11・5トランプ―安倍の戦争会談に怒りのデモ

 11月5日トランプ大統領が来日し日米首脳会談を行ないました。会談では北朝鮮に対して最大限の圧力をかけることで一致。また大統領は「非常に重要なのは、日本が膨大な兵器を追加で買うことだ。そうすればアメリカに仕事を、日本に安全をつくる」と日本への兵器購入を要求、安倍首相は「米国からさらに購入する」と応じました。
 トランプ大統領は、この日本―アジア訪問と同時に朝鮮半島周辺に空母3隻を展開して、北朝鮮金正恩体制打倒の日米、米韓の合同軍事演習を実施しました。空母1隻体制とは自衛隊の全攻撃能力と同じ程度の攻撃能力を有し、3隻体制とはかつてのイラク戦争を展開したときと同じで、そのまま北朝鮮への戦争に突入した場合、米国防総省のシミュレーションでは通常戦力の戦争になったという想定に限っても、開戦初日のソウル市民の死者は10万人とされています(この数には北朝鮮の民衆の被害は入っていません)。
 私たちは11月5日全国から5000人が東京に結集し、日米による北朝鮮への戦争絶対反対の集会を開催、この闘いには、韓国・アメリカ・ドイツからも多数の労働者が参加し、戦争によってしか生き延びられないような体制は、各国の労働者の国際連帯の闘いで打倒し世の中を変えようと決議、銀座デモで訴えました。

闘いはこれからだ! 「戦争するな! 9条変えるな! 全国署名」にご協力を

 先日の解散・総選挙では、小選挙区制の悪制の故に自民党が圧勝し、国会では改憲勢力が3分の2を超えています。しかしこれは労働者民衆の多数が9条改憲を支持しているということではありません。また「森友・加計」や、「アベノミクス」には、怒りが渦巻いています。そのことを首相本人が知っているが故に「謙虚」とか、「ていねいな説明を」とかペテンをいっているのです。
 日本の労働者民衆の闘いのなかには60年安保反対、70年安保・大学闘争、国鉄分割・民営化と対決し非正規職反対を続ける動労千葉、空港反対の三里塚、沖縄、福島の営々たる闘いが脈うっています。これらの運動と結びつき、安倍政権の9条改憲に絶対に反対しましょう。百万人署名の「戦争するな! 9条変えるな! 全国署名」をともに進めましょう。

11・5トランプ―安倍戦争会談反対集会
DSCN0002
DSCN0044





























10・28―9条改悪反対署名、11・2―甲府駅ビラ配布を行いました

●10月28日(土)午後、甲府駅南口側で山梨連絡会は、山梨合同労働組合とともに「戦争するな! 9条変えるな! 全国署名」を行ないました。集まりは非常によく、2時間で80筆が集まりました。また「改憲反対行動のためのカンパ」を同時にお願いしたところ10人を超える方からご協力をいただきました。本当の労働者民衆の声は国会の中ではなく、街頭にありを感じられた行動になりました。
DSCN2044















●11月2日(木)朝、甲府駅前で「戦争させない! 安倍を倒そう!」のビラを通勤、通学の労働者、学生に配布しました。トランプ―安倍会談を数日後にひかえたこともあり、ビラは700部が受け取られました。
DSCN2051

11・5―安倍・トランプによる戦争会談許すな

●11月5日トランプ大統領が来日します。今回の日米首脳会談の最大のテーマは、北朝鮮金正恩政権の転覆打倒についてです。
・9月19日には大統領は国連で、米国や日本などを守るためには「北朝鮮を完全に壊滅する以外の選択肢はない」と発言、安倍首相もこれを支持し「必要なのは対話でなく圧力だ」と表明しています。
・北朝鮮に対しては、9月11日「北朝鮮への石油輸出、北朝鮮が外貨獲得のために国外に派遣する労働者の制限」など厳しい国連制裁が科せられました。また恒常的に米日韓の大規模な合同軍事演習がくりかえされています。
・沖縄での米軍ヘリ炎上事故、航空自衛隊ヘリ浜松沖墜落事故、百里基地での空自戦闘機火災など米軍、自衛隊の事故が続発しています。これらは米軍、自衛隊が北朝鮮に向けて即応体制に入っているから起こっているのであり、小野寺防衛大臣もそういう趣旨のことを釈明しています。
●安倍首相は、北朝鮮への経済制裁の効果が表れるのは3ヵ月後(年末)くらいからで、そうなれば武力衝突の恐れが生じるほどに事態は緊迫する、と分析していると報じられています(9/26『朝日』)。
・また麻生副総理は9月23日、朝鮮半島から10万人規模の難民が日本に押し寄せる可能性がある、対策を真剣に考えなくてはならないと発言しました。
●これらを見れば明らかなように、すでにトランプ・安倍政権は金正恩政権転覆の軍事行動も射程に入れて準備に入っていることは確実です。
・11・5トランプ来日と日米首脳会談は、17年末から18年にかけての朝鮮半島での日米の戦争準備の会談となることは明白です。事態は切迫しています。日米の朝鮮半島での戦争を絶対に許してはなりません。

韓国・アメリカの仲間が日比谷にやってくる! 共に闘おう

●北朝鮮の核、ミサイル開発は反人民的なものであり絶対に許されません。しかし戦争の危機を生み出している真の原因は北朝鮮の政権転覆をねらって軍事的、政治的、経済的に包囲、重圧を加えているアメリカであり、日本です。
・世界の基軸的大国であるアメリカは、反米の北朝鮮政権を転覆し、制圧することでアジアと世界に君臨しようとし、安倍政権もまた、日米同盟のもと積極的にその役割を担うことで、大国として登場しようとしているのです。
●大国は国内的行きづまりのなかで、国際競争と勢力圏拡大にのりだしており、それは世界各地で戦争の危機を激化させています。安倍政権の憲法9条改悪と、朝鮮戦争への参戦を許してはなりません。
●戦争を止めるには、世界の各国でその国の労働者人民が、自国政府への反戦闘争に立ち上がることです。
・11・5トランプ―安倍の戦争会談反対の行動には、韓国、アメリカから労働者が大挙参加します。世界の仲間と連帯し、共に闘いましょう。

11・5全国労働者総決起集会・改憲阻止1万人大行進

・闘う労働運動をよみがえらせよう
・国鉄闘争勝利! 戦争と民営化・労働法制解体に反対する!
・憲法9条改悪絶対阻止! 安倍・トランプによる朝鮮半島での戦争突入許すな!

11月5日(日)正午 東京・日比谷野外音楽堂 午後3時銀座デモ
◇よびかけ 国鉄千葉動力車労働組合など ◇賛同 百万人署名運動など
(お問い合わせは山梨連絡会まで)

安倍・トランプによる朝鮮への侵略戦争反対・改憲阻止
9・28甲府駅でビラを配布


DSCN2038 百万人署名運動・山梨連絡会は、衆議院が解散された9月28日朝甲府駅前で「『森友』『加計』を隠し、9条改憲体制の再構築狙う解散・総選挙を弾劾する」「安倍・トランプ会談による朝鮮への戦争突入許すな―11・5改憲阻止1万人行進へ」のビラを通勤の労働者市民に配布しました。
 ビラの受け取りはとてもよく、労働者市民の安倍政権による9条改憲への危機感を強く感じたビラ配布の行動でした。

「戦争反対! 9条変えるな!」の署名にご協力下さい

 安倍政権は2020年までに、9条改憲の新憲法を施行すると改憲攻撃に出ています。百万人署名運動では9月の全国代表者会議で、新しい署名用紙で反対にうってでることを確認しました。
 署名用紙はこちらのサイトからダウンロードできます。皆さん、署名を集めてお送り下さい。よろしくお願いします。
改憲決戦署名

解散・総選挙は「森友」「加計」を隠し、9条改憲体制の再構築が狙い

●安倍首相が解散総選挙に踏み切りました。衆参両院で与党・改憲勢力が3分の2の議席を持っているのにです。安倍首相は今年、自分と政治信条が同じ「森友」「加計」学園に莫大な利益供与や便宜をはかった疑惑などで都議選で惨敗しました。そのため首相が5月発表した、今臨時国会に自民党としての改憲案を出し、年明けからの通常国会で改憲発議をするという案に、与党内からも異論が出て見通しが立たなくなりました。私たち労働者民衆の怒りはそこまで安倍政権を追いつめたのです。
●このまま臨時国会を開けば、再び「森友」「加計」を追及され、安倍政権は死に体から退陣に追い込まれる危機にさえあります。そこで3分の2は失っても過半数は維持し、その後に小池新党など改憲勢力を巻き込んで改憲体制の再構築をはかるために冒頭解散という暴挙にでたのです。
●じっさい自民党は今度の衆院選の公約に「9条改憲」案を書くことを9月20日に決定し、「勝てば首相は改憲に向けて動く」(9/21『朝日』)といわれています。戦争のための9条改憲に走る安倍政権は許せません。

安倍・トランプによる戦争突入許すな―11・5改憲阻止1万人行進へ

●9月19日トランプ大統領は国連で、自国と同盟国を守るためには北朝鮮を「完全破壊」すると発言しました。安倍首相は翌日「米国の立場を一貫して支持する」「必要なのは対話ではなく、圧力だ」とトランプ大統領と連携し「戦争も辞さず」を表明しました。首相は「朝鮮半島危機に対応できるのは米大統領と連携の固い自分しかいない」と「森友」「加計」かくしを隠蔽し、戦争の危機を国民にあおって戦争に突入しようとしているのです。
 核・ミサイル開発で対抗する北朝鮮・金正恩(キムジョンウン)体制の反人民的行為は許せません。しかし朝鮮半島で戦争危機をつくりだして!いる真の原因は北朝鮮の政権転覆・体制崩壊を狙う米日の戦争体制つくりです。
●朝鮮半島では、1950年代の朝鮮戦争以来戦時状態が継続したままです。その間米軍は、核使用も想定し、「チームスピリット」など大規模演習を米韓連合軍の先制攻撃による「ピョンヤン制圧・北朝鮮政権打倒」のシナリオのもとに展開し、最近では「(金正恩)斬首作戦演習」も実施しています。安保法制成立後は自衛隊も頻繁に米軍との共同演習を繰り返しています。
 存亡の瀬戸際に追われた北朝鮮は、アメリカへの体制保障を求める交渉カードとして核、ミサイル開発に走っているのです。
 朝鮮半島での戦争を許してはなりません。11月上旬には東京でトランプ・安倍会談が予定されています。米国や韓国の民主労総の労働者を迎えて開催される「安倍・トランプによる戦争突入許すな」「11・5改憲阻止1万人大行動」への参加を呼びかけます。また「戦争するな! 9条変えるな! 全国署名」をよろしくお願いします。

11・5全国労働者総決起集会・改憲阻止1万人大行進

・闘う労働運動をよみがえらせよう
・国鉄闘争勝利! 戦争と民営化・労働法制解体に反対する!
・憲法9条改悪絶対阻止! 安倍・トランプによる朝鮮半島での戦争突入許すな!

11月5日(日)正午 東京・日比谷野外音楽堂 午後3時銀座デモ
◇よびかけ 国鉄千葉動力車労働組合など
◇賛同 百万人署名運動など
(お問い合わせは山梨連絡会まで)

改憲決戦署名
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ