本日3試合目は谷本公園へ移動。
間にもう1試合挟む予定だったが...猛暑により妥協...。
ナイター開催の神奈川県社会人3部リーグ。
ちなみに3部リーグは県協会から日程は出ない...。
デスペルーホ藤沢とHAMA-TEAの対決。

デスペルーホ藤沢は今シーズン初観戦。
リーグ戦成績
第1節 ANFC 1-3

HAMA-TEAは今シーズン初観戦。

神奈川県社会人サッカーリーグ
3部SAグループ
2017.6.3
@谷本公園

デスペルーホ藤沢 5-2 HAMA-TEA

前半2分 9番(HAMA)
前半9分 11矢定龍(デスペルーホ)
前半22分 14箱田陸(デスペルーホ)
前半36分 11矢定龍(デスペルーホ)
前半37分 14番(HAMA)
後半9分 34西村啓汰(デスペルーホ)
後半13分 47根本陸(デスペルーホ)

デスペルーホ藤沢
6176661648_IMG_3074

GK
1 井上太陽 藤沢清流 大清水中
DF
47 根本陸 藤沢清流 旭陵中
2 山下翔 藤沢清流 相武台中
15 㘴間啓介 藤沢清流 善行中
MF
4 遠藤慎 藤沢清流 VIDAいさまSC JY
34 西村啓汰 藤沢清流 滝の沢中
6 梅田卓実 藤沢清流 つきみ野中
14 箱田陸 藤沢清流 領家中
FW
9 三澤廉 藤沢清流 大正中
11 矢定龍 藤沢清流 横浜栄FC
7 児玉瑠偉 藤沢清流 LJ厚木

ーーーーーー7ーーーーーー
ーーーー11ーーー9ーーーー
ー14ーー6ーーー34ーー4ー
ーーー15ーー2ーー47ーーー
ーーーーーー1ーーーーーー

後半30分 15→13
後半32分 34→21

13 作田俊哉 藤沢清流 横浜栄FC
21 藤原賢吾 藤沢清流 片瀬中

HAMA-TEA2002

ーーーー9ーーー14ーーーー
ーー28ーーーーーーー19ーー
ーーーー7ーーー13ーーーー
ー20ーー2ーーー22ーー27ー
ーーーーーー1ーーーーーー

HT 19→97
後半? 13→5

前半開始(40分ハーフ)
デスペルーホ藤沢は3-4-3の布陣。
HAMA-TEAは4-4-2の布陣。
(この試合は細かくメモを取っていないので正確性に欠けている可能性が高い...)

前半2分-HAMA
#14がPA右を突破し強引に打ちに行ったところでDFがカバーに入りリフレクト。ゴール前で高く舞い上がったボールに#9が合わせる。GK#1井上も懸命に食らいつくも右ポスト内側に当たってゴールイン。HAMA-TEAが出会い頭の1発で先制に成功する。
デスペルーホ藤沢 0-1 HAMA-TEA

前半9分-デスペルーホ
PA右角からのFK。
#6梅田がスピードのあるボールを蹴って行くとニアでマークを外した#11矢定がドンピシャヘッドで決めた。デスペルーホがセットプレーから直ぐさま同点に追いつく。
デスペルーホ藤沢 1-1 HAMA-TEA

前半16分-HAMA-TEA。PA右から#19が狙った対角へのシュートはポスト直撃。

前半22分-デスペルーホ
前プレから奪ってPA左にボールが出るとフリーの#14箱田がど真ん中へ蹴り込んだ。デスペルーホが逆転に成功。
デスペルーホ藤沢 2-1 HAMA-TEA

前半36分-デスペルーホ
ロングカウンター炸裂。
後方からの1発のフィードで抜け出した#11矢定がスピードでDFを追い抜き、引き離してPA内へ侵入。ここで一旦足元を滑らせ万事休すかと思われたが...逆にこれが大きなフェイントとなりカバーに戻ったDFが付いて行けず冷静にゴール右へ蹴り込んだ。
デスペルーホ藤沢 3-1 HAMA-TEA

前半37分-HAMA-TEA
相手DF陣の連係ミスを突いた#14が中央から強引に持ち込みパワフルにネットを揺らす。
デスペルーホ藤沢 3-2 HAMA-TEA

前半終了
デスペルーホ藤沢 3-2 HAMA-TEA

後半開始
-HAMA-TEA
#19→#97

後半9分-デスペルーホ
#7児玉が左サイドから縦に流すとDFが対応ミス。#9三澤が飛び出したGK前で触ってゴール方向へ飛ばし#34西村が無人のゴールへプッシュ。
デスペルーホ藤沢 4-2 HAMA-TEA

後半13分-デスペルーホ
右CKをショートで始めゴール前に入った#47根本がハーフボレーでど真ん中を抜いた。
デスペルーホ藤沢 5-2 HAMA-TEA

後半28分-HAMA-TEA。#14が右サイドからPA内へ意表を突くロングスロー。この1発でGKと1対1になった#9のシュートはGK#1井上が鋭く間合いを詰め顔面セーブ。

後半30分-デスペルーホ
#15㘴間→#13作田
作田が右SHに入り.#4遠藤が右CB.#47根本が左CBへ。

後半32分-デスペルーホ
#34西村→#21藤原

試合終了
デスペルーホ藤沢 5-2 HAMA-TEA

デスペルーホ藤沢が大量5得点を奪い粘る相手を振り切りリーグ戦初勝利。
デスペルーホ藤沢は現大学1.2年生で今年結成された藤沢清流OBのチーム。公式戦3試合目にして初白星を挙げた。
高校時代とは異なる3バックのシステムで臨むと浮き足立った入りを狙われ先制点を献上する不安定な立ち上がり。要注意人物となっていた#14の個人技に翻弄される場面も..。連係不足や慣れないシステムに戸惑いの色を隠せず暗雲が立ち込めたが...。これを打ち破ったのが#11矢定。FKにドンピシャで合わせ早い段階で同点に持ち込みチームに落ち着きを取り戻させた。
徐々に緊張が解れてくると持ち味である激しいプレスが奏功し前半22分に#14箱田の1発で逆転に成功。この時間帯からは相手の守備強度が落ちてきたこともありボールが動き出す。また左CBで起用された#47根本の大きな対角フィードなど"らしい"攻撃も表現出来るように。前半36分.37分と1点ずつを奪い合い3-2で後半へ。
後半は相手の足が止まり始めると主導権を握って1人1人に余裕を感じるプレーが随所に見られるようになり#34西村と#47根本が加点し計5得点。後半は無失点に抑え5-2でフィニッシュ。
3バックシステムに対する免疫やスムーズに遂行出来なかったGKを含めたビルドアップ、ある程度ルーズで一見捨てているように見えた相手SBが攻め上がった際の大外への対応など改善点すべきポイントが浮き彫りになったゲームではあったが1年での2部昇格を"マスト"にしているデスペルーホ藤沢にとって貴重な80分、勝ち点3となった。