830 昨日(30日)、(財)日本サッカー協会は、ついにSAMURAI BLUE(日本代表)新監督が決定したと発表。

 その名は、アルベルト・ザッケローニ(愛称ザック)。

 この日、日刊スポーツは1面でホセ・ペケルマンの就任が決定的と報じ、スポーツニッポンは同じく1面でザッケローニと報道。果たしてどっちなの? と動向を気にしていましたが、栄冠はスポニチに輝きました。

 ところで、海外サッカーにそれほど詳しくない私は、ザッケローニのことはよく知りません。ただ、様々な報道を総合すると、人柄を褒める声が多く、Jリーグに対する関心も決して低くはなかったようです。

 しかし、ACミラン監督時代にスクデットを獲得したのは今は昔で、最近は覇気が感じられなくなったとの評も。

 う〜ん、とにかく、まず、今日(31日)の就任会見に注目しましょう! もちろん、期待は大いにしていますから。攻撃的サッカーで名をあげたというウディネーゼ監督時代やACミラン監督時代などを上回る実績を築き上げてほしいです。

 
 一方、話はサッカーから音楽に突然変わりますが、あのKORG DS-10の開発スタッフとコルグ社がまたまた興味深いソフトを作り上げました。

 その名は、KORG M01。

 KORG M1をモデルにし、ニンテンドーDSを今度は曲作りを中心に楽しめるミュージック・ワークステーション化するソフトのようです。

 お〜、プレイ動画をちらっと観ましたが、何かM1で聴いたことのあるような懐かしい音色に誘われ、Amazon.co.jp限定販売ということなので、すぐにその予約注文ボタンをポチッとしてしまいました。

 ゲーマーではない私は、DSはめったに手に触れないものに成り下がっていますが、これで表舞台に復帰か? いや、KORG DS-10もいつの間にか使わなくなってしまいましたから…。

 さて、果たして!?
 
ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ