40882df7.jpg【6/29(現地時間)2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ 決勝トーナメント1回戦 パラグアイvs日本 16:00キックオフ 於:ロフタス バースフェルド スタジアム】

 さあ、いよいよですね。まあ、その前に、これからブラジルvsチリをTV観戦するつもりですがね。

 日本はやっぱり過去の大会、殊に前回ドイツ大会での苦い経験から学んだこと、それを活かしている印象も強いです。そう、経験の力ってやつです。

 ただ、それも技術の高さに裏づけされたものと感じます。以前何かの番組で、日本は技術そのものは、練習だけ見せたら世界でもトップクラスであるというような、中田英寿氏らの発言を耳にしました。しかし、反面、それは試合では使えないものだとも。なぜ? 使い方を知らないからと。しかし、練習でできるということは本番でもできる要素はあるとも。そう、もしかしたら、カメルーン戦に勝ったことにより得た自信により、そういった術を少しだけでも身につけることができたのかともね。これもまた経験。

 さて、2002年日韓大会決勝トーナメント1回戦日本vsトルコでの宮城スタジアム、不思議と熱い一体感が希薄な(というか、遠い、距離感があるって感じ。)、妙な雰囲気が流れていたスタジアムでした。パラグアイ戦はこうならないように! 反面教師にしないとね。ここでも経験を活かすときです。

 パラグアイの国旗の裏面にはライオンが描かれています。これを見て、熱い闘志をかき立て、いざ決戦へ!

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 サッカーブログへ