言論を弾圧する共謀罪―反対署名で絶対阻止を

 安倍政権は「オリンピックのテロ対策のため」と称して「共謀罪新設」を今国会で成立させようとしています。そのために300もの犯罪を対象にして、それを計画したと警察が認定すれば逮捕弾圧されるのです。
 最大の問題は、犯罪の実行がなくとも計画したとされるだけで弾圧されることです。これは「思想」や「信条」が弾圧されることと同じです。憲法では思想・信条の自由が保障されており、それが犯罪にあたるとしても考えただけでは罪にはなりません。それは戦前「治安維持法」のもとで思想弾圧が吹き荒れ、戦争につながったことへの反省からです。
「テロ対策」といえば人は黙りがちですが、かつて自民党幹部は国会をとりまくデモ隊を指して「デモはテロ行為と変わらない」と言っています。また政府は「テロ対策」のための法案のように言いますが、それは政府が法案の説明のためにつけた通称で、法案の条文の中には「テロ」の言葉もなく、テロ対策に限定した法案ではありません。「国家が市民の心の中に監視の目を光らせる社会になる」(法案に反対の弁護士)と報道されています(1/27『朝日』)。
 改憲と戦争に直結する共謀罪は許してはなりません。百万人署名運動では「共謀罪と改憲に反対する署名」を開始します。署名を集めてお送りください(全国運動事務局、または山梨連絡会までお願いします)。

福島から佐藤さんを迎え集会

2月18日(土)、福島診療所建設委員会代表の佐藤幸子さんをお迎えし、山梨連絡会など5団体の呼びかけで「福島のいまと避難・保養・医療」のお話を聞きました。35名が参加し、参加者からは「佐藤さんの政府、県への甲状腺検査の縮小、住宅支援打ち切りなどへの怒りと、私たちの思いが一致したとてもいい集会だった」などの意見が出されました。
DSCN1716















奪われてたまるか! 避難 いのち 子どもの未来
3・11反原発福島行動2017

3月11日(土)12時開場、13時開会
福島県郡山市「開成山野外音楽堂」
◇集会後、郡山駅までデモ行進
☆車で参加します。お問い合わせは山梨連絡会まで。

3・11から6年 全ての原発をなくせ・福島の子どもたちを守ろう
「山梨での春休み2017」にご協力をお願いします


「放射能から福島の子どもたちを守る山梨の会」のブログ参照)

「山梨での春休み2017」へ街頭カンパを行いました

 2月5日と2月26日、「山梨での春休み2017」へ向けて街頭カンパと署名活動が行われ、山梨連絡会も参加しました。
 3・11原発事故から6年となりますが、街頭での「原発をなくせ」「福島の子どもたちの命を守れ」の声は大きく、2月26日には3万円を超えるカンパが寄せられました。また「被曝と帰還の強制反対署名」も多数が寄せられました。署名は全国で集められており、福島県知事に提出します。
DSCN1288

安倍政権の進める共謀罪新設と憲法改悪に絶対反対の闘いを

●1月20日開会された通常国会で安倍首相は憲法改悪への意欲を強調し、今国会で改憲論議を軌道に乗せることを訴えました。安倍首相の改憲の狙いは、自民党改憲草案にある9条改悪=「国防軍を保持する」によって、「戦争を放棄する国」から「戦争をする国」への日本の転換を行うことです。
 この攻撃と一体で、共謀罪を今国会で成立させようとしています。東京オリンピックでのテロ対策の必要性を叫んで、労働者人民を脅かしていますが、共謀罪は現代の治安維持法です。3年前、秘密保護法を国会で成立させたとき、当時の自民党幹部は国会を取り巻くデモ隊をさして「デモはテロ行為と変わらない」と攻撃しましたが、今回も同じ手法です。共謀罪では犯罪の実行行為がなくとも、2人以上が「計画した」と見なせば取り締まることができるようになります。戦争反対を闘う団体を「組織的犯罪集団」と決めつけて弾圧する現代の治安維持法です。安倍政権の戦争への攻撃、共謀罪新設と憲法改悪を許さず闘いましょう。

トランプ大統領反対の全世界の闘いに連帯しよう

●1月20日に就任したトランプ大統領は「米の利益最優先の保護貿易主義」「民族・人種差別、女性差別、環境保護撤廃」などに突進しています。
「米第一主義」といっても、アメリカの労働者人民全体の利益を守るということではなく、一部の大資本家の利益をこれまで以上に守るということです。それは大統領の政策である「法人税大幅減税」「大規模なインフラ投資」「軍事費の上限撤廃」は推進し、他方で「医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃」など社会保障の削減をみれば明らかです。
 就任式を前後して、アメリカや全世界80ヵ国で約500万人が大統領への抗議デモに立ち上がりました。なかでも首都ワシントンの1月21日のデモには50万人が参加しました。元教員の女性は「抗議の声をあげないと国が間違った方向に進む」と発言しています。
 韓国、アメリカ、全世界で戦争と格差拡大などへの闘いが巻き起こっています。私たちも連帯し、安倍政権の戦争と改憲の攻撃反対の闘いに立ち上がりましょう。

2・18佐藤幸子さん(福島診療所建設委員会代表)と語る会へご参加を

●山梨連絡会では、原発事故から6年をむかえ、政府が避難者への慰謝料や住宅支援を打ち切り、いまだ高線量の福島への帰還政策を進めることに反対し、福島で子どもたちの命を守る拠点として診療所建設運動を進める「佐藤幸子さんと語る会」を開催します(詳細は12月29日付の記事で)。皆さんのご参加を呼びかけます。

「2・18佐藤幸子さんと語る会」のビラを甲府駅で配布

 山梨連絡会は、1月26日(木)朝、甲府駅で労働者、学生にビラの配布を行いました。寒い朝でしたが、よく受け取られ、700枚配布することが出来ました。ビラを受け取ったあと立ち止まって読み、そのあと「あと3枚下さい」と持ち帰ってくれる中年の男性もいました。
CIMG0308

17年も戦争と格差拡大の安倍政権に共に闘いを

〔2016年山梨連絡会の闘い〕

DSCN12792月 「いま福島で起きていること」講演会

DSCN13163月 福島県郡山市の反原発集会に参加

DSCN14537月 甲府駅で原発反対の署名とカンパ

CIMG82538月 福島の小学生を山梨に

〈講演会のご案内〉
フクシマとつながろう! なくそう原発!
2・18佐藤幸子さん(福島診療所建設委員会代表)と語る会
2月18日(土)13:00開場、13:30開始~16:30終了
国際交流センター
(パスポートセンターと同じ建物・駐車場あり、甲府市飯田2-2-3)
●資料代 500円(学生300円)
●よびかけ 山梨連絡会など5団体

佐藤幸子福島診療所建設委員会は、福島県で多発している小児甲状腺がんについて国や県が「原発事故との因果関係はない」という立場で対応していることを批判し、福島の子どもの命を守る拠点として全国からの募金で診療所建設を進めています。佐藤幸子さんはその代表をされています。

CIMG029810月 甲府駅前で反戦のビラ配布

DSCN165511月 東京での韓国民主労総との連帯集会に参加

百万人署名運動・賛同会費更新のお願い

・賛同会員の皆さん。
 いつも「百万人署名運動」全国通信の購読、闘いへのご支援ありがとうございます。
 賛同会費納入のお願いをさせていただきます。
 引き続き賛同会員になっていただきたく、年会費3,000円の振り込みをよろしくお願いいたします。
 皆さんからいただきます3,000円の年会費は、半分の1,500円は毎月の『全国通信』の発行や、全国運動の中心を担っております本部事務局を維持する費用として、あとの1,500円は年12回の『全国通信』の購読料、そして賛同会員の皆様への郵送費用などの事務経費に使用させていただいております。
 今後ともよろしくお願いいたします。

まだ百万人署名運動の賛同会員でない皆さん
ぜひ賛同会員となっていただくことをお願いいたします


①「とめよう戦争への道! 百万人署名運動」は、1997年西川重則さん(平和遺族会全国連絡会代表)ら38名の方の呼びかけで出発した運動です。
 それ以来今日まで、戦争と憲法改悪に反対する運動を署名活動を中心にして取り組・んできています。
 2011年3・11福島原発事故が発生してからは、すべての原発の廃炉と福島の子どもたちの命を守る保養活動にも取り組んでいます。
②会員となっていただきますと、毎月『全国通信』をお送りします。
『全国通信』では毎回、平和運動家、学者、ジャーナリストの方々へのインタビュー記事、全国の反戦平和活動の報告、各地の講演会や集会のおしらせなどが掲載されています。
③安倍政権の戦争と改憲攻撃を許さないために、会員となって共に闘って下さい。運動への参加は無理という方も、『全国通信』を読んだり、可能な活動はたくさんあります。
 賛同会員になっていただける方は、年会費・3,000円の振り込みをお願いします。
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ