"The MISCELLANY" by Izumi-chan

******音楽やサッカー、そして登山・写真のお話など、徒然なるままに******

シータS

三島スカイウォークに行ってきました♪ 【前振り】5

_DSC5814_s【2019.1.23 三島スカイウォーク 於:静岡県三島市笹原新田】

 昨日(2019年1月23日)、三島スカイウォーク(1,000円也)に行ってきました。正式名称は箱根西麓・三島大吊橋というらしい、全長400mと日本一の長さを誇る歩行者専用吊橋がそれです。

 初めて駆けつけましたが、実はこの後、他のスポットも訪ねてみようと思っていました。吊橋を渡るだけなので、時間が余ると考えたからね。しかし、結局行ったのは三島スカイウォークのみ。なぜなら、そもそも三島スカイウォークに駆けつけたのが午後2時前と寄り道して遅くなったこともありましたが、ここ、ただ吊橋を渡るだけでなく、思っていたよりも他にもいろいろと楽しめる要素があったからなんです。それは、スプレーアーティストのYASUKIという方のパフォーマンスを楽しんだり、KiroroじゃなくてKicoroの森を散策したり、300m級というロングジップスライド(1,800円也)で爽快感を味わったりとか。

 もちろん、吊橋などからの富士山や駿河湾方面の眺望も満喫させていただきましたが、詳細は後日【本編】で綴っていきたいと思いますので、今回は【前振り】ということで、リコーのシータS(シータVは修理からまだ戻ってきてはいません)で撮った360度全天球画像でその吊橋とロングジップスライドを紹介するにとどめておきます。悪しからず。

三島スカイウォーク
2019年1月23日、三島スカイウォークに行ってきました。その日本最長の大吊橋からの眺望です。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


ロングジップスライド
2019年1月23日、三島スカイウォークに行ってきました。この画像はロングジップスライドを行っている時、その一瞬を撮ったものです。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



三島スカイウォークに行ってきました♪ 書庫
・【前振り
・【本編

ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

4年ぶりに開放された御嶽山剣ヶ峰登山【前振り】5

_DSC7568_00001【2018.10.3 御嶽山登山 於:長野県・岐阜県】

 黒沢口登山道の一部規制緩和ということで、二ノ池上分岐から頂上までの登山道が通れるようになりました。これに伴い、あの2014年9月27日の御嶽山噴火以来4年ぶりに御嶽山の最高峰である剣ヶ峰(標高3,067m)まで登れることに。しかし、2018年9月26日(ご遺族及び関係者は午前10時30分、一般登山者は正午)から10月8日正午までの期間限定ですから、これは行ける時に行っておかないと! ということで、10月3日、平日の休みを利用して駆けつけてきました。

 詳細は【本編】(前編後編にわける予定)で綴っていきたいと思いますが、とりあえず【前振り】では写真をほんの少しだけ紹介するにとどめておきましょう。ちなみに、これで日本百名山には32座35回登頂に。

 まずは、八合目の女人堂からの御嶽山の紅葉。ここからは視界が開け、開放的な景色を満喫できます。うん、おそらくは紅葉のピークか!? 素敵な彩を堪能しましたよ♪

_DSC7187_00001


 一方、こちらは4年ぶりに開放された剣ヶ峰から一ノ池を望んだ写真です。荒涼感はありますが、目を見張る光景ですね。ただ、それは火山灰が降り積もった痕跡が色濃く見られることによるのかな? そう、紅葉と違い、2014年の噴火の影響が残っているんだよね。リコーのシータSで撮った360度全天球画像と一緒に。

_DSC7328_00001

4年ぶりに開放された御嶽山剣ヶ峰から望む
2018年10月3日、2014年のあの噴火以来、期間限定でですが初めて剣ヶ峰に登れるようになった御嶽山に行ってきました。その御嶽山最高峰の剣ヶ峰の様子をどうぞ! #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


 このように、晴天に恵まれ、御嶽山の紅葉の素晴らしさと山頂の荒涼感、対照的なこの2つ、十分に堪能できました。だからこそ、2014年の御嶽山噴火を風化させてはいけないとも。

_DSC7362_00001


4年ぶりに開放された御嶽山剣ヶ峰登山 書庫
・【前振り
・【前編
・【後編
・【山は秋色

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

色付く鳳凰三山(兼台風24号一過)3

_DSC6963_00002【2018.9.23-24 鳳凰三山登山 於:山梨県】

 その前に、台風24号(チャーミー)について。静岡県浜松市の自宅にいますが、いや〜、これはなかなか凄い風雨。殊に風が強く、家は揺れる揺れる。自衛隊のジェット機が飛んでいるのか!? と思うほどの音を発する突風です。

 さらに、停電にはならないものの、部屋の蛍光灯が消えかけたことも、って思っていたら、この日(2018年9月30日)の午後10時50分は過ぎていたはずですが、停電に。結局停電は翌日(10月1日)午前10時まで続くことに。実は中止になったジュビロ磐田の試合、できたんじゃないかとも一瞬思っちゃったけど(ここ参照)、午後3時から5時にかけての試合帯に関してはそうだったもしれませんが、午後7時あたり、いや、殊に午後8時以降くらいからかな、これはとんでもないって感じに。さらに午後9時くらいから最高潮の午後10時台を経て翌日(10月1日)になるまでが凄まじいほどのピークだったかもしれませんが、これはあまり体験することのない暴風でしたよ。

 で、翌朝(10月1日)、愛車のヘッドライトを見てみたら、われていた。悲しい……

_DSC5618_s


 さて、珍しくお盆以外で山小屋泊まりした鳳凰三山登山。ドンドコ沢ルートの登りは完徹だったこともありちょっと大変でしたが、様々な滝は見応えがあったし、地蔵岳のオベリスクは芸術的ですらありました。そして、晴天に恵まれた鳳凰三山の白砂の稜線歩きは360度大展望で、爽快な眺めを大堪能できた山行になりましたね。

 その爽快な眺めですが、午前中の豊かな雲海と山の秋の装いを感じさせる色付きが素敵だったんだけど、それを写真におさめるのは難しいね。

 たとえば、観音岳に向かう際、地蔵岳のオベリスク方面を振り返って撮った山の彩はまだいいんです。

_DSC6994_00002


 しかし、次の写真は観音岳から薬師岳方面への稜線、そして富士山を撮影したものですが、逆光気味で、雲海は白飛びし、稜線の両サイトで明暗のコントラストがあり、ほんと、思うように撮れません。

_DSC7079_00002


 山、特に紅葉は明るくおさめたいのですが、そうすると雲が白飛びして平板になってしまうし、露出量を下げると紅葉の彩は暗くなってしまうし。また、ハイライトで明るさを抑え過ぎると色合いが汚くなるし、改めて難しいね。

 なお、Adobe RGBで撮っているので、Web上で見るとくすんだ色合いになっているのはご了承ください。

 ところで、おまけとして、リコーのシータSで撮ったドンドコ沢の五色滝の360度全天球画像も載せておきましょうか。滝壺近くで撮影しています。

スケール感のあるドンドコ沢の五色滝
2018年9月23日、鳳凰三山登山した際立ち寄った五色滝。スケール感ある滝ですが、水しぶきを浴びるほど近づけるのもいいね。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



360度の大絶景が望める白砂の爽快な縦走路 鳳凰三山登山 書庫
・【前振り
・【前編
・【後編
・【色付く鳳凰三山
・【山は秋色

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
訪問数(05.11.19〜)
Recent Entries
ギャラリー
  • 2019 超私的アワード【フォトグラフ編】
  • 2019 超私的アワード【フォトグラフ編】
  • 2019 超私的アワード【フォトグラフ編】
  • 2019 超私的アワード【フォトグラフ編】
  • 2019 超私的アワード【フォトグラフ編】
  • 2019 超私的アワード【フォトグラフ編】
  • 2019 超私的アワード【フォトグラフ編】
  • 2019 超私的アワード【フォトグラフ編】
  • 2019 超私的アワード【フォトグラフ編】
Archives
Categories
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
Profile

いずみちゃん

おきてがみ
Twitter プロフィール
アンケート
興味をお持ちのものを教えて下さい。

音楽制作関係の記事
音楽鑑賞関係の記事
マイルス・デイビスの記事
フルトヴェングラーの記事
その他音楽関係の記事
ジュビロ磐田の記事
モンテディオ山形の記事
サッカー日本代表の記事
その他サッカー関係の記事
音楽、サッカー以外の記事


-Mini Vote-
静岡県 今日の天気
Jリーグ
堀川ひとみLive情報
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ