本日は大学サッカーを予定していたが疲れを考慮して予定を変更し関東ユース(U-15)2部を1試合。
湘南ベルマーレU-15と川崎フロンターレU-15の神奈川ダービー。

湘南U-15は今シーズン初観戦。
リーグ戦成績
1勝5分4敗 得点7 失点12
勝ち点8
11位

川崎U-15は今シーズン2回目の観戦。
82.川崎U-15 vs クマガヤSC
リーグ戦成績
4勝4分4敗 得点24 失点21
勝ち点16
7位


関東ユース(U-15)
2部 第13節
2016.5.22
@等々力第1サッカー場

湘南U-15 3-2 川崎U-15

前半33分 9中村龍雅(湘南)
後半23分 29鈴木大登(川崎)
後半26分 5森璃太(川崎)
後半28分 9中村龍雅(湘南)
後半40分+1 6広石英大(湘南)


湘南ベルマーレJY
image

GK
1 高山汐生 3年 湘南レオーネ
DF
5 蒔田陸斗 3年 南大野SSS
3 横川旦陽 2年 芦子SC
13 石黒友毅 3年 山王FC
MF
10 保土原大貴 3年 山王FC
4 芦田伊織 3年 荻野SC
7 柴田壮介 3年 グランツ梅田
6 広石英大 3年 小和田FC
FW
8 村山尋哉 3年 友愛SC
17 柴田隼也 3年 ミハタ
9 中村龍雅 3年 リトルジャンボSC

ーーーーーー9ーーーーーー
ーーーー17ーーー8ーーーー
ー6ーーー7ーーー4ーー10ー
ーー13ーーー3ーーー5ーー
ーーーーーー1ーーーーーー

後半27分 17→14
後半33分 4→19
後半40分 14→15

14 オグヴァーグ翔星 3年 ブラックジャガーズ
19 菅原愛斗 2年 神田FC平塚
15 深見純大 3年 小和田FC


川崎フロンターレU-15
image

GK
21 川合我空 2年 川崎U-12
DF
5 森璃太 3年 川崎U-12
4 道間雄生 3年 ヴィトーリア目黒FC
15 栗田悠巨 3年 川崎U-12
37 平田流衣 2年 東小倉SC
MF
28 浅倉廉 3年 川崎U-12
20 澤田泰大 3年 川崎U-12
11 有田恵人 3年 川崎U-12
6 黒川海翔 3年 バディーSC
14 山内日向汰 3年 川崎U-12
FW
9 ディアウ勇守歩 3年 FCトッカーノ

ーーーーーー9ーーーーーー
ーー14ーーー6ーーー11ーー
ーーーー20ーーー28ーーーー
ー37ーー15ーーーー4ーー5ー
ーーーーーー21ーーーーーー

HT 4→18
後半16分 9→29
後半27分 11→7
後半32分 28→13
後半35分 37→2

18 佐藤聖真 3年 川崎U-12
29 鈴木大登 2年 川崎U-12
7 中島大成 3年 川崎U-12
13 安田捷人 3年 川崎U-12
2 山崎健翔 3年 東住吉SC


前半開始(40分ハーフ)
湘南U-15は3-4-2-1の布陣。
川崎U-15は4-2-3-1の布陣。

前半20分経過。
一進一退の攻防が続く。
川崎はテンポの良いパスワークからサイドを有効活用し複数が絡んだ連係からエリア内へ侵入する。
湘南はロングカウンターを軸にサイドから人数を掛けて最後は中央で待つCF#9中村を狙う。

前半24分-湘南。バイタルで受けた#10保土原が素早い反転から左足ループで狙うも僅かに枠の上。

前半30分-川崎。CB#15栗田が低い位置からドリブルで運んで左サイドに鋭く付けると受けた#37平田がカットインからシュート。これはGKがストップ。攻撃的な川崎らしくCBのパスを受けたSBがフィニッシュという形を作る。

前半31分-川崎。後方から短いパスを連続で動かして行き、バイタルに生じたギャップで受けた#6黒川が落として#14山内が右前へラストパス。裏を警戒したSBの前方へ入り込んだ右SB#5森の左足ダイレクトシュートはGKがキャッチ。

前半33分-湘南
CKの2次攻撃。クリアされたボールをハーフラインから#5蒔田がダイレクトでゴール前へ放り込むと#17柴田がGKと競り合い、こぼれを#9中村が無人のゴールへ流し込んだ。湘南がセットプレー崩れから先制。
湘南U-15 1-0 川崎U-15

前半終了
湘南U-15 1-0 川崎U-15

前半は川崎がポゼッションして後ろからテンポの良いパス回しでボールを運ぶも湘南は一旦リトリートしてブロックを構築。縦パスやスイッチのパスを狙ってボールを刈ると人数を掛けたロングカウンターで相手ゴールへ迫った。川崎も最後の精度以外悪くないのでこのままでは終わりそうに無いゲーム。

後半開始
-川崎
#4道間→#18佐藤
佐藤が左SHに入り.#14山内がボランチ.#20澤田がCBへ。
湘南は#5蒔田が左CB.#13石黒が右CBと左右のCBを入れ替える。

後半7分-湘南。#10保土原の左CK。中央の#9中村が打点の高いヘディングでコースを変えるとファーに突っ込んだ#3横川が強引に合わせるもゴール右へ外れる。

後半12分-湘南。#6広石が斜めに通すスルーパス。反応した#9中村がPA付近から強烈な左足ミドル。これがGKのモーションを突くもギリギリで弾かれ、こぼれを#17柴田がスライディングで詰めるもサイドネット。

後半15分-湘南。右サイドで#13石黒が中央へゆったりとした横パスを送ると#10保土原がギアを上げる門を通すスルーパス。#9中村がシュートフェイントから対面するDFの足を止め、縦に流すと起点となった石黒がPAに侵入し左足シュートはGKがパンチングで弾いてCKに。湘南らしい素晴らしい形で決定機を作る。

後半16分-川崎
#9ディアウ→#29鈴木
ディアウはエリア内でのプレーが多かった前半に比べると後半は消えてしまった。代わって2年生FW・鈴木がピッチへ。

後半19分-川崎。エリア内右から縦に抜けた#29鈴木が角度の無い位置から対角を狙うも僅かにゴール左へ切れる。

後半20分経過。
右サイドから攻勢を仕掛けた湘南がペースを掴む。川崎は低い位置でのミスが何本か出てしまいリズムが狂ってしまった。

後半23分-川崎
#18佐藤がSBとボランチの間でパスを引き出しフリーで前を向くとスルーパス。#37平田が力強いオーバラップからPAに侵入し強烈な左足シュート。これはGKが横っ飛びファインセーブもセカンドを#29鈴木が押し込んだ。2年生の2人がゴールをこじ開ける。
湘南U-15 1-1 川崎U-15

後半24分-湘南。#9中村が右サイドで粘ってボールキープから右足でクロス。ボックスまで上がっていた#5蒔田がトラップから一つ右に持ち出しコースを作りインサイドで丁寧に狙うも僅かにゴール右へ外れる。

後半26分-川崎
エリア内右から突破した#5森が角度の無い位置からGK脇を抜いた。あっという間に川崎が逆転に成功する。
湘南U-15 1-2 川崎U-15

後半27分
-湘南
#17柴田→#14オグヴァーグ
-川崎
#11有田→#7中島

後半28分-湘南
相手陣内中央でハイボールを#9中村が巧みなボディコントロールでマイボールにすると#14オグヴァーグのリターンを受けた中村がジリジリ運んでタイミングを見計らいPA外から左足でゴール左隅へ技ありシュート。これがGKのブラインドを突いてゴールネットを揺らす。
湘南がすぐさま追い付く。
湘南U-15 2-2 川崎U-15

後半32分-川崎
#28浅倉→#13安田

後半33分-湘南
#4芦田→#19菅原

後半35分-川崎
#37平田→#2山崎

後半37分-川崎。左サイドを駆け上がった#2山崎がゴールライン際から折り返すとフリーの#6黒川がボレーで合わせるも枠の上。

後半39分-湘南。カウンター。#14オグヴァーグがハーフライン左でパスを収めるとキープから右サイドへ大きく展開。#9中村がタメて縦に付け、#10保土原がダイレクトで外に叩く。#13石黒が勢いの良いインナーラップからPAに侵入し中央へ横パス。#5蒔田がゴール至近距離からダイレクトで狙うもGKがビッグセーブ。湘南が素晴らしい連係から相手ゴールを脅かす。決めたかった。

後半39分-川崎。大ピンチから一転してカウンター。バイタルで受けた#14山内が深い切り返しでDF2人を滑らせ完全フリーでゴール至近距離から狙うも僅かにゴール左へ外れる。決定機。

後半40分-湘南
#14オグヴァーグ→#15深見

後半40分+1-湘南
#15深見が中盤で相手を潰してボールを奪うと引き取った#9中村が右サイドからアーリークロス。ファーに走り込んだ#6広石がDFと並走し左にやや流れながらタイミングをズラして蹴り込むとGKの手を弾いていゴールイン。試合終了間際に湘南が劇的なゴールで再びリードを奪う。
湘南U-15 3-2 川崎U-15

試合終了
湘南U-15 3-2 川崎U-15


湘南U-15は壮絶なシーソーゲームを制して神奈川ダービーを勝利で飾った。
25℃を超える暑さの中でも試合終盤まで運動量が全く落ちず、逆に躍動感の増す全員攻撃全員守備の'THE湘南"なサッカーを展開した。
声を枯らし檄を飛ばしたベンチメンバーも含めた全員で勝ち取った勝ち点3。
攻撃は中学生離れした体躯を誇るCF#9中村のポストプレーを軸に後方から次々と裏のスペースへ飛び出し、イメージ共有された面白い攻撃で何度も相手ゴールを脅かした。
守備では巧みなパスワークと個人の技術を織り交ぜて来る相手に迅速なリトリートと3バックの粘り強い守備、対人の強さで対応しゴールマウスを襲うシュートは大型守護神#1高山がシャットアウトした。
豊富な運動量や気持ちを前面に押し出した魅力的なサッカーをするグッドチーム。
12節を終えた時点で11/12位に低迷するチームには全く見えなかった。

#1高山は世代別代表に名を連ねる186cmの大型守護神。将来の湘南ベルマーレを背負って立つ可能性を十分に秘めたグッドプレーヤー。威圧感のあるガタイと風格は天性のモノ。サイズを生かしたハイボール処理やクロス対応は非常に安定していて、DF陣へのコーチングやビルドアップでも大いに貢献していた。

#9中村は昨年12月時点で182/71(現在は更に大きくなっている印象)と中学生離れした恵まれた体躯を誇る将来性抜群の大型CF。線も太く横幅もあるので相手DFに体を預けて楽々キープ出来てタメを作る事が可能なこの年代では突出した強みを持つ。左右両足から繰り出すパンチ力のあるシュートなど規格外な要素が多い。フォアザチームの意識も高く守備でも全く手を抜かない。

#7柴田は状況判断に優れた頭の良いMF。基本技術がしっかりしていて卓越したキープ力を生かし安易なボールロストをしない。ターンの軽さも目立った。

#3横川は小柄ではあるがガッチリとしたCB。3バックの中央で対人の強さを発揮し防波堤となった。2年生とは全く感じさせない落ち着きがある。石原広教(湘南ユース)の系譜を受け継ぐCB。

#10保土原はチャンスの2手前に関われる貴重なレフティ。正確な左足を武器に流れの中での丁寧なパスやセットプレーで違いを生み出した。

#5蒔田は積極的な攻撃参加や対人の強さを発揮。左右のCBをこなしたが、オーバーラップからクロスを上げるのではなく逆サイドからのクロスに合わせる、カットインからシュートなど異彩を放った。

#13石黒は前半は左CB.後半は右CBでプレー。前半は守備に重きを置き内側に絞ってプレーする相手SHに目を光らせ、後半は起点となるパスを出してから動きを止めずに果敢な攻撃参加で右サイドを駆け上がり何度もPA内へ侵入した。スピードやカバーリング能力など攻守両面で光るモノがあり、前後半で全く違う顔を覗かせた面白い存在。

#8村山は前後を繋ぐ貴重な存在として自由に動きながらポイントを作った。走力があり攻守にファイト出来るアタッカー。

#17柴田はガンガン仕掛けて行くイケイケなアタッカー。強気なメンタルの持ち主でスペースを突く迫力のあるランニングやアタッキングサードでの強引さが魅力的な選手。

#6広石は試合を決める殊勲のゴールでヒーローに。左アウトサイドから中央へ斜めに当てる楔のパスで攻撃の方向性を付けつつ機を見た攻め上がりで好機を演出した。

#4芦田は一際目立つ小柄なボランチ。守備に奔走しながらシンプルにパスを捌いた。

#14オグヴァーグは身体能力に優れた荒削りなアタッカー。戦術理解度や守備に関する問題で途中出場途中交代となってしまったがストライドの大きなランニングやバネなど持っている素質は非常に高い。キープ&サイドチェンジで同点弾の起点を作った。


川崎U-15は一旦は逆転に成功するも相手の粘りや驚異的な走力に屈する形で接戦を落としてしまった。
2ヶ月前の前回観戦時とはシステムやメンバーは多少異なったもののU-18同様にこのチームの魅力は主体的にボールを動かせて個人の技術とパスワークを生かす攻撃力の高さ。
ボランチの#20澤田が後方に降りて#4道間と#15栗田の3人でボールを動かして行き、両SHが内側に絞って中央に人を集めつつ空いたスペースをSBの攻め上がりでサイドを効果的に使って押し込んで行く柔軟性が光った。
1点目は左SB#37平田のシュートのこぼれを詰めた形で2点目は右SB#5森のゴールと両SBが得点に絡んだ様に自分達のやりたいサッカーは出来ていた印象を受けたが...ただ相手の勝利に対する欲、気迫が凄まじかった。

#5森は昨年から定位置を確保している攻撃的な右SB。中央でのパスワークからタイミングの良い攻撃参加でパスを引き出し良質なクロスを連発した。

#15栗田は足元が確かなボールを動かせるCB。ドリブルで中央を運んで行くなど攻撃性能の高さも光った。

#14山内は左SHとボランチでプレー。特に目立ったのは前半。左SHの位置から内側に斬り込むドリブルでスルスルと密集を打開し相手を混乱させた。後半はボランチの位置で散らしをメインにプレー。

#20澤田は前半はボランチ.後半はCBでプレー。最終ラインから小気味良いパスワークでゲームを作った。サイズからして本職は恐らくボランチ。

#9ディアウは見るからにポテンシャルの高いCF。まだまだフィニッシュワークに課題は残るものの一瞬の加速で裏を突く動きや相手を背負ってのプレーに成長を感じさせた。長い目で見たいこれからが楽しみな選手。

#37平田は力強いオーバーラップを繰り返した左SB。相手の裏を突くランニングからPAに侵入し強烈な左足シュートで1点目をお膳立て。全く臆する事がない面白い2年生。

#6黒川は小柄なトップ下。バイタルで受けて捌いてを繰り返し相手に的を絞らせないプレーを続けた。

#4道間は前半のみの出場ではあったが守備能力の高さは伝わった。