"The MISCELLANY" by Izumi-chan

******音楽やサッカー、そして登山・写真のお話など、徒然なるままに******

伊野波雅彦

【ジュビロ磐田】大分遠征記──Road to J15

_DSC5928_ まだジュビロ磐田J1昇格の余韻に浸っていたい私です。ただ、仕事などは容赦なく私を現実に戻し、また、伊野波雅彦が退団ということで、これはショックで……。

 ともかく、ジュビロ磐田がJ1昇格を劇的な決めた瞬間に立ち会えた、そんな大分の地に駆けつけた遠征記を載せてみましょうか。まあ、観光はほとんどしていないのですが、やっぱりあの感動的な余韻を改めて味わいたいから。

 試合前日の11月22日、この日は仕事があったのですが終日ではなかったので、それが終わった後、新幹線に飛び乗ることに。浜松駅から大分駅まで新幹線と特急ソニックを利用してその日のうちに大分まで行っちゃいます。まあ、試合当日、日帰りでも何とか可能だったのですが、ゆとりをもって駆けつけたかったからね。なお、往復割引ですべて自由席を利用ということで、往復37,740円でした。

 16時4分に浜松駅を出発しました。新幹線の車窓から浜名湖と立岩を眺めます。富士山を過ぎてもこのようにいい感じの景観ポイントはありますので、この界隈、楽しんでほしいな。

_DSC5782_


_DSC5784_


 ここは小倉駅。新幹線で九州に上陸したのは初めてでした。

_DSC5786_


 ここからは特急ソニックに乗ります。ちょっとレトロな佇まいでしたがお洒落でもあり、何か乗るの、わくわくします。私は乗り鉄でも撮り鉄でもないのですが、そんな気持ちがわかるような気も。

_DSC5800_


_DSC5797_


_DSC5793_


 そして、21時45分、無事に大分駅に到着しました。983.5kmに及ぶ列車の旅でした。しかし、大分駅周辺、ちょっと閑散としている感が。ここも消費の郊外化が進んでいるのか? 結局、この時間、あまり楽しめるスポットもなさそうだったので、駅ビル内でラーメンを食した後、駅前のインターネットカフェで朝まで過ごすことに。

_DSC5806_


 翌朝、つまり試合当日(11/23)、駅ビル内のコーヒーショップでまったりと時間をつぶした後、大分駅前3番のりばからパークプレイス大分に向かうバスに乗りました。9時57分発の便でしたが、何かジュビロ磐田サポーターが大半って感じで。また、車窓からはジュビロ磐田のユニフォームを着た方が乗っていた浜松ナンバーの車も。多くのジュビロ磐田サポーターが駆けつけそうな気配です。

 情報科学高校入口で多くのサポーターが下車しました(片道320円)。しかし、私はパークプレイス大分まで(片道360円)。何故って、私は2004年8月にも同様の対戦カードを生観戦するためにこの地を訪れていて(ここ参照)、そのときこの複合商業施設にも立ち寄っていたからです。そう、何か懐かしくてね。

 そのパークプレイス大分ですが、変わっているところも実は多いのでしょうが、所々の景観は何か当時と同じ雰囲気を残していて、少しあのときの記憶が蘇ってきました。都会の中のちょっとした自然といった趣のある中庭などはいいよね。

_DSC5822_


_DSC5818_


 たぶん前回も立ち寄ったフードテラスで冷麺ととり天を食し、懐かしのHMVで買い物した後、さあ、大分銀行ドームに向かいましょう。

 静岡朝日テレビの『スポーツパラダイス』というローカル番組のMCである森直美アナウンサーも来ていましたね。昨日(11/27)の祝・J1復帰! ということでのジュビロ磐田特集も録画で見ましたよ。こういう特集は嬉しいです。感慨深く振り返ることができたり、知らなかったことがわかったりしてね。

_DSC5855_


 しかし、ピッチの状態は良くなかったね。アップしていたらすぐに土が見え……(キッズの手も借り、その後整備しましたが……。)。それ故か、試合で、たとえばアダイウトンなんか苦労していた風にもこれまた見え……。

_DSC5869_


 そう、その試合のことはここに載せていますので、それ自体は簡単に。で、早速ですが、伊野波雅彦の先制弾! 喪章を掲げ、とても感動的でした。しかし、これが惜別のゴールになろうとは、このときは微塵のほども……。

_DSC5911_


 その後、終了目前の後半45分のパウリーニョの同点ゴールには絶句! えっ!? まさかって……(このゴールの軌道は前年のJ1昇格プレーオフでの山岸範宏のヘディングシュートと同様にまぶたに焼き付いています。)。でも、これすらも、その1分後のアディショナルタイムに訪れる劇的なシーンの前振りだったのです。そう、あのJ1昇格を決めたジュビロ磐田の伝説として語り伝えられる小林祐希の決勝ゴールのね。実は私、彼がどうゴールを決めたのか思い出せないでいましたが、NHK静岡で放送していたのを録画していたのですが、それを帰宅後見て、お〜、こういう風に決めていたか、と改めて感慨に浸りました。よくこんなときにこんなにも凄いハーフボレーシュートを! って。前回載せたのとは違う、そのゴール後の歓喜のシーンを。

_DSC5926_


_DSC5929_


 J1昇格を決め、皆最高っす!

_DSC6091_


_DSC6111_


 まだこの喜びに浸りたいので本当に名残惜しいですが、今日(11/23)中に浜松まで戻るため、ここ、大分銀行ドームを後にします。

_DSC6161_


 臨時バスは急いでいる方を優先的に乗せてくれるのはありがたかったです。おかげで予定していたのより早い特急ソニック(17時10分大分発)に乗ることができました。もっとも、もともと予定していた17時45分発に乗っても、浜松駅に到着する時刻(22時54分。但し、実際は遅れて到着しましたが。)は変わりませんが。

 浜松に着いたら雨が降っていました。大分では降りそうで降らなかったんだけどね。出世大名家康くんも雨に濡れていましたが、同日ゆるキャラグランプリで1位に輝いたんだよね。W栄冠!? いや、ジュビロ磐田は優勝したわけではないんだけどね。

_DSC6177_


 っと、同じ新幹線にジュビロ磐田の若手選手たちも乗っていたんだね。チームとしてしっかりと選手を育成していかないといけない現状で、彼らは明日のジュビロ磐田の明るい希望です。期待しています。

_DSC6181_


ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

【J特】ジュビロ磐田、今季最後!? 大分戦生観戦記 そして、伊野波、W杯代表選出おめでとう!3

140511_jubilo_004【5/11 2014 J2 第13節 磐田vs大分 1-1 於:ヤマハ】

 次々節(15節)以降、土曜日開催が続きます。そう、ワールドカップが控えていますからね。しかし、私にとって土曜日開催は嬉しくない! だって、土曜日は基本的に仕事ですから……。さらに、夏以降は土曜日はもちろんのこと、日曜日もサッカー観戦に駆けつける目処が立たなくて、もしかしたらこの試合が今季スタジアムに駆けつける最後となるかも!? うん、その分楽しませていただきますよ。

 実は日曜日の翌日(12日)月曜日も休みで、私の職場としてはGW、お盆、年末年始以外では珍しい連休。ジュビロ磐田の試合を観戦する前は寸又峡で夢の吊橋を渡り、その翌日は天城山に登っています。そのあたりのことは後日ご報告します(その前編はここ、後編はここです。)。今回はサッカーのことだけになりますが、お付き合いください。

 さて、その大分トリニータ戦ですが、前半は良かったですね。攻撃の連動性も今季直接見た試合では一番と言えるくらい。その流れの中で、山田大記の股抜きクロスを前田遼一が見事にゴールし、ジュビロ磐田が先制!

140511_jubilo_001


 しかし、後半が始まると、早々流れは大分トリニータに。でも、ここで耐えていれば、結果は違ったものになったのでは? そう、この後半10分、セットプレーからの失点がこの試合の一番のポイントでした。

 う〜ん、試合中、悪い流れになることはあるでしょう。でも、ここで耐えることができるか、できないかが大きな問題で、これこそが強いチームになれるかどうかの分岐点でしょう。強いリーダーシップをとれる選手がいなければ、全員で意識の共有をさらに強固なものにしていかなければならないと思います。

 ところで、試合後しばらく経ってから、黄昏時のゴール裏からは前田遼一、駒野友一、そして伊野波雅彦のコールが。そうです、この試合の翌日(12日)は2014FIFAワールドカップブラジルに向けての日本代表が発表されるのです。

140511_jubilo_005


 果たして、選ばれたのはジュビロ磐田からは伊野波雅彦。おめでとうござます。そう、私が今季見た試合では、ずっと安定したパフォーマンスを発揮していて、頼もしい限りでした。

140511_jubilo_002


 一方、前田遼一と駒野友一は選ばれずに、残念……。殊に、前田遼一のめぐりあわせの悪さには、本当に本当に……。あと、駒野友一ですが、この第13節でのクロスの精度はどうしちゃったんだろう? って感じではありましたが、こちらも無念。ただ、この3人の中では1番コンディションの良かったのは伊野波雅彦だったと言えるかもしれません。

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ

日本代表、アジア最終予選勝利で締め括る4

130611_01【6/11(現地時間) 2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選 groupB イラク代表vs日本代表 0-1 於:アルアラビスタジアム(ドーハ/カタール)】

 すでにグループBで1位通過を決めている日本代表。コンフェデ杯も控えていますので、この日は先発を少し変えてきました。ジュビロ磐田からは前田遼一はベンチスタートで、一方、伊野波雅彦は先発でCBの一角を務めることに。

 まず、その伊野波雅彦です。この日の日本代表、特に前半はイラクの出足にちょっと苦戦。まあ、コンディションの問題もあったのかもしれませんが、カウンターで裏をとられるシーンが目立ち、う〜ん!? って感じでした。しかし、そこで体を張れたのが伊野波雅彦でしたね。清武弘嗣はとりあえずともかく、普段の先発メンバーではない選手が思うような結果を残せなかったこの試合の中、彼の奮闘振りは好印象!

130611_02


 一方、前田遼一ですが、後半25分にハーフナー・マイクに代わりピッチに立つことに。ハーフナー・マイクも良いプレーがなかったわけではありませんが、改めて前田遼一がザックJAPANの1トップを務めていられるわけがわかった感じです。まあ、この点についてはいつも語っていますので繰り返しはしませんがね(ここなど参照)。ただ、彼自身も一時の調子を取り戻していない嫌いもあり、この日決勝ゴール(試合終盤、遠藤保仁の見事な走り!)を決めた岡崎慎司のように、ゴールという目に見える結果も残してほしいところ。

130611_03


 あと、ちょっと気になったのは、香川真司が殊に後半、どこに行ったの? って感じで。以前見たマンUの試合でのハマりっぷりと比べると……。彼の力は日本代表にもちろん必要なもので、だからこそ期待しているのですが。

ranking
blogram投票ボタン
にほんブログ村 サッカーブログ ジュビロ磐田へ
Recent Entries
ギャラリー
  • 愛知県民の森〜宇連山登山【後編】
  • 愛知県民の森〜宇連山登山【後編】
  • 愛知県民の森〜宇連山登山【後編】
  • 愛知県民の森〜宇連山登山【後編】
  • 愛知県民の森〜宇連山登山【後編】
  • 愛知県民の森〜宇連山登山【後編】
  • 愛知県民の森〜宇連山登山【後編】
  • 愛知県民の森〜宇連山登山【後編】
  • 愛知県民の森〜宇連山登山【後編】
Archives
Categories
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
Profile

いずみちゃん

おきてがみ
Twitter プロフィール
アンケート
興味をお持ちのものを教えて下さい。

音楽制作関係の記事
音楽鑑賞関係の記事
マイルス・デイビスの記事
フルトヴェングラーの記事
その他音楽関係の記事
ジュビロ磐田の記事
モンテディオ山形の記事
サッカー日本代表の記事
その他サッカー関係の記事
音楽、サッカー以外の記事


-Mini Vote-
静岡県 今日の天気
Jリーグ
堀川ひとみLive情報
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ