_DSC5757_s【単行本『エレクトリック・マイルス』(ポール・ティンゲン著)】

 この本は『MILES BEYOND - The Electric Explorations of Miles Davis, 1967-1991』(Billboard Books, 2001)の全訳です。しかし、2001年の書籍が今年(2018年)になって日本語版として出るなんて、それも定価6,000円(税抜)ですからね、マイルス・デイヴィスって凄い!?

 昨日(2018年12月19日)私用出社後書店で購入したばかりで、さらに全488ページで読み応えのあるボリュームですからね。まだ半分も読んでいません。でも、エレクトリック期に焦点を当てたコンセプトと、それを50人を超えるという関係者へのインタビューからの、特に音楽的なことに触れた証言は興味深く、読み始めると止まらなく感じに。そう、帰りの新幹線で一心不乱に読んでしまいましたよ。時間の都合で途中までですが……

 第一章「リッスン」は、「まあ聞いてくれ」という『マイルス・デイヴィス自伝』と同じ言葉で意図的に始まっています。著者であるポール・ティンゲンは、これはマイルス・デイヴィスの核心をつく言葉と書いていますが、「よく聴く」という彼のその姿勢がマイルス・デイヴィスを理解する重要なポイントの一つと、関係者の証言などとともに主張しています。これは、いろいろと彼の音楽を聴いてきた実感として、私的には納得です。もっとも、『マイルス・デイヴィス自伝』でいう「まあ聞いてくれ」にはそういった意味は含まれていないと思われますがね。

_DSC5758_s【ムック『T-SQUARE & THE SQUARE Reunion 40th Anniversary Celebration Book』】

 あわせて、別のモノも購入。こちらはムックで、定価3,000円(税抜)と『エレクトリック・マイルス』ほどではないけどそれなりのお値段でしたが。

 T-SQUAREのデビュー40周年を祝して出されたこのムックは、メンバーなどの、こちらも特に音楽的なことに触れたインタビューが興味深かったです。でも、買ったのはそのことよりも、メンバーが使っている、もしくは使っていた楽器が写真と一緒に掲載されていたことが理由として大きかったかな。殊に、(元)サックス吹き、(現)EWI吹き(いや、こちらも今は全然吹いていないか……)としては、伊東たけしのそれはね。LYRICONやTAKECON-1といったウインド・シンセも載っていましたが、私的には珍しくて悦。

 そういえば、年末年始は久し振りにT-SQUAREのライブに友人と参戦します。こちらも楽しみです♪

ranking
にほんブログ村 音楽ブログへ