9条改憲反対―安倍首相の狙いは来年末までの衆院選と同時の改憲国民投票

●安倍首相は今年の5月と6月、改憲について、「(憲法9条について)自衛隊を明文で書き込む」「自民党の改憲案を(秋の)臨時国会に提出したい」と発言しました。
・その意味は衆参両院で改憲勢力が3分の2を占めている現在、改憲は今しかない、このときを逃したら禍根を残す、と来年末の任期切れまでには実施される衆院選と同時の改憲国民投票の強行です。そのために来年1月からの通常国会での改憲の発議を狙っているのです。
●7月都議選での惨敗、加計、森友学園疑惑などでの支持率低下をうけての内閣改造後の低姿勢な首相記者会見をさして「改憲議論 後退する首相」(『朝日』8/4)との報道も出ました。しかしこれは5~6月に発表した改憲日程を取り下げたということではありません。あまりの安倍批判の高まりの前に改憲議論に首相が前面に立つのは得策ではないとして、当面は高村副総裁ら自民党主導でことを進めるというにすぎません。
・9条改憲阻止、安倍政権打倒へ共に闘いましょう。

朝鮮戦争絶対阻止―米日の軍事演習と戦争重圧こそが朝鮮危機の原因

●核兵器と弾道ミサイル開発で対抗する北朝鮮・金正恩(キムジョンウン)体制の反人民的行為は許せませんが、朝鮮半島での戦争危機を進めている真の原因は米日の北朝鮮の政権転覆・体制崩壊を狙っての戦争体制つくりです。
・朝鮮半島では1953年の北緯38度線での休戦協定(停戦ではありません)以来、米韓軍と北朝鮮軍との間で戦時状態が継続したままです。今日の北朝鮮の核開発の発端は、朝鮮戦争時のトルーマン大統領の「必要なら核兵器を使う」という発言です。1970年半ばからは米軍は「チームスピリット」などの大規模な北朝鮮攻撃の演習を毎年実施し、「北朝鮮に南進の兆候があった」だけでも「先制攻撃に移り、ピョンヤン制圧・北朝鮮政権を打倒する」という具体的作戦計画をもって配備、展開しています。自衛隊も戦争法成立後は積極的に米軍と対北朝鮮の共同演習を行っています。
●大人と子どもほどの経済力、軍事力の差をもって体制崩壊のふちに追われた北朝鮮は、アメリカへの体制保証を求めての交渉カードとして核兵器とミサイル開発に走っているのです。
●二度と朝鮮戦争を許してはなりません。戦争を阻止する力は、各国の民衆の自国政府に対する反戦闘争の展開と国際連帯にあります。11月5日韓国の民主労総の労働者を迎えて開催される国際共同行動への参加を訴えます。

11・5全国労働者総決起集会・改憲阻止1万人大行進

・闘う労働運動をよみがえらせよう
・国鉄闘争勝利! 戦争と民営化・労働法制解体に反対する!
・憲法9条改悪絶対阻止!

11月5日(日)正午 東京・日比谷野外音楽堂 午後3時銀座デモ
◇よびかけ 国鉄千葉動力車労働組合など
(百万人署名運動もよびかけに応え積極的にとりくみます)

山梨での夏休み(8/17~8/21)
賛同人の皆さんのご協力ありがとうございました

CIMG00028月18日 県立科学館

CIMG8488













8月19日 尾白川で

CIMG0008












8月19日 「べるが」でバーベキュー

CIMG0012














8月19日 ボランティアの皆さんと

CIMG0017













8月19日 夕食

CIMG8499













8月20日 すいか割り

憲法9条改悪絶対阻止―今秋臨時国会から来年通常国会が決戦です

安倍首相はこの間、以下の9条改憲の日程を発表しました
●5月3日、日本会議系の改憲団体の集会へのメッセージ(読売新聞にも寄稿)で「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」「(憲法9条について)1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と発言しました。
●6月24日、神戸市の講演会でさらに日程の具体化に踏み込み、「自民党の改憲案を(秋の)臨時国会に提出したい」と述べました。
・この秋の臨時国会に自民党の改憲案を提出するとした考えは、都議選で惨敗したあとでも変わっていないと発言しています(7/6『朝日』)。
●都議選での惨敗、加計問題、共謀罪法案の強行などによる支持率の低下によって、今後の衆院選での改憲勢力の3分の2確保は厳しくなっています。安倍首相は、衆参両院で改憲勢力が3分の2を占めている現在、「今しかない、このときに改憲できなかったら後悔する」として、来年18年通常国会での改憲発議と、その直後の18年後半に想定される衆院選と同時の改憲国民投票を目指し、そこから逆算してこの秋の臨時国会に自民党の改憲案を提出するとしているのです。

憲法9条改悪阻止、森友・加計疑獄の安倍政権を倒そう
●今秋の臨時国会から来年通常国会の過程が9条改悪阻止の決戦となりました。今年前半の国会で明らかになった、森友問題や加計問題は改憲などの政治信条を同じくする知人友人に、国有財産を不当に払い下げたり、便宜をはかる犯罪行為であり疑獄事件です。
●それを居直る安倍政権が、かつての侵略戦争への道の再来である9条改憲に突進することなど許すことはできません。9条改憲阻止・安倍政権打倒へ共に闘いましょう。

「山梨での夏休み」にむけ7月に3回の街頭カンパ

 山梨連絡会など、福島の小学生を「山梨での夏休み保養キャンプ」に招く団体は、7月8日、15日、23日の3回街頭カンパ活動を行いました。3回で7万円を超えるカンパが寄せられました。力強いご支援ありがとうございました。これからも皆さんにカンパを訴えてまわりますが、よろしくお願いします。
DSCN2033















福島の小学生を夏休みに山梨へ

■「資金カンパ」や「ボランティア」にご協力をお願いします

●原発事故から6年、いわき市から都内に避難している方の声
「いわき市から自宅の庭は、(放射線量が)一番高いところで23万ベクレルもあり、放射線管理区域である4万ベクレルをはるかにこえている」「またいわき市に帰らざるを得なくなった人に頼まれてその家で測定してみると、庭の土を入れ換えて掃除も徹底的にやったにもかかわらず子どもの靴下にセシウムがついている。小学校高学年の子より幼稚園の子の方が数値が高い。『泥遊びするな』とか言っても、遊びまわる小さい子ほど被曝する。自分も帰れないし、子どもだって帰すわけにはいかない」(『すべての原発いますぐなくそう! 全国会議通信・6月号より)
・6月の福島県の発表では小児甲状腺がんが191人に拡大しています。短期間でも放射能汚染の少ない土地で生活し、ストレスを発散させることが免疫力回復の点で効果のあることがわかっています。
・福島の小学生8人を招いての「山梨での夏休み」(8月17日~8月21日)に、皆さんのご協力をお願いします。

●資金カンパをお願いします
・すでにお送りいただきました方にはお礼を申し上げます。
・1口1,000円から、何口でも結構です。郵便振替でお送り下さい。
 口座番号「00210-0-50137」、口座名称「福島の子どもたちを守る山梨の会」

●「食事作り」「遊び」のボランティアにご協力下さい
・1日のご協力で結構です。ご協力いただけます方は、山梨の会までご連絡をお願いします。

■8月20日(日)福島の小学生と一緒のバーベキュー大会にご参加下さい

●宿舎(「南アルプス市築山583」の「白秋窯」と看板のでている農家です)で行います(11:00集合、雨天決行)
・予約や費用は必要ありません。お子さん、お孫さんと一緒の参加歓迎です。
[「放射能から福島の子どもたちを守る山梨の会」のブログから転載させていただきました]

「山梨での春休み2017」から

CIMG8359ほうとうつくり

CIMG8388














御勅使南公園で

戦争国家体制つくりのための共謀罪絶対反対

 安倍政権は、6月15日参院本会議で共謀罪法案を強行採決し成立させました。高まる「共謀罪反対」「加計疑惑追及」に追いつめられ、法務委員会での採決なしに本会議に持ち込んで決着をはかりました。
 共謀罪は、「テロ対策」を口実に、反戦運動・反政府の運動を監視し弾圧するための法案であり、現代の治安維持法です。戦前の治安維持法などの反省から、現憲法では19条、21条で「思想の自由」「集会、結社、言論、出版の自由」が保障され、「検閲の禁止、通信の秘密は侵してはならない」と明記されています。それを覆して、実行行為のない「話し合い」や、「内心・思想」を弾圧するという憲法違反の法案です。
 安倍政権は、これまで特定秘密保護法、戦争法(集団的自衛権の行使容認=合憲化)を強行し、今年5月、2020年までの憲法9条改憲を打ち出し、戦争のできる国つくりに突進しています。
 同じ言論・思想弾圧の治安維持法が1925年に立法化され、共産主義者に始まり、最後は政府に協力的でない人や宗教者まで弾圧して戦争に突き進んだ戦前の歴史を、再び繰り返そうとしているのです。

森友・加計学園疑惑を許さず9条改憲攻撃阻止へ闘おう

 しかも安倍政権は腐敗にまみれた政権であることが露呈しています。一方に非正規職の拡大で食うや食わずの人をつくりながら、他方で森友学園や加計学園への莫大な公共財産の供与。森友の籠池理事長や、加計理事長は改憲推進の日本会議の有力者であることが明らかとなっています。
 韓国では、パク・クネ前大統領は知人への不正やワイロにからみ、辞職ではすまずに監獄に入れられています。安倍政権もやっていることは同じようなことです。
 共謀罪の強行採決、国会閉会による幕引きを許してはなりません。韓国のような巨大な運動を労働者市民の力でつくり、2020年へ向けて憲法9条改悪阻止・安倍政権打倒へ闘いましょう。

共謀罪反対の闘い

DSCN19455/28甲府駅署名

DSCN1954














6/9甲府駅でのビラ配布

DSCN1977














6/11東京・銀座デモに参加

「山梨での夏休み2017」〔8/17(木)~8/21(月)〕にご協力をお願いします

■福島の小学生にのびのびとした夏休みを
 原発事故から6年、国はこの3月避難区域を見直し、原発周辺の帰還困難区域を除いて避難指示を解除しました。これにともない「自主避難者」への住宅支援は打ち切られ、避難指示が解除された避難者への慰謝料も順次打ち切られます。
 すでに避難指示が解除されている地域では、いまだ8割の人が帰還していません。また福島県の調査では自主避難者の5割が住宅支援を打ち切られても、避難を継続するとしています。県の担当者も避難継続が高い理由について「放射能への不安」と語っています(3/23『朝日』)。除染が進んだと言っても、それは民家のまわり20メートルのことであり山林は行われません。
 放射線は体内に入ると、細胞の遺伝子を傷つけ、がんを発生させる危険があります。いま福島県では小児甲状腺がんが185人も発生しています。たとえ短期でも放射能汚染の少ない土地で生活し、ストレスを発散させることが、免疫力回復の点で効果のあることが、チェルノブイリ原発事故の経験からわかっています。
 私たちは2012年から春休みと夏休みに、福島の小学生を山梨に招く活動をしています。今回も皆さんのご協力をお願いします。

▲日程 8月17日(木)~8月21日(月)
▲参加者 福島の小学生8人
▲主な行事 「川遊びとバーベキュー」「富士山周辺ハイキング」など
▲宿舎 南アルプス市築山地区の古民家

■「ボランティア」や「資金カンパ」にご協力下さい
▲遊びや食事作りのボランティア参加が可能な方は「山梨の会」までご連絡下さい。1日の参加でもありがたいです。
▲資金カンパをお願いします―「山梨での夏休み」の費用は、会員や皆さんから寄せられますカンパ、街頭からのカンパでまかなわれます。
・1口1,000円から。何口でも結構です。郵便振替でお送り下さい。
口座記号番号「00210-0-50137」、口座名称「福島の子どもたちを守る山梨の会」
(「放射能から福島の子どもたちを守る山梨の会」のブログより転載しました)

山梨での夏休みから

CIMG8373









3/30宿舎の庭で遊ぶ

CIMG8405














3/31手すき和紙でハガキつくり
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ