市から決して近くはないからね。

 でも、学生時代登った千歳山や、熊野岳には登ったことないけど結構訪ねたことのある蔵王、そして笹谷峠から山形神室岳方面へのプチ登山などを懐かしく思い出すことができました。特に笹谷峠からの山歩きは、少なくとも社会人になってからは、笹谷トンネルは何十回も通っていても笹谷峠には立ち寄ったことすらありませんから、そこに載っていた山の写真を見てみて、昔の記憶とシンクロするところがあって、何か嬉しくなってしまいましたね♪

 とにかく、山形県民もそれ以外の方々も、それほど登山にのめり込んでいなくても、何かちょっとそこ、訪ねてみようかな! って思わせる、とてもよくできたガイドブックだと思います。使われている写真も良い雰囲気だしね。

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
訪問数(05.11.19〜)
Recent Entries
ギャラリー
  • ウォット、弁天島──舞阪ぶら散歩
  • ウォット、弁天島──舞阪ぶら散歩
  • ウォット、弁天島──舞阪ぶら散歩
  • ウォット、弁天島──舞阪ぶら散歩
  • ウォット、弁天島──舞阪ぶら散歩
  • ウォット、弁天島──舞阪ぶら散歩
  • ウォット、弁天島──舞阪ぶら散歩
  • ウォット、弁天島──舞阪ぶら散歩
  • ウォット、弁天島──舞阪ぶら散歩
Archives
Categories
Recent Comments
記事検索
Profile

いずみちゃん

おきてがみ
Twitter プロフィール
アンケート
興味をお持ちのものを教えて下さい。

音楽制作関係の記事
音楽鑑賞関係の記事
マイルス・デイビスの記事
フルトヴェングラーの記事
その他音楽関係の記事
ジュビロ磐田の記事
モンテディオ山形の記事
サッカー日本代表の記事
その他サッカー関係の記事
音楽、サッカー以外の記事


-Mini Vote-
静岡県 今日の天気
Jリーグ
堀川ひとみLive情報
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ