2010年03月23日

スラムドッグ$ミリオネア5

名作なんだけど、あまりの衝撃で二度と見ない、見られないという作品があります。私の場合、「シンドラーのリスト」や「火垂るの墓」なんかがそうなんですが、この「スラムドッグ$ミリオネア」もそれになりそうです。

これまでに、貧困格差を訴えた社会派映画、兄弟愛を描いた映画、ヤクザ映画、男女の純愛を描いた名作はそれぞれいくつもありますが、本作品は上記すべてを包含した傑作となっています。脚本が見事とししか言いようがありません。

アジア最大のスラム街・インドムンバイで育った少年ジャマールは、世界的人気番組「クイズ$ミリオネア」に出場します。彼は宗教的迫害を受けて母は殺され、小学校を中退して兄と放浪します。そのため十分な教育を受けられずミリオネアで全問正解するはずがないんですが、なぜか正解を知っています。なぜ知っているのかが、それぞれのエピソードとなって泣かせます。

最後、彼がミリオネアに挑戦した本当の理由がわかり、さらにインドのマフィア(ヤクザ)となってしまった兄の生き様に胸が打たれます。

R指定となっている通り、途中ショッキングなシーンがありますのでお子様と見る人はご注意を。インドの格差社会にただ圧倒されます。私もそうですが、まだ一度もインドに行ったことのない人は本作品と共にゲッツ板谷の「インド怪人紀行」もご一読ください。

アカデミー賞、ゴールデングローブ賞など世界中の映画祭で賞を総なめにした映画です。社会派映画好きには必見です。


  
Posted by miliken at 00:02Comments(0)TrackBack(0)