20240517_ZFC5644_01【2024.5.17 三筋山(稲取細野高原) 於:静岡県賀茂郡東伊豆町 他】

 今年(2024年)のゴールデンウィーク(GW)も友人たちと伊豆半島巡りをしましたが(ここなど参照)、そのとき行こうと思って行きそびれた2つのスポットを訪ねてみました。それは、東伊豆の稲取細野高原と西伊豆の浮島海岸です(浮島海岸については別記事でここに)。どちらも賀茂郡にあるけど、東伊豆と西伊豆ですから、それなりに離れたところにあります。西伊豆へは夕方のほうが良いと考え、まずは東伊豆の稲取細野高原を訪ねてみることにしました。

 国道135号から細野高原まで4.5kmとそこまで誘う看板がありました。思っていたよりも細い道で、ここ? と一瞬躊躇するほど。でも、公式ページには大型車・バスの乗り入れはご遠慮くださいとのことで、然もありなんといったところか。山菜狩りや秋のすすき観賞会といったイベントが行われているときには、入山料金が掛かるとともに、11人乗り以上の一般車両は入れませんと明記されていますからね。そんな道の先には細野高原第1駐車場が。お〜、清々しい景色です。いいねえ! 5月ならではの瑞々しさがあります。ブランコもありましたが、乗ると爽快だし。

20240517_ZFC5597_01


20240517_ZFC5602_01


 高原の奥には三筋山方面が見渡せます。登山、ハイキング目的ならばここから歩いていくでしょうが、今回は違うので、っと、この先、まだ車でも行けるみたい。三筋下に駐車場があるようなので(実際はチェーンで封鎖され、一般車は進入できないことを後で知ることに)、そこまで車で行って、そこから歩いて三筋山頂上にはお気軽に立ち寄ろうと考えました。でも、道はさらに細く、う〜ん、って感じ。

20240517_ZFC5600_01


 さらにさらに、桃野湿原に入っていくところにある駐車場を越え、駐車スペースのあるチェックポイントい判颪れた(P印のない、嘗ての?)パラグライダー駐車場も越えて、写真に写るその先の道まで進んでしまいました。これが間違い。三筋山に登るためには車で進入できる一番奥の駐車スペースがこの(P印のない、嘗ての?)パラグライダー駐車場だったのです。この先に進んでも三筋山からは遠ざかるばかりです。しかし、それを知らない私は、決してたどり着くことのできない三筋下の駐車場を目指して、入ってはいけない道に入ってしまったのです。道は結構荒れています。こ、これは!?

20240517_ZFC5686_01


 少しすると、林道 振越線(終点)と書かれた標識があり、道が分かれていました。その道は下っていき、これは違う。一方、少し上る道もありましたが、これはもっともっと悪路に。でも、三筋山方面ならこっちじゃないと。ということで、恐る恐る進んでみることに。しかし、次第に普通の車じゃ、いや、そうでなくてもこれ以上進むのは無理っぽい感じに。切りかえすところはないため、バックで先程の分岐まで戻ることに。そこでなら切りかえせそうなので(実際に、ここで切りかえしています)。ただ、バックで戻る際、石なんかで擦ったのか撥ね上げたのか、車のドア下のボディに擦り傷を。あにゃ〜、って感じですが、まあ、そんなような道だったということです。で、何とか駐車スペースのあるチェックポイントい判颪れた(P印のない、嘗ての?)パラグライダー駐車場まで戻り、ここで駐車することに。

20240517_ZFC5609_01


 はい、ここから三筋山山頂まで歩いて登りましょうか。っと、後で知ったんだけど、車で目指していた三筋下の駐車場は、このチェーンで封鎖されていた舗装路でしか行くことができなかったのです。ということは、この舗装されている道を進めば、必然的に三筋山に向かうことができるわけです(実際にそうでした)。でも、140分コース(6.5km)を示す看板は、次のチェックポイントイ鮗┐耕隶は草原のほうに向いています。私は草原のほうが気持ちよさそうだし、そちらにも登山道があるのだろうと思い、草原のほうへ。

20240517_ZFC5685_01


 草原はたしかに気持ちよさそう。私も本日の最終目的地がここならば、この草原の真ん中でまったりしたい♪

20240517_ZFC5611_01


20240517_ZFC5612_01


 さあ、この草原を登っていきましょう。ただ、踏み跡はあるものの、これ、結構急だぞ。お気軽ハイキングコースじゃないだろう。登りはともかく、下りでは滑りやすそうだし。う〜む、考えてみると、あの矢印、この草原を横切って、向かいの140分コース(6.5km)の舗装路に出て、そこから山頂を目指すものだったのでは? とも。それはともかく、私は草原を登っていきました。景色は爽快で素晴らしく、それは高度を上げていけば上げていくほどって感じで、それを体感しながら。

20240517_ZFC5613_01


20240517_ZFC5614_01


20240517_ZFC5617_01


 草原を登りつめると舗装路に出ました。チェックポイントイすぐそこにあり、ここに三筋下の駐車場がありました。

20240517_ZFC5621_01


20240517_ZFC5622_01


20240517_ZFC5623_01


 先程の推測だけど、これを見てみると違うかも? だって、チェックポイントいらイ悗瞭擦里蠅呂海涼録泙任830mと書いてあり、チェックポイントい埜た看板もイ悗脇瑛佑830mでした。とすると、たんに矢印の向きが違うだけ? いや、方向ではなく場所を示していた? まあ、いいや、あと10分から15分程度で山頂らしいです。

20240517_ZFC5667_01


20240517_ZFC5665_01


 途中ビュースポットがありますが、それは下山のときに。

20240517_ZFC5626_01


 程なく三筋山の山頂に(標高821m)。ユーラス河津ウインドファームの並びも壮観です。っと、ここから9.6km歩くと八丁池か。ここから訪ねるかは別にして、天城峠からだったら機会があれば行きたいかな。

20240517_ZFC5629_01


20240517_ZFC5630_01


 展望台から眺めます。2024年GWのとき友人たちと駆けつけた爪木崎方面も望めますね(ここ参照)。

20240517_ZFC5632_01


20240517_ZFC5636_01


 いや〜、とにもかくにも雄大で清涼感のある大展望は本当に素敵です。

20240517_ZFC5634_01


 さあ、少しだけ下山して、ビュースポットに。いや〜、これはいい眺めです。稲取岬の先には伊豆大島や利島なども望めます。山と高原じゃなくて、海と高原のコラボって、ほんと清々しさで満ちています。

20240517_ZFC5647_01


 下山も爽快さのある高原を見下ろしながら。

20240517_ZFC5658_01


20240517_ZFC5663_01


 チェックポイントイ了斡擴爾らは今度は舗装路で。先程登っていった草原を振り返ります。

20240517_ZFC5678_01


 草原を登っているハイカーがいますね。

20240517_ZFC5683_01


 チェックポイントい北瓩辰討ました。うん、秋のすすき観賞会のときにまた来たいけど、そのときは入山料金が掛かるのか。どうしよう? って、今度の秋のことはともかく、これから西伊豆に移動して浮島海岸を訪ねます。意外と長くなってしまったので、それについては後日報告します(ここです)。悪しからず。

ranking
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村