140511_jubilo_004【5/11 2014 J2 第13節 磐田vs大分 1-1 於:ヤマハ】

 次々節(15節)以降、土曜日開催が続きます。そう、ワールドカップが控えていますからね。しかし、私にとって土曜日開催は嬉しくない! だって、土曜日は基本的に仕事ですから……。さらに、夏以降は土曜日はもちろんのこと、日曜日もサッカー観戦に駆けつける目処が立たなくて、もしかしたらこの試合が今季スタジアムに駆けつける最後となるかも!? うん、その分楽しませていただきますよ。

 実は日曜日の翌日(12日)月曜日も休みで、私の職場としてはGW、お盆、年末年始以外では珍しい連休。ジュビロ磐田の試合を観戦する前は寸又峡で夢の吊橋を渡り、その翌日は天城山に登っています。そのあたりのことは後日ご報告します(その前編はここ、後編はここです。)。今回はサッカーのことだけになりますが、お付き合いください。

 さて、その大分トリニータ戦ですが、前半は良かったですね。攻撃の連動性も今季直接見た試合では一番と言えるくらい。その流れの中で、山田大記の股抜きクロスを前田遼一が見事にゴールし、ジュビロ磐田が先制!

140511_jubilo_001


 しかし、後半が始まると、早々流れは大分トリニータに。でも、ここで耐えていれば、結果は違ったものになったのでは? そう、この後半10分、セットプレーからの失点がこの試合の一番のポイントでした。

 う〜ん、試合中、悪い流れになることはあるでしょう。でも、ここで耐えることができるか、できないかが大きな問題で、これこそが強いチームになれるかどうかの分岐点でしょう。強いリーダーシップをとれる選手がいなければ、全員で意識の共有をさらに強固なものにしていかなければならないと思います。

 ところで、試合後しばらく経ってから、黄昏時のゴール裏からは前田遼一、駒野友一、そして伊野波雅彦のコールが。そうです、この試合の翌日(12日)は2014FIFAワールドカップブラジルに向けての日本代表が発表されるのです。

140511_jubilo_005


 果たして、選ばれたのはジュビロ磐田からは伊野波雅彦。おめでとうござます。そう、私が今季見た試合では、ずっと安定したパフォーマンスを発揮していて、頼もしい限りでした。

140511_jubilo_002


 一方、前田遼一と駒野友一は選ばれずに、残念……。殊に、前田遼一のめぐりあわせの悪さには、本当に本当に……。あと、駒野友一ですが、この第13節でのクロスの精度はどうしちゃったんだろう? って感じではありましたが、こちらも無念。ただ、この3人の中では1番コンディションの良かったのは伊野波雅彦だったと言えるかもしれません。

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ