"The MISCELLANY" by Izumi-chan

******音楽やサッカー、そして登山・写真のお話など、徒然なるままに******

展覧会

2019年から2020年へ 恒例年末年始企画【中編】5

DSC1509_01【2019.12.31 未来と芸術:AI、ロボット、都市、生命──人は明日どう生きるのか 於:森美術館】

 先日(2019年12月31日)、【前編】で報告したように令和元年度 第98回全国高等学校サッカー選手権大会1回戦を観戦。その後、友人と待ち合わせのためいったん秋葉原へ行ってから、今度は六本木ヒルズ森タワーに向かいました。大晦日でも開いている森美術館で行われている展覧会に駆けつけるためです。

 ところで、秋葉原へ行く前に神保町に立ち寄ったことにもちょっと触れておきます。最近近場の書店では見かけなくなった書籍を探してみたかったからです(無事ゲットできました)。その後、俺の創作らぁめん 極やというラーメン屋さんで遅い昼食を食べていますが、ここのチャーシューも美味しかった。以前このリンク先の記事で極煮干し本舗の炙りチャーシューが美味しかったと書いていますが、極やのチャーシューはそれよりもちょっとだけ肉に高級感があってね。さすが東京にあるラーメン屋さんです。

DSC6846_s_01


 閑話休題、まず、未来と芸術展の特別企画であるAI×美空ひばり「あれから」から。リアルできれいな3D映像から聴こえてくる歌声(映像とのシンクロ感はまだ余地あり?)は、VOCALOID(ボーカロイド)をいじっている私からすれば信じられないほどきれいな(きれいすぎる?)仕上がりでした。

 さて、未来と芸術展ですが、グラマツィオ・コーラー・アーキテクツ《飛行組立型建築》と手犲C遒虜酩憤奮阿六1堂弔箸いΔ里牢鬚靴い諭なお、以下の写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際」ライセンスの下で許諾されています。

 たとえば、壮麗な様が目を惹くミハエル・ハンスマイヤーの《ムカルナスの変異》はコンピューターによるシミュレーションによってつくられていて、体験そのものは楽しいラファエル・ロサノ=ヘメル&クシュシトフ・ウディチコの《ズーム・パビリオン》では監視カメラで撮られた他人同士がコンピューターに勝手にマッチングされ、そしてアウチの《データモノリス》に映し出されるのはトルコの遺跡ギョベクリ・テペに刻まれた紋様や周囲の環境をAIが抽象化したものになっている等々、未来へのわくわく感と一方警鐘といったものも感じられる展示でした。ただ、解説を読まないとよくわからないものも……

DSC1472_01


DSC1490_01


DSC1500_01


 なお、これは森タワーから望んだ夜景です。写り込みが激しいですが、さあ、この後は日本橋三井ホールに向かいます。年末年始企画のメインともいえる恒例のT-SQUAREによるカウントダウンライブに駆けつけるためです。

DSC1521_01



DSC6849_s_01【2019.12.31-2020.1.1 T-SQUARE Music Festival 2019~カウントダウンライブ 2019-2020~ 於:日本橋三井ホール】

 地下鉄三越前駅で降り、COREDO(コレド)室町1にある日本橋三井ホールに到着。2019年もここにやってきました。

 今回は河野啓三(キーボード)が脳出血の影響で左手が完治していない中、どのような形でこのコンサートにかかわるのか、また、そのサポートメンバーとして参加している白井アキト(キーボード)によってT-SQUAREはどのような音楽を奏でるのか。

 結論から言うと、白井アキトは若手らしくバンドを盛り上げ、河野啓三はエレガントに花を添えていました。河野啓三は右手だけで弾いていたようですが、弾くと彼とわかるサウンドを持っているのはさすがでした。

 ところで、休憩中、客席では急病人が出て騒然と。詳細はわかりませんが、急に意識を失い、心臓マッサージもしたようです。私としては、2ヶ月半近く前、母が亡くなった10月22日を思い出させる出来事でしたが、今回は意識は戻ったようで(かな?)何よりでした。私も心肺蘇生法を心得ておきたいと思った次第です。

 休憩前(第1部)の演奏は、さすがに手堅いけど懐古調でもありました。休憩後(第2部)のステージは23時30分開始と遅れてのスタートとなりましたが、果たして!?

 うん、サポートメンバーを含め、ここのところ一緒にライブ活動しているメンバーでスタートしたこともあったのか、カウントダウンに向けて時間が切迫しているといったこともあったのか、バンドはよりタイトになり、結局はOBらが再び加わっても白熱したステージが繰り広げられることに。

 さらに、カウントダウン後は今度はそこから解き放たれた感に満ちた演奏が展開され、スウェーデンの超絶テクニック・トリオらしいDirty Loops(ダーティ・ループス)から日本のフュージョン好きのベーシストHenrik Linder(ヘンリック・リンダー)の緊急参戦でもヒートアップ。そうそう、ベーシスト3人の共演は興味深かったし盛り上がりましたよね。

 ただ、今回は写真撮影タイムがなかったのだけは残念……

DSC6850_s_01


 さて、この後はこれまた恒例の初日の出を拝みに。今回は静岡県の清水まで足を延ばしていますが、それらについては後日【後編】にて。

2019年から2020年へ 恒例年末年始企画 書庫
・【前編
・【中編
・【後編

ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

東京で2つの展覧会に──加藤泉とバスキア【後編】5

DSC8653_01【2019.9.23 バスキア展 メイド・イン・ジャパン 於:森アーツセンターギャラリー】

 この日(2019年9月23日)上京し、午前はいろいろと用を足し、午後から満を持して展覧会巡りを始めています。【前編】では原美術館での加藤泉の展覧会のことを綴りました。それに続く【後編】では、六本木ヒルズに移動して鑑賞した、今回の展覧会巡りのメインと考えていたバスキア展のことを紹介したいと思っています。

 私はマイルス・デイヴィスのファンです。JAZZの帝王とも言われているそのマイルスは晩年ジャン=ミシェル・バスキア風の絵も描いていて、だから私は以前からバスキアには興味がありました。一方、バスキア自身もJAZZに関心を寄せていて、《プラスティックのサックス》にはチャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーが登場しています。ちなみに、他の作品には、ルイ・アームストロングやサラ・ヴォーンなどの名が見られるものも。

DSC8638_01


 ところで、この《プラスティックのサックス》には「おりがみ」などといった日本語もちりばめられています。そう、この展覧会は「メイド・イン・ジャパン」ということで、バスキアが日本の経済や文化から感じたことや影響に焦点のひとつを当てているのです。実際に《オニオンガム》には「MADE IN JAPAN」と書かれています。

DSC8610_01


 っと、言い忘れましたが、加藤泉の展覧会と同様にこの展覧会でも一部の作品のみですが写真撮影可で、このブログエントリーに載せたものも会場で撮ったものです。それらを見るとわかりますが、力強く荒々しいもの、簡素な画面構成のもの、そして緻密さもあるコラージュ的なもの、すべてがエネルギーに満ちています。プリミティブという言葉を使えば、加藤泉との共通項もあるかもしれません。でも、作風は加藤泉のシュールさに対してバスキアのはもっとラフで激しい。

DSC8592_01


DSC8596_01


DSC8604_01


DSC8626_01


DSC8634_01


 ただ、本当は、《プラスティックのサックス》の向かいの壁に展示され、《炭素/酸素》(二つ上の作品)の左側に掲げられた三つの作品(無題二つと《シー》)が私的には一番印象的で、それらを撮影不可で紹介できないのが残念。これらは構成力にも優れていて、完成度が高いんですよ。

 それはともかく、作品の持つパワーに触れ、また来たい! と思わせる展覧会でありました。ですから、11月1日までに入場し、会場出口でチェキ撮影すれば、それを示すとタダでまた鑑賞できる特別キャンペーンは嬉しい♪ もっとも、有効なのは平日の17時以降だし(また、ダメなときも)、そもそも静岡県浜松市に私は今住んでいますからね。一応チェキ撮影はしましたが……

DSC6724_s_01


 なお、ここ六本木ヒルズ森タワー52階からの眺めは爽快。新国立競技場越しに新宿方面などが望めます。来年(2020年)は東京オリンピックですね(チケットは当選しませんが)。

DSC8644_01


 ところで、この日(9月23日)は東京都内をよく歩きましたが、歩いて実感したのは、普段いかに歩いていないかということ。首都圏から地方に戻り、車社会に浸かってしまいましたからね。登山のときは歩いていますが、歩くのってそのときだけって感じで。言い換えれば、いつもぶっつけ本番で登山をしているとも。

東京で2つの展覧会に──加藤泉とバスキア 書庫
・【前編
・【後編

ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

2018 エトセトラ超私的アワード5

etc2018 「2018 超私的アワード」ということで、ここまで【DTM編】【登山編】【ジュビロ磐田編】【フォトグラフ編】【絶景編】を挙げてきましたが、今回はここまで紹介してこなかったジャンルからや紹介したけどその後追加したくなったモノを【エトセトラ編】として一挙放出します。

 まずは、ベスト コンサートから行きましょう。それは!? 第22回スーパークラシックコンサート ワレリー・ゲルギエフ指揮ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
(2018年11月28日 愛知県芸術劇場コンサートホール)でしょう。というか、駆けつけたといえるコンサートはこれくらいしかありませんので、無投票当選みたいなもんです。でも、ゲルギエフのじっくりとした語り口の巧みさやミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の熟成サウンドは十分に堪能させていただきましたよ♪

5748_s_p


 次は、ベスト展覧会。それは!? う〜ん、ちょっとずるいけど合わせ技ということで、9月9日の静岡市の展覧会巡りを。これ、静岡市立登呂博物館での企画展「富士山がみえる」や静岡市立芹沢げ霹術館での企画展「芹沢げ陲離ぅ薀好肇譟璽轡腑鵝、そして静岡市美術館での企画展「ヴラマンク展 絵画と言葉で紡ぐ人生」を、はしごしたものです。これら以外では阿部克自 没後10周年記念写真展「ジャズの肖像 ポートレイチャーズ」(2018年2月18日 リコーイメージングスクエア銀座 ギャラリー A.W.P)なども良かったんだけど、結局一つに絞り切れるようなインパクトのあるものはなく、それではまとめて選出! ということで。

_DSC6398_00001_p


 あとは、ベスト ドライブでも。それは!? ゴールデンウィーク四国漫遊(2018年5月3日夜出発、6日朝帰宅)かな。石鎚山・剣山登山をメインに企画した今年(2018年)一番遠くに駆けつけることとなった遠征ですが、登山自体楽しめたのはもちろん、国道439号沿いの名頃地区の天空の村・かかしの里との思わぬ出会いといったサプライズもあったしね。そう、以前TVで見たのはここだったんだ! ってね。

_5050088_p


 最後に、「2018 超私的アワード」として紹介した後、追加して載せたいな! と思ったものを挙げてみます。

 まずは、【DTM編】への追加から。実はこの【DTM編】、1ヶ月以上も前に掲載してしまったもので、これ以降、さくっと作った小曲ばかりではありますが、私としてはちょっとハイペースで楽曲を制作してしまっているのです。ジュビロ磐田のJ1残留を願って、居ても立っても居られなくなってね。それは、《Sonnenaufgang》以外、すべてバックトラックはACID Pro 8.0で作っています。だからこそ、すぐに完成できるのですがね。そんな中から《remaining in J1》を。これ、途中転調してから構成に破綻をきたしているのですが、部分部分はそこまで悪くなく感じるので。また、こちらはジュビロ磐田絡みではなくロンリー・クリスマス絡みなのですが、《Xmas 2018》もあわせて。友人からは「メランコリックな感じがよい」とのお言葉をいただきましたが、こちらのほうがコンパクトにまとまっているしね。





 次は、【絶景編】の追加です。これは『夕日爛漫・赤鳥居』(2018年12月24日)です。朱塗りの観光シンボルタワーに沈む夕日がおさめられています。ちなみに、以下の写真はAdobe RGBで撮っているので、Web上だと実際よりもくすんで見えるのはご了承ください。

_DSC9269_02


 ところで、観光シンボルタワーのセンターに沈む真ん丸な夕日を撮りたくて、昨日(2018年12月30日)、再び弁天島海浜公園を訪ねています。しかし、この日は雲が肝心なところで邪魔をしている感じで、シルエットを撮影し、お茶を濁しています。なお、1枚目は、何かマイルス・デイヴィスが前傾姿勢でトランペットを吹いている姿を勝手に想像しています。

_DSC9439_01

_DSC9454_01


 一方、こちらは、何か巨大な鳥を髣髴させるようにも!

_DSC9481_01


 おそらく今日(2018年12月31日)は夕日を眺められないと思われますので、この夕日が今年(2018年)の見納めか!? 来年(2019年)は皆様にとって素敵な年になりますように♪ そして、それは自分にとっても。

_DSC9509_01


2018 超私的アワード 書庫
・【DTM編
・【登山編
・【ジュビロ磐田編
・【フォトグラフ編
・【絶景編
・【エトセトラ編

弁天夕照 書庫
・【2018.12.24
・【2018.12.30
・【2019.1.2-2019.1.3
・【2019.1.9
・【2019.1.13
・【弁天夕照まとめ

ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
訪問数(05.11.19〜)
Recent Entries
ギャラリー
  • 浜名湖プチ巡り
  • 浜名湖プチ巡り
  • 浜名湖プチ巡り
  • 浜名湖プチ巡り
  • 浜名湖プチ巡り
  • 浜名湖プチ巡り
  • 浜名湖プチ巡り
  • 浜名湖プチ巡り
  • 浜名湖プチ巡り
Archives
Categories
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
Profile

いずみちゃん

おきてがみ
Twitter プロフィール
アンケート
興味をお持ちのものを教えて下さい。

音楽制作関係の記事
音楽鑑賞関係の記事
マイルス・デイビスの記事
フルトヴェングラーの記事
その他音楽関係の記事
ジュビロ磐田の記事
モンテディオ山形の記事
サッカー日本代表の記事
その他サッカー関係の記事
音楽、サッカー以外の記事


-Mini Vote-
静岡県 今日の天気
Jリーグ
堀川ひとみLive情報
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ