2006年01月30日

沈黙のファイル

本書は久々に私のツボにハマッた一冊です。

瀬島龍三氏は陸軍大学校を首席で卒業したエリート中のエリートです。本書は彼の戦中・敗戦直後・そして戦後 巨大商社 伊藤忠での「ビジネス活動」を描いています。
太平洋戦争中、彼はバリバリの大本営参謀として活躍し、ガダルカナル撤収作戦、ニューギニア作戦などを立案します。敗戦直前には関東軍参謀に転出し、ソ連に降伏後停戦交渉にあたりますが、シベリアへ11年間も抑留されます。
  続きを読む
Posted by miliken at 23:49Comments(2)TrackBack(0)