★その他自炊など
ワークキャンプ中の食事はだいたい自炊です。
7人を2つのチームに分けて食事の準備をしていました。
ワークキャンプ期間中に「節分」の日があったので、
恵方巻きを作りました。
恵方巻きは伝統的なものかは疑わしいですが、韓国人のハンにも
節分の文化を紹介しました。
恵方巻き

そのほかに作った料理は
・シチュー
・焼きそば
・おにぎり
・鍋
・野菜サラダ
・カレー
などです。

ワークキャンプは割と早めにできてたくさん一度に作ることのできる
メニューが適しているようです。

★全体を通して★
夜ごはんを食べた後は時間があったので色々な話をしました。
ハンが韓国人ということもあって、共通語は英語でした。
今回のワークキャンプに参加している人たちは
ある程度英語を話すことのできる人がほとんどで
ちょっとした笑い話なども、英語で話していました。
私はその中でもあまり英語が話すことが出来ない方で、
「いまみんな何言ってるんだろう…」という時もありましたが、
時間がたつにつれて自分の英語力が上がっていくことが分かり
すごくうれしかったのと、それでも言いたいことが言えない
自分が悔しかったです。
雪像を作る時も、その作業内容を英語で話すことがとても大変でした。

それと同時に、コミュニケーション手段は言葉だけではないということも
身を持って体験できました。
やはり、人の言葉も大事ですが、面と向かって話をするときには
その、表情が人の心に直接伝わっていたと思います。
私が何か伝えようとしていることを感じ取ってくれて一生懸命
聞いてくださったことはとてもうれしかったです。
冬ワークキャンプ1

雪まつりやケーキ作りで地元の方々に本当にお世話になりました。
みなさん、すごく丁寧に接してくださり、感謝しています。
雪まつりの休憩室で三平汁をごちそうになったりして、
地元の方の優しさに触れました。


冬に初めて開催された大沼ワークキャンプですが、
初めてということもあって至らない点、バタバタしてしまった点など
あったのですが、温かい気持ちでいてくれた
ワークキャンプメンバーやその他関係者の皆様には救われました。

本当に、ありがとうございます。

また、これからもお世話になる機会がある時はなにとぞよろしくお願いします。
とても、楽しい1週間でした。

西尾 直


milestone22 at 18:24コメント(0)トラックバック(0)2011年度田舎で働き隊 
★バレンタインへ向けて昆布入りチョコレートケーキつくり
今回のワークキャンプのなかで昆布入りチョコレートケーキを作りました。
もう、前の記事で紹介しましたね。
詳しくは、そちらをご覧ください!

★函館山登山
ちょうど、函館山で
「光の小径はこだて@函館山」
が行われていたので、ワークキャンプメンバーで函館山登山をしました。
函館山の夏だけ通れる道路沿いにキャンドルがおかれ幻想的な雰囲気が
漂っていました。
山頂からふもとまでずっとキャンドルがあったので
かなりの量のキャンドルが使われていたと思います。
冬ワークキャンプ7

天気は少し曇っていましたが、函館の夜景も見えて、
みんな、たくさん写真を撮っていました。
夜景を写真に撮るのはとっても難しいですね!!!

ふもとのゴールではサービスのホットドリンクで癒されました。

そのあとに函館付近にしかない”ラッキーピエロ”に行きました。
なんと、ラッキーピエロ内で停電があるというサプライズもありました。
私は、何回もラッキーピエロに行ったことがありますが、停電は初めてです。
函館観光もみんな満喫して、ぐっすり眠れそうな1日でした。

milestone22 at 17:52コメント(0)トラックバック(0)2011年度田舎で働き隊 
今回は、保育園訪問についてご報告したいと思います★

毎週水曜日は函館市内の谷地頭保育園に英語教室をひらいています。
今回は外国人のハンもいることですし、張り切って保育園に行きました。

保育園の子供たちに
「このお兄さん何人だと思う?」
と、聞いてみたところ・・・・
「ブラジル!スペイン!イタリア!アメリカ!・・・・・」
という、斬新な回答が得られました(笑)
保育園の子供たちが色々な国を知っていることに驚きました。Σ(・ω・ノ)ノ

20か国くらいの名前が出てきたところでやっと
「韓国!!」
と、正解が出ました。

その後、授業開始!
本日は、いつもの教室と違い、体育館で行いました♪

まず、私たちの自己紹介を英語でした後に(名前だけ)
保育園の子供たちも以前教えた
「My name is 〜.」「I like 〜.」
という自己紹介を私たちにしてくれました。

自分たちが教えたことを子供たちがおぼえていてくれると
本当にうれしい気持ちになります。
成長が見られて面白いです。

そして、今日のメインイベント!
!英語でだるまさん転んだ・だるまさんの一日!
「だるまさんが転んだ」の「転んだ」の位置に
「study」「eat」「sleep」
をいれて、鬼が大きな声で言い
鬼以外の人たちはその言われた動作をするという遊びをしました。
冬ワークキャンプ5
初めてだと、なかなかすぐ反応できなくていっぱい鬼に捕まる人がいましたが、
体を動かすということで子供たちはもう大はしゃぎでした!
ハンはとても子供たちに大人気でした。
言葉が分からなくても意思疎通できていることがいいなと思いました。

少しでも、子供たちに外国人とコミュニケーションをとるということを
体験する機会を作ることが出来てよかったなと思います。



milestone22 at 17:36コメント(0)トラックバック(0)2011年度田舎で働き隊 
とても遅くなってしまいましたが、冬に大沼で行われたワークキャンプの報告です。
やったことごとに報告したいと思います!

と、その前にメンバー紹介!
今回は、
・東京から来た、ゆみちゃん
・ゆみちゃんの妹、まほちゃん
・たったひとり韓国からの外国人、ハン
・函館市内から、めぐみ
・札幌から、実は共通の知り合いがたくさんいた、さくら

それとあすか&直の7人で共同生活をしました。
今回はハンがたった一人の外国人かつ、男の子ということで
少し心細い思いをさせてしまって、ごめんなさい。
でも、なかなか溶け込んでいたのではないかと思います。

それと、住まわせていただいた場所について・・・
東大沼にキャンプ場があるのですが、
そこを管理している武藤さんという方のご厚意で
とても立派でおしゃれなログハウスに泊まることが出来ました。
色々とごちそうにもなりました。本当にありがとうございます☆
1323655959200


それでは・・・
今回のワークキャンプでは主に

★大沼函館雪と氷の祭典
 《雪像つくり・イベント手伝い》
★保育園訪問
★バレンタインへ向けて昆布入りチョコレートケーキつくり
★函館山登山
★その他自炊など

を行いました。
1つずつ振り返ってみます。

★大沼函館雪と氷の祭典〜雪像つくり・イベント手伝い〜
なんといっても、雪像つくりがメインイベント!
今回は大きい方の雪像、中雪像に挑戦しました。
2、7m×2、7mの雪の塊の立方体が与えられ、それを思いのままに削っていきます。
結構、大きな像のためワークキャンプ中だけでは作ることが難しかったので、
ワークキャンプのメンバーが来る前に少し簡単なところを削りました。
像には事前にチーム名とテーマを決める必要があり、

チーム名:ワークキャンパーwithローカルピープル
テーマ:考える人とカピバラ
冬ワークキャンプ2

で、挑みました。
わたしの大学の時のお友達(粘土細工や壊疽書くことが好き)の2人にも
多大なる助けをいただき、完成にたどり着きました。
お二人がいなかったらきっと完成できなかったと思います。
本当にありがとうございます!!!
冬ワークキャンプ3
雪像が出来上がったころに、周りを見渡すと、何も手つかずの雪の塊が一つ・・・
委員会の方に確認したところ、雪像を作る人がいないということで、
もう一体つくることにしました。
と、言っても、時間ももうないのでその立方体を生かした・・・・・
『さいころ』
をつくりました(笑)
20120204_123537
お祭り当日、訪問した人達に聞いてみると、
「穴が開いているだけで、像が何か分からなかった」との事でした。。。
雪像作りには、やっぱり時間が必要ですね (´▽`)

お祭り当日は、大沼函館雪と氷の祭典のイベント中はイベントのお手伝いをしました。
私たちが行ったのは、
「着ぐるみを着る!」
という仕事で、人生初の着ぐるみを着ました。
着た着ぐるみは、ポロトくん・ポントちゃんというキャラクターで
ポロトは大沼、ポントは小沼というアイヌ語だそうです。
頭は駒ケ岳になっていて、なかなかかわいいキャラクターでした。
着ぐるみを着ると、小さい子がたくさん集まってきてに人気者になれて、
なんかアイドル気分でした。
沢山の地元や地元付近の方々と写真が取れて楽しかったです。
冬ワークキャンプ4

次回は、保育園訪問について報告致します!!!

milestone22 at 17:20コメント(0)トラックバック(0)2011年度田舎で働き隊 
明日は、バレンタインデーですね。(・∀・)つ

お店のあちこちでは、チョコレートが売られてますね。
今年は、いくつもらえるかな(^∀^)

バレンタインデーに向けて去年の昆布クッキーに引き続き、
2月8日(水) 函館市のまちづくりセンターにて 昆布入りチョコレートケーキを販売しました!!

今回は、1月31日〜2月6日に行われたワークキャンプメンバーでケーキを作成しました。
皆、初めは、
えっつ!!!!!!
チョコレートと昆布?
美味しいのだろうか?
どんな味?

という感じだったのですが、試作品を食べてみてビックリ!!!!
意外と美味しいのです。
sisyoku

試作品を試食した後、皆でケーキを作成。
泡だて機で記事を混ぜるのが一苦労でした(´・ω・`)
作成


販売時には、ワークキャンプは終わっていたのですが、
キャンプに参加した韓国のハン君が販売を手伝いに来てくれました。

販売

新聞広告のおかげもあり、全て完売しました。
お買いいただいた皆さん
有難うございます。
美味しく召し上がっていただけましたでしょうか?

ワークキャンプに参加した皆さん
完売しました。初めは、皆珍しそうでしたよ(´∀`)

木村さん、いつもご指導ありがとうございます。
お陰で、完売出来ました☆ 


商品


次回は、3月7日(水)
昆布ジャム、リンゴジャムとそれを使った焼き菓子を販売する予定です。
昆布は、函館、リンゴは七飯町の物を使用します。

お時間がある方は、是非遊びに来て下さい!!!!



milestone22 at 12:00コメント(0)トラックバック(0)2011年度田舎で働き隊 
こんにちは。

田舎で働き隊のあすかです。

道南は、最近は、雪が多く、運転するのが大変です。
今日も、職場に向かう途中、2〜3台の車路で雪にうもってしまって、
職場に到着するのにいつもの2倍近くかかりました。(´;ω;`)

さて、冬のワークキャンプ、昆布入りチョコレートケーキの販売も無事終わりました。
上記の2点に関しては、後ほど報告致します。

イベント広告

本日は、昨日行われたイベントについて報告致します。
2012年2月12日(日) 14:00−16:00
千代台にある函館市青年センターで海外での色々な体験や日本での
国際交流についての報告会を行いました。  

内容は下記の事例報告と募集内容です。
‘盂嬋椹業(東南アジアの船、世界青年の船など)
国際ワークキャンプ
ワーキングホリデイ

大学生を始め、十数名の方が参加しました。
皆さん、国際交流に興味があるようです。

 銑に関しては、時間とお金があったら、
皆さんに是非参加してほしいです(⌒∇⌒)

もっと、詳しい詳細を知りたい方やどんな内容だったか知りたい方は
是非、お問い合わせください。

お待ちしてます♪

発表時



milestone22 at 11:25コメント(0)トラックバック(0)2011年度田舎で働き隊 
こんにちは。今日はワークキャンプの参加者募集です。

❆大沼冬国際ワークキャンプ❆

国際ワークキャンプとは・・・
『世界中のボランティアがともに暮らし、
住民と環境や福祉などに取り組む国際ボランティアプロジェクト』
です。


☃期間:2012年1月31日(火)〜2月6日(月)
        ※部分参加(2月3日〜5日)もあり

☃場所:大沼公園駅近く

☃内容:大沼の雪まつり「大沼雪と氷の祭典」に向けて雪像づくり
     バレンタインのお菓子づくり
     保育園で国際交流

☃費用:北海道在住の方
       10000円  お申し込みは大沼マイルストーン22へ

     北海道以外に在住の方
        所定の年会費(継続3000円/ 新規5000円)
        特別会費(再参加費22000円/初参加費24000円)
           詳しくは、NICEにお問合せ下さい。
          費用に関して http://www.nice1.gr.jp/wcj_fee 
          ワークキャンプの詳細に関して
                  http://www.nice1.gr.jp/wcn_1243

     ※部分参加(2月3日〜5日)
        6000円 (北海道内外共通) 
              お申し込みは大沼マイルストーン22へ

     ・費用には食費・宿泊費が含まれます。
     ・寝袋持参でログハウスに泊まります。
     ・食事はみんなで自炊します。
     ・英語での対応も可能です。

主催:大沼マイルストーン22 / 財団法人 国際交流センター(HIF)
                            担当:今野・西尾
      TEL 0138-22-0660(HIF国際交流センター内)  
      Email milestone☆hif.or.jp(☆を@に)
      URL http://blog.livedoor.jp/milestone22/

milestone22 at 11:00コメント(0)トラックバック(0)2011年度田舎で働き隊 

2012年01月04日

こんぶクッキー販売

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします

去年のお話になってしまいましたが、
こんぶクッキーの販売の様子をお送りします。

この前の試作の結果、

薄くて小さくカットしてある冷凍昆布を
解凍してクッキーの生地に入れ、
焼いて少し乾燥させると昆布がパリパリして
面白い食感になるということで、
そのタイプをたくさん作りました!!!

チョコレートなんかも混ぜたりして。

前回よりも大量に作ったため、型抜きが重労働!!!
com

そして・・・次の日に・・・・・・・・・・


なんと!

サンタクロースの衣装を着て!!!

クッキーを!!!!!

まちづくりセンターで!!!!!!!!

売ってきてしましました!!!!!!!!


ちょっと恥ずかしいですが
com


クッキーもすべて売れて、よかったです。

「水曜マルシェ」というイベントがまちづくりセンターにはあって、

ほかにも毛糸用品、布、パンのお店が来てました。



このようなクッキーを作って売るということが出来たのも、

すべて函館市住吉町の木村さんのおかげです。

木村さんと一緒にいると、人脈の広さにびっくりさせられます。

その勢いのよさと、行動力は私も見習いたいと思います。



みなさま、今年もよろしくお願いします

西尾 直

milestone22 at 15:52コメント(0)トラックバック(0)2011年度田舎で働き隊 

2011年12月16日

こんぶクッキー

こんにちは。
西尾直です

この日は「こんぶ入りクッキー」の試作を行いました。

入れる昆布は

・乾燥粉末
・冷凍生昆布

どの段階で入れるか、どれくらい入れるか
ということでとりあえずいろいろ作ってみました。

com
↑材料

com
バターを溶かすことから
溶かし過ぎました・・・・・


↓ 材料を混ぜて、形を整えて・・・


com
できあがりましたー

かわいくラッピングまで!
com

21日午前中にまちづくりセンターで少しだけ販売します!!
もっと改良する予定です。
ぜひお越しください


西尾 直

milestone22 at 11:44コメント(0)トラックバック(0)2011年度田舎で働き隊 
こんにちは(*・ω・)ノ

田舎で働き隊のあすかです。

今回は、昨日行われたイマージョンプログラムのご報告を致します。
テーマは、英語でクリスマスケーキを作ろうという企画でした。

講師2名(アメリカ人)、参加者11名、計13名で行われました。

まずは、ケーキ作りの前に自己紹介。
1323576549156

その後、調理室に移動して、ケーキ作りが始まりました。
1323578591707

ケーキは、粉と水を混ぜて、カップに入れるだけと
至ってシンプルなケーキです。
このシンプルなケーキに色々なトッピングを行って自分色を出します。
1323580549024

アーモンドスライス、チョコチップ、ドライフルーツ等などを載せて
自分だけのオリジナルケーキを作りました。

ケーキを焼いている間は、生クリーム作り☆
甘さは押さえて!!!

その後、ケーキにトッピングを行い、また場所移動。
1323582969761
ケーキを食べながら、アメリカのクリスマスについて聞きました。

1323583790570

日本では、カップルで過ごす事が多いクリスマスですが、
アメリカでは、家族で過ごすのが一般的な様です。
家庭によっても、クリスマスに食べるものが違ったりもするとの事でした。
ターキー(七面鳥)は必然です。
今度は、ターキーを作ってみたいですね!!
1323587051066

参加された皆さん、講師の皆さん
ありがとうございました。
続きを読む

milestone22 at 16:18コメント(0)トラックバック(0)2011年度田舎で働き隊 
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ