蹴球日々

サッカーについて少しずつ書いていこうと思います。

県外に進む選手応援の為に!
多くの選手は実際にU-15年代で観戦した選手達です。
進学先での成長、ピッチでの再会楽しみにしています!
また中学生達の進路の参考になればと思います。


青森県
青森山田:プレミアE
三塚幸哉(SFAT伊勢原SC JY)
石橋岳大(足柄FC)
ベベニョン日高オギュステュ祐登(FC ASAHI JY)

宮城県
ベガルタ仙台ユース:プリンス東北
鈴木梨(東急レイエス)

仙台育英:プリンス東北
鈴木潤大(横浜栄FC)
田代陽也(横浜栄FC)

福島県
尚志:プリンス東北
山口颯真(バディーJY)
鷹取聖(横浜FC戸塚JY)

聖光学院:プリンス東北
中村龍斗(FC T.BRUE)
永井康介(FC T.BRUE)

いわきFC U-18:県3部
鈴木黎(クラブテアトロ)

栃木県
矢板中央:プリンス関東
升田大誠(横浜ジュニオール)
秋元蓮(横浜ジュニオール)
新倉礼偉(シュートJY)

群馬
前橋育英:プリンス関東
相川陽葵(東急レイエス)
安藤蒼馬(FC厚木JY DREAMS)

桐生第一:プリンス関東
森悠太(クラブテアトロ)

茨城県
水戸ホーリーホックユース:県1部
杉本羽京(川崎アズーロU-15)

鹿島学園:県1部
鳴海友介(SCH)
菊谷大地(SCH)
宮島颯汰(ヴィクトワールSC)

明秀日立:県1部
楠原秀翔(ライオンズSC)
田口大翔(JFC FUTURO)
石橋衛(JFC FUTURO)
中熊岳琉(JFC FUTURO)

埼玉県
昌平:県1部
石井菖太郎(東急レイエス)

正智深谷:県1部
山岸仁(FC厚木JY DREAMS)
本橋柚希(FC厚木JY DREAMS)
亀田航正(P.S.T.C.ロンドリーナ)
廣瀬和馬(FC T.BRUE)
河村竜佑(FC T.BRUE)

千葉県
市立船橋:プレミアE
菅谷暁輝(横浜FM JY)
八木智哉(横浜FM JY)

流経大柏:プレミアE
森駿斗(FC厚木JY DREAMS)
平井祐輝(FCコラソン淵野辺)

暁星国際:県1部
二見駿平(スエルテFC)

渋谷幕張:県2部
片山颯(湘南ベルマーレ藤沢)

東京都
三菱養和SCユース:プリンス関東
櫻井佑樹(横浜FM JY)

関東第一:都1部
鹿股翼(東急レイエス)
菅原涼太(SCH)
田村耀斗(FC緑)

実践学園:都1部
伊藤蓮(FCヴィアージャ)
堀江研佑(あざみ野中)

駒澤大高:都1部
内藤豪(横浜FM追浜)
重田汐那(横浜FC戸塚JY)
山本蒼太(FCヴィアージャ)
初谷俊輔(FCヴィアージャ)

國學院久我山:都1部
中村明樹(横浜FC JY)
山口紘生(東急レイエス)
吉田圭佑(東急レイエス)
熊本海翔(横浜FC戸塚JY)

国士舘:都1部
塩澤大樹(東急レイエス)
杉本隼人(横浜FC鶴見JY)
中村天遥(P.S.T.C.ロンドリーナ)
石橋渓太(川崎チャンプ)
北島陸(川崎チャンプ)
金川駿(川崎チャンプ)
大森慧斗(川崎チャンプ)
北野颯大(和光ユナイテッド川崎)
宮武立(和光ユナイテッド川崎)
沼端歩(FCヴィアージャ)
星崎琉之介(FC T.BRUE)
内田旭陽(ヴェルディSS相模原JY)
高木駿(平間中)

堀越:都2部
東耀也(横浜FC鶴見JY)

東京実業:都2部
今村翼(大豆戸FC)
友枝寛(横浜FC鶴見JY)
大橋奏(東橘中)
オウイエ ノア(東橘中)
中村鷹嘉斗(東橘中)

FC町田ゼルビアユース:都2部
足立唯真(横浜FC JY)
松森創平(川崎フロンターレU-15)

多摩大目黒:都3部
宮代大聖(エスペランサJY)
大松蒼人(シュートJY)
内谷尚樹(シュートJY)
大賀龍星(湘南ベルマーレ藤沢)
黒木蓮(FCヴィアージャ)
山品宇(FCヴィアージャ)
島田隼(FCヴィアージャ)

東海大高輪台:都3部
久我千隼(西中原中)

東京:都3部
細木隆太郎(クラブテアトロ)
小松天晴(川崎チャンプ)
宮下健太(川崎チャンプ)

日大三:都4部
佐藤駿平(湘南ベルマーレ小田原)
齋藤大起(湘南ベルマーレ小田原)

大森学園
晩田来輝(シュートJY)
奥山蒼生(シュートJY)
興梠雄太郎(シュートJY)
青木勇人(シュートJY)
三浦悠生(シュートJY)
坂元祐斗(シュートJY)
高野怜穏(シュートJY)
北川英知(FCヴィアージャ)

日体大荏原
渋谷尚輝(リーベルプント)
木島陽太(塚越中)

日大鶴ヶ丘
秋元隼和(川崎チャンプ)
佐高将吾(川崎チャンプ)
根岸慶吾(川崎チャンプ)
渥美大海(リーベルプント)

立正大立正
梅原虎太郎(リーベルプント)

青陵
小林眞也(クラブテアトロ)

青山学院
小畑志道(川崎チャンプ)

東京工業大付属
藤阪太陽(FCヴィアージャ)

山梨県
山梨学院:プリンス関東
佐藤宇宙(横浜FC鶴見JY)
廣澤灯喜(湘南ベルマーレ小田原)
柳田泰雅(横浜栄FC)
岩田哲汰(鵠沼中)

ヴァンフォーレ甲府U-18:県1部
オボナヤ朗充於(東急レイエス)

帝京第三:県1部
森井浩太(横浜FM追浜)
橋本海里(横浜FM追浜)
平野元稀(東急レイエス)
渡辺彩永(東急レイエス)
浅田流星(東急レイエス)
飯澤颯大(大豆戸FC)
川野泰治(横浜FC戸塚JY)
山岡崇翔(横須賀シーガルズ)

日本航空:県1部
泉透惟(東急レイエス)
安部大斗(オルテンシア)
小長谷海斗(JFC FUTURO)
鳴海陽斗(JFC FUTURO)
山賀凛太朗(足柄FC)
高橋剣士朗(津久井FC JY)

日大明誠:県2部
植木翔哉(オルテンシア)
澤田洋介(クラブテアトロ)
米良航星(相模原みどり)
江添弘規(相模原みどり)

長野県
松本国際:県1部
山川翔也(エスペランサJY)

上田西:県1部
満尾元哉(P.S.T.C.ロンドリーナ)
岩瀬慧人(ライオンズSC)
鈴木翔(ライオンズSC)
鈴木裕斗(ライオンズSC)
豊岡海斗(JFC FUTURO)
押田祥吾(SC相模原JY)
本田和幸(FCオルテンシア)

静岡県
ジュビロ磐田U-18:プレミアE
竹内厚太(東急レイエス)
パティソン 志栄海(東急レイエス)

静岡学園:プリンス東海
久保歩(横浜FM追浜)
盛山諒順(大豆戸FC)
市川聖也(シュートJY)
飯浜颯太(シュートJY)
荒井航世(ライオンズSC)
香西駿希(ライオンズSC)
中村心波(エスポルチ藤沢)
才木那成(アトラエンセ平塚)
内田麟太郎(アトラエンセ平塚)

藤枝明誠:プリンス東海
兼子力(SCH)
草間廉斗(横浜ジュニオール)
恩田大輝(横浜ジュニオール)

日大三島:県3部
伊藤寛太(P.S.T.C.ロンドリーナ)
鬼海翔太(秦野FC)
大島幹太(秦野FC)

新潟県
帝京長岡:プリンス北信越
湯山翔遥(P.S.T.C.ロンドリーナ)
小室義麗(P.S.T.C.ロンドリーナ)
稲又優斗(FC緑)

日本文理:プリンス北信越
田沼隼人(FC厚木JY DREAMS)
斉藤学(FC厚木JY DREAMS)
柳川汰(オルテンシア)
嘉生凱(オルテンシア)
平塚竜輝(横浜ジュニオール)
斉藤翔聖(リーベルプント)
玉井駿作(リーベルプント)
加藤陽二(リーベルプント)
下地泰夢(リーベルプント)
瓜田陽生(MK FC)
森田悠介(MK FC)
渡邊駿(MK FC)

北越:プリンス北信越
平山颯太(湘南ベルマーレ小田原)
酒井鉄平(湘南ベルマーレ小田原)
相田浩志(P.S.T.C.ロンドリーナ)

福井県
丸岡:県1部
山本悟大(横浜ジュニオール)

滋賀県
野洲:県1部
田島勝(横浜FC戸塚JY)

綾羽:県1部
雨貝和哉(秦野FC)

島根県
島根明誠:県1部
三枝彪(中原中)

広島県
サンフレッチェ広島:プレミアW
内海陽樹(東急レイエス)
竹内崇人(東急レイエス)

山口県
高川学園:プリンス中国
篠原彪真(ヴィクトワールSC)

香川県
香川西:プリンス四国
川崎竜聖(P.S.T.C.ロンドリーナ)
矢野宗靖(ライオンズSC)
小川竜弥(ライオンズSC)

高知県
明徳義塾:プリンス四国
高良泰生(スエルテFC)

愛媛県
帝京第五:県1部
石川幸知(P.S.T.C.ロンドリーナ)
菱沼元稀(ライオンズSC)
山本晃太(ライオンズSC)
甲斐瑛人(ライオンズSC)

長崎県
国見:県1部
上原泰知(FC緑)

鹿児島県
鹿児島実業:プリンス九州
佐々木紫音(鵠沼中)

ドイツ
鈴木海(シュートJY)

アメリカ
MAKO PSL UNITED 2001
永倉馨(エスペランサJY)

高校時代を神奈川県で過ごした選手達の応援も込めてまとめてみた(把握した選手のみ)
常にアップデートはしていく予定です。

2017年は激戦。
•高体連

関東
優勝:三浦学苑(準優勝)
準優勝:座間(1回戦)
ベスト4:東海大相模.桐蔭学園

総体
優勝:東海大相模(2回戦)
準優勝:日大藤沢(準優勝)
ベスト4:湘南工科.座間

選手権
優勝:桐蔭学園(2回戦)
準優勝:桐光学園
ベスト4:湘南学院.三浦学苑

K1
優勝:東海大相模
準優勝:日大藤沢
3位:三浦学苑
4位:湘南ベルマーレユース

•クラブユース

クラブユース選手権
ベスト4:川崎フロンターレU-18
ベスト8:横浜FMユース
ベスト8:湘南ベルマーレユース

Jユースカップ
ベスト4:川崎フロンターレU-18
ベスト8:湘南ベルマーレユース


•神奈川県 2017 進路先

筑波大学:関東1部
池谷祐輔(川崎フロンターレU-18)
新田舜介(逗子開成)

順天堂大学:関東1部
小川真輝(川崎フロンターレU-18)

流通経済大学:関東1部
吉原崇匡(湘南工科)

明治大学:関東1部
小林春稀(東海大相模)

法政大学:関東1部

東京国際大学:関東1部
吉田理人(桐蔭学園)
渡辺皓平(藤沢清流)
小見皐太(日大)
鈴木風雅(麻布大附属)
大山璃規(麻布大附属)

桐蔭横浜大学:関東1部
早坂勇希(川崎フロンターレU-18)

東洋大学:関東1部
神山京右(横浜FCユース)
桝谷岳良(川崎フロンターレU-18)
飯澤良介(横浜FCユース)

駒澤大学:関東1部
猪俣主真(三浦学苑)
山田虎之介(三浦学苑)
石綿樹(相洋)

専修大学:関東1部
岩城大助(横浜FMユース)
本山鐘現(横浜FMユース)
渡辺陽介(桐光学園)
加茂剛(横浜FCユース)
川本大夢(相洋)
金田健吾(相洋)
名賀海大(市立橘)
深澤秀文(エスペランサユース)

早稲田大学:関東1部
田中雄大(桐光学園)
倉持快(桐光学園)
上川琢(湘南ベルマーレユース)
安田和人(鎌倉)

国士舘大学:関東1部
中村翔輝(日大藤沢)
ギブソン マーロン マサオ(日大藤沢)
内田瑞己(平塚学園)
南和樹(藤沢清流)
小原勝裕(上鶴間)

日本体育大学:関東2部
大曽根広汰(川崎フロンターレU-18)
三田野慧(日大藤沢)
吉田一喜(三浦学苑)
井上大地(湘南工科)
荒井啓吾(座間)
長谷川翔(市立東)
中島樹(YSCCユース)
小俣陸矢(FCグラシア相模原ユース)
黒田洋樹(横浜栄)
佐藤心(市立川崎)
別能大祐(関東学院)

慶應義塾大学:関東2部
荒貴史(横浜FMユース)
橋本健人(横浜FCユース)
吉田剛(桐蔭学園)
依田興汰郎(桐蔭学園)
大薗慶悟(桐蔭学園)
川村祐生(慶應義塾)
酒井綜一郎(慶應義塾)
西村晋志朗(慶應義塾)
秋葉満喜(慶應義塾)
大久保晴(慶應義塾)
長谷川友己(慶應義塾)
平田賢汰(慶應義塾)
飯塚亮貴(慶應義塾)
眞木勇輝(慶應義塾)
丹野颯太(慶應義塾湘南藤沢)

中央大学:関東2部
新井秀明(川崎フロンターレU-18)
渡辺大智(桐光学園)
三木結斗(横浜FCユース)
和田悠汰(座間)
今村栄佑(座間)

拓殖大学:関東2部
高橋和希(湘南ベルマーレユース)
安部正樹(三浦学苑)
吉崎龍太(三浦学苑)
小関海(湘南工科)
奈良優樹(光明相模原)
金子拓磨(麻布大附属)

東京農業大学:関東2部
村井建斗(座間)

青山学院大学:関東2部
小関裕章(桐光学園)
大場隆充(桐光学園)
戸村圭吾(鎌倉)

立正大学:関東2部

神奈川大学:関東2部
白川浩人(横浜FCユース)
安松元気(日大藤沢)
松尾凌我(三浦学苑)
早坂翼(平塚学園)
角田薫平(平塚学園)
石原大樹(湘南ベルマーレユース)
金山竜大(麻布大附属)

東海大学:関東2部
佐々木倫忠(桐光学園)
水越陽也(東海大相模)
元廣正貴(東海大相模)
中村太士(湘南工科)
山田泰雅(厚木北)
下平渓(横浜創学館)

関東学院大学:関東2部
井上海希(エスペランサSC)
井上恵武(湘南ベルマーレユース)
下川圭祐(向上)
高地大哉(菅)
今泉諒己(麻布大附属)

立教大学:関東2部
澤田章吾(横浜FMユース)
五味悠里(桐光学園)
平本大海(桐蔭学園)
桐蒼太(日大藤沢)
村田航(鎌倉)

日本大学:都1部
森陽平(川崎フロンターレU-18)
柴崎耀(日大)

明治学院大学:都1部
加藤優太(桐光学園)
松崎哲馬(桐光学園)
養日幹大(川崎フロンターレU-18)
高田稜平(横浜FCユース)
野原広太(三浦学苑)
森山翔介(桐蔭学園)
原川凌太朗(桐蔭学園)
井垣大和(桐蔭学園)
平田一真(桐蔭学園)
嶽間澤佳祐(桐蔭学園)
柴野諒貴(湘南ベルマーレユース)
関口悠人(湘南ベルマーレユース)
雨ヶ谷勇登(湘南工科)
下田平凌(横浜創英)
大西泰成(横浜創英)

山梨学院大学:都1部
中村涼(横浜FMユース)
大山輝士(湘南学院)
小澤恭也(湘南学院)
児玉征哉(湘南学院)
佐々木龍生(麻布大附属)

成蹊大学:都1部
山形修平(桐光学園)

学習院大学:都1部
平野知輝(弥栄)
豊島英太(光陵)

上智大学:都1部
若松三太(逗子開成)

帝京大学:都2部
鈴木友也(平塚学園)
野村佳太(相洋)

東京大学:都2部
松山樹立(浅野)
後藤彰仁(横浜翠嵐)

日本大学生物資源科学:都3部
竹繁颯音(日大藤沢)
笠井翼(大船)

桜美林大学:都3部
要悠太(麻布大附属)
安部竜之助(麻布大附属)
中澤駿之介(麻布大附属)
秋山知之(麻布大附属)
相澤拓実(鵠沼)

国際基督教大学:都4部
近藤央(桐光学園)

仙台大学:東北1部
藤田一途(横浜FMユース)
伊藤優世(横浜FMユース)
伊従啓太郎(川崎フロンターレU-18)

産業能率大学:神奈川県リーグ
矢口聖真(桐光学園)
竹内暢希(日大藤沢)
菊池大智(日大藤沢)
岩崎駿(湘南工科)
岡田健志(湘南工科)
三嶋晴仁(湘南工科)
平野敬介(湘南工科)
吉浦宙(湘南工科)
河野温弥(厚木北)
池内龍哉(横浜創英)
木澤海智(横浜創英)
八方伶央(湘南ベルマーレユース)
桑原達也(市立橘)
今井達也(麻布大附属)
土屋翔(麻布大附属)

横浜国立大学:神奈川県リーグ
村上功樹(桐蔭学園)
山口和真(川和)
横濱祐雅(川和)

防衛大学:神奈川県リーグ
酒井宏太(市立金沢)

神奈川工科大:県リーグ
藤田悠真(SC相模原ユース)

国際武道大学:千葉県1部
佐野穂高(星槎国際)
山田龍治(星槎国際)
高橋亮輔(湘南工科)

中央学院大学:千葉県1部
西山孝文(湘南ベルマーレユース)

城西国際大学:千葉県1部
佐藤圭(三浦学苑)
斉藤実裕(星槎国際)
久保ジョモ龍(横浜創学館)

明海大学:千葉県1部
尻無浜竜太(湘南工科)
中村陽輝(湘南工科)

作新学院大学:北関東
鳥海翔(湘南ベルマーレユース)

上武大学:北関東
扇田信吾(星槎国際)
川崎憲伸(厚木北)
谷圭亮(荏田)

常磐大学:北関東
井口雄斗(SC相模原ユース)
太田尚吾(SC相模原ユース)

尚美学園大学:埼玉県1部
菅沼翔輝(東海大相模)

新潟医療福祉大学:北信越1部
塚田裕介(横浜FMユース)
今井海斗(桐光学園)
山口泰輝(東海大相模)
井上蔵馬(東海大相模)

びわこ成蹊スポーツ大学:関西1部
関時生(SC相模原ユース)

阪南大学:関西1部
佐藤駿多(桐蔭学園)

関西学院大学:関西1部
板東律(横浜FCユース)
松本龍典(桐蔭学園)
北村万宙(鎌倉)

立命館大学:関西1部
千葉恭馬(桐蔭学園)

中京大学:東海1部
名執龍(東海大相模)

岐阜経済大学:東海1部
重松寛太(星槎国際)

名古屋経済大学:東海1部
伊勢心太郎(SC相模原ユース)
田畑駿(SC相模原ユース)

四日市大学:東海1部
品田亮斗(星槎国際)
中戸川侑樹(平塚学園)
阿久津大輝(旭)

高知大学:四国1部
荻原浩太(光陵)

香川大学:四国1部
下村陸(鎌倉)

鹿屋体育大学:九州1部
小屋原尚希(日大藤沢)

福岡教育大学:九州2部
宮崎建悟(市立金沢)

続いて第2試合は湘南ベルマーレ小田原とSCHの対決。

湘南ベルマーレ小田原(3部G)は今シーズン3回目の観戦。
118.湘南ベルマーレ小田原 vs 和光ユナイテッド川崎
141.エスペランサJY vs 湘南ベルマーレ小田原
クラブユース:ベスト4(関東1回戦)
今大会成績
2回戦 vs 足柄台中 8-0
3回戦 vs GEO-X(3部F) 2-0
4回戦 vs クラブテアトロ(1部) 1-0
5回戦 vs 湘南リーヴレ エスチーロ(3部D) 1(5PK4)1

SCH(1部)は今シーズン2回目の観戦。
44.SCH vs 湘南ベルマーレ藤沢
クラブユース:3回戦
今大会成績
4回戦 vs ヴィクトワールSC(3部E) 2-0
5回戦 vs 横須賀シーガルズ(2部B) 4-1

高円宮杯
神奈川県大会
準々決勝
2018.10.6
@かもめパーク

湘南ベルマーレ小田原 1-0 SCH

後半33分 11宮坂駿太朗(湘南ベルマーレ小田原)

湘南ベルマーレ小田原
D1916827-563B-4FE7-A7BF-4077C6673B44

GK
1 関野海斗 3年 秦野本町SS
DF
7 早坂勇人 3年 矢作SC
4 近藤雅公 3年 三の丸FC
5 中村洸介 3年 平戸FC
MF
6 小澤拓大 3年 湯河原SSS
32 高橋広人 2年 SSC
10 松森堅誠 3年 W.O.Fオールスターズ
11 宮坂駿太朗 3年 東台真鶴FC
17 加藤颯馬 3年 三の丸FC
FW
15 石井良太 3年 FCグランツ梅田
9 山崎大翔 3年 FC久野

ーーーー9ーーー15ーーーー
ーーーーーー17ーーーーーー
ー11ーー10ーーー32ーー6ー
ーーー5ーー 4 ーー7ーーー
ーーーーーー1ーーーーーー

HT 15→19
後半20分 9→13
後半30分 32→20

19 大川凌堅 3年 FC今宿
13 関野鉄平 3年 矢作SC
20 青山友飛 3年 VIENTO

SCH
BE841339-7D8D-4F0F-9F6B-1A97129B766E

GK
18 米中蒼 3年
DF
22 斎藤史航 3年
16 森木大稀 3年
3 植村亮太 3年
20 町山亮 3年
MF
14 矢野滉明 3年
28 橋本一汰 3年
15 鈴木虎太郎 3年
FW
10 坂本隼 3年
4 中村亮太 3年
21 鈴木悠祐 3年

ーー21ーーー4ーーー10ーー
ーーーーーー15ーーーーーー
ーーーー28ーーー14ーーーー
ー20ーー3ーーーー16ーー22ー
ーーーーーー18ーーーーーー

後半16分 15→9

9 高野聖七 3年

前半開始(35分ハーフ)
湘南ベルマーレ小田原は3-4-1-2の布陣。
SCHは4-2-1-3の布陣。

前半4分-小田原。#11宮坂が内側に進路を取り中央からのラストパスを引き出すと力強くDFと入れ替わりPA内へ侵入。バランスを崩しながら左足シュートは僅かにゴール右へ外れる。

前半12分-小田原。#15石井がGKにプレスを掛けて行くと切り返しに上手く対応。ボールを奪い無人のゴールへ流し込むも僅かにゴール右へ外れる。決定機。

前半終了
湘南ベルマーレ小田原 0-0 SCH

前半は互いに譲らずスコアレスで終了。
狙い通りに試合を進めているのは湘南ベルマーレ小田原。2トップ主導の前線からの激しいプレスでハメて行き高い位置でマイボールにして決定的な場面を作った。後方も連動して良い距離感を取りポジショニングも良いので相手のパスワークを中盤で上手く寸断した。PA内へ入れずピンチを招かず。
一方のSCHはボール回しで後手を踏み3トップを軸にした破壊力のある攻撃力を発揮出せず苦しんだ35分間。

後半開始
-小田原
#15石井→#19大川

後半4分-小田原。中央高い位置でGKのビルドアップをカットした#10松森がスラロームのドリブルでDFを3枚連続で交わしてPA左へ流れながらのシュートはクロスバーをかすめる。

後半16分-SCH
#15鈴木→#9高野

後半17分-SCH。右サイドに流れてパスを引き出した#4中村が素早く縦へ浮き球で送ると#9高野がスプリント。相手よりも先に追い付きフワりと送るとニアへ突っ込んだ#21鈴木がダイレクトで合わせたシュートはGK#1関野がギリギリで体を残し左手1本で上へ弾くビッグセーブ。

後半20分-小田原
#9山崎→#13関野

後半30分-小田原
#32高橋→#20青山
青山が左WBに入り.#11宮坂がFW.#13関野がトップ下.#17加藤がボランチへ。

後半33分-小田原
一旦は攻撃を跳ね返されるも右サイドで拾って#17加藤がアバウトな浮き球をゴール前へ送る。瞬間的に反応した#11宮坂が背後へ飛び出しダイレクトでゴール左へ流し込んだ。FWにポジションを移したばかりの宮坂が結果を残す。采配的中。
湘南ベルマーレ小田原 1-0 SCH

試合終了
湘南ベルマーレ小田原 1-0 SCH

湘南ベルマーレ小田原が1部所属のSCHに勝利。
試合終盤に#11宮坂のゴールで均衡を破り準決勝進出を果たした。内容的にもベルマーレ小田原がペースを握る時間帯の長いゲーム。
湘南ベルマーレ小田原は前半から見せていた2トップ主導のハイプレスを後半も継続。守備を意識しつつ後半はこの2トップを入れ替え#19大川と#13関野を投入した。フレッシュな2人が前線での守備を徹底し相手に圧力を掛け続け、後方も連動したボールハントを実行出来た点が勝利に大きく直結した。また中盤で総合力の高さを示した#10松森や鋭利な仕掛けで持ち味を発揮した#11宮坂、ビッグセーブで失点を回避した#1関野など其々の個性が局面局面で披露した。
SCHはGKを含めたショートパスでのビルドアップに固執してしまった感が強いゲームに...。狙いを持ち後方からゲームを組み立てる戦術は全く悪くないのだが、相手のハイプレスにガッチリとハマってしまい中盤より前へ効果的にボールを運ぶ事は叶わず3トップをフルに活かせなかった。スコアレスの後半途中に満を持して#9高野を投入しギアを上げたが最後まで相手の牙城を崩せず1点が遠かった。

湘南ベルマーレ小田原

#11宮坂は鋭利なカットインや重心移動がスムーズなドリブルでDFを引き離し、斬れ味鋭いシャープな個人打開が効いていた攻撃性能の高いアタッカー。数的不利の状況でも果敢に勝負を仕掛け、最後は決勝点を奪いチームをベスト4へ導いた。

#10松森はボールスキルに優れていて相手を連続でヒラヒラと交わして行くドリブルやタイミングの良いパスなど常に主導権を握る落ち着いたプレーが光った。

#1関野は安定感のあるセービングや最後尾からチーム全体をコントロール出来る守護神。後半中盤に試合を左右するようなビッグセーブでチームを救った。

#19大川は守備意識が非常に高くコースを限定しながらの猛プレスで後方を助けた。2度追い3度追いを厭わず長い距離も連続したスプリントを敢行した。スピードも十分で攻撃面でもスペースへの飛び出しなど走力を活かした。

#5中村は小柄で筋肉質なガチムチ系ストッパー。ボールを動かす、運ぶスキルが水準以上で特にパススピードがあるので相手を揺さぶる上で大きく貢献した。

#4近藤は3バックのセンターに入り大きなクリアとカバーリングに徹し安易なミスからピンチを招かず割り切ったプレーを続けた。

#7早坂は総合力の高いマルチ性のあるプレーヤー。運動性能に長けているので攻守両面に於いて先手を取っていた。

#17加藤は独自のテンポを備えた攻撃的MF。先手先手を取ったポジショニングでボールを受ける瞬間にマーカーを剥がしポイントを作った。

#13関野はサイズとガタイがあり前線で的確なポストワークをこなせる貴重なタイプの3年生FW。

#9山崎は細身長身で如何にも高校年代で伸びそうな点が多いポテンシャル大の3年生FW。

#15石井は激しいプレスバックで守備のスイッチを入れた3年生FW。

SCH

#20町山はボールを持てて捌ける右利きの左SB。純粋なSBというタイプでは無くボールを受けるとドリブルとパスでシンプルにゲームを作れるボランチのようなプレーで左サイドから面白い配球を見せた。

#14矢野はボールタッチを増やしタイミングを見計らいスイッチを入れる縦パスをメインにギアを上げた3年生ボランチ。

#4中村は体を張ったポストプレーで起点となるような役割を続けたフィジカル性能に優れるCF。

#10坂本は縦に仕掛ける意欲の強いスピード豊かなWG。スペースに持ち運び1対1の状況を作り出し積極的な打開を図った。

#21鈴木はなかなかボールが出て来ない中で内外への質の高いランニングを繰り返し意欲的なプレーを続けた左ワイドの攻撃的なプレーヤー。

本日はかもめパークで4試合。
先ずは高円宮杯 準々決勝。
第1試合はバディーJYと湘南ベルマーレEASTの1部対決。ちなみに湘南ベルマーレEASTはシーズン途中に湘南ベルマーレ藤沢から改名。

バディーJY(1部)は今シーズン2回目の観戦。
43.横浜FC鶴見JY vs バディーJY
クラブユース:ベスト16
今大会成績
3回戦 vs FC AIVANCE(2部C) 1-0
4回戦 vs FCコラソン インファンチル淵野辺(3部F) 4-0
5回戦 vs 海老名FC(3部F) 4-1

湘南ベルマーレEAST(1部)は今シーズン4回目の観戦。
44.SCH vs 湘南ベルマーレ藤沢
111.湘南ベルマーレ藤沢 vs 川崎チャンプ
116.大豆戸FC vs 湘南ベルマーレ藤沢
クラブユース:ベスト16
今大会成績
4回戦 vs ライオンズSC(2部B) 6-0
5回戦 vs FCオルテンシア(2部B) 3-0

高円宮杯
神奈川県大会
準々決勝
2018.10.6
@かもめパーク

バディーJY 1-0 湘南ベルマーレEAST

前半19分 13植松遼(バディー)

バディーJY
13ED1241-7913-4536-BC30-5403AFE12C47

GK
1 吉森貴史 3年
DF
22 宮崎開 3年
4 松尾大輔 3年
13 植松遼 3年
5 中田大智 3年
MF
10 佐々木優斗 3年
2 伊規須恵祐 3年
23 近藤快生 3年
21 森田青流 3年
FW
7 三並凜 3年
19 笹原勘太郎 3年

ーーーー19ーーー7ーーーー
ーー21ーーーーーーー23ーー
ーーーー2ーーー10ーーーー
ー5ーー13ーーーー4ーー22ー
ーーーーーー1ーーーーーー

後半11分 23→32

32 斎藤慈斗 2年

湘南ベルマーレEAST
39E78E34-9129-4F6F-BAED-A126564A57BF

GK
1 小田桐快 3年 腰越フットボールクラブ
DF
17 野田蓮太郎 3年 鶴嶺FC
3 石川竜 3年 バディーSC中和田
35 松本力己 2年 新磯SSS
MF
5 矢野憲伸 3年 SSTP湘南サッカークラブ
37 高良希生 2年 横浜すみれSC
11 今道恭 3年 友愛サッカークラブ
18 佐々木陽 3年 FC六会湘南台
7 後藤康介 3年 早川サッカークラブ
FW
39 岩崎俊亮 2年 横浜すみれSC
10 村上貴一 3年 鳶尾ジュニアサッカークラブ

ーーーー10ーーー39ーーーー
ー7ーー18ーーー11ーー37ー
ーーーーーー5ーーーーーー
ーーー35ーー3ーー17ーーー
ーーーーーー1ーーーーーー

HT 35→36
後半10分 11→8
後半10分 39→9
後半29分 36→14

36 上田侑輝 2年 クリエイトSC
8 高橋雷 3年 エスペランサFC
9 乾颯汰 3年 ミハタサッカークラブ
14 齊藤息吹 3年 茅ヶ崎小和田FC

前半開始(35分ハーフ)
バディーJYは4-4-2の布陣。
湘南ベルマーレEASTは3-1-4-2の布陣。

前半12分-バディー。左サイドからの長いボールをPA右で待った#23近藤が深い切り返しでDFを剥がし左足シュートは枠の上。

前半16分-バディー。#21森田が左サイドでボールを持つと縦に仕掛けてDFを食い付かせタイミングを見計らいカットイン。マーカーを剥がし右足の強烈シュートはGK#1小田桐の正面。

前半19分-バディー
右CKの流れからPA内の混戦で#4松尾がPKを獲得。
このPKを#13植松がGKに読まれながらも左上へ蹴り込んだ。バディーが先制に成功。
バディーJY 1-0 湘南ベルマーレEAST

前半終了
バディーJY 1-0 湘南ベルマーレEAST

前半10分に到着。
バディーがPKで先制点をGET。
内容自体は五分五分で攻撃の応酬が続く。
バディーJYは最終ライン、中盤の底でタイトにボールを奪いサイドを起点にポイントを作って素早い攻撃を展開する。特に左サイドが鍵を握る。
湘南ベルマーレEASTは低い位置からのロングカウンターが冴えている。前方のスペースへパスを送り込み "縦に縦に" 仕掛けて相手を引き付け空いたバイタルに持ち込みドリブルシュートなどPA外からフィニッシュに持ち込む。形は出来ているのでPA内へ入る回数を増やしたい。

後半開始
-EAST
#35松本→#36上田
上田が右WBに入り.#37高良が左CBへ。

後半8分-EAST。#10村上が#7後藤との連係でPA左を深く抉って左足でシュータリング。これが対角の左ポスト内側を叩くもゴールラインは割らず。惜しいシーン。村上が高い位置で絡むと高確率でチャンスに繋がる。

後半10分-EAST
#11今道→#8高橋
#39岩崎→#9乾
高橋が左WBに入り.#7後藤がインサイドへ。

後半11分-バディー
#23近藤→#32斎藤
斎藤がFWに入り.#7三並が右SHへ。

後半13分-EAST。#36上田が右サイドタッチライン際でボールを持つと縦に送る。#9乾が中央から流れてPA右で前向きに持つとゴールへ迫りニアを狙ったシュートはGK#1吉森が好反応で防ぐ。セカンドをフリーで流し込むも僅かにゴール左へ外れる。決定機。

後半26分-EAST。バイタルで持った#7後藤が#9乾とのワンツーでDFを剥がしPA内フリーでGK#1吉森のタイミングをズラしたゴール右へのシュートは僅かに枠外へ。決定機。この時間帯は湘南ベルマーレEASTが押せ押せ。

後半27分-EAST。左サイドから#8高橋が右足でアーリークロス。DFの弾いたところをエリア外から#9乾がダイレクトボレーで強く叩いたボールはGK#1吉森の正面。途中投入された#9乾が完全に流れを変えた。

後半29分-EAST
#36上田→#14齊藤
齊藤が右CBに入り.#17野田が右WBへ。

試合終了
バディーJY 1-0 湘南ベルマーレEAST

バディーJYが逃げ切り勝ちで熱戦に終止符を打ちベスト4進出を決めた。
バディーは前半にPKで先制点を挙げると後半は愚直に1点を目指してくる湘南ベルマーレEASTの圧力に後手を踏み、守備に回る時間帯が長い35分間だったがGK#1吉森やCB#13植松を中心に粘り強いディフェンスを続け歓喜の勝利を掴み取った。1部所属対決で意地を見せた。無失点に押さえた価値は大きい。関東大会出場権獲得まであと1つ。
湘南ベルマーレEASTは#10村上や途中出場#9乾を中心に猛攻を仕掛け、ピッチをワイドに使いつつ手数を掛けないスピーディーな形を連続して作った。小技があり中央を切り裂くドリブルでクオリティを出した小柄な村上、両サイドからのクロスにターゲット役となり決定機に絡んだ乾。それぞれの得意分野がハッキリしている2人を軸に可能性のある攻撃を続けたが最後まで相手の牙城を崩せず...。ベスト8で今大会を終える結果となってしまった。

バディーJY

#21森田は上半身のフェイクやDFが間合いを詰めた瞬間に繰り出す左右へのステップを駆使したドリブルで輝いたサイドアタッカー。左利きだが左右両側から相手を交わす技術を備える。バディーの先輩である中島優太(東海大相模)を彷彿とさせる。

#2伊規須は体の強さを利したボール奪取やルーズボールを手中に収め大きな展開で攻撃を拡げた守備力の高いボランチ。球際の部分で負ける、相手に抜かれる、入れ替わられる場面はほぼ観られない。

#13植松は類稀なリーダーシップでチームを統率する闘将系CB。自らの激しいプレーやコーチングで盛り上げ勝利を手繰り寄せた。

#1吉森はまだまだ動きにぎこちなさは残るも鋭い反応での好セーブや質の高いポジショニングで相手の得点機を阻止した。高校年代で更に光る素材。

#5中田は精度の高い左足を武器にビルドアップやクロスなど攻撃面で持ち味を発揮したSB。

#22宮崎は対人に強く1対1の局面で安定感のある守備を続けた右SB。

#7三並は機動力に優れるアタッカー。常に動きながらのプレーを継続させ守備にも奔走。素早いプレスバックでチームを助けた。

#19笹原は中盤に降りてワンクッション入れるポストワークで時間とタメを作り後方の攻め上がりを促進した。

#23近藤は距離を問わないパワフルな左足を完備したサイドアタッカー。

湘南ベルマーレEAST

#10村上は優れたボールテクニックを有し深い切り返しや相手に奪われない位置へ運ぶドリブルで違いを生み出した小柄なクラッキ。

#17野田はスピードのある小柄なストッパー。背後へ出されたボールに対して最短距離で追い付き相手の攻撃を拡げさせなかった。

#37高良は右WBと左CBを務めた2年生。ファーストタッチの置き所が良くプレースピードを落とさず前線へボールを供給した。スペースへ送るパスの質も非常に高い。

#1小田桐はサイズが有って守備範囲の広いGK。手足の長さを活かしたハイボール処理やシュートストップに安定感がある。

#39岩崎は下半身が安定していて体躯もあるフィジカル性能の高い2年生FW。相手を背負いながらのプレーでも精度が落ちず的確なポストをこなした。

#3石川はサイズのある大型CB。高さと強さに自信を持ったプレーを70分間続け堅守の要として最終ラインに君臨した。

#9乾は後半途中にピッチへ投入されると組み立ての部分やフィニッシュのパートで存在感を示し流れを変えたポテンシャル十分な大型FW。

本日は三ツ沢でJ2。
レノファ山口FCと横浜FCの対決。
2E52E697-1C7E-4166-88B8-8E6DFB14F956


レノファ山口FCは今シーズン初観戦。
リーグ戦成績
11勝12分10敗 得点52 失点58
勝ち点45 13位
監督:霜田正浩

横浜FCは今シーズン初観戦。
リーグ戦成績
16勝11分7敗 得点51 失点38
勝ち点59 4位
監督:タヴァレス(BRA)

J2 第35節
2018.9.30
@ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:3051人

レノファ山口 3-2 横浜FC

前半1分 18高木大輔(山口)
後半8分 10イバ(横浜)
後半16分 13楠本卓海(山口)
後半37分 24山下敬大(山口)
後半45分+4 39瀬沼優司(横浜)

レノファ山口FC
GK
17 吉満大介 93.2.21 栃木SC 鹿屋体育大 神村学園
DF
6 前貴之 93.9.16 コンサドーレ札幌 コンサドーレ札幌U-18
13 楠本卓海 95.12.10 東京国際大 大成
26 ヘナン 96.7.28 フォスドイグアス(BRA)
MF
18 高木大輔 95.10.14 東京ヴェルディ 東京ヴェルディユース
29 三幸秀稔 93.5.23 SC相模原 JFAアカデミー福島
5 佐藤健太郎 84.8.14 京都サンガ 順天堂大 名張西
16 瀬川和樹 90.4.25 モンテディオ山形 国士舘大 盈進
7 大崎淳矢 91.4.2 徳島ヴォルティス サンフレッチェ広島ユース
50 高井和馬 94.8.5 東京ヴェルディ 日本体育大 帝京長岡
FW
19 オナイウ阿道 95.11.8 浦和レッズ 正智深谷

ーーーーーー19ーーーーーー
ーーー50ーーーーー7ーーー
ー16ーー5ーーー29ーー18ー
ーーー26ーー13ーー6ーーー
ーーーーーー17ーーーーーー

後半13分 7→8
後半27分 8→24
後半31分 50→9

8 ジュリーニョ86.8.5 コンサドーレ札幌
24 山下敬大 96.3.13 福岡大 九州国際大付
9 岸田和人 90.4.3 FC町田ゼルビア 福岡大 大分トリニータU-18

横浜FC
GK
18 南雄太 79.9.30 ロアッソ熊本 静岡学園
DF
2 藤井悠太 91.5.25 大宮アルディージャ 東洋大 武南
5 田代真一 88.6.26 V・ファーレン長崎 横浜FMユース
20 カルフィン ヨンアピン 86.7.18 FC町田ゼルビア
MF
14 北爪健吾 92.4.30 ジェフ千葉 専修大 前橋育英
24 渡邊一仁 86.9.1 ファジアーノ岡山 東京学芸大 済美
8 佐藤謙介 89.1.19 中央大 浦和レッズユース
17 武田英二郎 88.7.11 湘南ベルマーレ 青山学院大 横浜FMユース
40 レアンドロ ドミンゲス 83.8.24 ポルトゲーザ(BRA)
27 齋藤功佑 97.6.16 横浜FCユース
FW
10 イバ 85.5.21 河北華夏( CHN)

ーーーーーー10ーーーーーー
ーーーー27ーーー40ーーーー
ー17ーー8ーーー24ーー14ー
ーーー20ーー5ーー2ーーー
ーーーーーー18ーーーーーー

後半21分 10→39
後半21分 2→25
後半33分 24→9

39 瀬沼優司 90.9.1 モンテディオ山形 筑波大 桐光学園
25 石井圭太 95.6.22 グルージャ盛岡 横浜FCユース
9 戸島章 91.10.4 FC町田ゼルビア 成立学園

前半開始(45分ハーフ)
レノファ山口は3-4-2-1の布陣。
横浜FCは3-4-2-1の布陣。

前半1分-山口
開始から僅か50秒。
50高井和馬が左ハイサイドからクロス。これは相手に引っかかるものの自らPA左でカットし斜め後方へ球足の長いグラウンダークロス。対角のPA右角に走り込んだ18高木大輔が地を這う強烈なシュートをゴール左隅へ蹴り込んだ。
レノファ山口 1-0 横浜FC

前半24分-山口。左ショートコーナーから29三幸秀稔が右足で大きく入れるとファーポストで26ヘナンが競り勝って頭で落とす。ゴール至近距離で19オナイウ阿道のヒールは瀬戸際で横浜FCが掻き出す。

前半40分-山口。18高木大輔がPA付近でボールを奪い返しPA右から鋭いクロス。ゴールを横切ったボールにスライディングで反応した19オナイウ阿道が折り返すと相手DFの手に当たるも笛は鳴らず。

前半終了
レノファ山口 1-0 横浜FC

前半開始のホイッスルから僅か数十秒で先制に成功したレノファ山口が1点リードでHTへ。
同じシステムを用いたミラーゲームの色合いが濃い45分間。対面とのマッチアップする局面が多く互いに大きく崩れる事は無かったが先制したレノファ山口の方がストレス無くサッカーをやれている。横浜FCは1トップの10イバが激しいチェックに苦しみフラストレーションが溜まってしまいなかなかポイントを作れないので全体を押し上げ切れない。回数は少なかったがここで時間を作れて2列目3列目が絡んでワイドへ展開からクロスに合わせる形が最も可能性を感じさせた。
レノファ山口は右WB18高木大輔と左シャドー50高井和馬の2人が個人技で仕掛けて相手のバランスを崩し19オナイウ阿道がPAで力強くゴールへ迫る。

後半開始
選手交代なし

後半2分-横浜。27齋藤功佑のスルーパス1発でハイラインを突破した10イバが独走しGKと1対1。PA内に入った辺りでGKを左に抜きに行くと反応され手でコースを変えられるとシュートは打てず。決定機。GK17吉満大介のファインプレー。

後半6分-山口。中盤で細かく繋いでPA付近右中間から攻め上がった右CB6前貴之がタイミングをズラした縦パス。7大崎淳矢がイメージ通りのトラップからニア上シュートは僅かに逸れる。

後半8分-横浜
ロングカウンター。8佐藤謙介が自陣で持つと10イバとパス交換。佐藤がバイタルへ斜めに入れるとイバがDF3枚を引き付けPA右へラストパスを送る。フリーで走り込んだ40レアンドロドミンゲスがシュート。これはGK17吉満大介が反応し手に触れコースが変わりクロスバーに当たった落ち際をイバが至近距離で押し込んだ。
レノファ山口 1-1 横浜FC

後半13分-山口
7大崎淳矢→8ジュリーニョ

後半16分-山口
右サイドからのFK。
8ジュリーニョが左足でライナー性のボールを蹴って行くとニア寄りで13楠本卓海が競り勝ち頭でゴール左へ流し込んだ。
レノファ山口 2-1 横浜FC

後半21分-横浜
10イバ→39瀬沼優司
2藤井悠太→25石井圭太
石井がボランチに入り.4-4-1-1に変更。

後半24分-横浜。40レアンドロドミンゲスの右CK。ニアに突っ込んだ39瀬沼優司がDFにバランスを崩されながら雪崩れ込むと身体に当てたボールは右ポストに嫌われる。

後半27分-山口
8ジュリーニョ→24山下敬大
ジュリーニョは負傷交代。

後半31分-山口
50高井和馬→9岸田和人

後半33分-横浜
24渡邊一仁→9戸島章
戸島と39瀬沼優司の2トップ。8佐藤謙介がトップ下.27齋藤功佑がボランチへ。

後半37分-山口
横浜FCの大チャンスから一転、山口のカウンター。9岸田和人がハーフライン付近から3対2の状況で中央を長い距離をドリブルで運ぶ。PA付近で強引にシュートを放つとDFに当たってリフレクトし走り切った24山下敬大がPA左から蹴り込んだ。
レノファ山口 3-1 横浜FC

後半41分-横浜。17武田英二郎が左サイドから鋭いクロス。ニアで9戸島章がDFと激しくぶつかり合い、ファーでDFが当てたボールに反応した40レアンドロドミンゲスがピタッとしたトラップから腰を捻って右足でコースを狙ったシュート。これはGK17吉満大介が大きく飛んで左手に当てCKに。

後半45分+4-横浜
最終ラインから5田代真一がフワリとしたボールをゴール前へ送り込むと9戸島章が競り勝ち頭でコースを変えPA中央で39瀬沼優司が胸トラからボレーでGKの股を抜いた。
レノファ山口 3-2 横浜FC

試合終了
レノファ山口 3-2 横浜FC

後半は横浜FCが10イバのゴールで一時同点に追い付いたもののレノファ山口はJリーグデビュー戦となる13楠本卓海のゴールでリードを奪い、更に同じくルーキーの途中出場24山下敬大が3点目を奪った。横浜FCはパワープレーを選択し後半ATに39瀬沼優司が1点を返すも時間が足りず。自動昇格を狙う横浜FCは痛い敗戦。4位→5位に順位を下げてしまった。
レノファ山口は前節からシステム変更や複数の選手を入れ替えるなど大きく挑んだアウェイでのゲーム。これが奏功し14試合ぶりの白星と長い長いトンネルを奪取した。

「前半1分で失点してしまったことで、すごく難しい試合の入りになりました。それから後半は形を少し変えながら逆転を狙ったのですが、同点にしたところまでは良かったと思うんですけど、それからさらに追加点を決められてしまって、ウチの思うような試合になることができませんでした。前半1分で決められたところで少し自分たちはプランが狂ってしまって、そのあとのやり方は変えないといけなくなってしまった。」(横浜FC タヴァレス監督)

新たなシステムで久々の勝利を掴んだレノファ山口。
「若い選手を起用したというのもあるし、いろいろなことをやりながら、もがきながら、なかなか勝点が取れなかった中で、新しいことにもチャレンジしたいと。そしていつかは抜けるトンネルですけど、抜けたあと、ちゃんと次の試合に残るような、偶然という勝ち方ではなくて、戦術的に戦って、自分たちの良いところを出す。それが今日このシステムに至っただけです。いろいろなことを考えているし、いろいろなことを考えてきました。今日は1週間準備してきたことを選手たちが具現化してくれたなと思います。」(レノファ山口 霜田監督)

Jデビュー戦にして攻守に大車輪の活躍を見せた大卒ルーキーCB13楠本卓海
「個人の結果よりもチームの結果の助けになれればと思っていました。
後半の立ち上がりに裏に抜け出されるシーンがあって吉満選手に助けられましたが、それ以外は、一週間、イバ選手、レアンドロ選手の対策をしてきたのでFWに強くいくことができました。初出場でしたが試合に集中できていたので緊張することもありませんでした。」

このページのトップヘ