蹴球日々

サッカーについて少しずつ書いていこうと思います。

高校時代を神奈川県で過ごした選手達の応援も込めてまとめてみた(把握した選手のみ)
常にアップデートはしていく予定です。

2017年は激戦。
•高体連

関東
優勝:三浦学苑(準優勝)
準優勝:座間(1回戦)
ベスト4:東海大相模.桐蔭学園

総体
優勝:東海大相模(2回戦)
準優勝:日大藤沢(準優勝)
ベスト4:湘南工科.座間

選手権
優勝:桐蔭学園(2回戦)
準優勝:桐光学園
ベスト4:湘南学院.三浦学苑

K1
優勝:東海大相模
準優勝:日大藤沢
3位:三浦学苑
4位:湘南ベルマーレユース

•クラブユース

クラブユース選手権
ベスト4:川崎フロンターレU-18
ベスト8:横浜FMユース
ベスト8:湘南ベルマーレユース

Jユースカップ
ベスト4:川崎フロンターレU-18
ベスト8:湘南ベルマーレユース


•神奈川県 2017 進路先

筑波大学:関東1部
池谷祐輔(川崎フロンターレU-18)
新田舜介(逗子開成)

順天堂大学:関東1部
小川真輝(川崎フロンターレU-18)

流通経済大学:関東1部
吉原崇匡(湘南工科)

明治大学:関東1部
小林春稀(東海大相模)

法政大学:関東1部

東京国際大学:関東1部
吉田理人(桐蔭学園)
渡辺皓平(藤沢清流)
小見皐太(日大)
鈴木風雅(麻布大附属)
大山璃規(麻布大附属)

桐蔭横浜大学:関東1部
早坂勇希(川崎フロンターレU-18)

東洋大学:関東1部
神山京右(横浜FCユース)
桝谷岳良(川崎フロンターレU-18)
飯澤良介(横浜FCユース)

駒澤大学:関東1部
猪俣主真(三浦学苑)
山田虎之介(三浦学苑)
石綿樹(相洋)

専修大学:関東1部
岩城大助(横浜FMユース)
本山鐘現(横浜FMユース)
渡辺陽介(桐光学園)
加茂剛(横浜FCユース)
川本大夢(相洋)
金田健吾(相洋)
名賀海大(市立橘)
深澤秀文(エスペランサユース)

早稲田大学:関東1部
田中雄大(桐光学園)
倉持快(桐光学園)
上川琢(湘南ベルマーレユース)
安田和人(鎌倉)

国士舘大学:関東1部
中村翔輝(日大藤沢)
ギブソン マーロン マサオ(日大藤沢)
内田瑞己(平塚学園)
南和樹(藤沢清流)
小原勝裕(上鶴間)

日本体育大学:関東2部
大曽根広汰(川崎フロンターレU-18)
三田野慧(日大藤沢)
荒井啓吾(座間)
長谷川翔(市立東)

慶應義塾大学:関東2部
荒貴史(横浜FMユース)
橋本健人(横浜FCユース)
吉田剛(桐蔭学園)
依田興汰郎(桐蔭学園)
大薗慶悟(桐蔭学園)
川村祐生(慶應義塾)
酒井綜一郎(慶應義塾)
西村晋志朗(慶應義塾)
秋葉満喜(慶應義塾)
大久保晴(慶應義塾)
長谷川友己(慶應義塾)
平田賢汰(慶應義塾)
飯塚亮貴(慶應義塾)
眞木勇輝(慶應義塾)
丹野颯太(慶應義塾湘南藤沢)

中央大学:関東2部
新井秀明(川崎フロンターレU-18)
渡辺大智(桐光学園)
三木結斗(横浜FCユース)
和田悠汰(座間)
今村栄佑(座間)

拓殖大学:関東2部
高橋和希(湘南ベルマーレユース)
安部正樹(三浦学苑)
吉崎龍太(三浦学苑)
小関海(湘南工科)
奈良優樹(光明相模原)
金子拓磨(麻布大附属)

東京農業大学:関東2部
村井建斗(座間)

青山学院大学:関東2部
小関裕章(桐光学園)
大場隆充(桐光学園)
戸村圭吾(鎌倉)

立正大学:関東2部

神奈川大学:関東2部
白川浩人(横浜FCユース)
安松元気(日大藤沢)
松尾凌我(三浦学苑)
早坂翼(平塚学園)
角田薫平(平塚学園)
石原大樹(湘南ベルマーレユース)
金山竜大(麻布大附属)

東海大学:関東2部
佐々木倫忠(桐光学園)
水越陽也(東海大相模)
元廣正貴(東海大相模)
中村太士(湘南工科)
山田泰雅(厚木北)
下平渓(横浜創学館)

関東学院大学:関東2部
井上海希(エスペランサSC)
井上恵武(湘南ベルマーレユース)
下川圭祐(向上)
高地大哉(菅)
今泉諒己(麻布大附属)

立教大学:関東2部
澤田章吾(横浜FMユース)
五味悠里(桐光学園)
平本大海(桐蔭学園)
桐蒼太(日大藤沢)
村田航(鎌倉)

日本大学:都1部
森陽平(川崎フロンターレU-18)
柴崎耀(日大)

明治学院大学:都1部
加藤優太(桐光学園)
松崎哲馬(桐光学園)
養日幹大(川崎フロンターレU-18)
高田稜平(横浜FCユース)
野原広太(三浦学苑)
森山翔介(桐蔭学園)
原川凌太朗(桐蔭学園)
井垣大和(桐蔭学園)
平田一真(桐蔭学園)
嶽間澤佳祐(桐蔭学園)
柴野諒貴(湘南ベルマーレユース)
関口悠人(湘南ベルマーレユース)
雨ヶ谷勇登(湘南工科)
下田平凌(横浜創英)
大西泰成(横浜創英)

山梨学院大学:都1部
中村涼(横浜FMユース)
大山輝士(湘南学院)
小澤恭也(湘南学院)
児玉征哉(湘南学院)
佐々木龍生(麻布大附属)

成蹊大学:都1部
山形修平(桐光学園)

学習院大学:都1部
平野知輝(弥栄)
豊島英太(光陵)

上智大学:都1部
若松三太(逗子開成)

帝京大学:都2部
鈴木友也(平塚学園)
野村佳太(相洋)

東京大学:都2部
松山樹立(浅野)
後藤彰仁(横浜翠嵐)

仙台大学:東北1部
伊従啓太郎(川崎フロンターレU-18)

産業能率大学:神奈川県リーグ
矢口聖真(桐光学園)
竹内暢希(日大藤沢)
菊池大智(日大藤沢)
岩崎駿(湘南工科)
岡田健志(湘南工科)
三嶋晴仁(湘南工科)
平野敬介(湘南工科)
吉浦宙(湘南工科)
河野温弥(厚木北)
池内龍哉(横浜創英)
木澤海智(横浜創英)
八方伶央(湘南ベルマーレユース)
桑原達也(市立橘)
今井達也(麻布大附属)
土屋翔(麻布大附属)

横浜国立大学:神奈川県リーグ
村上功樹(桐蔭学園)
山口和真(川和)
横濱祐雅(川和)

防衛大学:神奈川県リーグ
酒井宏太(市立金沢)

神奈川工科大:県リーグ
藤田悠真(SC相模原ユース)

国際武道大学:千葉県1部
佐野穂高(星槎国際)
山田龍治(星槎国際)
高橋亮輔(湘南工科)

中央学院大学:千葉県1部
西山孝文(湘南ベルマーレユース)

城西国際大学:千葉県1部
佐藤圭(三浦学苑)
斉藤実裕(星槎国際)
久保ジョモ龍(横浜創学館)

明海大学:千葉県1部
尻無浜竜太(湘南工科)
中村陽輝(湘南工科)

作新学院大学:北関東
鳥海翔(湘南ベルマーレユース)

上武大学:北関東
扇田信吾(星槎国際)
川崎憲伸(厚木北)
谷圭亮(荏田)

常磐大学:北関東
井口雄斗(SC相模原ユース)
太田尚吾(SC相模原ユース)

尚美学園大学:埼玉県1部
菅沼翔輝(東海大相模)

新潟医療福祉大学:北信越1部
塚田裕介(横浜FMユース)
今井海斗(桐光学園)
山口泰輝(東海大相模)
井上蔵馬(東海大相模)

びわこ成蹊スポーツ大学:関西1部
関時生(SC相模原ユース)

阪南大学:関西1部
佐藤駿多(桐蔭学園)

関西学院大学:関西1部
板東律(横浜FCユース)
松本龍典(桐蔭学園)
北村万宙(鎌倉)

立命館大学:関西1部
千葉恭馬(桐蔭学園)

中京大学:東海1部
名執龍(東海大相模)

岐阜経済大学:東海1部
重松寛太(星槎国際)

名古屋経済大学:東海1部
田畑駿(SC相模原ユース)

四日市大学:東海1部
品田亮斗(星槎国際)
中戸川侑樹(平塚学園)
阿久津大輝(旭)

鹿屋体育大学:九州1部
小屋原尚希(日大藤沢)

福岡教育大学:九州2部
宮崎建悟(市立金沢)

続いて第2試合は横浜と小田原城北の対決。

横浜(K4)は今シーズン初観戦。
総体:1次予選2回戦
今大会成績
1回戦 vs 座間総合(K4) 0(5PK4)0

小田原城北(K4)は今シーズン初観戦。
総体:1次予選1回戦
今大会成績
1回戦 vs 藤沢翔陵(K4) 7-1

選手権
神奈川県
1次予選2回戦
2018.7.16
@旭G

横浜 6-0 小田原城北

前半5分 10出口亜朱(横浜)
前半14分 15三崎雄太(横浜)
前半30分 9鈴木拓樹(横浜)
前半35分+2 15三崎雄太(横浜)
後半14分 6飯倉柊人(横浜)
後半26分 15三崎雄太(横浜)

横浜
4210823D-C277-4B7C-B368-F19941489054

GK
1 齊藤康太 3年 横浜中
DF
2 八木郁 1年 YSCC JY
3 佐藤藍人 1年 西柴中
4 大橋幸平 2年 笹下中
8 椿山祥 2年 松本中
MF
7 芹田俊介 3年 高田中
9 鈴木拓樹 3年 赤羽根中
6 飯倉柊人 3年 横浜栄FC
15 三崎雄太 2年 釜利谷中
FW
11 本多翔洋 1年 小田中
10 出口亜朱 2年 坂本中

ーーーー10ーーー11ーーーー
ーー15ーーーーーーー6ーー
ーーーー9ーーー7ーーーー
ー8ーー4ーーーー3ーー2ー
ーーーーーー1ーーーーーー

HT 8→17
後半28分 10→21
後半28分 15→14
後半34分 1→16
後半34分 7→13

17 清澤海輝 1年 大綱中
21 山口亮太 1年 野庭中
14 美川佑之 3年 宮田中
16 平野靖征 3年 松本中
13 青木大征 2年 笹下中

小田原城北
773A0E68-C63F-4421-A145-C6D405F19E8C

GK
20 須田郁也 2年 SCD
DF
2 古尾谷岳 2年 大磯中
6 安浦誠人 1年 岡本中
5 津曲謙次 2年 城南中
18 安田貫太朗 2年 秦野FC
MF
8 花上空 2年 SCD
11 工藤圭史 3年 千代中
13 杉崎光輝 1年 本町中
7 原田虎太郎 2年 鴨宮中
FW
14 本岡敬太 1年 白山中
9 根元貴裕 2年 岡本中

ーーーー9ーーー14ーーーー
ーーーー7ーーー13ーーーー
ーーーー11ーーー8ーーーー
ー18ーー5ーーーー6ーー2ー
ーーーーーー20ーーーーーー

前半開始(35分ハーフ)
横浜は4-4-2の布陣。
小田原城北は4-2-2-2の布陣。

前半5分-横浜
中央で受けた#10出口が迷わず右足を振り抜き30m級のミドルループを鮮やかに決めた。横浜が先制。
横浜 1-0 小田原城北

前半11分-横浜。最終ラインからのスペースへのフィードに対して相手との競走に勝利した#10出口がボールを掻っさらいスピードを落とさずゴールに接近。至近距離からのシュートはGK#20須田が体に当てて防ぐ。

前半14分-横浜
自陣からのFK。
GK#1齊藤が前方へ大きく蹴って行くと#15三崎がトップスピードで反応。絶妙なファーストタッチでDFを置き去りにして思い切りゴールへ蹴り込んだ。GK齊藤がアシストをマーク。
横浜 2-0 小田原城北

前半30分-横浜
右サイドからSH#6飯倉がクロス。この跳ね返りをエリア外で拾った#9鈴木がトラップから素早く左足を振り抜きドライブ回転の掛かったボールはGKも動けない軌道でゴール左上へ鮮やかに決まった。ゴラッソ。
横浜 3-0 小田原城北

前半35分+2-横浜
右サイドで人数を掛けて細かく動かし時間を作って最後は#7芹田がハイクロス。大外に走った#15三崎が上手く頭に当ててニア上を抜いた。
横浜 4-0 小田原城北

前半終了
横浜 4-0 小田原城北

前半は横浜がゴールラッシュで4点のリードを奪って終了。
横浜はボールを奪えばシンプルに前線へ送り#10出口を軸に攻撃を展開。ボールを動かす、持てる選手は揃っているものの「シンプルな形」を多用しサイドからのクロス、ミドルで得点を重ねた。
小田原城北は中盤の#7原田を軸にアタッキングサードまではボールを運べるが...ゴールを奪うには至らず。

後半開始
-横浜
#8椿山→#17清澤

後半1分-小田原城北。PA付近左中間からのFK。#7原田が左足でファーを狙い枠内を捕らえるもGK#1齊藤がワンハンドで外へ掻き出すファインプレー。

後半14分-横浜
#10出口が中央から外へ流れてパスを引き出しPA左角から右足のクロス。長い距離を走ってファーに突っ込んだ#6飯倉がダイレクトの強烈シュートを対角へぶち込んだ。
横浜 5-0 小田原城北

後半26分-横浜
PA付近で相手のパスをカットした#7芹田が縦に抉ってグラウンダークロス。中央に走った#10出口がDFを釣ってファーでフリーの#15三崎が押し込んだ。
三崎はハットトリックの大活躍。
横浜 6-0 小田原城北

後半27分-横浜。#7芹田がSBとCB間を通すスルーパス。スプリントを掛けた#10出口が一気にゴールへ迫り余裕のトーキックで狙うも枠の上。

後半28分-横浜
#15三崎→#14美川
#10出口→#21山口
4-1-4-1に変更。
山口がアンカーに入り.#7芹田と#9鈴木がインサイド.#11本多が1トップ。

後半34分-横浜
#1齊藤→#16平野
#7芹田→#13青木
4-2-3-1に変更。
青木がボランチに入る。

試合終了
横浜 6-0 小田原城北

横浜は6発快勝で3回戦進出。
70分間を通して主導権を握り続け安定感のある試合運びで相手に付け入る隙を与えず。前半の4得点で試合を決めた。
この試合で目立っていたのは1人1人が長い距離をスプリントしてスペースへ飛び出して行く姿勢。ここは大きな強みの1つとなっていた。足元に拘らずシンプルなロングボールを主体にファースト、セカンドを収め優位性を生み出していた。また前線の#10出口やサイドの#15三崎、中盤の#9鈴木と決定機に多く絡んだ3人のコンディションの良さが際立っていた。
次戦は同じくK4所属の横浜翠陵と対決する。

#10出口は小技のある小柄なアタッカー。スピードと技術に優れ、動きながらのプレーの正確性が高い。ラストの部分でアジリティを活かしたフィニッシュワークに長ける。

#15三崎はスピードとファーストタッチの巧さが光る左サイドアタッカー。SHながら得点感覚の鋭さを発揮しハットトリックの大活躍。

#9鈴木はタッチ毎に角度を変える器用な面を見せた大型レフティ。彼が持つとボールが落ち着き、長短のパスでゲームを動かす。エリア外からのゴールはGKにはノーチャンスの素晴らしいミドルだった。

#7芹田は中盤から好配球を見せたレフティボランチ。ボールを回すだけでなく積極的に前を追い越して行く。

#1齊藤は守備機会自体は少なかったが決定的なFKを抜群の反応で弾き出し、また自陣からのキック1発でアシストをマークした3年生守護神。

#11本多は高さのある1年生FW。まだまだ課題は有れどポテンシャルは非常に高い。

小田原城北は大量失点を喫し惜しくも3回戦進出ならず。守備が破綻してしまった...。
基本的にSHを置かないBOX型の中盤を採用しキープ力と優れた左足を完備する#7原田を軸にした攻撃を披露するも決定機1歩手前で相手の網に掛かってしまいゴールを奪う事は叶わなかった。守備に関してはピンチが失点に直結。相手の決定力の高さに屈し、1本のロングボールやクロス、ミドルからネットを揺らされた。
選手権予選に残った3年生は#11工藤ただ1人。下級生の多いメンバーで挑み1回戦勝利を掴み取り2回戦進出を果たしたが...「夏の2勝」は来季以降に持ち越しとなった。

#7原田はチームの中で最も技術を有するパワフルなレフティ。中盤でタッチ数を増やしドリブル、パスでゲームを組み立てた。特に左足のパンチ力は非常に面白い。

#2古尾谷は運動量と声が目立っていた右SB。マイボールになれば積極的にスペースへ飛び出しパスを呼び込み、劣勢時はポジティブな声でチームを盛り上げた。ここまでチームを引っ張る力のある選手は希少価値が高い。

本日は選手権1次予選。
2回戦屈指の好カードを観戦する。
第1試合は旭と茅ヶ崎北陵の対決。

旭(K3D)は今シーズン2回目の観戦。
14.旭 vs 武相
関東:2次予選4回戦
総体:1次予選3回戦
今大会成績
1回戦 vs 横浜清風(K4) 2-0

茅ヶ崎北陵(K4)は今シーズン初観戦。
総体:1次予選3回戦
今大会成績
1回戦 vs 麻生総合(K4) 5-1

選手権
神奈川県
1次予選2回戦
2018.7.16
@旭G

旭 2-1 茅ヶ崎北陵

前半2分 10相川勇気(旭)
前半7分 5永田武蔵(旭)
後半19分 10瀬良垣ジャンフランコ(茅ヶ崎北陵)


0AB9D81F-0C21-4C86-9C37-7754C6B350D6

GK
1 畑野比呂人 3年 JFC FUTURO
DF
3 鈴木紫夕 3年 横浜吉田中
5 永田武蔵 3年 座間FC
4 池田優 3年 左近山中
2 原颯太 3年 鶴間中
MF
7 佐藤海人 2年 SCH
8 阿部締 3年 FC緑
6 松塚大知 3年 領家中
10 相川勇気 3年 宮田中
11 井上泰智 3年 領家中
FW
9 久保田基之 2年 川崎アズーロ

ーーーーーー9ーーーーーー
ー11ーー10ーーー6ーー8ー
ーーーーーー7ーーーーーー
ー2ーー4ーーーー5ーー3ー
ーーーーーー1ーーーーーー

HT 9→20
後半12分 10→15
後半27分 11→19
後半31分 8→13

20 桐生大地 3年 保土ヶ谷中
15 金子晴樹 3年 戸塚中
19 菊地健太 2年 万騎が原中
13 貴島悠弥 3年 FC ASAHI JY

茅ヶ崎北陵
15CC66D1-0ADD-4887-86CB-34D2AD1F95F9

GK
1 桑原健人 3年 旭陵中
DF
2 長尾涼平 2年 スエルテFC
4 臼杵佳祐 3年 南戸塚中
5 田邊友介 2年 神明中
15 武田哲 3年 藤ヶ岡中
MF
6 石亮輔 3年 バディーJY
10 瀬良垣ジャンフランコ 3年 長後中
14 長谷川克海 3年 P.S.T.C.ロンドリーナ
21 川田怜 2年 手広中
FW
9 吉田俊和 3年 大谷中
7 藤浪皓也 3年 旭が丘中

ーーーー7ーーー9ーーーー
ーーー21ーー14ーー10ーーー
ーーーーーー6ーーーーーー
ー15ーー5ーーーー4ーー2ー
ーーーーーー1ーーーーーー

HT 15→20
後半8分 21→8
後半35分+3 14→3

20 中村壮 3年 エスポルチ藤沢
8 河津暢 3年 梅田中
3 濱野直樹 3年 村岡中

前半開始(35分ハーフ)
旭は4-1-4-1の布陣。
茅ヶ崎北陵は4-1-3-2の布陣。

前半2分-旭
左SB#2原が楔を撃ち込み#9久保田がポストで潰れる。引き取った#10相川がシュートフェイクでDFを滑らせ右足で巻いたコントロールショットをゴール右へ鮮やかに決めた。旭がホームで先制。
旭 1-0 茅ヶ崎北陵

前半7分-旭
ハーフライン左サイド付近からのFK。
#4池田がゴール前へフワリと送るとGK前で#5永田が打点の高いバックヘッドで決めた。旭が連続得点。
旭 2-0 茅ヶ崎北陵

前半終了
旭 2-0 茅ヶ崎北陵

前半は開始早々にラッシュを掛けた旭が2点リードで終了。
旭は両SBの攻め上がりを活用したサイドからの攻撃を中心に躍動感のあるサッカーを展開。攻守の切り替えも素早く相手に良い形でボールを持たせず。ホームのアドバンテージを活かし、後半はどこまでスタミナが持つか。
茅ヶ崎北陵は出会い頭の失点によりペースを掴めず。中盤以降は安定感を取り戻したが攻撃面で可能性を感じさせる場面は作れず...。基本的には2トップに当てて近距離での打開を図るものの連続してパスが繋がらずに苦戦した。後半はアタッキングサードでの積極性を強く打ち出したい。

後半開始
-旭
#9久保田→#20桐生
-茅ヶ崎北陵
#15武田→#20中村

後半3分-茅ヶ崎北陵。バイタルで受けた#9吉田が迷わず強烈ミドルはGK#1畑野が足に当てて外に弾き出すファインセーブ。

後半6分-旭。右サイドでSB#3鈴木が激しく潰してボールを奪いカットイン。タイミングを図ってスルーパスを送る。トップスピードで飛び出した#20桐生がトラップでGKを抜くもタッチが長くなり僅かにゴール右へ流れる。

後半8分-茅ヶ崎北陵
#21川田→#8河津

後半12分-旭
#10相川→#15金子

後半19分-茅ヶ崎北陵
中央からのFK。
#6石がフワリとゴール前へ送ると#7藤浪が打点の高いヘッドで競り勝ち、ゴール前へ詰めていた#10瀬良垣が押し込んだ。茅ヶ崎北陵が1点を返す。
旭 2-1 茅ヶ崎北陵

後半27分-旭
#11井上→#19菊地

後半30分-旭。縦パスに反応した#20桐生がPA左から浮き球に合わせたシュートはGK#1桑原がギリギリ触ってCKに。

後半31分-旭
#8阿部→#13貴島

後半35分+3-茅ヶ崎北陵
#14長谷川→#3濱野

後半35分+4-旭。#13貴島が右サイドタッチライン際から縦に送り#20桐生がクロス。ファーに流れたボールを#19菊地がシュート体勢に入った所でGK#1桑原が間合いを詰め、シュートを放たれるもゴールをカバーしたDFがクリア。

試合終了
旭 2-1 茅ヶ崎北陵

旭はホームグラウンドで逃げ切り勝ち。
恐らく数年前なら2次予選で実現したような2回戦屈指の好カードを制し3回戦進出を決めた。
やはりホーム開催のアドバンテージは大きい。100人を超える応援団に後押しされ試合開始から僅か数分で2得点を奪い、後半のキツい時間帯では声援がそのまま力となった。
今年も基本的には4-1-4-1のシステムを採用する。
このチームの特長として元々はFWだった#2原と#3鈴木の両SBが攻撃性能の高さを活かしオーバーラップを積極的に仕掛け、例年以上にサイドから攻撃を組み立てる。この2人の攻撃参加は相手の脅威に。またアグレッシブに闘える選手が揃っていて最後まで落ちぬ持久力を備える。攻守の切り替えが素早くデュエルの強さを発揮していた。
更に強力なのは#20桐生.#15金子.#13貴島など春先は先発出場していた力のある選手達がベンチに控えていた点。怪我明けなのかもしれないが、流れを変えられるような選手がこれだけスタンバイしているのは心強い。

#2原は1年次にFWから転向すると県内有数の超攻撃的左SBに成長。絶え間ないアップダウンを可能にする脚力と持久力、更にスピードも有ってクロスも正確で鋭い。負けん気も強くてガツガツ相手にアタックしてタフにファイトする。本当に面白い。まだまだ進化中。

#6松塚は中盤の強度を保つ激しいアプローチでチームを助けたMF。この試合では2.5列目的な役割を任されていたが特に守備面での貢献度が高い。

#20桐生は旭高が誇る大型ストライカー。この試合では後半からの出場となったが随所でらしいダイナミックなプレーで惜しい場面を作った。ただ、成長期なのか怪我明けなのか上半身と下半身のバランスを欠いていたように見えた。

#1畑野はフトゥーロ時代はFP。高校1年の終盤にGKへと転向し運動センスを活かし旭の守護神に君臨。今日の試合でも激しい空中戦の連続だったが安定感のあるキャッチングや勇気を伴うハイボール処理でチームの勝利に大きく貢献した。

#7佐藤はSCH出身の2年生。以前はCBだったがアンカーで出場。バランス感覚に長けていて派手なプレーは見せないがキッチリとバイタルエリアを閉めた。

#8阿部はFC緑出身の3年生サイドアタッカー。豊富な運動量をベースに右サイドを往復しボールホルダーに対する素早いアプローチで攻撃の始点を作らせず。

#3鈴木は瞬発力と攻撃性能の高さが光った右SB。思い切ったカットインやミドルなど元アタッカーの片鱗を示した。

#5永田は跳躍力を活かしたサイズ以上の打点の高いヘディングで決勝点を奪った座間FC出身の3年生CB。後半は相手のハイボール攻勢に対して的確に跳ね返し続けた。

#11井上は前半のみの出場となったがストライドの大きなドリブルで迫力を出していた。

茅ヶ崎北陵は追撃及ばず2回戦敗退。
やはり試合を左右したのはゲームの入り方。
明らかに硬さのある11人は浮足立ってしまい開始7分で2失点を喫してしまった...。負ければ引退という生死を分ける大一番。このブロックに於ける本命候補の旭(K3) また相手のホームグラウンドというアウェイの環境が選手の緊張感を助長してしまったのかもしれない。
なんとか踏ん張り劣勢の前半を2点ビハインドで折り返したチームは主将の#6石を中心に後半は反撃開始。2列目の3人+2トップが固定のポジションを持たないような非常に流動的な動きを繰り返し常に最終ラインの背後、ギャップを突いた。また細かいパス回しに固執せず躊躇なくロングボールを送り込みセカンド回収からゴールを目指した。狙い通りのセットプレーから#10瀬良垣が1点を返し勢いを増したが...2点目が遠く惜しくも選手権2次予選へは届かなかった。
今年は選手主体となりボトムアップでアップデートを繰り返しながら作り上げたサッカー。コレはまだまだ完成の域には達していなかったが、彼等の理想とするサッカーの片鱗は十分に感じ取れた。
組み合わせのアヤではあるがここで大会を後にするにはもったいないチーム。

#6石は1ボランチとしてバランスを整えつつ局面局面で体を投げ出し相手の攻撃の芽を摘み、声でもチームを動かした。また高精度の右足からチャンスを創出。彼の言葉、魂のプレー、雰囲気から2年先輩でもある磯太陽(立教大)が重なった。

#10瀬良垣はクイックネスに長けたアタッカー。重心移動がスムーズで軽やかな横へのドリブルで相手のプレスを剥がした。

三ツ沢球技場へ移動。
本日2試合目は2択だったが、YSベンチメンバーを確認しこちらに即決。
YSCCとギラヴァンツ北九州の対決。

YSCCは今シーズン3回目の観戦。
63.YSCC vs SC相模原
68.YSCC vs FC東京U-23
リーグ戦成績
5勝6分5敗 得点25 失点21
勝ち点21 7位
監督:樋口靖洋

ギラヴァンツ北九州は今シーズン初観戦。
リーグ戦成績
3勝3分9敗 得点13 失点27
勝ち点12 17位
監督:柱谷哲二

J3 第18節
2018.7.15
@ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:1231人

YSCC 0-0 ギラヴァンツ北九州

YSCC
8646D735-2F61-4FD8-87D1-5F58BB23B322

GK
1 浅沼優瑠 92.4.12 東洋大 成立学園
DF
9 大泉和也 91.6.19 桐蔭横浜大 横浜FCユース
3 宗近慧 92.5.29 法政大 サンフレッチェ広島ユース
5 中西規真 91.4.11 日本体育大 滝川二
25 西山峻太 89.7.25 国士舘大 室蘭大谷
MF
14 後藤京介 92.7.29 イスクラ(MNE) 専修大 三菱養和SCユース
4 土館賢人 92.8.23 グルージャ盛岡 関東学院大 湘南工科
17 河野諒祐 94.12.24 ヴェルスパ大分 湘南ベルマーレユース
15 奥田晃也 94.10.1 神奈川大 アルビレックス新潟U-18
8 吉田明生 86.12.3 アルテ高崎 東海大 武相
FW
11 北脇健慈 91.9.15 東京ヴェルディ 日本体育大 東京ヴェルディユース

ーーーーーー11ーーーーーー
ーー8ーーー15ーーー17ーー
ーーーー4ーーー14ーーーー
ー25ーー5ーーーー3ーー9ー
ーーーーーー1ーーーーーー

後半28分 17→32
後半41分 11→18

32 北原大奨 94.4.4 東海大 湘南ベルマーレユース
18 金子大晟 98.8.14 YSCCユース

ギラヴァンツ北九州
A6A98C2D-5045-42D4-BCE8-D031465D9CEF

GK
21 高橋拓也 89.6.30 横浜Fマリノス 神奈川大 日大藤沢
DF
15 野口航 96.1.18 筑波大 大津
2 有薗真吾 85.12.4 ブラウブリッツ秋田 福岡経済大 鹿児島城西
4 川上竜 94.10.25 福島ユナイテッドFC 福岡大 アビスパ福岡U-18
13 浦田樹 97.1.29 FC琉球 ジェフ千葉U-18
MF
30 村松大輔 89.12.16 清水エスパルス 藤枝東
22 藤原奏哉 95.9.9 阪南大 ルーテル学院
8 安藤由翔 91.8.28 栃木SC 京都産業大 FCライオスユース
10 井上翔太 89.4.24 セレッソ大阪 阪南大 東福岡
FW
11 池元友樹 85.3.27 松本山雅FC 東福岡
9 ダヴィ 84.3.10 松本山雅FC

ーーーー9ーーー11ーーーー
ーー10ーーーーーーー8ーー
ーーーー22ーーー30ーーーー
ー13ーー4ーーーー2ーー15ー
ーーーーーー21ーーーーーー

後半28分 8→19
後半32分 10→7
後半42分 11→25

19 川島大地 86.11.21 鹿島アントラーズ
7 茂平 93.4.14 奈良クラブ 立命館大 大分トリニータU-18
25 前田央樹 94.4.9 FC琉球 阪南大 アビスパ福岡U-18

前半開始(45分ハーフ)
YSCCは4-2-3-1の布陣。
ギラヴァンツ北九州は4-4-2の布陣。

前半10分-北九州。右からのクロスは流れ、左サイドで追い付いたSB13浦田樹がマイナスのグラウンダークロス。10井上翔太がDFと衝突しながらダイレクトで狙いゴール前で9ダヴィがコースを変える。これはGKを抜かれるもゴールライン上に戻ったDFが体でブロックしセカンドをGK1浅沼優瑠がキャッチ。

前半39分-北九州。連動して右サイドを駆け上がったSB15野口航がシンプルなハイクロス。DF2人にマークされた9ダヴィが打点の高いヘッドで叩きつける。これはGK1浅沼優瑠がセーフティーに両手パンチングでCKに逃げる。

前半43分-北九州。中盤で8安藤由翔がインターセプトからそのままドリブルで仕掛ける。寄せてきたDFを加速で剥がしPA右まで運んで対角シュートは僅かにゴール左へ外れる。

前半終了
YSCC 0-0 ギラヴァンツ北九州

前半は互いに決定機少なくスコアレスで終了。
暑さの影響か全体的に動きも少ない。
拮抗した展開の中で後方からのハイボール、サイドからのハイクロスを徹底して#9ダヴィに合わせたギラヴァンツ北九州の方が怖さは出している。
YSCCはミスが連鎖してしまい連続でパスが回らず全くテンポを掴めず...。これは苦しい。後半は選手交代を含め動きたい。

後半開始
選手交代なし

後半20分-YS。GK1浅沼優瑠から素早いリスタートで右サイドを駆け上がった17河野諒祐がアーリークロス。ゴール前は2対2の状況だったが跳ね返され、ここに反応した8吉田明生の強烈ボレーはGK21高橋拓也がダイナミックなセービングでピンチを脱する。YSCCは初めての決定機。

後半28分
-YS
17河野諒祐→32北原大奨
-北九州
8安藤由翔→19川島大地

後半30分-北九州。バイタルで11池元友樹が潰されながらスイッチ。9ダヴィが右前のスペースへ送ると30村松大輔が飛び出しフリーでシュートはサイドネット。決定機。

後半32分-北九州
10井上翔太→7茂平
茂平が右SHに入り19川島大地が左SHへ。

後半41分-YS
11北脇健慈→18金子大晟

後半42分-北九州
11池元友樹→25前田央樹

試合終了
YSCC 0-0 ギラヴァンツ北九州

互いに決定力を欠きスコアレスで終了。
ホームのYSはプレーを限定されパスコースが少なく縦に入れらずに自らアクションを起こす回数は限られてしまった..。理想と現実のゲーム運びに苦しみながら守備陣が耐えて勝ち点1を拾った形。
逆にアウェイの北九州は9ダヴィを軸としたシンプルな攻撃でゴールへ迫ったものの最後の精度を欠き1点が遠かった...。

個人的にこのゲームをチョイスした大きな要因であるYS一筋の18金子大晟が待望のJデビュー。
後半41分、彼がピッチに足を踏み入れた瞬間、大きな拍手と期待が三ツ沢全体を包んだ。
育成機関が手塩にかけて大切に育てた1つの芽が花開こうとしている。この第1歩はYSに携わる全ての人の希望、勇気となる。

18金子大晟(YS)
「練習とかでうまくいかなくて、そこから考えてやるようになってからベンチにも入ったりすることができていました。その改善が認められたということが嬉しいです。
監督からも自主的にやるようになったと言われました。最初はケガをしていて、何もできなかった。でも本当にこの2カ月くらいで自分の中で意識を変えました。ボールの受け方とか、自分の苦手なところを変えようと思って先輩からアドバイスももらっていた。全部考えてサッカーするようになって変わったかなと思います。
でも、出ただけなので、ここで満足しないで、これから常にベンチに入れるようにしてアピールしていかないと先がないと思うので、もっと頑張っていきたいです。」

樋口靖洋監督(YS)
「こういう暑い中は得てして、そういうちょっとしたミスから失点、あるいはディフェンスラインのところで、何回かカウンターで危ないシーンもありましたけど、選手たちにはさっき言ったけど、こういう中でタフに戦えたのは間違いないと。これを続けようという話をしています。もう少し攻撃のラスト3分の1のところの精度、迫力、アイディア、その辺のところを高めて、点を取って勝ち切れる試合をしたいとあらためて思いました」

柱谷哲二監督(北九州)
「今日は猛暑の中でスタートして、選手たちはアウェイにもかかわらず、90分間しっかりやってくれたと思います。ただ、最後の奪ってからだったりとか、最後のクロスボールだったり、シュートの精度は今日はちょっと欠いてしまったかなと思います。そういうゲームだったと思います。」

本日はゆったり2試合。
先ずは保土ヶ谷公園サッカー場で関東社会人1部。
栃木ウーヴァFCと横浜猛蹴の対決。

栃木ウーヴァFCは今シーズン初観戦。
リーグ戦成績
8勝1分 得点23 失点6
勝ち点25 1位

横浜猛蹴は今シーズン2回目の観戦。
64.関東学院大 vs 横浜猛蹴
リーグ戦成績
2勝3分4敗 得点10 失点16
勝ち点9 8位

関東サッカーリーグ
1部 後期第1節
2018.7.15
@保土ヶ谷公園サッカー場

栃木ウーヴァFC 5-0 横浜猛蹴

前半5分 8レオジーニョ(栃木)
前半13分 26鈴木隆雅(栃木)
前半44分 3増田修斗(栃木)
前半45分+2 20森島康仁(栃木)
後半7分 20森島康仁(栃木)

栃木ウーヴァFC
55EA9B9C-FED9-4E7D-9DAA-FF600F4BDDC8

GK
31 原田欽庸 86.5.17 ツエーゲン金沢 成立学園
DF
2 大木暁 92.12.8 AC長野パルセイロ 駒澤大 東京ヴェルディユース
17 津田琢磨 80.10.4 ヴァンフォーレ甲府 帝京大 花咲徳栄
3 増田修斗 94.1.17 平成国際大 流経大柏
26 鈴木隆雅 94.2.28 愛媛FC 鹿島アントラーズユース
MF
10 井澤惇 89.7.23 徳島ヴォルティス FC東京U-18
6 高地系治 80.4.23 テゲバジャーロ宮崎 大宮東
9 山村佑樹 90.8.1 水戸ホーリーホック 明治大 FC東京U-18
8 レオジーニョ 91.2.24 FCマルヤス岡崎
13 野崎陽介 85.2.16 横浜FC 三重中京大 三重
FW
20 森島康仁 87.9.18 テゲバジャーロ宮崎 滝川第二

ーーーーーー20ーーーーーー
ーー13ーーー8ーーー9ーー
ーーーー6ーーー10ーーーー
ー26ーー3ーーーー17ーー2ー
ーーーーーー31ーーーーーー

後半9分 2→23
後半9分 26→5
後半11分 6→28
後半22分 10→27
後半38分 13→19

23 守田創 92.5.14 グルージャ盛岡 サガン鳥栖U-18
5 石堂圭太 92.6.4 FC刈谷 桐蔭横浜大 成立学園
28 マテウス 99.4.10 翔凛
27 若杉好輝 95.11.8 ヴァンフォーレ甲府 ヴァンフォーレ甲府U-18
19 佐藤祐輝 90.10.24 アルティスタ東御 関東学院大 湘南工科

横浜猛蹴
C8E355AE-F64D-415F-B264-227C216AAD88

GK
9 若田和樹 87.10.25 横浜GSFC 法政大 弥栄西
DF
36 飯尾信太郎 95.1.13 湘南工科
5 石川大輔 94.11.27 神奈川大 常葉学園橘
19 片根健児 88.7.3 FC OSSA 法政大 法政二
29 南祥万 94.10.20 神奈川大 横浜FCユース
MF
33 熊谷敬太 95.11.8 神奈川大 川和
21 橋本拓也 94.9.6 神奈川大 三浦学苑
4 小泉佑樹 96.9.17 湘南ベルマーレユース
3 仲宗根良太 92.4.28 デッツォーラ島根 沖縄国際大 那覇西
92 山口慎史 92.8.4 早稲田ユナイテッド 専修大 川崎フロンターレU-18
FW
13 永埜和喜 88.12.28 YSCC 神奈川大 市立橘

ーーーーーー13ーーーーーー
ーー92ーーー3ーーー4ーー
ーーーー21ーーー33ーーーー
ー29ーー19ーーー5ーー36ー
ーーーーーー9ーーーーーー

HT 13→28
HT 4→11
後半11分 33→15
後半16分 36→24
後半26分 92→8

28 鳥毛雄一 84.9.10 舞岡
11 西田子龍 94.2.12 神奈川大 横浜FCユース
15 平間駿 92.10.12 大阪産業大 遊学館
24 宮澤佳汰 96.7.3 日本大 立花学園
8 齋藤憂希 89.2.5 YSCC 法政大 法政二

前半開始(45分ハーフ)
栃木ウーヴァFCは4-2-3-1の布陣。
横浜猛蹴は4-2-3-1の布陣。

前半5分-ウーヴァ
#9山村が右サイドを深く破ってゴールライン際からグラウンダーのクロス。中央で#20森島が潰れ、ファーでフリーの#8レオジーニョが楽々押し込んだ。
栃木ウーヴァFC 1-0 横浜猛蹴

前半13分-ウーヴァ
最終ラインで左右に動かしながら全体を押し上げる。中央左寄りで持った#6高地がSBとCB間を通す完璧なスルーパス。背後を取った#26鈴木がPA左角度の無い位置からのシュートを対角へ決めた。
2失点した横浜猛蹴は#36飯尾と#29南のポジションを入れ替える。
栃木ウーヴァFC 2-0 横浜猛蹴

前半31分-猛蹴。相手FKからのカウンター。クリアに反応した#13永埜が前線で収めてタメを作り、左前へラストパス。飛び出した#21橋本のシュートは僅かにゴール左へ外れる。

前半35分-ウーヴァ。#6高地の右CK。左足でトリッキーなマイナスへのストレートボールを#9山村がワントラップボレーはGK#9若田の正面。

前半44分-ウーヴァ
#6高地の右CK。
左足のインスイングに対して中央で#3増田がDF2人に競り勝ち打点の高いヘッドで合わせた。
栃木ウーヴァFC 3-0 横浜猛蹴

前半45分+2-ウーヴァ
中盤で持った#6高地が一気にギアを上げる縦パス。内側に入り込んだ#13野崎がスイッチすると#20森島が反転シュートをエリア外からゴール左下へ決めた。
栃木ウーヴァFC 4-0 横浜猛蹴

前半終了
栃木ウーヴァFC 4-0 横浜猛蹴

前半は栃木が圧倒した45分間。
栃木は後方でボールを動かしポゼッション率を高めながらダブルボランチが機を見たスイッチパスで一瞬でギアを変え複数が絡んだ崩しを披露した。また両SBも積極的に攻撃に出て厚みを加えた。特に「不惑の38歳」#6高地は次元が違う。落ち着き、ボール回し、左足のキック精度と突出した武器でゲームを掌握している。
横浜猛蹴は4失点と苦しい前半。相手の圧力により全体が下がってしまいロングカウンター頼みに。その中でボランチの#21橋本は攻守に奮闘しポイントを作っている。

後半開始
-横浜猛蹴
#13永埜→#28鳥毛
#4小泉→#11西田
西田が左SHに入り.#92山口が右SHへ。

後半1分-ウーヴァ。#13野崎がPA左をスルスルと抜け出し角度の無い位置からシュートはGK#9若田が好反応で外へ弾き出す。CKに。

後半7分-ウーヴァ
中盤で拾った#8レオジーニョが左前へ絶好のフィード。外に開いて受けた#9山村がドリブルでジリジリ運びながらタイミングを計ってPA右へ丁寧なラストパス。#20森島がトラップから地を這う右足シュートをゴール左下へ蹴り込んだ。
栃木ウーヴァFC 5-0 横浜猛蹴

後半9分-ウーヴァ。#8レオジーニョがPA右角で華麗な足技を披露し中へ丁寧に送る。#13野崎が更に一つ左へ送り中央の#10井澤がダイレクトシュートは浮いてしまい枠の上。

後半9分-ウーヴァ
#2大木→#23守田
#26鈴木→#5石堂

後半11分
-ウーヴァ
#6高地→#28マテウス
マテウスが左SHに入り.#13野崎がボランチへ。
-猛蹴
#33熊谷→#15平間

後半15分-猛蹴
#36飯尾→#24宮澤
宮澤がボランチに入り.#21橋本がトップ下.#3仲宗根が左SBへ。

後半22分-ウーヴァ
#10井澤→#27若杉

後半26分-猛蹴
#92山口→#8齋藤

後半38分-ウーヴァ
#13野崎→#19佐藤

後半39分-ウーヴァ。1発の縦フィードで抜け出した#19佐藤がGKと1対1。冷静にゴール左を狙うもGK#9若田が左へステップしながら逆モーションも右へ飛んで右手で触るスーパーセーブ。

後半45分-猛蹴。GK#9若田がキャッチから素早いパントキック。前線で#28鳥毛がワンタッチで繋げると#11西田が前向きでドリブル開始。3対3の状況で左前へラストパス。パス&ゴーで動き直していた#28鳥毛がPA左からニアを狙うもサイドネット。

試合終了
栃木ウーヴァFC 5-0 横浜猛蹴

栃木ウーヴァFCが首位の貫禄を見せ付けた90分間。圧勝でリーグ戦負けなしの9勝目をアウェイの地で挙げた。
栃木ウーヴァFCは今シーズン、関東1部リーグでは規格外な元Jリーガー達を次々と獲得。名前負けしない攻守のバランスの整ったハイレベルなサッカーで相手を飲み込んだ。これは順位通りに相当強い。
J1でも実績のある#20森島が最前線で幅を利かせ2得点を叩き出し、#6高地が圧倒的な存在感を発揮し中盤を制圧した。#10井澤や#9山村.#13野崎など適材適所で其々が持ち味を発揮。個性を活かしつつ盤石な組織を構築した。
横浜猛蹴はホームで痛い大敗...。
相手の巧さと力強さに面食らってしまった感が強い。後半、選手交代をキッカケに持ち直したものの前半の4失点が重くのしかかった。ボールを奪いに行けば剥がされコンビネーションで打開を許し、バランスを崩して圧力を掛けると1発でスルーパスを通され、更にセットプレーからも得点を許すなどボールの奪いどころを定め切れなかった。
現時点で8位。切り替えて最低でも1部残留は死守したいところ。

このページのトップヘ